FullSizeRender
毎朝気温が1桁の極寒の中が覚める。

目が覚めたら釣りができる、そこは天国だ。

と、思うかもしれないが結構毎日ギリギリの冒険をしていた仲間たち。

気が合わなければ一瞬にして環境と状況に気が参ってしまうのだが今回の旅も仲間に恵まれて終始楽しくできた。

1週間水もジュースもない地獄さえなければ…

この日思いついてコーヒーを作ることにした。

焚き火で沸かしたお湯に偶然見つけたコーヒーの粉を溶かしアイスコーヒーを作った。

飲み水の全くない俺には最高の褒美、今日は朝からテンションがマックス。熱々をペットボトルに入れ川に付けて冷やしそろそろ出発と言う時にアイスコーヒーを取りに行くとなんと流されてどこにもない!

塾長やしげるちゃんから大笑いされるもアルコール飲めない俺には死活問題…今回の旅ででかい魚をばらしたよりもショックだったかも…
IMG_5616
その色を引きずりながら今日も朝からロッドを振り続ける。

IMG_5649
結果から言うとこの日は大爆釣。

流心に絡む倒木に何匹ものタイメンがストックされていれ入れ食いが起こった。
IMG_5659
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5655
IMG_5536
IMG_5549
IMG_5547
カナリアのニューアイテムのテストには最高だった。
いいところも悪いところも見いだすことができ良いロッドできている途中だなと確信。

一緒に行っているしげるちゃんもカナリア68で釣果を重ねていってくれている。

そしてしげるちゃんのロットが大きく引き込まれた。

しげるちゃんは釣り人で言えば所謂持っている人。

それはここ1番で力を発揮する釣り人とすれば1番大事なメンタル。

このたびでもそれを見せてくれた。
IMG_5663
メーター20。

この厳しい中でこのサイズを出すのは流石の一言。正直次は俺だ!と思ってたが何故かしげるちゃんが釣ると自分がつったかのようにヨッシャーと声をあげてしまうことに嬉しかったな。

この日はこの後もポロポロが釣れるけどやっぱりサイズアップがせずに終わりを告げた。

釣れなくてもこの景色を見ながら気ののおける仲間と一緒にいれる今までにない旅。

また極寒の朝を迎える。

IMG_5671
IMG_5673

つづく。