つれづれなるままに

興味の赴くままにに日々思っていることを綴っていこうかと……

日本で原発がなくならない理由について述べた、古賀茂明氏の分析(?)がなかなか鋭いと思いました。

ニュースステーションの降板の時の騒動から、何となくアベ政権をヒステリックに非難しているだけの人、というイメージがついてしまっているように思いますが、古賀茂明氏の話はいつも「さもありあん」と私は思っちゃうんですよねーー

官僚への厳しい評価は、それはちょっと穿ちすぎじゃない? と思うこともあるのですが、やはり経産省にいただけのことはあって、体質を知りぬいている。
彼の論考は拝聴する価値があると思っています。

さて、表題の原発がなくならない理由。

英国の原発建設をヒタチが断念したニュースは記憶に新しいですが、これで日本政府の原発輸出は総崩れになりました。
アベノミクスの成長戦略の目玉だったのにね!

成長戦略の柱が原発、というあまりに時代遅れの政策で日本が成長できると思っているアベシの頭の悪さにクラクラしますが、案の定全て失敗に終わったわけです。(ザマアミロ)

余談ですが、もしも、福島の原発事故が起きて良かったのか?という問いかけがあったとしたら、世界中で原発縮小の動きが出てきたことは、良かったのかな、と私は思っています。原発事故は、本当に危ない、シャレにならんということを人類に知らしめたわけです。

福島原発は十分に過酷でしたが、これが起きずにさらに原発建設が世界中で進んでいたら、さらに過酷な事故がいつか起きたでしょうから、そういう意味では福島程度ですんで良かった、と言えるのかもしれない。


事故が福島で起きたことは福島の人々にとって大変な不運でありましたが、いつかどこかで過酷事故は起きるのですから、原発がある以上、そういう危険性と隣り合わせの生活だったわけですよね。


さて、話をもとに戻します。
この世界の流れを受けて、原発への建設規制が厳しくなり建設費用が高騰しました。
一方で、海外では再エネ発電の供給価格がグッと下がってきたわけですね。だったら再エネの方がいいに決まってる。というわけで海外では再エネの技術も進んでいます。日本はかなり技術で遅れました。
なんつーか時代の方向性を感じるわけですが。

とにかく原発建設は全て失敗に終わったわけです。

原発はまさにオワコン〜

このような状況を受けて、年末に経団連の中西会長が「お客様が利益をあげられない商売でベンダー(提供会社)が利益をあげるのは難しい」と発言をしたことが話題になりました。

ついに原発撤退か!? アベ政権は経団連にまで見放されたか、ザマア的な論調がちょっとあったように思います。
私も、ツイッターにて「最終的には経団連は利益優先。政府と違ってもうからないならやらないという決断ができるだけ政府よりマシだよなぁ」みたいなことを言いました。

ところが……
冒頭の古賀氏はこんなことを言っていたんですよ。

これは原子力ムラの政権に対する脅しだ。中西会長は、国策に協力してやるんだから民間が儲かるよう政府の方でキチッと国民を説得しろ、と脅している。

とまあ、そのようなことをおっしゃっていたわけです。

えええ、それはいくらなんでもうがちすぎじゃないの!? 経団連の会長は世の中の流れを読んで原発に手を出したらみんな東芝の二の舞になっちゃう、それは勘弁、と思ったんじゃないの!?

と私は思ったわけです。

ハイ、古賀氏が正しかったようです。
経団連の中西会長、「原発の再稼働どんどんやるべき」と発表しました。180度ひっくり返った発言にビックリなわけですが。

かなり経団連に好意的で、どうしても原発政策を進めたい官邸に脅された、と報じているところもありますが事実はどうなんでしょうか?

