株の中級者を必ず勝たせる!

先物と現物株についてファンダメンタルズとテクニカルを融合させて解説。

前場分

日経平均     20596.92(-80.30) ・・・ -0.39%
TOPIX       1495.19(-11.58) ・・・ -0.77%
リート指数    2084.70(-2.69) ・・・ -0.13%
上海総合指数(11時半) 2876.14(-3.86) ・・・ -0.13%

前場時間の先物は20610円~20460円の値動きとなりました。

米国8/5以降   高値2943 安値2822 昨晩2900(64%戻し)
日本8/6以降   高値20782 安値20110 現在値20596(72%戻し)
先物8/6以降   高値20790 安値19960 昨晩20480(62%戻し) 夜間込み
ドル円8/5以降  高値107.07 安値105.03 現在値106.44(69%戻し)

定時巡回(11:40) ダウ先物+11ドル 香港-0.21% 韓国+0.20%

本日はこんな記事が。
・体感株価は1万8000円割れ 個人好み株の低迷深刻 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48774020Q9A820C1000000/
パッと見たところ、大まかにはバリュー株(↓)として括れる銘柄群です。
https://jp.investing.com/indices/topix-value
米国においてもバリューは相対的に劣勢なのですから(以下は、ラッセル1000のバリュー、ラッセル2000のバリュー、S&P500の比較)、
https://stockcharts.com/freecharts/perf.php?IWN,IWD,SPY
わが国の問題というより外部環境(世界的な金利低下)の影響の方が大きいことは自明です。

昨晩はラッセル1498=SOX指数1498と並んだので記念に。
https://stockcharts.com/freecharts/perf.php?$RUT,$SOX

<8/10記述> こちらのグラフはゴールドの年間上昇率が株に追い付いたと言いたいのでしょうが
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmA35F.jpg
それ以前に今年ここまでは「株高・債券高・ゴールド高・ドル高」です。序列はともかく「皆が」同じ方向にいるというのはなかなか見られるものではなく、逆に言えばどれか(とどれか)が向きを変え始めても不思議ではないかもしれません。

これを「グローバル市場が非常にシンクロナイズ(同期化)された状況」と表現し、「ヘッジの役割を果たすものが少ない」と言いたいようです↓。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-20/PWK2VN6KLVR501

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20677.22(+114.06) ・・・ +0.55%
TOPIX       1506.77(+12.44) ・・・ +0.83%
リート指数    2087.39(+5.85) ・・・ +0.28%
上海総合指数   2880.00(-3.09) ・・・ -0.11%

後場時間の先物は20660円~20620円の値動きとなりました。前場の20670円~20560円が一日の高安となります。

VI大幅低下・低値幅・低出来高
→ 小型株指数が最も上昇(当然値上がり銘柄数が増える)
https://quote.jpx.co.jp/jpx/template/quote.cgi?F=tmp/real_index&QCODE=158
しかし特殊な需給要素があったわけではないのに、小型に限らずすべての指数が「揃って」ほぼ高値引けですので、よほど薄かったようです(↓)。

8/16(170円幅) 現物1兆7810億円 先物28228枚 VI21.77
8/19(150円幅) 現物1兆5433億円 先物25281枚 VI20.43
8/20(110円幅) 現物1兆5837億円 先物18292枚 VI18.14
こちらは米国休場日の先物出来高。本日は米国は開いています。
1/21(45495枚)、2/18(44340枚)、4/19(18021枚)、5/27(29085枚)、7/4(19379枚)

ところで先日のレポートで「本日、8/9までの分が発表されます」としたECRIの先行指数ですが、株価下落週を反映して、前回145.7よりマイナスの数字でした(144.0)。
2017年2/3週145.6(ピーク)→2017年9/1週142.0(ボトム)→2018年2/2週152.4(ピーク)→2019年1/4週141.3(ボトム)→2019年4/12週148.6(ピーク?)→直近144.0
前年比の上昇は息切れ気味です。
https://ecri-prod.s3.amazonaws.com/downloads/190816__WLI_W495.gif
この先行指数は株価次第の面が強いのですが、なかなか「右肩」(4/12)が抜けません。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20642.72(+79.56) ・・・ +0.39%
TOPIX       1501.95(+7.62) ・・・ +0.51%
リート指数    2092.35(+10.81) ・・・ +0.52%
上海総合指数(11時半) 2882.08(-1.02) ・・・ -0.04%

前場時間の先物は20670円~20560円の値動きとなりました。

高値9時35分 安値9時06分
日経VIの低下だけが目立ちます(前日20.43→11時半18.76)。これでも8/2以来の低水準です。
米VIX https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$VIX これでも8/1以来(終値では7/31以来)の低水準です。

定時巡回(11:40) ダウ先物+12ドル 香港-0.16% 韓国+0.45%
香港は小反落でも、VIXは前日22.92→現在21.66

8月15日などという日付が見えます。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/30Y%20TSY%20yield%208.19.jpg
イカれた人たちが簡単に諦めてしまうとも思えませんが(下記チャートはジャクソンホール10日前~30日後の米金利。VIXが16以上の時と以下の時の推移別)。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-19_7-51-59.jpg

