株の中級者を必ず勝たせる!

先物と現物株についてファンダメンタルズとテクニカルを融合させて解説。

本日分

日経平均     16360.71(-195.24) ・・・ -1.18%
TOPIX      1287.90(-16.37) ・・・ -1.26%
リート指数    1836.55(+7.12) ・・・ +0.39%
上海総合指数   3070.31(+1.98) ・・・ +0.06%

後場時間の先物は16460円~16320円の値動きとなりました。一日を通すと16500円~16320円となります。

こんなのばっかり。
先物    午前20753枚 午後39287枚(後場寄りの5分足と15時以降で15329枚=39%)
Fリテ    111.7万株(後場寄りの5分足と大引けで55.5万株=50%)
東京ドーム 47.9万株(後場寄りの5分足と大引けで28.4万株=59%)
ファミマ   2009万株(大引けで788万株=39%)

引け後には4~6月期のGPIFの運用実績が発表されており( http://www.gpif.go.jp/operation/state/pdf/h28_q1.pdf )、国内債を除く国内株・外国株・外国債券が「等しく」マイナスだそうです(順に、-7.38%、-7.76%、-8.02%)。
この四半期に限らずですが、為替をヘッジしていなければ日本の投資家から見れば「米国株は日本株と全く同じもの」ですから(黒線が円建て米国株)、
http://market.newsln.jp/apps/market/quotes?lang=ja&r=9m&c=1011&c2=1547&t=large&more=&t=large
(米国株がすべてではないにせよ)日本株のマイナスと外国株のマイナスが同程度であることは自然です。
逆に言うと、(難しいと思いますが)円建て米国株と日本株がイコールだからこそドル円と日本株に乖離が生じているわけです。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16448.00(-107.95) ・・・ -0.65%
TOPIX      1295.10(-9.17) ・・・ -0.70%
リート指数    1831.24(+1.81) ・・・ +0.10%
上海総合指数(11時半)  3080.78(+12.45) ・・・ +0.41%

前場時間の先物は16500円~16360円の値動きとなりました。

昨日の動きを見て「日銀買いが怖くなくなった」でしょうか(出来高に変化なし)。
8/23 前6818億円・後11363億円=計18181億円 先物40439枚(36.7%)
8/24 前7377億円・後 8700億円=計16077億円 先物26601枚(27.4%)
8/25 前6502億円・後10619億円=計17121億円 先物32445枚(31.4%)
8/26 前7619億円                    先物18408枚(11時半)

米国株は「ミクロの世界」ではありますが8/15(月)が年初来高値、ドイツ株は普通に8/15(月)が年初来高値、英国も同様、日本もドル建て値は8/15(月)が年初来高値(すべて終値ベース)。そこに中央銀行がETFを買う買わないの別はありませんし日本のSQも無関係です。ちなみに中国も年初来高値ではありませんが8/15が戻り高値です(ただし香港は8/18)。

「影の金利」が物語る黒田緩和の憂鬱な検証、ドラギECBの後塵拝す
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-08-25/OCGJM46S972B01
日欧の違い(結果)はこちら(CPI総合)でも明確。
米  3月+0.9% → +1.1% → +1.0% → +1.0% → 7月+0.8%
日  3月-0.1% → -0.3% → -0.4% → -0.4% → 7月-0.4%
欧  3月0.0% → -0.2% → -0.1%  → +0.2% → 7月+0.2%
特に東京都区部のコアコアは綺麗にデフレ回帰中です。
3月+0.6% → +0.6% → +0.5% → +0.4% → +0.2%(本日改定) → 8月+0.1%


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16555.95(-41.35) ・・・ -0.25%
TOPIX      1304.27(-2.44) ・・・ -0.19%
リート指数    1829.43(+6.75) ・・・ +0.34%
上海総合指数   3068.33(-17.55) ・・・ -0.57%

