株の中級者を必ず勝たせる!

先物と現物株についてファンダメンタルズとテクニカルを融合させて解説。

2013年11月

海外市場動向

11/29
NYダウ  16086.41(-10.92)・・・ -0.07%
NASDAQ   4059.89(+15.14)・・・ +0.37%
CME日経平均先物(円建) 15685円
WTI原油   92.72(+0.42)   金価格 1250.4(+12.5)
10年債 100.0100=2.7463%
ドル円 102.40/42

※ムーディーズ ギリシャ格付け引き上げ
※クーレECB専務理事「現時点でデフレの脅威は見られない」
※ユーロ圏10月失業率 12.1%(市場予想12.2%)
※ユーロ圏11月CPI 前年比+0.9%(市場予想+0.8%)
※VIX指数 スポット前日12.98→13.70 12月限前日13.82→13.93
※半導体SOX指数 +0.05%
※スペイン10年国債利回り 前日4.15%→4.12%
※テクノロジー+0.45%、金融-0.40%、通信-0.55%
※アップル+1.8%、アマゾン+1.8%、マイクロソフト+1.4%、フェデックス-0.8%
※英国-0.06%、ドイツ+0.19%、スペイン-0.23%、イタリア-0.41%

残り30分でダウで言えば50ドル程度下落したのですが、月末要因とリバランス要因と思われ、仮にそれが100ドルだったとしても特に何も変わらないと思います。
ダウ30種ではマイクロソフト以外に1%超の上下をした銘柄はなく、元々今週は『米国金利が大きく動く「キッカケ」となるようなものは見当たらず、』で、今週ほど「何もない」週も珍しかったくらいですから、結果的に「たまたま」週間で+22ドルで終わったというだけのことかと思います(NASDAQは別)。週を通じて(実質)4連休控えでVIXを通じたヘッジが多少入っていると感じた程度でした。

3週前 → 2週前 → 先週末 → 今週末
NYダウ    15761 → 15961 → 16064 → 16086(+0.1%)
S&P500    1770 → 1798 → 1804 → 1805(+0.0%) ※1
NASDAQ    3919 → 3985 → 3991 → 4059(+1.7%)
ラッセル   1099.9 → 1116.2 → 1124.9 → 1142.9(+1.6%)
SOX指数   500.9 → 508.9 → 504.6 → 510.2(+1.1%)

ドルindex     81.30 → 80.85 → 80.70 → 80.64 ※2
ドル円       99.15 → 100.21 → 101.26 → 102.40
ユーロドル    1.3357 → 1.3490 → 1.3555 → 1.3585
ユーロ円(番外) 132.46 → 135.17 → 137.26 → 139.16

米国10年債    2.75% → 2.70% → 2.74% → 2.74%
ドイツ10年債   1.76% → 1.71% → 1.75% → 1.69%
スペイン10年債  4.11% → 4.07% → 4.10% → 4.15%
日本10年債    0.59% → 0.63% → 0.63% → 0.60%

VIX指数     12.90 → 12.19 → 12.26 → 13.70
ゴールド    1284 → 1287 → 1244 → 1250
原油      94.60 → 93.84 → 94.84 → 92.72

※1
実は日経平均先物が、前週の金曜日も含めると夜間の直近6日のうち4日までがその日の昼間足への「孕み」となっています。非常に珍しいことですが、それだけ今週は夜間(欧米時間)に動きがなかったことを示しています。

S&P500の200日線との乖離率は+9.43%と先週(+9.75%)から「時間の経過分」が縮まっただけで、こちら( http://money.cnn.com/data/fear-and-greed/ )も「Extream」という形容詞が外れただけで引き続き「Greed(強欲)」状態、相変わらず「懸念材料がないことが最も懸念」という状態です。

唯一、自律呼吸をしていたのは以下の銘柄が引っ張るNASDAQまたはテクノロジーセクターです。言うまでもなく金利が低下方向にあれば動きにくいセクターです。
アップル
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=AAPL%3AUS
アマゾン
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=AMZN%3AUS

