株の中級者を必ず勝たせる!

先物と現物株についてファンダメンタルズとテクニカルを融合させて解説。

2018年05月

本日分

日経平均     22201.82(+183.30) ・・・ +0.83%
TOPIX       1747.45(+11.32) ・・・ +0.65%
リート指数    1734.13(-7.13) ・・・ -0.41%
上海総合指数   3095.47(+54.03) ・・・ +1.78%

後場時間の先物は22250円~22140円の値動きとなりました。22250円~20090円が一日の高安となります。

下は10円足りず、上は完了(Nだけ)。つまりNだけは昨日の足が離れ小島状態です。
後場は「MSCIで小騒ぎ」程度でした。売買代金の方は「後32599億円=計44333億円」と書き入れることになります。

トヨタは1円幅の陽線でした。「外部環境とは離れて」本日もバリュー+0.46%<グロース+0.83%。
米金利( http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$TNX )が5/17にピークアウトしてから7日続落している間+本日で、バリュー-5.40%<グロース-2.08%と大きな乖離です。ただし国内需給からの要因は本日大引けで終えたように思います。

こちら↓は4月末(4/27)の数字です。上の数字との比較で月間騰落をご推察ください。
日経平均     22467.87(+148.26) ・・・ +0.66%
TOPIX       1777.23(+5.10) ・・・ +0.29%
リート指数    1728.48(+5.81) ・・・ +0.34%
上海総合指数   3082.23(+7.20) ・・・ +0.23%
大型-1.93%  小型-0.53%  トヨタ-3.6% 三菱UFJ-10.5%

最近、朝夕に必ず掲示している「一連のもの(カッコ内は極み値)」です。今朝時点ですが参考までに。
独10年債 先週末0.40% → 月0.34% → 火0.26%(0.19%) → 水0.37%
伊10年債   先週末2.46% → 月2.68% → 火3.16%(3.40%) → 水2.91%
伊2年債   先週末0.51% → 月0.93% → 火2.74%(2.80%) → 水1.74%(急低下)
西10年債    先週末1.46% → 月1.52% → 火1.62%(1.71%) → 水1.53%
ユーロドル 先週末1.1652 → 月1.1622 → 火1.1540(1.1506) → 水1.1663

こちらは本日10時発表の中国PMIです。現在実際に適用されているのは鉄鋼アルミだけであり「将来の懸念」は意識されても「足元の懸念」には影響していないようです。
製造業      1月51.3 → 50.3 → 51.5 → 51.4 → 5月51.9(予51.4)
製造業(民間) 1月51.5 → 51.6 → 51.0 → 51.1 → 5月明日(予50.9)
非製造業    1月55.3 → 54.4 → 54.6 → 54.8 → 5月54.9(予54.8)

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     22112.22(+93.70) ・・・ +0.43%
TOPIX       1741.70(+5.57) ・・・ +0.32%
リート指数    1737.66(-3.60) ・・・ -0.21%
上海総合指数(11時半) 3064.34(+22.90) ・・・ +0.75%

前場時間の先物は22190円~22090円の値動きとなりました。

定時巡回(11:40) ダウ先物-27ドル 香港+0.43% 韓国+0.42%
「米政府がカナダ、メキシコ、EUに鉄鋼・アルミ関税発動へ-Wポスト」によって22230円↓に閉じ込められてしまったものの昨日よりは一段上という状態です。
トヨタも同じですが(今のところ陽線)、それでもバリュー>グロースになりません。→ 米金利の反発圧力が弱い=当然ドル円の反発圧力も弱い。

昨日 夜間(大騒ぎ)→昼間(抜け殻)
本日 夜間(大騒ぎ反動)→前場(抜け殻)→後場(MSCIで大騒ぎ?)
5月末
2015年 前15231億円・後21432億円=計36663億円 先物42922枚 動かず
2016年 前 8052億円・後20688億円=計28740億円 先物39024枚 ド高値引け
2017年 前 9897億円・後20279億円=計30176億円 先物31046枚 動かず
2018年 前11734億円                   先物15741枚(11時半)