こういう人もいますから実際の意見調整は大変です。
(FOMC前の7/20記述) 久しぶりに聞く小気味よいタカ発言=予防的などの衣を着ない発言=FED伝統的な石頭発言
ローゼングレン総裁「最近のインフレデータが示す弱さは一時的」「現在の経済状態で金融調整の必要はない」

(ジャクソンホール前の昨晩) 小気味よいタカ発言2
ローゼングレン総裁「米国の経済状況は依然としてかなり良好」「金融政策は既に緩和的。他国の経済が脆弱なら"米国が"緩和する必要はない」「金融政策の目標はイールドカーブを正すことではなく、失業率とインフレ率の適正化だ」

こちらにはビルグロス信奉者でもいたのでしょうか。
・韓国金融当局、金利デリバティブ商品を調査 大損の恐れ
https://jp.reuters.com/article/southkorea-derivatives-idJPKCN1V90WL

こちらは新ネタ
・中国、新指標金利4.25%に 優良企業向け実質利下げ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48747890Q9A820C1EAF000/ 

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20563.16(+144.35) ・・・ +0.71%
TOPIX       1494.33(+9.04) ・・・ +0.61%
リート指数    2081.54(+4.90) ・・・ +0.24%
上海総合指数   2883.10(+59.27) ・・・ +2.10%

後場時間の先物は20580円~20520円の値動きとなりました。前場の20620円~20470円が一日の高安となります。

誰もが思っている感想通りです。

結局このように↓なりました。毎年のことなのに騒ぐ人がいるので先に載せた次第です。
2019年(8/19) 前7516億円・後7917億円=計15433億円 先物25281枚 

「さようなら!アベノミクス」だそうですので、こちらのグレーとオレンジの差の部分が日銀+GPIF+自社株買いの分ということになりましょうか。
https://qmwstorage01.blob.core.windows.net/labomediacollection/sites/6/2019/08/1-1.png

先週こちらで記述していたものですが、この辺りはすでに「さようなら!」しています。
野村  2012年11/15終値301円→安倍政権初日始値467円>本日終値392円
大和  2012年11/15終値325円→安倍政権初日始値471円>本日終値444円
※安倍政権初日は2012年12月26日

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20525.45(+106.64) ・・・ +0.52%
TOPIX       1491.44(+6.15) ・・・ +0.41%
リート指数    2082.46(+5.82) ・・・ +0.28%
上海総合指数(11時半) 2835.60(+8.03) ・・・ +0.29%

前場時間の先物は20620円~20470円の値動きとなりました。

定時巡回(11:40)  ダウ先物+163ドル 香港+1.65% 韓国+0.47%
香港のVIXは、先週末24.25→現在22.58

騒いでいる人たちがいると思うので先に載せておきます。お盆週明けの月曜日
2016年(8/21)  前 8698億円・後 8836億円=計17534億円 先物37163枚
2017年(8/22)  前 7514億円・後 8764億円=計16278億円 先物26964枚
2018年(8/20)  前 7847億円・後 8919億円=計16766億円 先物23351枚 VI17.02
2019年(本日)  前 7516億円

本日はこんな渾身の記事が目に入りました。
・なぜ日本株はかくも動かなくなったのか
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48657700W9A810C1000000/
以下は記事に出てくるチャート
https://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO4864297016082019000002&dc=1&ng=DGXMZO48657700W9A810C1000000&z=20190819
https://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO4864238016082019000002&dc=1&ng=DGXMZO48657700W9A810C1000000&z=20190819
https://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO4864284016082019000002&dc=1&ng=DGXMZO48657700W9A810C1000000&z=20190819
・バリュエーションが相対的な低いから。
・海外投資家たちはすでに持っていた日本株をほぼ売り切ってしまっているから。
・個人、日銀、GPIFなど相場の下げ局面で買いを入れる「逆張り」の投資家ばかりだから。
どれも頷ける理由で、特に足元で「カラカラで売るもの(投げるもの)すら無い」というのはその通りだと思いますが、バリュエーションの前提となるものが変われば(変わるのが見えてくれば)、また違ってくるのではないでしょうか。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

今週の見通し

日経平均週間  20684.82 → 20418.81(-1.28%) 前週が-2.63%
TOPIX週間    1503.84 → 1485.29(-1.23%) 前週が-2.42%
マザーズ週間   871.74 → 852.40(-2.22%)

カッコ内は前週
コア30 -1.81%(-2.24%)  大型株 -1.28%(-1.86%)  小型株 -1.11%(-2.05%)  
東証2部 -0.70%  JASDAQ -1.29%  リート +2.3%  Fリテ -1.9%
騰落レシオ 79.51% → 81.94%