後場時間の先物は16620円~16520円の値動きとなりました。一日を通すと16650円(昼)~16510円となります。

実は日銀は召喚されていたとかされていないとか「その手の話」ばかりのようですが、それと関係あるのか、後場寄りで225銘柄にSQ並みの「意味深な」大口クロスがあったそうで、例えば東京ドームなどは後場寄りの出来高が一日の半分以上です。その分があってコレ↓
8/22 前7514億円・後  8764億円=計16278億円 先物26964枚(27.4%)
8/23 前6818億円・後11363億円=計18181億円 先物40439枚(36.7%)
8/24 前7377億円・後  8700億円=計16077億円 先物26601枚(27.4%)
8/25 前6502億円・後10619億円=計17121億円 先物32445枚(31.4%)

ところで引け後発表の先週(-2.2%の週)の主体別動向では外国人は-1667億円。朝発表の対内証券投資は-2296億円でしたから、先週は「外国人が売っていた」ということになります。ただ例えば後者の内訳をみると「8兆2642億円売り・8兆0346億円買い」であり、その差引が-2296億円ということになるわけです。売り買いそれぞれの金額を年初から見ると、実際に売っている金額(処分金額=8兆2642億円)としては、年初来2番目に少ない週(もちろん5営業日の週に限定)であり、実際に買っている金額(取得金額=8兆0346億円)の方も2番目に「少ない週」だったことが確認できます。要は外国人が「売っていたのではなく買っていなかった」ということです。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16555.11(-42.19) ・・・ -0.25%
TOPIX      1302.58(-4.13) ・・・ -0.32%
リート指数    1824.82(+2.14) ・・・ +0.12%
上海総合指数(11時半) 3061.88(-24.00) ・・・ -0.78%

前場時間の先物は16590円~16510円の値動きとなりました。

いわゆる微妙な位置ということのようです。
左側は前引け(左はN、右がT)⇒右側は大引け(同じくNとT)そして後場値幅
8/23 -0.22%(16561) -0.27% ⇒ -0.61% -0.47% 220円幅 
8/19 -0.07%(16474) -0.10% ⇒ +0.36% +0.38% 110円幅 
8/18 -0.19%(16714) -0.38% ⇒ -1.55% -1.55% 270円幅 
8/16 -0.25%(16827) -0.05% ⇒ -1.62% -1.38% 320円幅
8/15 +0.00%(16920) -0.17% ⇒ -0.30% -0.50% 110円幅
8/10 -0.29%(16716) -0.41% ⇒ -0.18% -0.20% 190円幅  ○

8/22 前7514億円・後 8764億円=計16278億円 先物26964枚(27.4%)
8/23 前6818億円・後11363億円=計18181億円 先物40439枚(36.7%)
8/24 前7377億円・後 8700億円=計16077億円 先物26601枚(27.4%)
8/25 前6502億円                   先物10936枚(11時半)

中国は何やら「保険商品の販売規制強化に伴い、7兆5000億~9兆円の保険資金がA株から流出するとのことで窓空けです。それがなくても今週の新興国(青は弱含みではありますが。
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user5/imageroot/2016/08/21/EM%20BBG%20chart.png

(土曜)「この国だけが少し"おかしい"ようです」第3弾(ナショナルコマーシャル銀行はサウジ最大の銀行)
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user3303/imageroot/2016/08/19/20160824_NCB.jpg

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16597.30(+99.94) ・・・ +0.61%
TOPIX      1306.71(+9.15) ・・・ +0.71%
リート指数    1822.68(-3.46) ・・・ -0.19%
上海総合指数   3085.88(-3.83) ・・・ -0.12%

後場時間の先物は16600円~16540円の値動きとなりました。前場の16630円~16520円が一日の高安となります。

15時までは完全バーコード状態だったので、現物の後場の値幅はわずか34円です。
そもそも昨日が「おかしかった」ので、本日はその分の修正余地があったというだけで、それが前場で終わって後場は何も残っていなかったということだと思います。