夜間における債券大騒ぎの中で、ビルグロスのファンドの価格急降下が話題です。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-30_8-26-17.jpg
彼は米金利について5/2に「現在2.95%の10年金利は年内2.80%から3.10~3.15%の間を行ったり来たりすると予想している。さして大きな変化ではない」と語っており、確かにそのレベルの範囲を動いているだけなのですが( http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=%24TNX )、直近での急落ですから、もちろん米国債や米社債が要因ではなく、イタリア債そのものではなくてもそれと連動するものが組み入れられていたのかもしれません。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村


本日分

日経平均     22018.52(-339.91) ・・・ -1.52%
TOPIX       1736.13(-25.72) ・・・ -1.46%
リート指数    1741.26(+0.78) ・・・ +0.04%
上海総合指数   3041.44(-79.02) ・・・ -2.53%

後場時間の先物は22070円~21970円の値動きとなりました。前場の22080円~21920円が一日の高安となります。

夜の抜け殻でした。
夜間 320円幅 出来高42513枚(夜間としては大商い)
昼間 160円幅 出来高44307枚(昼間としては中商い)

定時巡回(11:40)   ダウ先物+1ドル 香港-1.67% 韓国-2.04%
定時外巡回(15時) ダウ先物+70ドル 香港-1.45% 韓国-1.96%

上海は前場に書いたように年初来安値更新です。MSCI組み入れの前々日に。
ちなみにMSCI組み入れによる需要に「備えて」ナショナルチーム(国家隊)が過去の買取分を供給(売り)として大量に用意していたそうです。
‘National team’ sells $28bn of vast China stock holdings in Q1
https://www.ft.com/content/fac46b72-5fdc-11e8-ad91-e01af256df68 
日銀もそのような「処理」方法があるといいですけど。

トヨタは8日目(陰線としては10日目)。2018年5/21~ -730円(-9.6%)
TOPIXの8連敗がいつ以来というのを調べてくれる人は多くても(2012年7月以来らしい)、個別株は誰も調べてくれないので自分で調べました。安倍以降では2016年に一度だけありました。
8連敗 2016年2/2~ -1629円(-22.2%)
米国株が安値を探っている頃で、ちょうどジョージソロスがド安値で「大変だぁ!中国発の金融危機が来るぞぉ!」と叫んでいた頃です。そういえばソロス爺さんは昨日「大変だぁ!欧州発の金融危機が来るぞぉ!」と叫んでいたとのことです。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-29/P9HWVK6VDKHT01
なお安倍以前ですと2012年に10連敗というのがあります。
10連敗 2012年8/23~ -225円(-6.9%)
<顧客向け昨昼記述> 『「自律」の動きを見せたいのであれば、Fリテが下がることによる「N<T」ではなくトヨタが反発することによる「N<T」が必要かと思います。』

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     21958.01(-400.42) ・・・ -1.79%
TOPIX       1733.35(-28.50) ・・・ -1.62%
リート指数    1736.93(-3.55) ・・・ -0.20%
上海総合指数(11時半) 3064.58(-55.88) ・・・ -1.79%

前場時間の先物は22080円~21920円の値動きとなりました。夜間レンジ内と言いますか米国時間で動いたレンジ(22180円~21910円)内です。
ちなみにトヨタは8日目(陰線としては10日目)。

定時巡回(11:40) ダウ先物+1ドル 香港-1.67% 韓国-2.04%
上海のこのレベルは終値ベースでは年初来安値です(4/17の3066.80)。

月曜は「主要プレーヤーがいない間に先週(カッコ内)の延長をやっておきました」という図でしたが、昨晩は「主要プレーヤー自らが進んで掘り進めた」ことで、今までの「欧州時間でザワザワ→米国時間で知らん振り」が米国時間でも知らん振りできなくなったようです。

