2018年01月09日

BRICs概況

概況からBRICsを知ろう〜インドSENSEX指数は3日続伸、外国人投資家の買い継続が指数をサポート
【ブラジル】ボベスパ指数 79378.53 +0.39%
8日のブラジル株式市場は4日続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比307.06ポイント高(+0.39%)の
79378.53で取引を終えた。78631.25から79395.45まで上昇した。

前日の終値近辺でもみ合った後は終盤にプラス圏に回復した。原油価格の上昇が好感され、資源の一角に
買いが継続。また、海外市場が底堅い展開を示したことなども支援材料となった。一方、連日の上昇で
足元では高値警戒感が強まり、やや伸び悩む展開を示した。また、今年の鉄鉱石価格が乱高下する
との見方も警戒された。

【ロシア】休場

  続きを読む

Posted by generationx6 at 22:17Comments(0)

2017年12月27日

インドの経済規模が躍進

英民間調査機関の経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は、26日に公表したリポートの中で、
インドが来年、英国とフランスを抜き、ドルベースで世界第5位の経済になるとの見通しを明らかにした。

CEBRのダグラス・マクウィリアムズ副会長は、インド経済には高額紙幣廃止や物品・サービス税(GST)の
導入など「一時的なマイナス要因はあったが、それでも英仏に追い付いた。2018年には両国を抜き、
ドルベースで世界第5位の経済に躍り出るだろう」と語った。

  続きを読む
Posted by generationx6 at 22:50Comments(0)

2017年12月18日

モディ政権、地方選で勝利

インド西部グジャラート州の州議会選挙が18日開票された。与党インド人民党(BJP)は議席数を
減らしながらも、単独過半数を確保したもよう。かつてモディ首相が州トップを務めた「お膝元」を死守した。
同日開票の北部ヒマチャルプラデシュ州でも州与党の座を奪取。与党の支配する州は全土の6割を超え、
モディ氏の国政運営を後押しする。

 選挙管理委員会によると、18日午後3時半(日本時間同日午後7時)時点で、総議席数182のうち、
BJPは99議席を獲得する見込み。モディ氏が州首相として勝利した前回2012年選挙では115議席を
得ており後退感はある。ただBJPの報道官は「勝ちは勝ちだ」と述べ、1990年代から途切れず同州を
掌握する同党の支持基盤の厚さを強調した。

 14年までの国政与党、国民会議派が押さえてきたヒマチャルプラデシュ州では、BJPが6割超の議席を
獲得する見込みだ。インドには29州、2政府直轄地の合計31カ所に地方議会がある。BJPが単独または
他党との連立で過半数を握る支配州はこれで1つ増え、支配州の割合は61%に達することになる。

 インドの国会上院の議員は、地方議会の党別議席割合に応じ選出される。そのため、地方選は国政の
勢力図に直結する。BJPは国会下院で単独過半数を握るが、上院では3割程度にすぎない。今回の
ヒマチャルプラデシュ州での勝ち星は中期的にモディ首相の政策実行力を高めることになる。

  続きを読む
Posted by generationx6 at 22:19Comments(0)

2017年12月12日

中銀、引き締めに慎重

アジア太平洋地域では何年も続いた低金利で債務が積み上がり、金融政策引き締めに慎重にならざるを
得ない中央銀行が多い。

  韓国銀行は11月30日に利上げに踏み切った。だが国内では家計債務が可処分所得の約150%に
膨らんでいる。オーストラリアは194%だ。中国の企業債務は国内総生産(GDP)の約160%相当。
前例のない刺激策を続ける日本銀行は、バランスシートが日本経済とほぼ同規模。

  野村ホールディングスのロバート・サブバラマン氏らエコノミストはリポートで、「恐らくインフレを巡る
サプライズがきっかけとなり、高水準のアジア債務がクレジットリスクの世界的リプライシングにさらされる」
と指摘した。

  域内でも脆弱(ぜいじゃく)さにばらつきがあるが、積極的に来年利上げすると見込まれるフィリピンでは
家計債務が低水準だというのは偶然とは言えなさそうだ。対照的に、オーストラリア準備銀行は12月5日、
政策金利を過去最低の1.5%に据え置くとともに、家計債務が所得の伸びを上回るペースで増えている
と警告した。

 マレーシアの家計債務はGDPの約88%相当と途上国では高水準で、マレーシア中銀のムハマド総裁は
いかなる調整であれ、引き締めよりむしろ「正常化」になるだろうと話す。

   続きを読む
Posted by generationx6 at 22:23Comments(0)

2017年11月22日

インド株が上値追い

アジアの株価指数は2007年のピークを越えようとする勢いだ。世界最大の資産運用会社ブラックロックは
買い参入にまだ遅くないと言明している。

  こう唱えているのは同社アジア・グローバル新興市場株式責任者のアンドルー・スワン氏。
同氏は中国とインドの改革が成長を後押しするとみている。

   続きを読む
Posted by generationx6 at 22:27Comments(0)