※2
2週続けて『ドルインデックス安・円安ということは序列が「ユーロ>ドル>円」になっているという意味ですから、』の書き出しでしたが、今週も同様ですから3週続けてクロス円が最も上昇したということになります。米国金利が動かないのでドルそのものが大きく動くはずもありませんが、引き続き目立つのは「ユーロ(欧州通貨)>資源国通貨」の傾向です。
ユーロ/豪ドル
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=EURAUD%3AIND
ポンド/豪ドル
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=GBPAUD%3AIND

債券王ビルグロスの昨晩(Black Friday)の「つぶやき」です。
We should call this "Green Friday" - Be careful,though,of red numbers in 2014.All markets are bubbly.

日経平均(CME) +1.0%
米国ダウ +0.1% S&P500 +0.0%
ドイツ +2.0% イタリア +1.0% 英国 -0.3% スペイン +1.6% フランス +0.4%

日経平均 +1.8%
中国 +1.1% 香港 +0.7% 韓国 +1.9% インド +2.8% ブラジル -0.6% 豪州 -0.3%

欧州はドイツの一人勝ちであって、フランスですら相変わらずです。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=CAC%3AIND
ポンド高の英国は下落傾向です。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=UKX%3AIND

さて金曜日に日経紙に「日本株高、世界で際立つ」という見出しで主要国の今年の騰落率が掲載されていました。
1.日本+51.3% 2.米国+22.8% 3.ドイツ+22.8% 4.フランス+17.9% 5.イタリア+16.3%
6.英国+12.7% 7.インド+5.7% 8.中国-2.2% 9.ロシア-8.0% 10.ブラジル-14.9%

金曜日の記事なので昨日分で多少誤差は出ますが、バーナンキの5/22で分けるとまた違った景色が見えてきます。「日本株高、世界で際立つ」のは「年前半に限れば」という枕詞が必要です。

昨年12月末~5/22
1.日本+50.3% 2.米国+16.8% 3.英国+16.0% 4.ドイツ+12.0% 5.フランス+11.2%
6.イタリア+7.8% 7.インド+3.2% 8.中国+1.4% 9.ロシア-4.2% 10.ブラジル-7.4%

5/22~11月末
1.ドイツ+10.2% 2.イタリア+8.4% 3.フランス+5.6% 4.米国+5.1% 5.インド+3.6%
6.日本+0.2% 7.英国-2.7% 8.中国-3.5% 9.ロシア-3.8% 10.ブラジル-7.0%


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

本日分

日経平均     15661.87(-65.25) ・・・  -0.41%
TOPIX      1258.66(-2.38) ・・・ -0.08%
リート指数    1467.84(+16.17) ・・・ +1.11%
上海総合指数   2220.50(+1.13) ・・・ +0.05%

後場時間の先物は15740円~15510円の値動きとなりました。一日を通すと15750円~15510円となります。

先物の大証タイムを別にすれば、日中足としては一週間前の金曜日と(午前中も含めて)時間まで完全に一致しているのですが、本日の下落場面は、先週とは違って「昼間の円安」などという「不慣れな」ことをしてしまった「後始末」程度のものだと思います。
いずれにしてもサンクスギビングの翌日の日中に「こんな上下」をしているのはこの国とビットコインくらいです。
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user3303/imageroot/2013/11/20131128_btcgold3.png

ちなみに「週間を通じた上下」も、一週間前と同じものが「出来上がって」いますが、ドル建てでは違った面も見えてきます。この週末はまたぞろ「2日新甫でェ・・・」などと聞こえてきそうです。
11/25 米引153.35ドル→変らず→前引153.22ドル→変らず→大引153.32ドル
11/26 米引152.65ドル→変らず→前引152.79ドル→変らず→大引152.82ドル
11/27 米引152.16ドル→変らず→前引152.44ドル→変らず→大引152.21ドル
11/28 米引153.14ドル→変らず→前引153.15ドル→上がる→大引153.95ドル
11/29 米引153.40ドル→変らず→前引153.26ドル→変らず→大引153.16ドル