加えてムニューシンの「保留」も保留せざるを得なくなっているようで、VIXがこのように(週次記載の続き)。米国の17というのはご存知のラインで「分水嶺」です。
VIX指数  12.65 → 13.42 → 先週末13.22 →月休み →火17.02
欧州VIX  12.44 → 13.97 → 先週末16.02 →月17.78→火20.15
日本VIX  15.19 → 14.48 → 先週末15.76 →月14.95→火15.99→現在19.78

イタリアは2週間前には2年債がまだマイナスゾーンで、イールドカーブのフラット化などは米国だけの専売特許でしたが、一気に米国以上にフラットしてきています。
https://pbs.twimg.com/media/DeXLw4PW0AE3iXq.jpg
今年2つめの獲物でしょうか(1つめはVIXショート=XIV)。
https://pbs.twimg.com/media/DeaM0VFUQAAgNbe.jpg

日銀短観想定レート推移
昨年4月108.43→7月108.31→10月109.29→今年1月110.18→4月109.66
昨年の今頃~8月も想定レート108円台がサポートで云々とやっていましたが、今年も108円台が分かれ目となる時期に入っているようです。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

本日分

日経平均     22358.43(-122.66) ・・・ -0.55%
TOPIX       1761.85(-8.57) ・・・ -0.48%
リート指数    1740.48(+0.43) ・・・ +0.02%
上海総合指数   3120.46(-14.62) ・・・ -0.47%

後場時間の先物は22360円~22240円の値動きとなりました。前場の22440円~22230円が一日の高安となります。

終盤まで80円幅を保っていましたが最後は日銀X5日目でしょうか。
https://quote.jpx.co.jp/jpx/template/quote.cgi?F=tmp/real_index&QCODE=151

現物は12%増し、先物は58%増し。
5/25 前11507億円・後11475億円=計22982億円 先物43054枚 VI15.76
5/28 前 8983億円・後 9153億円=計18136億円 先物24789枚 VI14.95
5/29 前 9524億円・後10830億円=計20354億円 先物39189枚 VI15.99

注目のトヨタは本日も「陰線」で9日連続(下落は7日連続)。そしてトヨタと歩調を合わせて本日もバリュー<グロース。

欧州モノは欧州時間に入るや否やで、現在値は(前場分記述の順番で)上から、0.29%(独)、2.87%(伊10)、1.60%(伊2=2週間前までマイナス金利)、1.58%(スペ)です。お陰で新興国叩きの方は小康しているようです。

午後には(どこにいたのかわかりませんが)ブラード総裁がこんな声をあげています。
「日銀とECBが留まっている中、FRBがどこまで利上げするかが問題」「インフレ期待は依然としてやや低水準」「米金利はおそらくすでに中立、政策正常化のペースを緩めるのが合理的」「FRBは経済指標が大きく改善しない限り追加利上げ進めるべきでない」 ← ハトがハト声を出しても残念ながらFOMCの投票権がありません。

ドラギ氏って誰?ドイツ有権者の半分が知らず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-28/P9FJAO6K50XU01
日本人の有権者に黒田って誰?と聞いても知っている人は半分以下なのではないでしょうか。理由はワイショーが取り上げないから(2013年ならもう少し高かったかもしれませんが)。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     22245.23(-235.86) ・・・ -1.05%
TOPIX       1756.21(-14.21) ・・・ -0.80%
リート指数    1737.68(-2.37) ・・・ -0.14%
上海総合指数(11時半) 3132.42(-2.66) ・・・ -0.08%

前場時間の先物は22440円~22230円の値動きとなりました。

昨日記述箇所に誤りがありました。
× トヨタは7日続落
○ トヨタは6日続落(本日がTOPIXとともに7日目)
今朝記述の箇所にも誤りがありました。
× 月:前場300円幅→後場80円幅
○ 月:前場150円幅→後場80円幅
ちなみに本日前場は210円幅です。