原発を一番進めたいのは原子力ムラとその利権をガッチリ掴んでいる経産省で、経団連はそこに乗っかっているという気はしますけどねーー中西会長も、日本国内だったら政府が税金を投入して全て道すじをつけてくれるから、そのような形を早く整えろ、と言っているのではないでしょうか。

こうやって、日本国民が莫大な税金と建設費と高い電力料金を払って、危険な原発を推進している間に、世界は省エネ発電をどんどん進め、クリーンで(原発より)安い電力を享受し、浮いたオカネを教育などに投資するわけですから、日本の産業はますます衰退するでしょうねぇ。


タイトルだけは勇ましいですが。
ちょいちょい直接反論しているのですが、非常に興味深いのでここでじっくりネトウヨ氏のコメントを検討したいと思います。(私もヒマやなぁ)

元記事はコレ
朝日新聞が、「公的発言によるジェンダー差別を許さない会」が実施した、2018年のジェンダー差別ワースト発言の結果を報じたもの。
堂々の一位は麻生氏の「相手の声が出てこなければどうしようもない」(確か記者のセクハラに関しての話だったと記憶してますが)「財務省担当はみんな男にすればいい」。
そして二位は杉田氏のLGBTは生産性がない、発言。

同会はこのネット投票の意義について政治家の問題発言を「見える化」しそのような発言をする現状を変えるのが狙い、だと説明している。

さて、この記事に関するツイートを見てみましょう。
批判(非難)しているらしい意見をツイート本文だけ列記します。


① 週刊誌レベルのくだらない記事。これこそ生産性がない。もっと他に指摘すべきことがあるんじゃない?

② 公平な世論調査でも何でもなく、「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」などと言う政治主張を行うサイトでの投票であり、意味のある結果とは思えない

③ 投票総数は3933票 少なっ 奇人変人の左翼の声をまるで日本国民の総意の如く報道する嘘つき朝日 菅直人も「生産性」と言ったのに自民杉田議員(山口二郎の科研費不正を追及)だけバッシング 朝日や左翼は普段、自由人権平等と宣うが、気に入らない言論を差別と決付け言論弾圧


④ 公的発言におけるジェンダー差別を許さない会……くだらないことをやってる連中もいるものだな。左の在特会かよ。

⑤ >何が性差別だ!根拠を示せ!「反日朝日新聞社!」

この中で、きちんと反論しているのは⑤氏だけですよね。

麻生氏の「財務担当はみんな男にすればいい」発言のどこが性差別じゃないのか、と聞き返したくなりますが、しかし、⑤氏は少なくとも性差別発言ではない、と主張しているので議論は噛み合ってると思ったわけです。ただ、朝日新聞社にそのような反論を言うのは筋違いで、どちらかと言うと「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」にそのように反論すべきだという気もするんですけどね。記事を書いているから朝日でいいのか?
どうでもいいが、なんでこの記事で「反日」認定されるのか。そこも良くわからない。⑤氏はアレな感じだけど、まあ、一応反論はしている。

しかし①から④までは、麻生氏・杉田氏の発言は差別発言ではない、と言う反論はしていない。
ということは、①から④氏も両氏の発言が差別発言だ、という認識はあるわけです。


じゃあ、何を批判しているのか。

①は週刊誌レベルのくだらない記事、と言っています。①氏はニュースバリューのない記事を配信するな、という批判でしょうか。しかし、記者はニュースバリューがあると考え配信しており、あとは読者がそれぞれにバリューを決めれば良いこと。
「くだらない」という意見を言うのはアリですが、これこそ生産性がない〜以下は大きなお世話です。要するにいちゃもん。いわゆるクソリプってヤツだね。


②氏は公平な世論調査でもなく意味のある結果とはいえない、と言っています。しかし、これは「許さない会」がネットで投票をしたらこんな結果になりましたよ〜と報じているだけで、そもそも世論調査でも目的を求めている調査でもないので、その非難はお門違いだと思います。
これも要はいちゃもん。クソリプってヤツだね。

③氏はさらにこじらせてる。
まるで「日本国民の総意のごとく」とあるが、記事を読んでも日本国民の総意のごとくなどとはとても理解できません。きちんと「許さない会」のネット投票の結果だ、と書いてあります。
さらに、菅直人はスルーで杉田氏は非難かよ、と謎の比較を持ち出してきます。菅直人氏が差別発言をしていてもしてなくても、杉田氏のLGBTは生産性がないと言う発言は差別発言であることにかわりがないのだから、なぜここで菅直人氏を出せば杉田氏発言が正当になると考えているのか、トンチンカンな議論です。
杉田氏だけ批判するのはズルイ、って言いたいんでしょうけど、杉田氏がアレな発言しているのはまごうことなき事実ですからね。(ちなみに菅直人氏の発言の真偽などは私はわかりません)
と言うわけで、これも単なるいちゃもんですよね。