先週の業種別ランキング
上位 繊維+0.7%、証券+0.1%、鉱業+0.1%、不動産、その他製品
下位 石油石炭-4.9%、紙パ-2.9%、鉄鋼-2.8%、水産農林、ゴム

先物  8/09 CME終値20485円 → 8/16 CME終値20565円(+80円)
昼間(国内時間)  合計 +285円  ドル円合計 -0.27円(0.27円の円高)
夜間(海外時間)  合計 -205円  ドル円合計 +0.97円(0.97円の円安)

今週のスケジュール
8/19(月) 
8/20(火) (講)クオールズ、コンテ伊首相、(決)ホームデポ
8/21(水) 中古住宅販売、FOMC議事録、日米貿易交渉閣僚協議
8/22(木) 景気先行指数、ジャクソンホール会合(~8/24)、★(各国)PMI速報値、ECB議事要旨
8/23(金) 新築住宅販売、(講)★パウエル、(日)CPI
8/24(土) G7首脳会議(~8/26)

今週も前半はスケジュールが薄いものの、後半にはジャクソンホールがあり、また9/1が近づいてくることで、9月からの関税実施有無・9月の米中会談有無に関する報道が賑やかになっていくと思われます。後者については昨晩とりあえずこんな良ネタが出ています。
・米、ファーウェイ緩和延長も=スマホ保守など3カ月容認
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081700349

経済指標では木曜の各国PMI速報値のみが唯一関心を集めるものです。
FOMC議事録は、前回のFOMC直後に環境が変わってしまったことと直後にパウエル講演を控えているだけにインパクトは低そうです。ECB議事要旨も同様ですが、ここの関心は9月が利下げだけなのか利下げ+α(QE含む)なのかですので、イカれた人たちがヒントを求める意識はFOMC議事録よりも高そうです。

ジャクソンホールについては、前回FOMC以降にトランプツイートで環境が変わってしまっているだけに、「予防的利下げ」「長期の利下げ局面の始まりではない」としていたものを「またまた」意趣変えするのかどうか、というよりそういった微妙な内容を発言するのかどうかに世界中の関心が集まっています。FRB理事としてバーナンキと約1年半接していたパウエルだけに、2010年のジャクソンホールは当然意識にあるはずです。

20年前(1998年)のグリーンスパン議長はこのような発言をしました。
と、1年前の今日書きました。
http://blog.livedoor.jp/genius2/archives/51537846.html
「世界で重圧が高まっている中で、米国が影響を受けずに繁栄のオアシスであり続けられる保証はない」
ジャクソンホール → 直後の9/4に上記発言 → 9/29のFOMCで3年ぶり利下げ
ジャクソンホールで利下げの根回しをしていたと言われていますが、株価の上では、すでに繁栄のオアシスが一度止まることを織り込んだ「後」のタイミングであり、「だからこそ」言えた内容だったと思います(9/4時点は高値から20%近く下落していた)。
http://blog-imgs-26.fc2.com/d/o/w/dowheikinman/1998-sy.png

その1998年は、
1月発で4月まで上昇→6月発で7月中旬まで2回目の上昇→7/31から急落→8月前半は下げた後の水準で持ち合い
今年のチャート 
https://realinvestmentadvice.com/wp-content/uploads/2019/08/SP500-Chart1-081619.png
1月発で4月まで上昇→6月発で7月後半まで2回目の上昇→7/31から急落→8月前半は下げた後の水準で持ち合い

幅や率は「全く」違いますし、そもそも下落の前に予防的利下げした今年と大幅下落後に予防的利下げに転じた当時では環境も違いますが、株価のリズムは同じです。当時この後(8/27~)のダメ押しはロシア危機が勃発したからですが、足元では黒いあひるがたまに顔を出すことはあってもそこまで爆発寸前になっているものは無さそうです。1年前の記事を持ち出したのは、当時をトレースするとかそういう意味ではなく、「9月4日」という日付があったからです。

リスク資産にとっての目先のベストルートはこんな感じでしょうが、
FOMCでFED(パウエル)がタカ→すぐに関税ツイート→ジャクソンホールでパウエルがハトに変身→第4弾関税を(一部ではなくすべて)延期
するとその後に「再び」こういう↓ルートが待っています(だからループ)。
→またFEDがタカに変身→関税(対中強硬)ツイート→→FEDがハト→対中軟化ツイート

日本株を含めた具体的なことはいつものように明朝に。

(参考グラフ1) 米国では直近までの引き締め期間にシャドーFF金利も含めると5.75%もの利上げをしたことになっています。
https://pbs.twimg.com/media/ECABo7fXYAAeKbh.png
それよりも2007年のピーク5.25%からシャドーのボトム-3.25%まで8.50%もの利下げ+QEで勝ち得たのが現在の潜在成長率2%程度です。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

海外市場動向(週末版)