以下は週末記載の週次数字。昨晩は主要プレーヤーがいない間に先週(カッコ内)の延長をやっておきましたという図。
ドイツ10年債   0.56% → 0.58% → 0.40%(-0.18%) → 昨晩0.34%
イタリア10年債  1.87% → 2.23% → 2.46%(+0.23%) → 昨晩2.68%
イタリア2年債 -0.13% →+0.10% →+0.51%(+0.41%) →昨晩+0.93%
スペイン10年債  1.27% → 1.44% → 1.46%(+0.02%) → 昨晩1.52%

定時巡回(11:40) ダウ先物(前週末比)+2ドル 香港-0.49%、韓国-0.61%
ドル円  土朝109.39 → 月15時109.54 → 今朝109.41 → 現在108.96
(ユーロ円 土朝127.45 → 月15時128.45 → 今朝127.18 → 現在126.66)
円建て  土朝 22345 → 月15時 22481 → 今朝 22420 → 現在 22245
ドル建て 土朝204.27 → 月15時205.23 → 今朝204.91 → 現在204.16

ダウ先物が昨日15時+90ドル→現在+2ドルですから、為替が動かなければ土朝のCME終値レベルあたりでよかったのでしょうが、すでにドル円は先週安値(22080円の時)の108.94と同レベル、ユーロ円は先週安値(127.13)割れです。

パンパン物の200日線
米金利:200日線2.57%(1ヶ月で0.1%程度ずつ上昇)  原油:200日線59.06ドル(1ヶ月で2.2ドル程度ずつ上昇)

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村



本日分

日経平均     22481.09(+30.30) ・・・ +0.13%
TOPIX       1770.42(-1.28) ・・・ -0.07%
リート指数    1740.05(-5.48) ・・・ -0.23%
上海総合指数   3135.08(-6.22) ・・・ -0.20%

<金曜> 後場時間の先物は22500円~22420円の値動きとなりました。
<本日> 後場時間の先物は22500円~22420円の値動きとなりました。前場の22550円~22400円が一日の高安となります。

後場は「先週の」下位グループが少し巻き戻っていたようです。
前場 バリュー-0.41%<グロース+0.00%
後場 バリュー+0.22%>グロース+0.03%
この売買代金の中で。
5/28 前 8983億円・後 9153億円=計18136億円 先物24789枚 VI14.95

定時巡回(11:40) 原油66.25(-1.63) ダウ先物+76ドル 香港+0.47% 韓国+0.74%
定時外巡回(16時) 原油66.71(-1.17) ダウ先物+82ドル 香港+0.72% 韓国+0.74%
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-27_19-34-05.jpg
なおウワサは本当だったみたいです。
サウジ元皇太子、「ムハンマド皇太子は銃撃により負傷」

さてこちらのグラフのタイトルは、
https://pbs.twimg.com/media/DeREEhaX0AAKr2l.jpg
「This isn't the inflation the ECB is looking for - but it is inflation」。
「ECBが求めているインフレ(ディマンドプル)ではないが、それもインフレ(通貨安+原油高のコストプッシュ)」。ただし後者ですらまだ「見えてきていない」ようですが。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

前場分

日経平均     22445.27(-5.52) ・・・ -0.02%
TOPIX       1768.21(-3.49) ・・・ -0.20%
リート指数    1744.04(-1.49) ・・・ -0.09%
上海総合指数(11時半) 3139.90(-1.40) ・・・ -0.04%

前場時間の先物は22550円~22400円の値動きとなりました。
この人たち↓のお陰で、とりあえず金曜夜間の凹み分(22450円→22345円)は解消されているようです。
http://ojsfile.ohmynews.com/STD_IMG_FILE/2018/0527/IE002339635_STD.jpg

