【パソコン(Windows)を使っていく上で、知らないと損をするテクニック、ショートカットなどを紹介していきます。】
※パソコンの機種及び、ソフトウェアによっては若干操作が異なる可能性があります。

Windows全般

◎ Ctrl+C:コピー

◎ Ctrl+X:切り取り

◎ Ctrl+V:貼り付け

◎ Ctrl+S:上書き保存

◎ Ctrl+W:ウィンドウを閉じる(アプリケーションは終了しない)

◎ Alt+F4:ウィンドウを閉じる

◎ Ctrl+A:全てを選択

◎ F1:ヘルプ表示

◎ Alt+Tab:ウィンドウ切り替え

◎ Alt+Shift+Tab:ウィンドウ切り替え(逆方向)

◎ Windowsキー+D:デスクトップを表示(もう一度押せば元に戻る)

◎ Windowsキー+M:全てのウィンドウを最小化

◎ Windowsキー+Shift+M:全て最小化したウィンドウを元に戻す

◎ F2:ファイル名の変更

◎ Ctrl+F:文章の検索

◎ Shift+矢印キー:連続した複数の要素選択

◎ Ctrl+左クリック:連続しない複数の要素選択

◎ Delete:ファイルの削除(ゴミ箱に入れる)

◎ Shift+Delete:ファイルをゴミ箱に入れずに削除

◎ Ctrl+P:プリント

◎ Ctrl+Z:操作を1つ戻す (文字を入力してから)

◎ F6:平仮名にする

◎ F7:全角カタカナにする

◎ F8:半角カタカナにする

◎ F9:全角アルファベットにする

◎ F10:半角アルファベットにする

◎ Alt+D:現在見ているページのアドレスを選択

◎ F6:現在見ているページのアドレスを選択

◎ Alt+Enter:プロパティの表示

◎ Print Screen:表示されている画面全体を取り込む

◎ Ctrl+Alt+Delete:タスクマネージャの起動

◎ Shift+F10:右クリックメニューの表示

◎ F11:全画面表示

◎ Shiftを押しながらCDを挿入:CD挿入の際に自動で実行しない

◎ Windows+F:Windows内の検索

◎ Windows+R:ファイル名を指定して実行

◎ Ctrl+F10→W:単語・用例登録

◎ Alt+Space→X:ウィンドウの最大化

◎ Alt+Space+N:ウィンドウの最小化

◎ Windowsキー→U→U:Windowsの終了

◎ Windowsキー→U→S:スタンバイ

◎ Windowsキー→U→R:再起動

◎ フォーム内でTabキー:次の項目に移動

◎ フォーム内でShift+Tab:前の項目に移動

◎ チェックボックスでSpaceキー:チェックを入れる
基本ショートカットの総集編2です。

利用頻度 ◎ ○ △ の順です。



△Alt+D:現在見ているページのアドレスを選択


○Alt+Enter:プロパティの表示


△Print Screen:表示されている画面全体を取り込む


△Ctrl+Alt+Delete:タスクマネージャの起動


△Shift+F10:右クリックメニューの表示


◎F11:全画面表示


△Shiftを押しながらCDを挿入:CD挿入の際に自動で実行しない


△Windows+F:Windows内の検索


△Windows+R:ファイル名を指定して実行


△Ctrl+F10→W:単語・用例登録


◎Alt+Space→X:ウィンドウの最大化


◎Alt+Space+N:ウィンドウの最小化


◎Windowsキー→U→U:Windowsの終了


△Windowsキー→U→S:スタンバイ


◎Windowsキー→U→R:再起動


○記入フォーム内でTabキー:次の項目に移動


○記入フォーム内でShift+Tab:前の項目に移動


○チェックボックスでSpaceキー:チェックを入れる



※WindowsキーとはAltの横あたりにある旗のようなマークのことです。












Google




















流行のアフィリエイトするならインフォカート、アフィリエイターに無料登録!!




SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
基本ショートカットの総集編です。
利用頻度 ◎ ○ △ の順です。


◎Ctrl+C:コピー

◎Ctrl+X:切り取り

◎Ctrl+V:貼り付け

◎Ctrl+S:上書き保存

◎Alt+F4:ウィンドウを閉じる

◎Ctrl+A:全てを選択

△Alt+Tab:ウィンドウ切り替え

△Alt+Shift+Tab:ウィンドウ切り替え(逆の順序で切り替えます。)

○Windowsキー+D:デスクトップを表示(もう一度押すと元に戻ります。)※

○Windowsキー+M:全てのウィンドウを最小化 ※

○Windowsキー+Shift+M:全て最小化したウィンドウを元に戻す ※

△Ctrl+F:文章の検索

◎Shift+矢印キー:連続したファイルなどを選択する

◎Ctrl+左クリック:連続しない複数のファイルなどを選択する。(Ctrlキーは押しっぱなしにします。)

◎Delete:ファイルの削除(ゴミ箱に入れる)

◎Shift+Delete:ファイルをゴミ箱に入れずに直接削除(元に戻せないので注意が必要です。)

△Ctrl+P:プリント

△Ctrl+Z:操作を1つ戻す

※WindowsキーとはAltの横あたりにある旗のようなマークのことです。

グーグルでもっと探してみる?
Google


流行のアフィリエイトするならインフォカート、アフィリエイターに無料登録!!
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
新しいアプリケーションを入れたときなどに、 今まで使っていたファイルがそのアプリケーションに関連付けられて 使いにくくなったり、不都合が起こる場合があります。 例えば、今までは「jpg」が普通に開いていたのが、 「fireworks」を入れたことによって、「fireworks」のアプリケーション が立ち上がって、開いてしまう。などです。
この場合であれば、今までの「jpg」形式を「iexlorer」と関連付け ました。
<その時の直し方>
直したいファイルを左クリックします。 青く選択表示します。
そして、そのファイルの上で、「shift」キーを押しながら、 右クリックします。
すると、その中に「アプリケーションから開く」というボタンが あります。このボタンを左クリックします。 すると、「ファイルを開くアプリケーションの選択」がありますので、 関連付けたいアプリケーションを左にて選択します。

これからもずっと今回選択したアプリケーションで関連付けて 開きたいときは、 下にある「この種類のファイルを開くときは、いつもこのアプリケー ションを使う」の左にあるチェックボタンを押します。

最後に下の「OK」ボタンを押します。 これにより、以降は、その選択されたファイルは、選ばれたアプリケ ーションで開かれるようになります。
パソコンのディスプレイは、設定によって、より綺麗にすることが できます。また、アプリケーションのインストールによって、 グラッフィックの設定が低いレベルに落ちてしまうことがあります。
そんなときの直し方です。 まず、最低条件として、マウスが動く必要があります。 マウスをデスクトップ上で、右クリックします。 その中に、「プロパティ」がありますので、左クリックします。

「画面のプロパティ」が表示されます。 その中のパネルに、「設定」パネルがあるので、左クリックします。 この画面の左下に「色」という項目があります。

この項目の右にある▼を押してみると、
16色
256色
High Color(16ビット)
True Color(24ビット)

などが出てきます。この場合、下のものになるほど、グラッフィックの 細かいものにパソコンが設定されます。▼でどれかを選んで、その後、右下の「適用」を押し、 その後「OK」を押すことによって、設定が変わります。
もし、再起動の表示が出てきたら、「OK」を押します。
ショートカットは、地味ですが、非常に役立つものです。 PCCやり始めの頃は、使いやすいので、 よくExcelやWordのファイルをデスクトップに貼り付けがちです。 しかし、デスクトップにあまり大量のデータをそのまま 貼り付けると、メモリがとられてしまうので、PC画面の表示 速度が遅くなる、重い原因になります。 それを防ぐにはどうすればよいか。

この問題を解消するのに、ショートカットを使います。 ショートカットとは、PCにおける"しおり"のようなものです。 指定してあるショートカットを押すと、そのファイルを見ることが できます。しかし、本体のデータ自体はそこにあるわけではなく、 もともと保存してある場所にあるのです。

つまり、データ自体は、デスクトップのメモリをとらない CドライブやDドライブにおいておき、"しおり"の役割をする ショートカットをPCのデスクトップに貼り付けておくのです。 すると、PC画面が重くならずに、自分の開きたいファイルは デスクトップから開くことができるのです。

