2016年05月27日

インド株は大幅続伸

27日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが4営業日続伸。世界株高の中、
国内主要企業の好決算で投資家のセンチメントが改善した。週間ベースでは今年3月以来の大きな上げを
記録した。

  インドステイト銀行は約3カ月ぶりの大幅上昇。アルンダティ・バタチャルヤ会長が不良債権のほとんどを
洗い出したと明らかにしたことを受け、最悪期が過ぎたとの楽観が高まった。国有製油会社のバーラト石油は
上場来高値を更新。第4四半期利益が予想を上回ったことが好感された。時価総額でインド最大の
エンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロは構成銘柄の中で週間ベースで最大の上げを演じた。
今年の増収見通しが買い材料視されている。

 。
  続きを読む

Posted by generationx6 at 22:48Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月26日

モディ政権、就任から2年

インドのモディ首相は25日、現政権がインド経済の再生に向けた「大胆な」自由化政策を追求していない
との批判に反論し、経済成長の加速に向けた道筋をつけたのは自分だと強調した。また、成長加速のために
州政府がかじ取りを手伝わなければならない段階に入ったと指摘した。

 モディ首相は25日、就任丸2年を迎える前日に首相公邸でウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)との
インタビューに応じた。首相は就任以来、国内業界のより多くを外国資本に開放し、汚職防止に向けた
法改正を行い、地方でインフラ格差を埋め、より良いビジネス環境を整えてきたと話した。

 「私は実際に最大限の改革を推し進めてきた」とした上で、「この先も膨大な作業が山積している」
との認識を示した。

モディ首相は来月上旬に予定されているワシントン訪問で、国際社会の舞台でインドはより重要な役割を
果たす準備ができているとのメッセージを伝える意向だ。首相はオバマ大統領と会談し、連邦議会の
上下院合同会議で演説を行うことになっている。

 インドは従来、国際問題で目立つ役割を避ける中立的な国として振る舞ってきた。だがこの10年間は
米国とかつてないほど強固なつながりを築いてきた。モディ首相は「現在のインドは以前と違って隅に
立っているわけではない」と話した。

 2014年の選挙でモディ氏が率いるインド人民党(BJP)が勝利したことは、経済の根本的な組み直しに
対する期待をかき立てた。インド経済は長年、東アジアの近隣諸国で起こってきた経済発展に追いつくことが
できないでいた。

  続きを読む
Posted by generationx6 at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月25日

インド株が大幅高

25日のインド株式相場は3カ月ぶり大幅高となった。銀行株と自動車関連銘柄の上げが目立った。
米国で新築住宅販売が急増し米経済が利上げに耐え得るとの見方が強まり、世界株高の様相となった。
  
  続きを読む
Posted by generationx6 at 20:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月24日

インド株は5日ぶり反発

終盤のインド株式市場は5営業日ぶりに小反発している。米連邦準備理事会(FRB)による利上げをめぐる
懸念は広がっているものの、好調な企業決算がセンチメントを支えている。

0842GTM(日本時間午後5時42分)時点で、SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で
構成) は58.11ポイント(0.23%)高の2万5288.47。

  続きを読む
Posted by generationx6 at 20:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月23日

アップルCEOとインド首相が会談

インドを訪問中の米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は21日、
デリーでモディ首相と会談した。インドでのアップル製品の生産や販売拡充などについて意見交換した。

アップルはインドで直営店を開きたい考えで、認可を申請している。来年にもオープンする可能性がある。

一方、インド政府側はアップルの製造拠点を誘致したい考え。モディ政権の「メーク・イン・インディア」政策を
後押しすると期待している。

モディ首相の側近は「ビジネスのあらゆる面について協議した。アップルが事業計画について明らかにする番だ」
と語った。

  続きを読む
Posted by generationx6 at 21:11Comments(0)TrackBack(0)