誰もいない中ではありますが。
5/23 前12286億円・後13135億円=計25421億円 先物55100枚 VI16.18
5/24 前12485億円・後13575億円=計26060億円 先物45102枚 VI16.96
5/25 前11507億円・後11475億円=計22982億円 先物43054枚 VI15.76
5/28 前 8983億円       先物13300枚 VI15.52(ともに11時半)
トヨタは7日続落
先週  大型-2.71% < 小型株-1.59% < マザ+0.37%・ジャス+0.49%
本日  大型-0.23% < 小型株-0.14% < マザ+0.12%・ジャス+0.20%

定時巡回(11:40) 原油66.25(-1.63) ダウ先物+76ドル 香港+0.47% 韓国+0.74%
為替は、ドル安というほどではないですがユーロが小反発。
イタリア大統領が組閣のやり直しを命じる(一旦ユーロ反発)
=五つ星&同盟とイタリア大統領(財政優先)の考え方に隔たりが大きい
→ 1. 再度の総選挙の可能性
→ 2. 大統領弾劾の可能性

そんな中でハトタカ応酬
ECBの債券購入策年内終了は磐石、焦点は金利の道筋
https://jp.reuters.com/article/ecb-qe-end-0525-idJPKCN1IQ2CV
「債券買い入れプログラムを年内に終了させる軌道から外れていないが、利上げを示唆するにあたり今後は一段と慎重になる可能性がある」「債券買い入れ策の今後についても7月26日の理事会まで何も決定されない公算が大きいとしている。」

ECBは6月の政策委でQE調整の可能性を排除せず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-27/P9ERKZ6JTSE801
早ければ6月に刺激策縮小に向かうとの見通しを示す可能性をまだ排除していない」


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

今週の見通し

日経平均週間 22930.36 → 22450.79(-2.09%)
TOPIX週間    1815.25 → 1771.70(-2.40%)
マザーズ週間   1154.41 → 1158.73(+0.37%)

カッコ内は前週
コア30 -3.45%(+0.83%)  大型株 -2.71%(+1.37%)  小型株 -1.59%(+1.59%)  
東証2部 +0.25%  JASDAQ +0.49%  リート +0.00%  Fリテ -2.2%
騰落レシオ 121.84% → 112.91%

先週の業種別ランキング バリュー-3.45%(5日間全敗)<グロース-1.36%
上位 空運+4.0%・陸運+1.0%・サービス+0.6%・食品・化学
下位 鉱業-9.1%・海運-7.9%・石油石炭-5.8%・鉄鋼・保険

先物  5/18 CME終値22840円 → 5/25 CME終値22345円(-495円)
昼間(国内時間)  合計 -195円  ドル円合計 -0.33円(0.33円の円高)
夜間(海外時間)  合計 -300円  ドル円合計 -1.36円(1.36円の円高)

今週のスケジュール
5/28(月) 米英休場
5/29(火) ケースシラー指数、CB消費者信頼感指数、(講)ブラード、クーレ、(決)HP
5/30(水) ADP雇用統計、GDP改定値、ベージュブック、(独)CPI速報値、(講)黒田
5/31(木) G7財務相会議(~6/2)、PCEデフレーター、シカゴPMI、★MSCIリバランス、(欧)CPI速報値、(日)鉱工業生産、(中)★製造業PMI、(講)ブレイナード
6/01(金) ★雇用統計、ISM製造業指数、(中)民間版PMI、
6/2~6/4ロス長官訪中、6/8~G7首脳会議、6/12米朝首脳会談(?)、★6/13FOMC、6/14ECB理事会、6/15日銀会合

先週は、米中の貿易戦争緩和+翌朝のムニューシンの「保留」により、『週明けは(少なくともアジア時間は)好感して始まる可能性が高そうです。』
今週は、「6/12振り子」が再度振れ直したことで、週明けは(少なくともアジア時間は)好感して始まる可能性が高そうです。
念のためですが木曜夜間に「米朝首脳会談をキャンセル」と発表される直前の先物の位置は22400円くらい、ドル円は109.50くらいでした。