ところで本日の空売り比率は42.1%です。日本の空売り比率というのは売買代金に占める空売りの比率ですから、空売りが一定でも売買代金が減れば比率は「勝手に」上がるわけで、毎日これが減った増えたと騒いでいる人もいますが、全体の売買代金が減っている時の空売り比率増加はあまり関係ないと思います。売買代金が増加するメジャーSQ日の空売り比率が関係無いことと(パターンは逆ですが)同じ理屈です。

そういえばサウジ副皇太子が「投資の拡大を呼びかける意向」で日本と中国を訪問するそうですが、
(土曜)「この国だけが少し"おかしい"ようです」。チャートはサウジのCDS。
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iCuyrdr4GOjs/v4/750x-1.png

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16580.38(+83.02) ・・・ +0.50%
TOPIX      1305.36(+7.80) ・・・ +0.60%
リート指数    1818.06(-8.08) ・・・ -0.44%
上海総合指数(11時半) 3089.05(-0.66) ・・・ -0.02%

前場時間の先物は16630円~16520円の値動きとなりました。

指数は当たり前のように、昨日の「何をやっているのかよくわかりませんが、」の範囲内でウロウロです。
8/19 前9293億円・後10708億円=計20001億円 先物32081枚(26.5%)
8/22 前7514億円・後  8764億円=計16278億円 先物26964枚(27.4%)
8/23 前6818億円・後11363億円=計18181億円 先物40439枚(36.7%)
8/24 前7377億円                    先物13016枚(11時半)

ドル円   月15時100.87 → 火15時100.09 → 今朝100.24 → 11時半100.37
円建て  月15時16598円→ 火15時16497円→ 今朝16540円→ 11時半16580円
ドル建て 月15時164.54 → 火15時164.82 → 今朝165.00 → 11時半165.19

昨晩の米国は、(株式)30日連続→32日連続、(債券)15日間連続→17日間連続、為替は(ユーロ円)ここ2週間すべて→2週間+2日すべて、と今までの「延長」でしたが、米国よりも欧州の銀行株の逆襲が目につきました。
http://jp.investing.com/indices/ftse-italia-banks-advanced-chart

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16497.36(-100.83) ・・・ -0.61%
TOPIX      1297.56(-6.12) ・・・ -0.47%
リート指数    1826.14(+11.56) ・・・ +0.64%
上海総合指数   3089.71(+4.90) ・・・ +0.38%

後場時間の先物は16650円~16430円の値動きとなりました。そのまま一日の高安となります。

何をやっているのかよくわかりませんが、
http://quote.jpx.co.jp/jpx/template/quote.cgi?F=tmp/real_index&QCODE=151
今のところはこの範囲のことです。
先々週     16943円~16455円
先週      16932円~16452円
今週(本日)  16663円~16452円

何かが入るとか入らないとか、毎日「そんなこと」ばっかり言っていますが、直近7場(木曜昼~火曜昼)の先物終値だけを並べるとこういうことになっています。
16500、16550、16520、16510、16570、16520、16510

ただ債券先物が買われ直した日であったことは確認でき( http://n225cme.com/jgb.html )、現物はそれに沿った動きだったようで、バリュー(-0.98%)<グロース(+0.00%)の騰落率の差は-0.97%と今月2番目の大きさです

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16561.02(-37.17) ・・・ -0.22%
TOPIX      1300.13(-3.55) ・・・ -0.27%
リート指数    1817.87(+3.29) ・・・ +0.18%
上海総合指数(11時半) 3096.41(+11.60) ・・・ +0.38%

前場時間の先物は16560円~16480円の値動きとなりました。

8/18 前9399億円・後12086億円=計21485億円 先物51939枚(40.0%)
8/19 前9293億円・後10708億円=計20001億円 先物32081枚(26.5%)
8/22 前7514億円・後 8764億円=計16278億円 先物26964枚(27.4%)
8/23 前6818億円                    先物15931枚(12時)