8/16
NYダウ  25886.01(+306.62)・・・ +1.20%
S&P500   2888.68(+41.08)・・・ +1.44%
NASDAQ   7895.99(+129.38)・・・ +1.67%
CME日経平均先物 20565円
WTI原油 54.87(+0.40)  金価格 1523.6(-7.6)
10年債 前日1.527% → 1.554%  10年BEIは前日1.548% → 1.551%
2年債  前日1.496% → 1.476%
ユーロドル 前日1.1106/08 → 1.1089/91(ドル高)
ドル円 前日106.11/14 → 106.36/39(ドル高)

※7月住宅着工件数 119.1万件(予想125.7万件)
※7月建設許可件数 133.6万件(予想127.0万件)
※8月ミシガン消費者指数速報値 92.1(予想97.2・前回98.4)
※独シュピーゲル誌(23時半前)「ドイツはリセッションに陥った場合、財政出動する用意がある」「景気低迷による税収不足を新発国債の発行で相殺する可能性」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-16/PWC4ZL6K50XS01
※トランプ大統領、金融大手トップと協議 市場混乱の最中
※カシュカリ総裁「リセッションは基本的見通しではないがリスクはかなり上昇した」「FRBは経済の一段の下支えに向け、利下げする必要があるだろう」
※メスター総裁「見通しに対するリスクは大きく下方向に傾いている」「金利据え置きも利下げもあり得る」
※フィッチ、アルゼンチンを「B」から「CCC」に格下げ
※(たぶん5時直前くらい) 米財務省、期間50年や100年の超長期債の発行再検討-金利急低下受け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-17/PWCQ04T1UM0X01

※前日引け後のトランプ発言を受けて朝から高かったダウ先物は、中国・香港の堅調ぶりを経て欧州時間もリスクオフのオフが進み、15時+180ドル→18時+245ドル→21時+225ドルを経て実質+180ドルでスタート。序盤はミシガンの低数字などで+120ドルまで軟化する場面があったものの、上記ドイツ誌の内容をきっかけに金融などが牽引して+335ドルまで上伸。その後はSQを待つだけとなり、最終盤だけわずかに上下して終了。出来高はまずまず。
https://stockcharts.com/public/3421479/chartbook/645296440

※VIX指数 スポット前日21.18→18.47 8月限前日21.15→18.88
http://vixcentral.com/
※半導体SOX指数 +2.78%
※ラッセル2000指数 +2.19%
※ドイツ10年債利回り 前日-0.71% → -0.68%
※イタリア10年債利回り 前日1.33% → 1.39%
※GE+9.7%、NVIDIA+7.2%、アリババ+4.5%、3M+3.0%、JPモルガン+2.4%
※資本財+1.9%、テクノロジー+1.9%、金融+1.7%
※英国+0.71%、ドイツ+1.31%、フランス+1.22%、イタリア+1.51%(伊銀行株指数+2.7%)、ロシア-0.83%、ブラジル+0.76%

ダウで言えば日中値幅251ドルは今月の中では(というよりFOMC以降では)最少です。
ドイツの財政出動云々については、メルケルは先日否定したばかりでしたが、国内で意見の対立があるのでしょうから、推進派が「関係者」として訴えたようです。ドイツ金利がどれだけ反発したのかと思ったら「こんなに」反発していました。
https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$DET10Y

利下げどころかQE復活を目の前(9月)にぶらさげられた「イカれた」人たちでも、週末ということで正気を取り戻しやすく(持ち高調整しやすく)、このネタが出なくても多少は反発していたような気がします。「イカれた」人たちが買い上げる下記のスイス債などに比べると日本の-0.23%は確かに「高利回り債」です。

経済指標では住宅着工件数。減っているのは直接的には住宅ローンと関係ない集合住宅(赤)の方です。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/starts%20aug%202019.jpg
ミシガン(ブルー線)は調査期間がトランプツイート後でしょうから、株の下落と相俟って相応に低下しました。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_7-01-36.jpg
ただし「イカれた」人たちはこのクラス↑のものにはあまり興味が無いようでともにほとんど無反応でした。
FF金利先物の織り込みは、9月の0.5%利下げが21.2%・0.25%利下げが78.8%と前日からは揺り戻されています。

3週前 → 2週前 → 先週末 → 今週末
NYダウ   7192 → 26485 → 26287 → 25886(-1.5%)
S&P500   3025 → 2932 → 2918 → 2888(-1.0%) ※1
NASDAQ    8330 → 8004 → 7959 → 7895(-0.8%)
ラッセル   1578 → 1533 → 1513 → 1493(-1.3%)
SOX指数   1593 → 1448 → 1464 → 1479(+1.0%)

ドルindex  97.75 → 97.85 → 97.32 → 98.01 ※3
ユーロドル  1.1127 → 1.1109 → 1.1200 → 1.1090(↓)
ドル円     108.67 → 106.59 → 105.67 → 106.37(↑)
ユーロ円   120.92 → 118.40 → 118.38 → 117.97(↓)
ポンド円   134.55 → 129.59 → 127.08 → 129.20(↑)
つまり https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$EURGBP