先週は理由はともかく「原油の下落」「金利の低下」が目立ったわけですが、
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$WTIC
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=%24TNX
今週ということでは、前半は先週の続きが意識されても、後半は雇用統計が立ちふさがることも意識されそうです。雇用統計が通過すれば利上げを決めるFOMCまでわずか8営業日ですので。

日本・・・「春の安値」から8週連続上昇後に反落
欧州・・・同じく8週連続上昇後に反落
日欧の8週連続上昇中に4勝4敗だった(指をくわえて見ているだけだった)米国は2750~2700に入り込んでしまって12日目。なおメモリアルデーの週というのは他週よりは堅調なことが多いようです(あくまでも米国株の話)。
https://www.bespokepremium.com/wp-content/uploads/2018/05/052418-Memorial-Day2.png

日本株を含めた具体的なことは、いつものように明朝に。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

海外市場動向(週末版)

5/25
NYダウ  24753.09(-58.67)・・・ -0.24%
S&P500   2721.33(-6.43)・・・ -0.24%
NASDAQ   7433.85(+9.42)・・・ +0.13%
CME日経平均先物 22345円
★WTI原油 67.88(-2.83)  金価格 1303.7(-0.7)
10年債 前日2.977% → 2.931%
2年債  前日2.508% → 2.476%
ユーロドル 前日1.1719/20 → 1.1650/54(ドル高)
ドル円 前日109.24/27 → 109.38/41(ドル高)

※4月耐久財受注 前月比-1.7%(予想-1.3%)
※同、除く輸送用機器 前月比+0.9%(予想+0.5%)
※5月ミシガン指数確報値 98.0(予想98.8)
※独5月IFO企業景況感指数 102.2(予想102.0・前回 102.1)
https://pbs.twimg.com/media/DeB_lqPXkAA6ZWE.jpg やっと下げ止まり(白線)
※1 サウジ石油相「下半期に緩やかな石油供給増加となる可能性(Likely Supply Boost In Second Half Of 2018)」
※スペイン野党が首相への不信任動議準備→スペイン首相「4年間の任期を全うする」
☆トランプ大統領「6月12日首脳会談の実現の可能性はまだある」
※パウエル議長「フォワードガイダンスは今後役割が小さくなる」
※2 ロシア石油相「現在の180万バレル減産は、ベネズエラの減産で実質270万バレル減産しているのと同じ」→差額の90万バレルは増産余地
※3 プーチン大統領「原油価格は60ドルを上回ると消費者に一定の問題を引き起こし、生産者にとっても好ましくない」
※米政府、ZTEの事業存続で合意=米議会筋
※ムーディーズ、イタリア格付けを引き下げを視野に見直し

※ダウ先物は、アジア時間の「謎の上昇」を17時+35ドル→20時+60ドルを経てから原油の下落が目立ってきたことで打ち消し、実質-40ドルでスタート。直後に-90ドルまで下落した後はトランプの☆発言が伝わるなどで売りが一巡し一時プラス圏まで回復。しかし全体的にセンチメントは弱く、エネルギー・素材・金融セクターには売りが続き再度-120ドルまで下落。そして終盤に3連休のポジション調整による買い戻しが入って終了。出来高は超低水準。
http://stockcharts.com/public/3421479/chartbook/412642673

※VIX指数 スポット前日12.53→13.22 6月限前日13.83→14.20
※半導体SOX指数 +0.88%
※ラッセル2000指数 -0.08%
※ドイツ10年債利回り 前日0.47% → 0.40% ★年初来安値更新
※イタリア10年債利回り 前日2.40% → 2.46%
★スペイン10年債利回り 前日1.39% → 1.46%(高値1.52%)
※シェブロン-3.5%、アルコア-2.5%、エクソンモービル-1.9%、インテル+1.2%
※エネルギー-2.6%、素材-0.5%、公益+0.4%
※英国+0.18%、ドイツ+0.65%、フランス-0.11%、イタリア-1.54%、★スペイン-1.70%、ロシア-0.32%、ブラジル-1.53%