昨日は、<土曜>『"日替わり"のタカ「気分」とハト「気分」』が"半日替わり"に(2時=日本の15時)。
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user3303/imageroot/2016/08/19/20160822_EOD3.jpg
米国株に関しては、この日中足(と出来高)を見れば、人間様は全く介在していなかったと思われます。
http://www.advisorperspectives.com/dshort/charts/markets/SPX-five-day.png

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16598.19(+52.37) ・・・ +0.32%
TOPIX      1303.68(+8.01) ・・・ +0.62%
リート指数    1814.58(-10.02) ・・・ -0.55%
上海総合指数   3084.81(-23.30) ・・・ -0.75%

後場は16600円~16540円の値動き(?)となりました。前場の16610円~16520円が一日の高安となります。

先物値幅90円というのは今年最少です。
<前場>現物の方は、わずかに先週の「反動」が見られているようです。
⇒ 日銀以降(8/1以降)では最も「N<T」の日でした。この売買代金の中で。
8/18 前9399億円・後12086億円=計21485億円 先物51939枚(40.0%)
8/19 前9293億円・後10708億円=計20001億円 先物32081枚(26.5%)
8/22 前7514億円・後 8764億円=計16278億円 先物26964枚(27.4%)
このあたりも。
金曜  59円高  982:826
本日  52円高  1412:446

アジア他国は概ね下落であり、
中国-0.75% 香港-0.43%(16時) 韓国-0.68% 豪州-0.21%
ダウ先物も16時時点では小幅安(-30ドル程度)。ゴールドも下落しており、アジア時間はタカ色でしたが、そのような環境の中で(そのような環境だからこそ)トヨタは想定為替レート(102円)以下にもかかわらず、実に3月以来の高値を更新しています。週足では約1年ぶりにゴールデンクロスしそうです。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16584.75(+38.93) ・・・ +0.24%
TOPIX      1300.80(+5.13) ・・・ +0.40%
リート指数    1818.03(-6.57) ・・・ -0.36%
上海総合指数(11時半) 3098.90(-9.20) ・・・ -0.30%

前場時間の先物は16610円(9:01)~16520円(9:22)の値動きとなりました。
現物の方は、わずかに先週の「反動」が見られているようです。

今朝の下記日経記事が気になったので、真面目に「間違い」を指摘しておきます。
マイナス金利と「3高相場」
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06335940S6A820C1KB3000/

・まず、政策導入前日(2月15日)を起点にしているのがおかしいです。
そこまでの間に織り込まれているので本来はマイナス金利の前日1月28日を起点にとるべき。なぜ筆者が2月15日を起点にしているかと言うと、そうしないと「3高相場」という前提で論を展開できなくなってしまうから(1月28日終値は17041円)。もし今が17500円なら「堂々と」1/28を起点にしていたのでしょう。

・<引用>『この「3高」は2つのネジレに支えられている。第1に金利低下にもかかわらず円が上がった。第2に円高が進んだのに株価は上昇した。第1のネジレが起きたのは、海外経済減速や英国の欧州連合(EU)離脱問題をめぐる混乱などで「安全通貨」とされる円が買われたためだ。金利低下による円売り圧力が消されてしまった。』
⇒ これについては、安全通貨云々ではなく、海外経済減速や英国のEU離脱問題をめぐる混乱などで「他国の金利の方がより下がったから」です。
日本   1/28 0.22% → 2/15 0.08% → 先週末-0.08%
米国   1/28 1.97% → 2/15 1.74% → 先週末 1.58%
ドイツ   1/28 0.40% → 2/15 0.23% → 先週末-0.03%
英国   1/28 1.67% → 2/15 1.43% → 先週末 0.61%
さらに言えば日本の場合は(インフレ率が上がらないから)「実質金利が名目金利ほど下がっていない」ことが明確であり、実質金利で比較すれば「安全通貨云々ではなく金利差が要因」であることがもっとわかりやすいと思います。そもそも安全通貨などという単語を「こんなところ」で使いますか?