右側は3週間の変化
米国30年債    2.59% → 2.38% → 2.26% → 2.03%(-0.23%) -0.56%
米国10年債    2.07% → 1.84% → 1.74% → 1.55%(-0.19%) -0.52% ※2
https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$TNX
10年BEI      1.78% → 1.66% → 1.65% → 1.55%(-0.10%) -0.23%
米国2年債    1.85% → 1.71% → 1.64% → 1.47%(-0.17%) -0.38%
米国3ヶ月債   2.12% → 2.06% → 2.00% → 1.87%(-0.13%) -0.25%
ドイツ10年債  -0.37% →-0.49% →-0.57% →-0.68%(-0.11%)  -0.31%
イタリア10年債  1.56% → 1.54% → 1.80% → 1.39%(-0.41%) -0.17%
(参)スイス債  -0.67% →-0.83% →-0.91% →-1.10%(-0.19%)  -0.43%
(参)豪10年債  1.23% → 1.08% → 0.96% → 0.88%(-0.08%) -0.35%

VIX指数     14.45 → 17.61 → 17.97 → 18.47 ※4
欧州VIX     13.70 → 18.36 → 18.95 → 20.38
ゴールド     419 → 1457 → 1508 → 1523
原油      56.20 → 55.66 → 54.40 → 54.87

※1 タイトルは「ボラタイル」
https://www.advisorperspectives.com/images/content_image/data/bf/bf35980ead42473a0c3441cb458e0fca.png
水曜も800ドルと派手な下落の割には出来高が少なく、投げなどは皆無だったと思いますが、どこかの大統領だけはあの程度で(歴代342位の下落率で)も浮足立ってしまっていたようです。

ディフェンシブVSシクリカル
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-37-35.jpg
昨晩こそ金利反発で劣後していましたがこちらの2セクターが高値更新しています。
公益 https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=XLU
不動産 https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=XLRE
上の2セクターとは対極に位置する銀行 https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$BKX
シクリカルの代表テクノロジー https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=XLK

日足形状 https://www.advisorperspectives.com/images/content_image/data/9b/9bbaa7eee98d9b124af04c33323e794f.png
米国8/5以降   高値2943 安値2822 週末値2888(54%戻し)
日本8/6以降   高値20782 安値20110 週末値20418(45%戻し)
先物8/6以降   高値20790 安値19960 週末値20565(73%戻し) 夜間込み
ドル円8/5以降  高値107.07 安値105.03 週末値106.37(65%戻し)

※2 「基本的には」リスクオフor(リスクオンではなく)リスクオフのオフという振り子ですが、https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-12-07.jpg
金利は、欧州からの(「イカれた」人たちの)影響を受けていることと、火曜のあのネタで「ベアフラット」するくらいにインバート作りに勤しんでいた人たちの意志が伝わってくる週でした。
そんな中、バンカメは耐え切れずに米金利の目標値を大幅に(後追いで)引き下げています。https://pbs.twimg.com/media/ECHGS4FX4AARk0Y.jpg

※3 今週の安さ比べはユーロに軍配
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-30-11.jpg
安さ比べ(緩和比べ)以外に「人民元が堅調だったから↓」という要因もあるはずです。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-38-51.jpg

※4 足元ではVVIX(VIXのVIX)と債券VIXの2つの様子を重視しています。
https://stockcharts.com/freecharts/perf.php?$VVIX,$TYVIX

カッコ内は前週の騰落率 ★は週内に年初来高値を更新した国、☆は年初来安値を更新した国(ともに終値ベース)
日経平均(CME) +0.4%(-1.8%)
米国ダウ-1.5%(-0.7%) S&P500-1.0%(-0.5%)
ドイツ-1.1%(-1.5%) イタリア-0.0%(-3.4%) 英国-1.9%(-2.1%) ☆スペイン-1.0%(-1.6%)
フランス-0.5%(-0.6%) ロシア-3.8%(-0.3%) カナダ-1.2%(+0.4%)

日経平均 -1.3%(-1.9%)
中国+1.7%(-3.2%) 香港-0.8%(-3.3%) 韓国-0.5%(-3.0%) インド-0.6%(+1.2%)
ブラジル-4.0%(+1.3%) 豪州-2.7%(-0.4%) トルコ-3.7%(-0.3%) (参考)☆アルゼン-31.4%

欧州 https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-26-32.jpg
中華 https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-16_12-14-04.jpg
新興国債券(↓)はアルゼンチン100年債の影響を受けたものの、「イカれた」人たちがまだ多く存在するようです。https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=EMB

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20418.81(+13.16) ・・・ +0.06%
TOPIX       1485.29(+1.44) ・・・ +0.10%
リート指数    2076.64(+21.67) ・・・ +1.05%
上海総合指数   2823.82(+8.03) ・・・ +0.29%