昨晩は米国3連休前だというのに、イタリアネタに加えてスペインネタ、そして原油ネタ(上記※1~※3)まで加わり賑やかでしたが、騒いでいたのは欧州勢がいる間だけで、彼らが去ってからの米国株は、一言で言えば前日のレンジ内です。なおパウエルは景況感や経済政策に関することには触れなかったようです。
https://www.advisorperspectives.com/images/content_image/data/bf/bf2465a9153410bce3ee6b492c75d1af.png
下がっているように見えますが、月曜は『保留』でGUしていますので週間ではプラスです。そして2750~2700に入り込んでしまって12日目。
http://stockcharts.com/public/3421479/chartbook/490565000
輸送株の+0.44%は「ダウの先行指数でぇ~」とかそういうことではなく普通に原油下落を好感です。

為替は、ドル高というよりはスペインネタまで加わったユーロ安(ドルインデックス高)、そして原油からの連想で資源国通貨安。お陰でトルコリラなどは静かに過ごせたようです。原油も含めて動いていたのは概ね19時~欧州勢がいる間です。

原油については、通常5月末頃のOPEC総会が今年は6/22だそうで思惑発生の方も「予定」より少し遅れ気味でした。世の中が「イラン核合意放棄でぇ~」と言っている最中にパンパンロングは「5週続けて減少」していましたので
http://www.dai-ichi.co.jp/market/cftc.asp?cd=7191
昨晩の増産示唆に対しても「素直に」反応しやすかったのではないでしょうか(すでに手仕舞い方向だった時に手仕舞い促進ネタ)。
原油生産(露・サウジ・米国)
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-03-05.jpg

経済指標では、耐久財受注の中のコア資本財受注(←これがGDPナウなどに算入される)が予想を上回っており、
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-25_5-34-06.jpg
「他指標」と合わせて、住宅や消費の鈍化を製造業が補っている姿が確認できます。

3週前 → 2週前 → 先週末 → 今週末
NYダウ   24262 → 24831 → 24715 → 24753(+0.1%)
S&P500   2663 → 2727 → 2713 → 2721(+0.3%) ※1
NASDAQ    7209 → 7402 → 7354 → 7433(+1.1%)
ラッセル  1565 → 1606 → 1626 → 1626(+0.0%)
SOX指数   1296 → 1350 → 1345 → 1390(+3.3%)

ドルindex   92.41 → 92.41 → 93.54 → 94.13 ※3
ドル円     109.12 → 109.39 → 110.75 → 109.39
ユーロドル   1.1960 → 1.1944 → 1.1777 → 1.1652
ユーロ円  130.50(円高)→130.60(分け)→130.37(円高)→127.45(大円高)
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$EURJPY
アジア通貨   110.42 → 110.34 → 109.76 → 109.73

米国30年債    3.12% → 3.10% → 3.20% → 3.09%(-0.11%) ※2
米国10年債    2.95% → 2.97% → 3.05% → 2.93%(-0.12%)
米国2年債    2.49% → 2.53% → 2.55% → 2.47%(-0.08%)
LIBOR3ヶ月   2.37% → 2.34% → 2.33% →24日2.32%(-0.01%)
ドイツ10年債   0.54% → 0.56% → 0.58% → 0.40%(-0.18%) ※4
イタリア10年債  1.79% → 1.87% → 2.23% → 2.46%(+0.23%)
イタリア2年債 -0.17% →-0.13% →+0.10% →+0.51%(+0.41%)
スペイン10年債  1.29% → 1.27% → 1.44% → 1.46%(+0.02%)
英国10年債    1.40% → 1.44% → 1.50% → 1.32%(-0.18%)
 