現在(11/29)時点の市場ごとの騰落レシオです。マザーズはコア15銘柄(ETFは1563)だけはすごいことになっていますが、残りの168銘柄を含めた騰落レシオは他市場に比べて「極めて」低く、これは昨年12月と全く同じです。
1部市場 103、2部 100、JASDAQ 95、マザーズ 79

昨年11月末(11/30)時点の騰落レシオです。
1部市場 106、2部 114、JASDAQ 110、マザーズ 92
昨年12月半ば(12/14)時点の騰落レシオです。
1部市場 130、2部 138、JASDAQ 122、マザーズ 92
昨年12月末(12/28)時点の騰落レシオです。
1部市場 142、2部 156、JASDAQ 128、マザーズ 89
今年1月末(1/31)時点の騰落レシオです。
1部市場 139、2部 154、JASDAQ 146、マザーズ 124

なぜか大きな差がつきました。
トヨタ   10月末6360円 → 11月末6380円(+0.3%)
ホンダ  10月末3915円 → 11月末4330円(+10.6%)

さて「一部で」米国バブル論が盛んですが、こちらはグーグルのバブル発見器です。
http://www.google.com/trends/explore?hl=en-US#q=stock+bubble&cmpt=q
例えば一昨晩もグリーンスパンが「バブルの兆候はない」と発言していますが、色々な人が「バブルだ」と言えば「いやバブルではない」と言う人も出てくるわけで、そのようなバブル「論」が盛んになれば検索件数も上がるのでこちらのグラフも上がるようにできています。バブル「論」が盛んになることとバブルとはイコールではありませんが、バブル「論」が盛んでないこととバブルではないことはイコールのような気もしますので、そのあたりは「CHINA BUBBLE」と入力すれば確認しやすいかと思います。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

前場分

日経平均     15716.51(-10.61) ・・・  -0.07%
TOPIX      1260.00(-1.04) ・・・ -0.08%
リート指数    1456.85(+5.81) ・・・ +0.36%

前場時間の先物は15750円~15650円の値動きとなりました。

不慣れな「昼間の円安」によって支えられていますが、今のところ「それだけ」のようです。9983と9984が1%超の上下で「逆向き」になるのは久しぶりのような気がしますので、それもあって久しぶりにN=Tです。なおダウ先物は11/27現物終値比で約+25ドル~+30ドル程度です(その時点のCME終値は15645円)。

こちらは直近2週間の売買単価の推移です。本日は、指数が動く前は(「昼間の円安」になる前は)、もう少し低下していました。
先週  875円→868円→810円→930円→955円
今週  891円→916円→889円→864円→811円(前場)

心配しなくても後場は(現物は)月末要因及びラッセルのリバランスでそれなりには増加するはずです。
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
11/26 前場 9964億円・後場12824億円=計2兆2788億円 先物 36314枚 24.7%
11/27 前場 8903億円・後場10360億円=計1兆9263億円 先物 34275枚 27.5%
11/28 前場 9286億円・後場10389億円=計1兆9675億円 先物 46145枚 36.7%
11/29 前場 8459億円                       先物 17425枚 32.3% 
※TOPIX先物出来高は13730枚

以下は今朝発表されている国内CPIです。まあよろしいのではないでしょうか。
米国の直近の総合値+1.0%、欧州は今晩発表(ドイツの直近の総合値は+1.3%) ※1
全国CPI
総合    6月+0.2% → +0.7% → +0.9% → +1.1% → 10月+1.1%
コア     6月+0.4% → +0.7% → +0.8% → +0.7% → 10月+0.9%
コアコア  6月-0.2% → -0.1% → -0.1% →  0.0% → 10月+0.3%
東京都区部CPI
総合    6月 0.0% → +0.4% → +0.5% → +0.5% → +0.6% → 11月+0.9%
コア     6月+0.2% → +0.3% → +0.4% → +0.2% → +0.3% → 11月+0.6%
コアコア  6月 0.0% → -0.4% → -0.4% → -0.4% → -0.2% → 11月+0.2%