では、どうするのかというと、 まず、ExcelでもWordでも保存したいデータをメモリを食わない デスクトップ以外の場所に保存します。 たとえば、Cドライブの「マイドキュメント」に保存したとします。 ファイルの名前を仮に「文書A」とします。 ここで、保存した「マイドキュメント」まで、データを見にいきます。
OSによっては、デスクトップに「マイドキュメント」がそのまま 表示されている場合もありますが、 ない場合は、最も無難な方法は、デスクトップに貼り付けてある 「マイコンピュータ」→「Cドライブ」→「my documents」 と入っていきます。するとお目当てのファイル「文書A」が見つかります。
このファイルの上で、右クリックします。
その中に「ショートカットの作成」がありますので、左クリックします。
すると、ショートカットが作成されます。 ショートカットは、もともとの下のデータの左下に曲線の矢印が 付いているものです。
通常「文書A」なら「文書Aへのショートカット」と名前が出ています。
これが作成されましたら、このファイルをドラッグして、 デスクトップに持ってきます。
ショートカットは、地味ですが、非常に役立つものです。 PCCやり始めの頃は、使いやすいので、 よくExcelやWordのファイルをデスクトップに貼り付けがちです。 しかし、デスクトップにあまり大量のデータをそのまま 貼り付けると、メモリがとられてしまうので、PC画面の表示 速度が遅くなる、重い原因になります。 それを防ぐにはどうすればよいか。

この問題を解消するのに、ショートカットを使います。 ショートカットとは、PCにおける"しおり"のようなものです。 指定してあるショートカットを押すと、そのファイルを見ることが できます。しかし、本体のデータ自体はそこにあるわけではなく、 もともと保存してある場所にあるのです。

つまり、データ自体は、デスクトップのメモリをとらない CドライブやDドライブにおいておき、"しおり"の役割をする ショートカットをPCのデスクトップに貼り付けておくのです。 すると、PC画面が重くならずに、自分の開きたいファイルは デスクトップから開くことができるのです。

では、どうするのかというと、 まず、ExcelでもWordでも保存したいデータをメモリを食わない デスクトップ以外の場所に保存します。 たとえば、Cドライブの「マイドキュメント」に保存したとします。 ファイルの名前を仮に「文書A」とします。 ここで、保存した「マイドキュメント」まで、データを見にいきます。
OSによっては、デスクトップに「マイドキュメント」がそのまま 表示されている場合もありますが、 ない場合は、最も無難な方法は、デスクトップに貼り付けてある 「マイコンピュータ」→「Cドライブ」→「my documents」 と入っていきます。するとお目当てのファイル「文書A」が見つかります。
このファイルの上で、右クリックします。
その中に「ショートカットの作成」がありますので、左クリックします。
すると、ショートカットが作成されます。 ショートカットは、もともとの下のデータの左下に曲線の矢印が 付いているものです。
通常「文書A」なら「文書Aへのショートカット」と名前が出ています。
これが作成されましたら、このファイルをドラッグして、 デスクトップに持ってきます。
Windows + D

すべてのウィンドウの最小化と最小化したウィンドウを元のサイズに戻す切り替えができます。
※Windowsボタンとは、キーボードの左下、Ctrl と Altの間にある旗のようなマークのことを指します。

他人に見られたくない画面や、極秘資料作成時にワンタッチで、画面を最小化して隠すことが出来ます。
SHIFT押しながら再起動ボタン


再起動の高速化ができます。是非一度試してみて下さい!かなり使えます。
Shiftキーを押しながらCD-ROM を挿入する

CD-ROM 挿入時にShiftキーを押しながらCD-ROM を挿入すると、自動再生しなくなります。
F1 ヘルプを表示する。

F2 選択した項目の名前を変更する。

F3 ファイルまたはフォルダを検索する。

F4 マイ コンピュータまたはエクスプローラでアドレス バーの一覧を表
示する。また選択したリスト内の項目を表示する。

F5 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する。

F6 ウィンドウ内またはデスクトップ上の画面要素を切り替える。

F7 日本語で入力後の文字変換の際に全角カタカナに変換する場合に使用
します。

F8 日本語で入力後の文字変換の際に半角カタカナに変換する場合に使用
します。

F9 日本語で入力後の文字変換の際に全角英数に変換する場合に使用します。

F10 日本語で入力後の文字変換の際に半角英数に変換する場合に使用します。



(PrintScrn)を押すと画面全体が、(Alt)+(PrintScrn)を押すと、もっとも手前に表示されているウィンドウの内容がクリップボードにコピーされ、画面を保存、印刷することができます。



(PrintScrn) 現在表示している全画面のイメージをクリップボードにコピーする。


(Alt)+(PrintScrn) アクティブなウィンドウのイメージをクリップボードにコピーする。



キーを押しただけでは、何も変化はありませんので、コピーした内容を利用するときは、ペイントなどのソフトを使って、貼り付けをして使用して下さい。
F1 ヘルプを表示する。