そしてトドメの④氏。
「許さない会」をディスって終わり。これこそクソリプの見本。

要するに①から④までは反論ではなくただのいちゃもんですよね。
そりゃそうでしょう。結局麻生氏と杉田氏の発言は差別発言ですから、そこを反論する議論はできないわけですよ。

本当は二人の差別発言を応援したい。が、非難される(当たり前だ)のでできない。

しかし、黙ったままでいるのは悔しい。
だから何とかして記事をディスりたい。

という流れで、クソリプを繰り広げたんでしょうかね?

ネトウヨ氏らは、

①差別発言を支持している
②差別発言は支持していないが、麻生氏と杉田氏に心酔しているので、二人が非難されるのが耐えられない

のどちらなんだろうか。

あ、もう一つある。

③両氏の発言を差別発言だと思ってはいない。(ただし上の返信をみる限り、⑤氏以外は当てはまらないようですが)

いよいよ報道機関がホネヌキにされているな、と感じる。
ハイ、例のサンゴ礁問題であります。もう、ちょっと調べれば、っていうか明らかに口からでまかせのウソだとわかるアベシの発言をどこの報道機関も批判しない。

一国の首相がこれからの国の方向性を決めかねてしまわないような非常に重大な案件について明らかに虚偽だとわかる発言をしたのにそれを問題にしない報道機関にその存在価値があるのだろうか?
どうしてもそう思ってしまうわけであります。
昨今の報道機関はニュースバリューの判断ができないほど劣化しているのだろうか。

で、今回「ニュースバリュー」って何だろう、って考えた。
その結果、報道機関はニュースバリューというものがわかってないのではないか、という結論に達してしまったわけである。


どの報道機関もしのぎを削っているのが「特ダネのスクープ」である。逆にもっとも恐れているのが俗にいう「特オチ」ってヤツですな。
これだけ考えても報道機関のくせに横並び意識ヤメロヨ、と思うんだが。
じゃ、この「特ダネ」って何だろう?と思うわけですよ。

例えば平成の次の元号が何であるか? 発表以前に掴んだら確かにそれは特ダネになるんだろう。
内閣の人事なんかも特ダネになるのか。あるいはヘマをした大臣の辞任など、政局の動きは間違いなく特ダネネタということになるのであろう。

しかし、これらのニュースって世の中を劇的に変える動きなのか?

元号なんかある意味どうでもいいニュースだと思うし、内閣の人事なんかも「誰かが大臣になる。およそ誰と誰かという候補者は掴める」というようなモノである程度それが起きると予測されている出来事なので、そういう意味では世の中を変えるようなビックリごとではないのである。
要するに政局の動きは一秒一瞬を争って知る必要性は低い情報。

こう言ってしまうと身もふたもないがそうだと思う。

いや、意外な人物が内閣に登用されたら世の中が変わるよ、と反論する向きもあるかもしれないが、しかし登用が発表された時点では何も変わらない。登用された大臣が何かして初めて世の中が動いていくのだから、内閣人事発表の時点では大したニュースではないと思うわけである。

解散総選挙の情報とか新党結成などもそれほど大きなニュースではないと思う。当事者が発表するのを待っていても構わないとさえ思う。(もちろん当事者は一刻も早く知りたいだろうが、一般市民は、という意味ですよ)

では、何が大きなニュースということになるのか
政治家の不倫疑惑や選挙違反、収賄罪のようなスキャンダルはどうであろう。
これは結構な特ダネだと私は思う。

まあ、不倫疑惑は法律違反ではない(買春とかしてなければ)ので冷やかしネタでどうでも良いのだけれど、選挙違反、収賄罪などは大きな話ですな。

民主主義国家では国民の意思によって国が運営されているはずで、国民はそれを代表者である政治家に負託し、さらに負託・運用方法を法律によって細かく定めている。
選挙違反や収賄罪などはその運用を大きく歪め、国民の意思に反する国家運営がなされ、社会を歪める可能性があるので大問題なわけです。
ですから、これらは非常にニュースバリューの高い情報と言えると思います。