さて一昨晩にFEDより12月のQEスケジュールが発表されています。
http://www.newyorkfed.org/markets/tot_operation_schedule.html
今年は「なぜか」12/23以降にQEスケジュールが入っておらず、その分12/3・12/9・12/19の3日間は「ダブルPOMO(中期債と長期債の両方を買いオペ)」になっています。これにより一応、この3日間はショート禁止などと言われていますが(POMOと株価に相関性があるかどうかは「その気になれば」調べられます)、それよりも昨年でも12/28まで行われていたオペがなぜ今年に限って12/23までなのかが「少しだけ」気になります。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

本日分

日経平均     15727.12(+277.49) ・・・  +1.80%
TOPIX      1261.04(+13.96) ・・・ +1.12%
リート指数    1451.67(+1.87) ・・・ +0.13%
上海総合指数   2219.37(+18.30) ・・・ +0.83%

後場時間の先物は15740円~15630円の値動きとなりました。一日を通すと15740円~15620円となります。

大引けで225各銘柄20万株程度の出来高がありますのでかなり大きなインデックス買いが入っており、その観測が流れ始めた14時過ぎから動意したようです。四天王で前場の50円寄与から後場は102円の寄与と跳ね上がっている一方で、騰落数は前場「値上がり906:値下がり670」から後場は「値上がり998:値下がり625」とほとんど変わっていませんので、、、そういうことのようです。

今週に入ってから「現物取引のある時間帯」に動いたのは本日の後場(というよりも14時半以降)だけですので、その部分だけ「はみ出た」形になります。
11/25 米引153.35ドル→変らず→前引153.22ドル→変らず→大引153.32ドル
11/26 米引152.65ドル→変らず→前引152.79ドル→変らず→大引152.82ドル
11/27 米引152.16ドル→変らず→前引152.44ドル→変らず→大引152.21ドル
11/28 米引153.14ドル→変らず→前引153.15ドル→上がる→大引153.95ドル

「過去のある時期を忠実にトレース」すると、「昨日時点」での本日の高値予想は15670円、終値予想は15620円だったのですが、午後のインデックス買いによって上方向に57円「も」はみ出してしまいました。なお日経平均は「過去のある時期をトレース」していますが、当時と異なるのは、現在は大型株指数の陰線が異様に多いこと、2部指数の上昇が異様に鈍いこと、「夜間に」円安が進む度合いが異様に高いこと、この3点です。

また明日にかけては「外国人買い・個人売り」が騒がれますので、それは無視していつものように外国人の先物動向に注目します。買った株券を机の引き出しの中に仕舞い込んでしまう現物動向よりもこちらの方がよりわかりやすいと思うのですが。※1

外国人先物(225ラージ+TOPIX) 1/4~11/8の10ヶ月間でほぼトントン
1  1/4~5/17       9224億円買い越し   約5ヶ月
2  5/20~6/21    9642億円売り越し   約1ヶ月
3  6/24~7/26    9266億円買い越し   約1ヶ月
4  7/29~11/8    8455億円売り越し   約3ヶ月
5  11/11~11/22   5749億円買い越し  約2週間

なお現物は、「外国人買い・個人売り」の中でマザーズ市場だけが「外国人売り・個人買い」でした。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

前場分

日経平均     15631.35(+181.72) ・・・  +1.18%
TOPIX      1256.33(+9.25) ・・・ +0.74%
リート指数    1453.96(+4.16) ・・・ +0.29%

