日経平均     22886.15(-80.23) ・・・ -0.35%
TOPIX       1793.11(-7.26) ・・・ -0.40%
リート指数    1743.42(+3.23) ・・・ +0.19%
上海総合指数(11時半) 3054.01(+4.21) ・・・ +0.14%

前場時間の先物は22850円~22720円の値動きとなりました。
定時巡回(11:40) ダウ先物+11ドル 香港-0.53% 韓国-1.34%

11時半時点の先物出来高
月14313枚(米朝待ち)、火24456枚、水9986枚(FOMC待ち) 木12305枚(ECB待ち?)
11時半時点の日経VI
月16.05、火15.38、水14.85 木14.82

最近の流行りでしょうか。
<6/1記述> 偶然なのか必然なのか、突然のオペ減額によって物色が銀行にも向かい、さらにバリュー側を押し上げています。しかも理屈とは逆に円安に(下チャートはインバースなので下方向が円安)。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/2018-05-31_18-30-35.jpg
<本日> オペ減額(今回は3~5年もの)
https://quote.jpx.co.jp/jpx/template/quote.cgi?F=tmp/real_index&QCODE=348

昨晩のドットチャート(2018年分)は昨日の「予習」の通りでした。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/june%20dots.jpg
下の2ドット(ブラードとカシュカリ)は、年1回から年2回に「自動的に」上がらざるを得なかっただけで、15あるドットのうち実質的に動いたのは1つのドットだけです。「それ」によって中央値が3回→4回に変わったと大騒ぎしているわけですが、平均値としてはせいぜい3.4回→3.6回に変化した程度のイメージです。

タカ度UPという解釈であれば、そういうことよりも、ウィリアムズが5/16に述べていたこと→「緩和的な金融政策の継続を約束するという"フォワードガイダンスを段階的に廃止すべき"」、これを実行したことが評価されているのだと思います。

お手数ですが、ランキングUPのために下記3箇所のURLのクリックをお願いします。お手数をおかけして誠に申し訳ありません。(2番目は「投票」ボタンもお願いします。)

http://blog.with2.net/link.php?919101 人気ブログランキング
http://ranking.kuruten.jp/rankin.php くる天ブログランキング
http://stock.blogmura.com/stockinfo/ranking.html にほんブログ村