・<引用>『このネジレに対応するため、日銀が意図的に作り上げたのが第2のネジレだったといえる。「超低金利下の円高進行」が株安を招かないように、株式を買い支えたのだ。』
⇒ これについても7/29(日銀会合)以降はそれで説明できるかもしれませんが、それ以前も「円高・株高」とは言わずとも少なくとも「円高に連動する株安」ではなかったはずです(為替はいずれも17時時点)。
1/28 17041円&118.14円  7/28 16476円&104.69円
「円高ほど株安ではない」度合いというのは「すべて」ドル建て値の上昇に反映されているわけで、そのドル建て値が「何と」連動していたのかは明らかです。
http://market.newsln.jp/apps/market/quotes?lang=ja&r=6m&c=1010&c2=1011+1101&t=large&more=&t=large

「円高と株安のデカップリング(切り離し)」は正しくても、理由は違いますし、そもそも「3高相場」が展開されているわけではありません。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

今週の見通し

日経平均週間 16919.92 → 16545.82(-2.21%)
TOPIX週間    1323.22 → 1295.67(-2.08%)
マザーズ週間    940.03 → 913.47(-2.83%)

コア30 -1.02%  大型株 -1.33%  中型株 -3.19%  小型株 -3.11%
東証2部 +0.28%(=シャープ)  JASDAQ -1.23%  リート -1.31%  Fリテ -2.4%
騰落レシオ 106.91% → 86.96% ※今週の応当期間は7/14~7/21(7月の高値日)です。

業種別ランキング
上位  鉱業+9.2%、鉄鋼+3.1%、石油石炭+2.6%、銀行、繊維
下位  薬品-7.9%、建設-5.8%、不動産-5.7%、陸運、紙パ

先週の先物  8/12 CME終値16810円 → 8/19 CME終値16475円(-335円)
昼間(国内時間)  合計 -195円  ドル円合計 -0.55円(0.54円の円高)
夜間(海外時間)  合計 -145円  ドル円合計 -0.54円(0.55円の円高)

今週のスケジュール
8/21(日) ★リオ五輪閉会
8/22(月) 
8/23(火) 新築住宅販売件数、(各国)製造業PMI、(講)★黒田
8/24(水) 中古住宅販売件数
8/25(木) 耐久財受注、失業保険申請件数、(独)IFO指数
8/26(金) GDP改定値、ミシガン確報値、(日)CPI、(講)★イエレン
8/27(土) (中)工業利益
9/2 雇用統計、9/4~9/5 G20、9/8 ECB理事会、9/21 FOMC&日銀会合

今週は「リオ五輪が終わること」とジャクソンホールが意識されることがポイントだと思います。
後者については、<7/24記述>
https://fred.stlouisfed.org/series/T5YIFR
したがって別に9月も利上げする「必要」はないはずですが、元FED高官が「FEDは経済データなどに頼らず資産価格を見ている」ことを認めているという記事も出ており、資産価格の上昇に対して「警鐘」を鳴らす可能性があります(ここでの資産価格とは株式だけではなく債券も含まれていると考えます)。それを今回の声明文で匂わせるのか、それとも8月のジャクソンホールで肉声で言うのか、そのあたりの違いになりそうです。

⇒ 「9月も利上げする必要はない」という点は1ヶ月経っても「何も」変わっていないと思いますが、FOMCではスルーしましたから、利上げ云々とは別に資産価格特に債券の上昇に対して「警鐘」を鳴らす可能性があるということだと思います。利上げ云々の箇所ばかり取り上げられていますが先週のダドリーも「同じようなこと」を言っているはずです。
リオ五輪が終わることと併せ、今週は新興国債券( http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?s=EMB )の値動きに注意を払います。

詳細はいつものように明朝に。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。
(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