前場時間の先物は15680円~16520円の値動きとなりました。

火曜・水曜が「下落日にボラ低下で薄商い」、そして水曜の夜に活発化してギャップアップするのは「定型パターン」になっています。こちらで今週説明用に何度か使っていたチャートですが、60分足に設定すると上の様子がわかりやすいと思います。
http://n225cme.com/ni225d.html 先物(夜間を除いた)チャート

本日は四天王で+50円程度ですのでいつもより「マシ」ですが、そのあたりは米国休場と関係がありそうです。昨年のサンクスギビング当日は9370円~9300円の70円幅、先物出来高は35000枚でした。

「火曜・水曜とは違って」先物関与率は高まっていますが、TOPIXの方は「サッパリ」で午前のTOPIX先物出来高は10/22以来の低水準です。
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
11/26 前場 9964億円・後場12824億円=計2兆2788億円 先物 36314枚 24.7%
11/27 前場 8903億円・後場10360億円=計1兆9263億円 先物 34275枚 27.5%
11/28 前場 9286億円                       先物 25230枚 42.5%
※TOPIX先物出来高は12791枚

米国は見事なほどに火曜の引け際の下落分(リバランス分)を「補正した」だけで、それ以上でも以下でもありません。なお昨日「NASDAQは独自の呼吸音が聞こえましたが、」と書いたのは、こちらを見たからです。
アップル( http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=AAPL%3AUS 昨晩は545.96ドル)

昨年: 火6.41億株(-7ドル)→水5.20億株(+48ドル)→休場→金3.27億株(+172ドル)→月6.30億株(-42ドル)
今年: 火8.25億株(+0ドル)→水5.31億株(+24ドル)→休場→ 金 ? → 月 ?

火曜の出来高増加分はMSCIリバランス分です。週末に『昨年のブラックフライデーは大幅高でしたが直近10年のブラックフライデーの中では最低に近い出来高でした。今年も似たようなものではないかと思います。』と書きましたが、訂正しておきたいのは明日ブラックフライデーが月末と重なるため現物出来高は昨年よりも大幅に増えるということくらいです。

引け後に発表される外国人動向は先週の半分+αくらいになりそうです。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

本日分

日経平均     15449.63(-65.61) ・・・  -0.42%
TOPIX      1247.08(-5.94) ・・・ -0.47%
リート指数    1449.80(+5.95) ・・・ +0.41%
上海総合指数   2201.07(+18.00) ・・・ +0.82%

後場時間の先物は15530円~15430円の値動きとなりました。一日を通すと15530円~15420円となります。

午後はユーロが盛り上がる場面こそありましたが、そこからの波及は無く、尻切れトンボになったようです。もう少し長い陽線になるイメージでしたが、結局このようなことに↓
11/22                                   大引152.19ドル
11/25 米引153.35ドル→変らず→前引153.22ドル→変らず→大引153.32ドル
11/26 米引152.65ドル→変らず→前引152.79ドル→変らず→大引152.82ドル
11/27 米引152.16ドル→変らず→前引152.44ドル→変らず→大引152.21ドル
感覚的にはボラの低下も一巡してくる頃ではないかと思います。
http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?cid=1&idx=nk225vi

一部の市況欄で売買代金2兆円割れをネガティブ視していましたが、昨日もリバランスがなければ2兆円を割っていたでしょうし、『「下落日にボラ低下」ですから、薄商いは「普通」かと思います』ですから、「普通」ではなくなってきた時にだけ気にすればいいのだと思います。

さて週初にゴールドマンが来年の基本ストラテジーを発表しておりますので、メモとして残しておきます。ちなみにゴールドマン東京支店は日経平均目標値を一年間で6回修正しています。
SP先物2014年12月限  現在値1986.8 → 目標値2250 (ストップロス1855)
※ヘッジで豪ドルショート 目標値0.85


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

前場分

日経平均     15453.88(-61.36) ・・・  -0.40%
TOPIX      1250.08(-2.94) ・・・ -0.23%
リート指数    1443.44(-0.41) ・・・ -0.03%