F2 選択した項目の名前を変更する。

F3 ファイルまたはフォルダを検索する。

F4 マイ コンピュータまたはエクスプローラでアドレス バーの一覧を表
示する。また選択したリスト内の項目を表示する。

F5 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する。

F6 ウィンドウ内またはデスクトップ上の画面要素を切り替える。

F7 日本語で入力後の文字変換の際に全角カタカナに変換する場合に使用
します。

F8 日本語で入力後の文字変換の際に半角カタカナに変換する場合に使用
します。

F9 日本語で入力後の文字変換の際に全角英数に変換する場合に使用します。

F10 日本語で入力後の文字変換の際に半角英数に変換する場合に使用します。



(PrintScrn)を押すと画面全体が、(Alt)+(PrintScrn)を押すと、もっとも手前に表示されているウィンドウの内容がクリップボードにコピーされ、画面を保存、印刷することができます。



(PrintScrn) 現在表示している全画面のイメージをクリップボードにコピーする。


(Alt)+(PrintScrn) アクティブなウィンドウのイメージをクリップボードにコピーする。



キーを押しただけでは、何も変化はありませんので、コピーした内容を利用するときは、ペイントなどのソフトを使って、貼り付けをして使用して下さい。
Windows ロゴ キー + M


すべてのウィンドウを最小化する。



Windows ロゴ キー + Shift + M



最小化したウィンドウを復元する。

開いているすべてのウィンドウを一発で最小化及び復元することができます。

他人に見られたくない作業中や、インターネット中など…

かなり使えます。
Windows ロゴ キー + M


すべてのウィンドウを最小化する。



Windows ロゴ キー + Shift + M



最小化したウィンドウを復元する。

開いているすべてのウィンドウを一発で最小化及び復元することができます。

他人に見られたくない作業中や、インターネット中など…

かなり使えます。
(Ctrl)+(Alt))+(Delete)

Windowsが止まるという現象は、非常によく起こります。こういう場合はキーボードによるリセットを試してみましょう。

(Ctrl)+(Alt)を押しながら(Delete)を2回押すことでリセットになりますが、こつは最初に(Ctrl)+(Alt)を押しっぱなしにして、(Delete)をちょんちょんと2回押すことです。

まれにこれでもリセットできない場合があります。そのような場合は、ハードディスクのランプが点滅したり、点灯していないことを確かめてから、電源スイッチを5秒から10秒ぐらい押してみましょう。これで電源が切れるので、その後数十秒ほど待ってから再度電源を入れ直すと、たいていの場合は何事もなかったかのように起動します。 電源スイッチを押しての終了は、パソコンにかなりの負荷がかかるため、その前に上記のキーボードによる終了を試すことをお勧めします。
(Ctrl)+(Alt))+(Delete)

Windowsが止まるという現象は、非常によく起こります。こういう場合はキーボードによるリセットを試してみましょう。

(Ctrl)+(Alt)を押しながら(Delete)を2回押すことでリセットになりますが、こつは最初に(Ctrl)+(Alt)を押しっぱなしにして、(Delete)をちょんちょんと2回押すことです。

まれにこれでもリセットできない場合があります。そのような場合は、ハードディスクのランプが点滅したり、点灯していないことを確かめてから、電源スイッチを5秒から10秒ぐらい押してみましょう。これで電源が切れるので、その後数十秒ほど待ってから再度電源を入れ直すと、たいていの場合は何事もなかったかのように起動します。 電源スイッチを押しての終了は、パソコンにかなりの負荷がかかるため、その前に上記のキーボードによる終了を試すことをお勧めします。
Alt+Enter

プロパティダイアログの表示 ディスクトップ・マイコンピュータ・エクスプローラなど
これは、どんなファイルなんだろう???というときに使います。
Alt+Enter

プロパティダイアログの表示 ディスクトップ・マイコンピュータ・エクスプローラなど
これは、どんなファイルなんだろう???というときに使います。
Alt+Tab

起動ソフトの切り替えができます。 二つ以上のアプリケーションソフトを使ってるときや、ウインドウをたくさん開いているときに非常に便利なので、是非覚えて下さい。

また、 [Alt]を押したまま[Tab]を押すごとに、起動しているソフトの切り替えができます。
F5

最新の情報に更新 ディスクトップ・マイコンピュータ・エクスプローラ・Internet Explorerなどわざわざ更新ボタンを押さなくてもボタン一つで更新ができます。 ネットサーフィン中にはよくお世話になっております。