そう考えると裁判の判決なども結構重要なニュースといえそうですな(地味だけど)。
これからの社会の方向性を定めるわけですから、国民が広くその情報を共有すべきだ。

であれば、国際条約(貿易協定なども含め)などの約束事も私たちの生活に影響があるので正しく知らされるべきニュースでありましょう。
条約などは結んでしまえば取り消すことが難しいので、やはりある程度の経過は知らされるべきですよねー。方針とか目的とか。後から「こーんな約束しちゃいました。テヘペロ」をやられたんじゃ国民はたまったもんじゃないですから。

さて、こんな風にどんなニュースが報道価値があるのか、というのをつらつら考えて見たわけですが。
結局のところ、元号や政局なんてどうでもよくて、政治家のインチキとか条約(密約)とか判決とかそういうのが価値あるニュースになるわけです。
そう、最終的に政権が知らせたい情報には大した報道価値はなく、できればあまりバレたくない情報こそ大きな情報価値がある、ともいえそう。

そう考えると、政治記者が政治家に張り付いてぽろっと話したホンネからいわゆる特ダネが掴めることってあるんだろうか、と思うんですよねーー政局の話とか人間関係は聞けると思うんですよ、確かに。ただ、不正とか密約とかそういうのが掴めるか?というと政権側はそれこそ必死で隠すんじゃないかと思うんですよね。

まあ、百歩譲って政敵のスキャンダルをリークすることはひょっとしたらあるとしても、いくらホンネとか言ったって例えば官房長官が総理の不正を記者に漏らすなんてことは絶対ありはしないだろう、と思うわけです。むしろ官房長官は総理の不正を隠蔽しようとするでしょうからねぇ。

さて、大きなスキャンダルとなっている森友問題。
発端は籠池氏が習得した土地についての疑惑からでした。これ、政治家に張り付いて得た情報じゃないですよね?
また、かつて立花氏が田中角栄の不正を暴いた事件。これも資料の情報収集から明らかになりました。同じく政治家に張り付いて得た情報じゃないですよ。
詩織さんの事件も不起訴になったところから騒ぎが大きくなったわけです。

何が言いたか、というと、よく報道機関の政治記者が「べったり政治家に張り付いて深く食い込んでこそネタが取れる」とかいうけど、そのネタ、本当にニュースバリューがあるのか? ってことですよ。

次の官房長官が誰かを一秒たりとも早く掴むために見張りについてるヒマがあったら、官房長官の不正を暴きなさいよ、って話でさ。まあ、誰と会食してるというのを掴んで怪しい動きを察知するのは記者の仕事だと思うけど、懇親会とかプライベートに呼ばれるようにならなくたってそれはできるわけで。(それに本当に怪しい裏取引はそういう記者にだってバレないようにするでしょうよ)


だいたい、記者会見という場があるんだから、鋭くつっこんで言いたくないこと言わせるようにするのが記者の仕事だろうとも思うんだよね。ウラをとって「言ってることと違いますけど?」って追求して政権の欺瞞を暴くのが真の「特ダネ」じゃないのか?

さらにいうなら、プライベートで得たネタってオフレコとか言って報道はされないわけでしょ。(例えば、官房長官が、総理は「四島返還を放棄するつもりだ」とかぽろっと言ったとしてもそれがニュースになって出てくることは考えられないよねぇ。つまり政治家に張り付いたところで特ダネで流せるかというと、本当に知られるべき情報はそこからは出てこない、と言いたいわけよ)
報道されないネタにどんなニュースバリューがあるというのか。

報道機関というのは、事件がどのように世の中を変えたか、変えていくか、ということを報じるのが仕事ですよね。政局は世の中の変化そのものではない。

なんかニュースバリューを履き違えてるんじゃないか、と思うんだよね。


↑このページのトップヘ