20180309-1-0055-8514

今更感がありますが、自分の記録にも、忘れないようにオーストラリア初日。

フライトはなんとビジネスクラスだったのであっさり着き疲労も少ない、世界一厳しいと言われるオーストラリア税関も難なくクリア。

案内人のレイドが向かいに来てくれて会えた時にはホッとする瞬間。

ここからが長かった・・・10時間以上のフライトの後のドライブ6時間・・・。

そしてオーストラリア人の英語の訛りに半分くらいしか聞き取れない。会話がなかなか成り立たない。

単語から想像を膨らますほどに聞き取れないのだ。

そんな会話の成り立たない感じの6時間ドライブ。

20180309-1-0024-8416

20180309-1-0026-8427

道なき道も数時間進みながらカンガルーはもう見飽きたと思っていた時に着いたロッジ。

ここを拠点にする。立派なロッジだ。寝れるだけでいいと思っていたけど借りれてよかった。
20180309-1-0116-8730

ぐっすり寝て、夜明け道なき道をまた数時間走って今回のターゲットとなるマーレイコッドがいる川に着いた。
20180309-1-0136-8788

道中カンガルーはいくらでもいる。そして人間には誰も合わない。まさかこれが最終日まで続くとは。

ちなみに先に言いますが1週間オーストラリア滞在で寄ったお店は道中のガソリンスタンドとマックだけ。

観光も何も、人にも合わない1週間。勿体ないと思うかもしれないけどこれをやりに来たから満足だ。

観光はテレビで見れるし。。。と自分を言い聞かせる。


20180309-1-0140-8812

ポイントに到着するもなんも見えない。この辺が水かなくらいのレベルで見えない。勿論道も無い。

何度も転びそうになりながら・・・そして痛い。これは帰ってからも痛かったが足元がほぼ棘なのだ。

レイドの目は凄く、真っ暗闇でもどこが水でどこにウィードがあってというのが全て見えているみたいだった。

一緒に行ったエイジ君も俺も全く見えない。見えそうな気すらしないほどの漆黒なのです。

朝マズメを外したらキツイと聞いていたのでやみくもに投げると日本ではなかなか経験のできないバイト音が響く。

勝手に体が反応し、そしてファーストマーレイコッドを手にすることができたのである。


20180309-1-0143-8818

小型だったけど嬉しい!!ゆっくり観察したい!!でもね・・・真っ暗で見えないのよ。フラッシュ焚く一瞬だけしか。

感動してるのに感動できないもどかしさ。早く俺に光を!!と夜が明けるのを願う1匹目でした。

続く。