海外市場動向

8/19
NYダウ  18552.57(-45.13)・・・ -0.24%
S&P500   2183.87(-3.15)・・・ -0.14%
NASDAQ   5238.38(-1.77)・・・ -0.03%
CME日経平均先物 16475円
WTI原油   48.52(+0.30)  金価格 1346.2(-11.0)
10年債 前日1.535% → 1.578%
2年債  前日0.701% → 0.746%
ユーロドル 前日1.1352/56 → 1.1325/27
ドル円 前日99.87/90 → 100.20/24

※アプライドマテリアルズ決算 1株利益0.50ドル(予想0.48ドル)
※EU離脱手続き、年末前に正式開始せず=英首相報道官

※VIX指数 スポット前日11.43→11.34 9月限前日14.63→14.68
※半導体SOX指数 +0.87%
※ラッセル2000指数 -0.01%
※ドイツ10年債利回り 前日-0.08%→-0.03%
※スペイン10年債利回り 前日0.92%→0.95%
(番外)ギリシャ10年債 前日8.10%→8.05%
(番外)英国10年債 前日0.55%→0.62%
(番外)ドイツ銀行 -2.61%
※ウォルマート-2.0%、マクドナルド-1.8%、アプライドM+7.1%、ナイキ+2.9%
※公益-1.2%、エネルギー-0.8%
※英国-0.15%、ドイツ-0.55%、フランス-0.82%、イタリア-2.18%、ロシア-0.96%、ブラジル-0.11%

昨晩は、「経済指標が無い」「決算発表も無い」「FED関係者の講演予定も無い」の無い無い尽くしで、あるのはマイナーSQだけという日だったのですが、本当に何もありませんでした。

日替わりのタカ「気分」とハト「気分」
米2年債 月0.726% → 火0.746% → 水0.725% → 木0.701% → 金0.746%
議事録以降のハト「気分」を訂正して週末を終えたかったようです。金利の動きに比べると為替はドル安に傾き過ぎだと思います。なお昨夕に触れていたこちら↓はこの程度でした。http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?s=EMB

3週前 → 2週前 → 先週末 → 今週末
NYダウ   18432 → 18543 → 18576 → 18552(-0.1%)
S&P500   2173 → 2182 → 2184 → 2183(-0.0%) ※1
NASDAQ    5162 → 5221 → 5232 → 5238(+0.1%)
ラッセル  1219 → 1231 → 1229 → 1236(+0.5%)
SOX指数   766.7 → 773.7 → 779.8 → 797.0(+2.2%)

ドルindex    95.49 → 96.17 → 95.68 → 94.48 ※3
ドル円      102.06 → 101.80 → 101.29 → 100.20
ユーロドル   1.1171 → 1.1085 → 1.1164 → 1.1326
豪ドル円    77.58 → 77.53 → 77.44 → 76.38

米国10年債   1.45% → 1.59% → 1.51% → 1.58% ※2
米国2年債    0.65% → 0.72% → 0.70% → 0.74%
ドイツ10年債  -0.12% → -0.07% → -0.11% → -0.03%
スペ10年債    1.02% → 1.01% → 0.93% → 0.95%
(番外)英国債  0.68% → 0.67% → 0.52% → 0.62% ※ポンド反発と連動
日本10年債   -0.17% → -0.09% → -0.10% → -0.08%

VIX指数      11.87 → 11.39 → 11.55 → 11.34
ゴールド     1357 → 1344 → 1343 → 1346
原油       41.60 → 41.80 → 44.49 → 48.52

ドル安が進んだこと以外には先週末の風景とほとんど変わっていません。

※1 株式は、7/8を最後に30日連続で1%を超える上下がありません。ちなみに日経平均はその間(7/11以降=28営業日)に14日も1%を超える上下をしています。それも↑に7回・↓に7回ですのでただ「余計」な動きをしているだけとも言えそうです。なお「鈍牛」の米国株の中でも半導体SOX指数だけは別次元です( http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?s=%24SOX )。

※2 債券は(も)15日間連続で終値は1.5%台。しかもその前も1日(7/29)はさんで11日続けて1.5%台であり、http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$TNX
金利が動かない(上がらない)から「こそ」株式も「鈍牛の歩み」が可能になっていると言えます。