VIX指数     14.77 → 12.65 → 13.42 → 13.22
欧州VIX     13.42 → 12.44 → 13.97 → 16.02
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-25_12-06-57.jpg
日本VIX     15.17 → 15.19 → 14.48 → 15.76
ゴールド     1314 → 1320 → 1291 → 1303
原油       69.72 → 70.70 → 71.28 → 67.88

※1 週間の「バリュー-0.24%<グロース+0.80%」は昨日某国で見たのと同じ傾向です。
エネルギー(出来高増) http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=XLE
公益(5日続伸) http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=XLU 
色々と「~懸念」が多いので逆側の代表的なものも挙げておきます。
マイクロソフト http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=MSFT
アップル http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=AAPL
アリババ http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=BABA

北朝鮮との会談云々は、世界の中心である「米国株」にとっては関係あるでしょうが(←中国の貿易摩擦とリンクしている)、「アメリカという国の株式」にとっては本来何の関係も無いことです(←会談の有無が米国のEPSには結び付かない)。

※2 先週末に「今週の最大のポイントは米30年債動向です」と書きましたが、
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-18_12-30-51.jpg
今週終値は3.09%でホッと一息。ただし「外から」の懸念事項が多く「適温相場再び」(議事録直後)も継続できずでした。あくまでも14以下のVIXの範囲で。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-25_11-58-21.jpg

※3 金利は全般低下しているのですから、ドルが強かったのではなく他通貨が弱かったことの結果です。円>ドル>他通貨>ユーロ。

※4 欧州経済のスローダウン反映に加えて、イタリア債(&スペイン債)に対する「受け皿」としての役割で、ドイツ金利の週間低下幅(-0.18%)は2012年以来とのことです(英国も同事情)。
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$DET10Y
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$UKT10Y
そして独伊債のスプレッドが話題です。
https://pbs.twimg.com/media/DeDtf-FWsAIiK3d.jpg
イタリア政治(スペインも)がそれほど「懸念」する状態かどうかわかりませんが、少なくともユーロのロング過多を減少させるにあたって「適当な」口実にはなっていると思います。7/26(次々回のECB理事会)が接近するとそうも言っていられないと思いますが。

カッコ内は前週の騰落率 ★は週内に年初来高値を更新した国、☆は年初来安値を更新した国(ともに終値ベース)
日経平均(CME) -2.1%(+0.6%) ドル預金-1.2%(+1.2%)
米国ダウ+0.1%(-0.4%) S&P500+0.3%(-0.5%)
ドイツ-1.0%(+0.6%) イタリア-4.5%(-2.9%) ★英国-0.6%(+0.7%) スペイン-2.8%(-1.5%)
★フランス-1.3%(+1.3%) ロシア-2.7%(-1.7%) カナダ-0.5%(+1.1%)

日経平均 -2.1%(+0.7%)
中国-1.6%(+0.9%) 香港-1.5%(-0.2%) 韓国+0.0%(-0.7%) インド+0.2%(-1.9%)
ブラジル-5.0%(-2.5%) 豪州-0.9%(-0.5%) サウジ+0.2%(+1.3%)

新興国株価トリオは、G20議長国アルゼンチン-6.9%(+6.7%)、インドネシア+3.3%(-2.9%)、トルコ+0.8%(+0.5%)。イタリア・ブラジルは少し前まで★マークでしたが今や☆が近くなっています。
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$BVSP
https://jp.investing.com/indices/it-mib-40

日本・・・「春の安値」から8週連続上昇後に反落
欧州・・・同じく8週連続上昇後に反落
日欧の8週連続上昇中に4勝4敗だった(指をくわえて見ているだけだった)米国は2750~2700に入り込んでしまって12日目。


お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村

リアルタイム指標
プロフィール

genius2

投票
CFDブログパーツCFD
バナー
記事検索
by 株価チャート「ストチャ」
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