前場時間の先物は15520円~15420円の値動きとなりました。

四天王で40円安、221銘柄で21円安ですが、指数は「5日線」という居心地の良いところに絡んでいるようです。引き続き過去のある時期を(日々の騰落や陰陽も含めて)「忠実に」トレースしています。

今週のSBI証券による1570の手口は↓ですが、こちらは(前場段階では)大きく動いていないようです。
月曜日 122億円買い越し
火曜日  23億円買い越し
なお6208や7721を見ると「材料」云々以上に今日が月替わりだったことを思い出させてくれます。

先週の中で終値が最も安かったのは水曜日、売買代金が最も少なかったのも水曜日(先物出来高も同様)でした。本日も『「下落日にボラ低下(またはボラ落ち着き)」ですから、薄商いは「普通」かと思います』。
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
11/26 前場 9964億円・後場12824億円=計2兆2788億円 先物 36314枚 24.7%
11/27 前場 8903億円                       先物 14802枚 25.7%
※TOPIX先物出来高は16960枚

米国は金利が「居心地の良い水準」から動きませんし、動くキッカケもありませんから、『仮需の都合だけの一週間ということになりそうです。』が継続しているようです。ただ昨晩については前日の値動きのコピーであるように見えますが、むしろ「昨日の日経平均の日中足とソックリ」であること、そして「前日6.24億株→昨晩8.25億株」という出来高から出てくる答えは一つだけです。ちなみに昨日は他国でも引け際に大きく動いている市場が多くあります。NASDAQは独自の呼吸音が聞こえましたが、それ以外は「それ」で振られた「だけ」のはずです。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

本日分

日経平均     15515.24(-103.89) ・・・  -0.67%
TOPIX      1253.02(-6.59) ・・・ -0.52%
リート指数    1443.85(+2.71) ・・・ +0.19%
上海総合指数   2183.07(-3.04) ・・・ -0.14%

後場時間の先物は15590円~15510円の値動きとなりました。一日を通すと15590円~15460円となります。

分足でTOPIX先物の出来高を見れば、最後は指数の事情(リバランスの事情)大とも言えますので、こちら↓が「実質」かと思われます。
11/25 米引153.35ドル→変らず→前引153.22ドル→変らず→大引153.32ドル
11/26 米引152.65ドル→変らず→前引152.79ドル→変らず→大引152.82ドル

先物の夜間出来高は10/21以来の低水準でしたが、昼間も10/22以来の低水準。特殊事情とはいえTOPIX先物出来高が225先物を上回ったのは11/5以来です。
11/21 前場12070億円・後場11396億円=計2兆3466億円 先物 74299枚 48.5%
11/22 前場14290億円・後場14732億円=計2兆9022億円 先物 77790枚 41.4%
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
11/26 前場 9964億円・後場12824億円=計2兆2788億円 先物 36314枚 24.7%
※TOPIX先物出来高は43372枚

「下落日にボラ低下」での薄商い(増加分はリバランス分ですから)は「普通」です。
http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?cid=1&idx=nk225vi
なお個別に特需事情があったのは、2371・4612・5007・5801などです(各出来高ご参照)。

たまたま昨日、先進5ヶ国の個人金融資産の内訳を書いたところ、本日の日経紙にも同じものが載っていたということで見てみました。こちらでは米国の「タックスロスセリング」の補完資料として使ったので、日経紙のようなNISA=「貯蓄から投資へ」の煽り記事とは意味合いは異なります。ちなみにこの業界ではバブル以前から、個人金融資産(預貯金)の1%を株式に移動するだけでXXXX円の上昇効果があるという「セールストーク」を30年以上使い続けています。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

前場分

日経平均     15511.43(-107.70) ・・・  -0.69%
TOPIX      1252.34(-7.27) ・・・ -0.58%
リート指数    1441.14(-6.37) ・・・ -0.44%