後場時間の先物は20440円~20350円の値動きとなりました。一日を通すと20440円~20270円となります。

普通に夜間レンジ内でした。つまり昨晩のわずか1時間半(高値=21時2分と安値=19時40分)の高安の内側だったことになります。米国と同じように。

「16日」につき何も見ていないので事情はわかりませんが、それにしても毎日毎日、前引け値と大引け値がほとんど同じです。

久しぶりに先物出来高が少ないのは、久しぶりに窓を空けなかったため。
8/14(150円幅) 現物1兆9400億円 先物42024枚 VI19.09
8/15(230円幅) 現物1兆9862億円 先物51810枚 VI21.36
8/16(170円幅) 現物1兆7810億円 先物28228枚 VI21.77

定時巡回(11:40)   ダウ先物+140ドル 香港+0.27% 韓国-0.84% 豪州-0.10%
定時外巡回(16:00) ダウ先物+124ドル 香港+0.50% 韓国-0.58% 豪州-0.04%

今週の数字はこのようになりました。
円建ては、20684円 → 20418円(-1.28%) Tは-1.23%
ドル円は、105.90円 → 106.09円(+0.18%) ユーロ円は118.56→117.82
ドル建て値は、195.31 → 192.46(-1.46%)
米金利が先週末より大幅に低下しているのにドル円は頑張りました。その理由は近隣某国からデフレ菌が流れて来なかったから。

勘違いしている人もいるかもしれませんので、すでに今週分を終えている東アジア+豪州の数字も載せておきます(香港はまだ途中)。
日経平均 -1.3%(-1.9%)
中国+1.7%(-3.2%) 香港-1.2%(-3.3%) 韓国-0.5%(-3.0%) 豪州-2.7%(-0.4%) 
香港ハンセンは今年1/3安値24896=昨日安値24899から一旦立ち直りです。

それではまたしばらく籠ります。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20424.33(+18.68) ・・・ +0.09%
TOPIX       1486.33(+2.48) ・・・ +0.17%
リート指数    2076.37(+21.40) ・・・ +1.04%
上海総合指数(11時半) 2827.01(+11.21) ・・・ +0.40%

前場時間の先物は20400円~20270円の値動きとなりました。

褒められています(↓)。
・「完全にイカれた」債券市場、日本国債ですら「高利回り債」に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-15/PWA0NM6KLVTA01
周りが「イカれ」過ぎているので、10時10分のオペ通知を少々減額してもあまり影響ないようです。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/GJGB10:IND
イカれた人たちの例(ポルトガル)
https://www.bloomberg.co.jp/quote/GSPT10YR:IND ← 2012年には17%だった

10時15分の方は、オフショアで人民元が売られていてそれに対して基準値設定で中銀の意志が確認できることに意味があったわけで、オフショアで売られていなければ(大きく動いていなければ)さほど意味があるとも思えません。

定時巡回(11:40) ダウ先物+140ドル 香港+0.27% 韓国-0.84% 豪州-0.10%

昨晩の米国株・・・(ロイター)「堅調な消費動向や米国債利回り低下という強弱入り混じる材料を前に、米国株は大半の取引時間でプラス圏、マイナス圏を行き来した。」だそうです。
こちら↓のゴチャゴチャ書いてあるのが昨晩の18時~21時頃で先物の高安はその時間内。米国の現物取引はこのチャートでは6時半~13時ですので、
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/2019-08-15_12-45-11.jpg
実際には、小売売上高や利回り低下(1.5%以下)の前にすでに高値と安値を付け終わっていて、300ドル幅の米国時間は出涸らしだったのです。いろいろな意味で「持ち越し」でした。

そんな中、疲れたパウエルは「当面は自主的なブラックアウト期間」にしたいと伝わっているようで、強制的ではないので皆が従うのかどうかわかりませんが、そうなればFED発のサプライズの素地が大きくなることになりそうです。

こちらはグーグルトレンドで「イールドカーブ」を検索
https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=today%205-y&geo=US&q=yield%20curve
今週はまだ途中ではありますが、実際のインパクトはともかく、何事も最初に関心が集まるようです。
最初にではなく最初だけ?。
https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=all&geo=US&q=abenomics

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20405.65(-249.48) ・・・ -1.21%
TOPIX       1483.85(-15.65) ・・・ -1.04%
リート指数    2054.97(+16.05) ・・・ +0.79%
上海総合指数   2815.80(+6.88) ・・・ +0.25%

後場時間の先物は20390円~20280円の値動きとなりました。一日を通すと20390円~20160円となります。
10時までが20280円↓、10時半以降が20280円↑

昨日記述分にもう一日加わりました(日本時間は逆張り層のための逆張りタイム)。
8/15 ダウ-800ドル → 日本は陽線

先物も毎日大きな窓が空くので10時までの出来高は多いがその後は尻すぼみ。
8/13(160円幅) 現物2兆1822億円 先物44711枚 VI21.32
8/14(150円幅) 現物1兆9400億円 先物42024枚 VI19.09
8/15(230円幅) 現物1兆9862億円 先物51810枚 VI21.36

