全国高校生英語ディベート2012観戦記(予選第五試合その1)難民論題 メリット例

2016年08月14日

再生可能エネルギー論題用資料集・議論構成例

2016年の秋季JDA大会の論題は、国民投票に決定しましたが、その他候補として、死刑、ベーシックインカム、再生可能エネルギーが挙げられていました。

このうち、再生可能エネルギー論題については、これまでメジャーな大会での採用実績がなかったので、大会担当者である程度リサーチして、論題として採用可能かどうかを検証していました。

論題としては採用されなかったものの、他の大会等で利用可能かも知れないので、こちらにリサーチした資料集を上げておきます。また、この論題の下での議論構成例も残しておきます(もちろん、これらの例以外の議論も作成可能と思います)。

議論の質については各自で判断の上ご利用ください(肯定・否定など区別せずに、入力順に資料が並んでいるので、使いづらいかとは思いますが、ご了承ください)。また、構成例通りの議論を作ろうとしても、資料集に無いエビデンスが必要になる場合がありますので、その際は適宜追加リサーチを行ってください。

  • -------------------------------------------------

ケース構成例1(エネルギー自給率)

プラン:

・FIT制度を改正前の状態に戻す

・固定買取価格を上げる

・など

内因性:

・長期エネルギー計画では原発をあてにしているものの、原発の増強は非現実的

・→再エネを今以上に増強する必要がある

・にも関わらず、FIT制度が改悪されている

重要性

・エネルギー自給率低下→化石燃料輸入の増加

・→日本経済への悪影響

解決性

・FIT制度を戻すことで、再エネの増加率がキープされる

・ドイツ等でも順調に再エネが伸びている

・など

  • -------------------------------------------------

ケース構成例2(経済効果)

プラン:

・ケース例1と同様

内因性:

・欧米に比べて、日本の再エネ普及率は低い

重要性:

・再エネは重要な投資先

・再エネ産業を発展させることは重要

解決性

・プランにより再エネへの投資が増加する

・再エネの経済効果は大きい

・など

  • -------------------------------------------------

デメリット構成例1(経済への悪影響)

固有性:

・現状の電源構成であれば、再エネが極端に大きくなることはない

リンク:

・プランにより、再エネの割合が大幅に上昇する

・賦課金額が大きく上昇する(ドイツなどでも同様のことが起こっている)

・消費などへ影響する

深刻性:

・経済ダメージは深刻

  • -------------------------------------------------

デメリット構成例2(停電)

固有性:

・現状は、きちんと接続可能容量を守って再エネを実施している

リンク:

・プランにより、変動電源の割合が上昇する

・電源変動による停電のリスクが増加する

深刻性:

・停電により、社会に深刻な影響

  • -------------------------------------------------

デメリット構成例3(環境)

固有性:

・現状は風力等の割合は大きくないため、環境問題が顕在化していない

リンク:

・風力発電は、バードストライクや騒音、景観阻害などの弊害がある

・地熱発電所は国立公園などに設置する必要があるため、自然破壊となる

・など

深刻性:

・環境は重要



geniocrat at 11:53│Comments(0)TrackBack(0)JDA | 資料集

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
全国高校生英語ディベート2012観戦記(予選第五試合その1)難民論題 メリット例