前場時間の先物は15540円~15460円の値動きとなりました。221銘柄では72円安程度です。

昨日の「慣れない昼間の円安」及びそれに伴う値動き分を除けば、引き続き過去のある時期を「忠実に」トレースしているようです。

一週間前の「火曜日」に書いたことです。
『売買代金は2兆円割れですが、「下落日にボラ低下」ですから、薄商いは「普通」かと思います。』
昨晩の夜間出来高も10/21以来の低水準でした。なお本日大引けではリバランス需要分は売買代金が増加します。
11/21 前場12070億円・後場11396億円=計2兆3466億円 先物 74299枚 48.5%
11/22 前場14290億円・後場14732億円=計2兆9022億円 先物 77790枚 41.4%
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
11/26 前場 9964億円                       先物 17214枚 26.7%
※TOPIX先物出来高は17768枚

さて米国の出来高は先週の「6.55億株→6.45億株→6.22億株→6.68億株→6.07億株」から昨晩は6.24億株ですから何も変化なく、引き続き「仮需のみ」の値動きです。
11/19に『4Q決算については、現時点でのネガティブ/ポジティブレシオ(83/9)の9.2倍はダントツに「過去最低」です。シャットダウンの影響もありますが次回も事前のバーを低くして始まることになりそうです。』と書きましたが、最新データを図示するとこんな感じになります(現在のレシオは10.6倍でさらに過去最低)。
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user3303/imageroot/2013/11/NPR_2013_11_25.png
足元の株価には(特に小売は)ブラックフライデー期待も含まれていますが、運悪く米北東部にはその頃に暴風雪が襲うそうです。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

本日分

日経平均     15619.13(+237.41) ・・・  +1.54%
TOPIX      1259.61(+11.04) ・・・ +0.88%
リート指数    1441.14(-6.37) ・・・ -0.44%
上海総合指数   2186.12(-10.26) ・・・ -0.47%

後場時間の先物は15640円~15550円の値動きとなりました。一日を通すと15640円~15470円となります。

本日は(も)四天王で106円です。本日は金曜の足に孕んで高値引けしてくれると「こちらの都合上」大変わかりやすかったのですが、「昼間に」円安に動いたことによって上方向にはみ出ての高値引けとなってしまいました。多少なりとも15627円も意識されたでしょうか。それが影響しているのかどうか、1570のSBI証券手口は(前場は売り超でしたが)大引けでは122億円もの買い越しに転じています。「焦れた」8倍チャレンジャーが増えましたか?

為替(円)は敢えて「需給(仮需)が混んでいる方向」に向かっているわけですが、米金利が大きく動く「キッカケ」に欠けている以上、クロス円をメインとした「仮需の事情」が優先されているようです。

11/20 前場 8499億円・後場 9159億円=計1兆7658億円 先物 47283枚 40.5%
11/21 前場12070億円・後場11396億円=計2兆3466億円 先物 74299枚 48.5%
11/22 前場14290億円・後場14732億円=計2兆9022億円 先物 77790枚 41.4%
11/25 前場11824億円・後場10745億円=計2兆2569億円  先物 58735枚 40.5%
※TOPIX先物出来高は47072枚

<メモ> こちらで使った資料(個人金融資産の内訳)です。何年か前のデータですがそんなに大きくは変わっていないと思います。
日本
現預金55.5% 保険年金27.9% 有価証券6.4% 株式6.1% その他4.1%
米国
現預金15.3% 保険年金28.2% 有価証券21.0% 株式31.5% その他3.9%
英国
現預金32.2% 保険年金51.2% 有価証券4.6% 株式8.1% その他3.7%
ドイツ
現預金39.4% 保険年金33.8% 有価証券18.3% 株式7.8% その他0.9%
フランス
現預金31.3% 保険年金39.1% 有価証券10.3% 株式14.2% その他5.1%


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.phpくる天 人気ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ 株ブログ村

リアルタイム指標
プロフィール

genius2

投票
CFDブログパーツCFD
バナー
記事検索
by 株価チャート「ストチャ」
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