ただし
Netscape Navigatorの再読込は[Ctrl]+[R]なので、間違えないように注意して下さい。
F3

検索ダイアログの表示ができます。 ディスクトップ・マイコンピュータ・エクスプローラなどいろんな場面で使えますので、これも使用頻度はかなり高いでしょう。
F3

検索ダイアログの表示ができます。 ディスクトップ・マイコンピュータ・エクスプローラなどいろんな場面で使えますので、これも使用頻度はかなり高いでしょう。
選択されている(色が反転している)状態で(F2)を押す。 

ファイル名やフォルダ名を変更するには、選択されている(色が反転している)状態で(F2)を押してください。カーソルが出てきて、名前を変えられる状態になります。

ファイル名を変更するときは「拡張子」に注意する必要があります。拡張子とは、ファイル名のピリオドよりも後にある数文字のことです。たとえば、「Viewer.txt」というファイルでは、「txt」が拡張子になります。この拡張子を変えてしまうと、正しくファイルを読み込めないことがあるので、拡張子よりも前だけを変更しましょう。たとえば、先の例では「ProjectVu.txt」のように変更するのであれば問題ありません。ただし、拡張子を表示しない設定になっている場合は、拡張子を気にすることなくファイル名だけを変更できます。

注意:ファイル名やフォルダ名は、むやみに名前を変えてはいけません。自分で作ったファイルやフォルダであれば、自由に名前を変えても問題ありませんが、プログラムやWindows本体が入っているフォルダなどでは、名前を変えてしまうと正常に起動しなくなってしまうことがあります。
(Alt)+(半角/全角) 日本語のオンオフを切り替えることができます。
編集作業中や、文書の入力中など、かなり使用頻度が高いです。その他に

先頭・末尾の1文字だけを使いたい
日本語変換中(PageUp) 変換候補の末尾文字だけを 残して確定する。
日本語変換中(PageDown) 変換候補の先頭文字だけを 残して確定する。
(Ctrl)+(Esc)

通常、画面の左下にある「スタート」ボタン。マウスでクリックするとメニューが表示されますが、キーボードで操作しても同じことができます。

(Windowsキー)が付いている機種では(Windowsキー)1つで、付いていない機種は(Ctrl)+(Esc)を押してみましょう。突然マウスが動かなくなったときなどでも、正しい手順でWindowsを終了させることができます。
(PageDown) 次の画面(ページ)を表示する。
(PageUp) 前の画面(ページ)を表示する。

ワープロなどで文章を書いているときは、どちらかといえばマウスよりもキーボードに手が乗っていると思います。そういうときに、ほかのページへ移動するため、わざわざスクロールバーを動かすのは面倒なものです。そこで、(PageDown)、(PageUp)を使いましょう。ソフトや設定によって違いますが、数行単位で画面が変わっていきます。
インターネット時にも使えます。
(PageDown) 次の画面(ページ)を表示する。
(PageUp) 前の画面(ページ)を表示する。

ワープロなどで文章を書いているときは、どちらかといえばマウスよりもキーボードに手が乗っていると思います。そういうときに、ほかのページへ移動するため、わざわざスクロールバーを動かすのは面倒なものです。そこで、(PageDown)、(PageUp)を使いましょう。ソフトや設定によって違いますが、数行単位で画面が変わっていきます。
インターネット時にも使えます。
Alt + Tab Alt + Tab

で現在ウィンドウにあるすべてのショートカットが現れて、Tab を押すと候補が現れ、Alt から手を離すと選ぶことができます。

※Windows 上で動くアプリケーションならほとんど使用することができます。
Alt + Tab Alt + Tab

で現在ウィンドウにあるすべてのショートカットが現れて、Tab を押すと候補が現れ、Alt から手を離すと選ぶことができます。

※Windows 上で動くアプリケーションならほとんど使用することができます。
Windows + Break

システムのプロパティを表示します。
※Windowsボタンとは Ctrl と Altの間にある旗のようなマークのボタンことです。
【作業を簡単にするテクニック、キーボードショートカットとは】
【マウスって便利ですよね。メニューやアイコンにカーソルを持っていって、ポイントしたりクリックするだけで、パソコンに命令することが出来てしまう。・・・でも、長時間ネットをしたり、作業したりするとき、マウスの操作が面倒臭くなる時がるのではないでしょうか?
そんなときに便利なのが「ショートカット・キー」
パソコン操作のほとんどは、キーボードだけでできるものなのです。利用頻度が高いマウス操作を、簡単なキー操作で実行する機能を「ショートカットキー」といいます。これを使うことにより、マウスを使わずに操作することができるため、いちいちマウスに持ち替える手間が減ります。
ショートカットをマスターして、快適なpcライフを送りましょう!】