※3 今週の為替
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user3303/imageroot/2016/08/19/20160819_EOD10.jpg
昨日はドル安是正が入ったこと、そして豪ドルだけが早めにドル高方向(豪ドル安方向)に向いていることが確認できます。今週に限れば円高ではなくドル安であり、クロス円の代表であるユーロ円の終値はここ2週間すべて113円台です(昨晩は113.47)。
なお少し俯瞰してみると、ドル円はキャーキャー騒いではいますが今月ここまでの月間値幅は今年最低で、引き続き6/24の大陰線の内側に過ぎません。日銀会合+経済対策が終わって円のネタが消滅した(=実際その後ヘリマネという単語の露出は極端に減っている)上に、上記のようにドルのネタ(米金利)の動きも失われているからに他なりません。

当方では週初に「週前半はドル安→FOMC議事録あたりから逆向きに」といった流れを想定していましたが、議事録がタカ色ではなく「無色透明」だったことで手掛かり難が続いてしまったという印象です。

カッコ内は前週の騰落率
日経平均(CME) -2.0%(+2.4%)
米国ダウ-0.1%(+0.2%) S&P500-0.0%(+0.1%)
ドイツ-1.6%(+3.3%) イタリア-4.0%(+2.2%) 英国-0.8%(+1.8%) スペイン-3.0%(+2.0%)
フランス-2.2%(+2.0%) ロシア+1.1%(+2.0%) ギリシャ-2.1%(+2.4%)

日経平均 -2.2%(+4.1%)
中国+1.9%(+2.5%) 香港+0.7%(+2.8%) 韓国+0.3%(+1.6%) インド-0.2%(+0.2%)
ブラジル+1.3%(+1.1%) 豪州-0.1%(+0.6%) サウジ-1.5%(+1.2%)

先週は「米国<出遅れ先進国」でしたが、今週はドル安に後押しされて、総じて「新興国>先進国」という週でした。ベア側ではやはりこんなところの弱さが目立ちます。
http://jp.investing.com/indices/ftse-italia-banks-advanced-chart
なお原油はご存知のように反発していますが( http://stockcharts.com/public/3421479/chartbook/458066033 )、サウジ株はそんな中で4月以来4ヶ月ぶりの低水準です。他の中東産油国はそんなことはないので(むしろほとんどが年初来高値圏)、この国だけが少し「おかしい」ようです。
http://jp.investing.com/indices/tasi-advanced-chart

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16545.82(+59.81) ・・・ +0.36%
TOPIX      1295.67(+4.88) ・・・ +0.38%
リート指数    1824.60(-13.73) ・・・ -0.75%
上海総合指数   3108.10(+3.99) ・・・ +0.13%

後場時間の先物は16560円~16450円の値動きとなりました。16600円~16430円がそのまま一日の高安となります。

13時半以降は16550円~16510円とわずか40円幅で、また微妙な位置で終わったものです。

週足では(先物)、
先週 16930円~16470円   今週 16930円~16430円
16470円未満に滞在していたのは合わせて10分にも満たない時間でしょうから、基本的には先週と同じ場所(2週間全く同じ位置)で動いていたと言えそうです。ただ最近は(今年は)高値も安値も昼間時間につけるのが特徴です。裁定残が増えていた時は夜間に(特に)高値を付けることが多かったはずです。

さて最近はこの「類い」の記事を大変多く見かけますが、
「日銀ETF購入、発動ルール巡る観測で日本株に不安定さ」
それに関して当方の昨日のコメントです。
『環境的には内需・小型の方が(下落の中でも)上位に来て然るべき日だったと思いますが、むしろ「そちら側」の方が弱く、日銀ETF買いが入らないと文句を言う前に、日銀ETFとあまり関係のない小型・内需の弱さの方を憂うべきかもしれません。』
「不安定」の原因は違うのではないでしょうか(今週は、大型-1.33%>小型-3.11%)。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     16474.67(-11.34) ・・・ -0.07%
TOPIX      1289.45(-1.34) ・・・ -0.10%
リート指数    1828.83(-9.50) ・・・ -0.52%
上海総合指数(11時半) 3096.84(-7.27) ・・・ -0.23%