今日は前場から「敢えて」豪州を入れています。
定時巡回(11:40)   ダウ先物+120ドル 香港-0.24% 韓国休場 豪州-2.17%
定時外巡回(16:00) ダウ先物+181ドル 香港+0.52% 韓国休場 豪州-2.85%

こちらはドル建てではありますが豪州株と香港株の相関チャート。5月のトランプツイート起点なら70daysくらいです。
https://stockcharts.com/freecharts/perf.php?EWA,EWH

(参考) 昼記述の「昨年の8/14終値2840.60=今年の8/14終値2839.96」に追加。
昨年の8/14のイールドカーブと今のイールドカーブ
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmF736.jpg

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20404.92(-250.21) ・・・ -1.21%
TOPIX       1481.88(-17.62) ・・・ -1.18%
リート指数    2047.00(+8.08) ・・・ +0.40%
上海総合指数(11時半) 2784.57(-24.34) ・・・ -0.87%

前場時間の先物は20380円~20160円の値動きとなりました。

夜に小売売上高などが控える「8月15日」のアジア時間に米30年債が動いているようです。https://www.bloomberg.co.jp/quote/USGG30YR:IND

定時巡回(11:40) ダウ先物+120ドル 香港-0.24% 韓国休場 敢えて豪州-2.17%

10年債 前々日1.645%→前日1.703%→今朝1.579%(前々日より下)
ドル円  前々日105.30→前日106.74→今朝105.90(前々日より上)
人民元 前々日より上 https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmE8E1.jpg

昨晩はダウ800ドル安という何と歴代4位の下落「幅」でした。下落「率」では歴代342位だそうですけど
ちなみにS&P500では、昨年の8/14終値2840.60=今年の8/14終値2839.96
念のためTOPIXは、昨年の8/14終値1710.95>今年の8/14終値1499.50

いつも大騒ぎ
昨年12月に初めて2年-5年がインバート → リセッション懸念
今年3月(本格的には5月)に初めて3ヶ月-10年がインバート → リセッション懸念
今回は初めて2年-10年がインバート → リセッション懸念
こちらは25年のゼロクーポン債ETFの値動き。
https://stockcharts.com/h-sc/ui?s=ZROZ
クーポンがゼロなのですからインカム期待は無くキャピタルゲイン期待「のみ」の債券ということになります。←

そんな時に敢えてこんな記事を。
・ドイツ失速、欧州経済に影 財政出動求める声も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48564620U9A810C1FF8000/
(抜粋) 21年の任期満了で辞任するメルケル独首相の引退後を巡る駆け引きが続く連立与党だが、比較的足並みをそろえやすい気候変動対応を名目に、財政出動に踏み切るのではないかという観測がある。
→ これに対して「頑固」組は、
一昨日のメルケル首相「現時点で財政刺激策を発動させる必要はないとみている」
昨日は政府報道官「現時点では包括的な刺激策の必要はない」「経済を安定させるための追加措置は必要としていない」

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20655.13(+199.69) ・・・ +0.98%
TOPIX       1499.50(+12.93) ・・・ +0.87%
リート指数    2038.92(+1.23) ・・・ +0.06%
上海総合指数   2808.91(+11.66) ・・・ +0.42%

後場時間の先物は20660円~20550円の値動きとなりました。一日を通すと20690円~20540円(昼)となります。

16時時点の香港VIXは23.38です。
8/09(110円幅) 現物2兆1466億円(SQ) 先物41169枚 VI19.71
8/13(160円幅) 現物2兆1822億円 先物44711枚 VI21.32
8/14(150円幅) 現物1兆9400億円 先物42024枚 VI19.09

日本時間は逆張り層のための逆張りタイム。
8/06 ダウ-767ドル → 日本は大陽線
8/07 ダウ+311ドル → 日本は陰線で孕み
(8/08 米国小動き → 日本は陽線)
8/09 ダウ+371ドル → 日本は陰線
8/13 ダウは2日で-480ドル → 日本は陽線
8/14 ダウ+372ドル → 日本は陰線

本日がダウ+372ドルで日本が+199円では物足りないとブーブー言う人たちは、たぶん前日がダウ-480ドルで日本が-229円だった時は何も言わない人たち。

そして今日「も」まずは弱い指標から欧州時間が始まります。予想と一致ですけど。
独4-6月期GDP速報値 前期比-0.1%(予想-0.1%)
https://jp.tradingeconomics.com/germany/gdp-growth

(参考)米国株60分足 朝から3回目
https://stockcharts.com/public/3421479/chartbook/490565000

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20584.90(+129.46) ・・・ +0.63%
TOPIX       1494.23(+7.66) ・・・ +0.52%
リート指数    2037.87(+0.18) ・・・ +0.01%
上海総合指数(11時半) 2815.68(+18.42) ・・・ +0.66%