前場時間の先物は16600円~16430円の値動きとなりました。

ちなみにFリテの前場終値は+490円です。
昨日  薬品(32位)、情報通信(31位)、建設(23位)、陸運(21位)、食品(18位)
本日  陸運(33位)、食品(32位)、薬品(31位)、情報通信(28位)、建設(22位)
と言っても、出来高&売買代金はこんなものです。
8/16 前7745億円・後12042億円=計19787億円 先物44008枚(37.1%)
8/17 前9098億円・後11630億円=計20728億円 先物32353枚(26.0%)
8/18 前9399億円・後12086億円=計21485億円 先物51939枚(40.0%)
8/19 前9293億円                    先物15443枚(11時半)

本日のドル円は小休止ですが、政府・日銀の関与に「慣れ過ぎ」のわが国でも、相対値である為替の介入は簡単ではありません。そもそも介入が止める手段だとは「全く」思いませんが。とりあえずまとめるとこんなところかと思います。
債券 絶対値の市場 介入可能(実施済) 理由:他国に迷惑を与えない(むしろ歓迎)
株式 絶対値の市場 介入可能(実施済) 理由:他国に迷惑を与えない(むしろ歓迎)
為替 相対値の市場 介入難しい 理由:他国に直接的な迷惑を与える
商品 絶対値の市場 介入難しい 理由:市場規模が小さいor歓迎しない他国が多い

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     16486.01(-259.63) ・・・ -1.55%
TOPIX      1290.79(-20.34) ・・・ -1.55%
リート指数    1838.33(+4.10) ・・・ +0.22%
上海総合指数   3104.11(-5.44) ・・・ -0.17%

後場時間の先物は16700円~16460円の値動きとなりました。一日を通すと16730円(昼)~16460円となります。

先物では15分足X27本の中で断トツに出来高が多かったのが14:30~14:45ですので、ここで(この位置で)「精力」を傾けた人がいたようです。10日ぶりに見た価格ですので。
これでも今月3番目に多い出来高です(先物の方)。
8/15 前7133億円・後 8568億円=計15701億円 先物28672枚(30.8%)
8/16 前7745億円・後12042億円=計19787億円 先物44008枚(37.1%)
8/17 前9098億円・後11630億円=計20728億円 先物32353枚(26.0%)
8/18 前9399億円・後12086億円=計21485億円 先物51939枚(40.0%)

ところで本日は今年に入って155営業日目ですが、その間の平均値が16556円ですので本日終値(16500円あたり)というのはちょうど「今年の平均値」にあたります。したがって150日線以内の移動平均線は概ね16500円の近くに「集まりつつある」わけです。またQQE2の2014年10月31日の終値も本日に近い値段ですので、記念に終値16500円前後の日のドル円を調べておきました(ドル円は本日以外は17時時点)。
QQE2日   16413円  111.23円
1/20      16416円  116.78円
5/10      16565円  108.89円
本日      16486円    99.81円
ただETF買い入れによってNT倍率が無理やり捻じ曲げられているそうですからTOPIXの方も調べないと「不公平」になりますので、そちらも併せて載せておきます。当たり前ですが、五十歩百歩(誤差の範囲)。
2/19    1291.82  112.96円
4/08    1287.69  109.07円
6/21    1293.90  104.47円
本日    1290.79    99.81円
ドル円に追い付かないことが「悔しくて仕方ない」方も多いようですが、文句は日銀(ETF買い入れ)ではなく米国株に言いましょう。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

リアルタイム指標
livedoor プロフィール
投票
CFDブログパーツCFD
バナー
記事検索
by 株価チャート「ストチャ」
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