前場時間の先物は20690円~20550円の値動きとなりました。
5日線(現時点で)20567円≒前場終値20584円

昼間値幅 210円→230円→110円→160円→140円
夜間値幅 440円→280円→320円→540円

定時巡回(11:40) ダウ先物-14ドル 香港+0.34% 韓国+0.91%
中国の場合、決して過去の数値を修正しないので(修正する"意味"も無いので)、前月分までをそのままコピペできてありがたいです。
鉱工業生産 3月+8.5%→+5.4%→+5.0%→+6.3%→7月+4.8%(予想+5.8%)
小売売上高 3月+8.7%→+7.2%→+8.6%→+9.8%→7月+7.6%(予想+8.6%)
実際のところ他のハードデータを見ても7月は落ち込んでいたようです(ソフトデータだけはなぜか良好だった)。
ただし人民元は昨晩のネタで救われました(赤線は本日10:15の基準値)。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfm38B3.jpg

中国が為替操作国なら、米国は株式操作国
ただし昨日は元々こんな日でした。
<昨夕記述> 昨年クリスマス以降に「週初日に1%超の下落をした日」の翌日は全勝ですので、米国時間に入ると案外切り返したりするのかもしれません(以下はその翌日を含めた週の残りのパフォーマンス)。
12/24 -2.71% → 週の残りで+5.7%
1/22 -1.42% → 週の残りで+1.2%
5/13 -2.41% → 週の残りで+1.7%
8/05 -2.98% → 週の残りで+2.6%
8/12 -1.23% → ?

最も解釈難だったのは、あのネタで金利が「ベアフラット」したことではないでしょうか(ベアスティープならまだわかる)。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmC098.jpg


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     20455.44(-229.38) ・・・ -1.11%
TOPIX       1486.57(-17.27) ・・・ -1.15%
リート指数    2037.69(+9.06) ・・・ +0.45%
上海総合指数   2797.26(-17.73) ・・・ -0.63%

後場時間の先物は20430円~20350円の値動きとなりました。前場の20470円~20310円が一日の高安となります。

最初の4分間で日中高値と安値示現(134円幅)
→ それ以降(9:15以降)の約6時間はわずか86円幅
VIが20を超えているのに、11時半20440円=13時半20450円=15時20455円
→ その後の現物終値-先物終値(15分間)が105円幅
→ 他国にはいない主体が存在するので相変わらず不可思議な市場

8/08(230円幅) 現物2兆0878億円 先物51556枚 VI21.06
8/09(110円幅) 現物2兆1466億円(SQ) 先物41169枚 VI19.71
8/13(160円幅) 現物2兆1822億円 先物44711枚 VI21.32

定時巡回(11:40)   ダウ先物+31ドル 香港-1.42% 韓国-0.57%
定時外巡回(16:00) ダウ先物-76ドル 香港-2.00% 韓国-0.85%

金利:昨晩も長期金利はリスクオフで大幅低下していますが、経済指標があったわけでもFED関係者が出てきたわけでもないので利下げ確率に変化は無く短い方の金利は動いていない=結果的にフラットニング。
米3ヶ月債  (7/31)2.08%→(8/9)2.00%→(8/12)2.00%
米2年債   (7/31)1.87%→(8/9)1.64%→(8/12)1.58%
米10年債   (7/31)2.01%→(8/9)1.74%→(8/12)1.64%


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     20440.51(-244.31) ・・・ -1.18%
TOPIX       1486.62(-17.22) ・・・ -1.15%
リート指数    2040.30(+11.67) ・・・ +0.58%
上海総合指数(11時半) 2800.87(-14.12) ・・・ -0.50%

前場時間の先物は20470円~20310円の値動きとなりました。
高値9時00分・安値9時4分(Tは9時43分)

前回
4/24高値→8営業日(-1611円)→5/14陽線で一旦コツン→679円幅の戻り→
今回
7/25高値→8営業日(-1713円)→8/06陽線で一旦コツン→672円幅の戻り(8/9時点)→

定時巡回(11:40) ダウ先物+31ドル 香港-1.42% 韓国-0.57%
香港はドル建てETFが3%超下げていたことを考えれば軽微です。
香港のVIXは前日19.60→現在21.59

(日曜記述) 昨年の当該週はトルコショックがあったタイミングで、主なクロス円の安値は8/15でした。

この週は新興国イジメが好きなようで、アルゼンチンは昨年も(8/13)「アルゼンチン中銀、政策金利を45%に引き上げ」などで準主役となっていましたが、今年も準主役のようです(決して本主役ではない)。
米国株においても昨年は8/15が月間の「陰の極」になったのですが、
https://www.advisorperspectives.com/images/content_image/data/2e/2e95ffb56059b12ed37e276cd09df5ef.png
今年は「水準」そのものが違います(数字はVIX)。
昨年 月14.78 火13.31 水14.64 木13.45 金12.64
今年 月21.09

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

リアルタイム指標
プロフィール

genius2

投票
CFDブログパーツCFD
バナー
記事検索
by 株価チャート「ストチャ」
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