2017年05月17日

人柄に言うところなし!不安の代わりに未来に希望

IMG_0858お誕生日ケーキは、レアチーズケーキ。

本人からのリクエストの品です。わがままを聞いてもらえるのが、お誕生日の主人公の特権。

パティシエは、一つ年下だけど、いつも一緒の頼り甲斐のある二人組。
「お誕生日おめでとうございます。寮長、私たちが、全力で支えます!!」という力強いお祝いの言葉をもらっていました。

1年前と比べると、泣かなくなった。
さらに、高校1年生の夏に入学してきたときなんて・・・、毎日泣いていました。

今、「あの時、どうしてあんなに泣いてたの?」と聞くと、

「それがですね〜、せんせー、自分でもわからないんですよ。」

やっぱりそうか。泣く子たちが、泣かなくなった時に、「どうして?」って聞くと、全員が全員とも、
「どうしてあんなに泣いてたのかわからないんです。とにかく、泣きだしたら止まらないし、他人の話なのに涙がでてくる、関係ないのに涙、涙、涙ってなっちゃうんですよ〜〜〜」というのです。
これって、心が傷ついている人の特徴です。

その傷ついた心に、不安というスパイスがかかると、涙が、ぷしゅーっとでてきます。

IMG_0860不安が原因でできなくなってしまう。
それで、心が落ち込み、うつむいてしまうという病が、よくなりました。

毎日朗らかに過ごしています

寮長というお仕事を与えられて、それが、足りないところに栄養分を与える役割をしています。
だって、不安!なんていう前に、任務だから、やらなくっちゃ!

そう思っていたら、できることが増えていくのですよ。

人柄は言うことなし。勉強もきっちりしています。
だから、実力が着実についてきて、国公立大学のどこかに引っかかるくらいになっています。

いいことだぁ〜。

しかし、待てよ!!この期待とやらが、心を蝕む。できなかったらどうしよう。これで親が喜んで、期待外れになったらどうしよう。

これでは、手に入りそうな幸せを発見したら、それが不安の種になってしまう。

だから、そうならないような自分づくり、家族関係づくりをしています。
私は、こういう自分を知るチャンスをきっかけに、きっと、強くなれると思いますよ。

自分だって、弱いところがある。「私もそうだから」と、できない人に優しい。
そのおかげで、寮が平和です。女子寮に、悪口や陰口をいう子が、一人もいません。

これも、上に立つ者の、人柄なんですよね。

お母さんからも、お祝いが届いています。手作りのクッキー。愛がこもっています。
いただきま〜す。

お誕生日お祝いのあいさつは、
元気学園に来れてよかった。先生、私に目をかけてくれてありがとう。女子寮の女の子たち、いつも仲良くしてくれてありがとう。
学校を卒業したら、元気学園に恩返しできるように、がんばります!

嬉しいですね、未来の私を待っててね。
な〜んて、言ってくれるなんて。

お誕生日おめでとう。生まれてきてよかったね。
不安になんてならなくていいんだよ。人柄はいい、実力もある。それに一人ぼっちじゃないんだからね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 20:37│コメント(1)TB(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アラレの母   2017年05月18日 14:11
 昨日は、お誕生会本当にありがとうございました。
娘が皆の前で、「学校卒業したら、元気学園に恩返しできるように、がんばります!」と言えたなんて驚きと共に、本人の大きな成長を感じました。二年ほど前までは自分のことですらコントロール不能でしたから・・・。これも元気学園の素晴らしい環境にいるからこそですね。改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
親としては今後、本人の負担となるような過度な期待をせずに、のびのびと力が発揮できるよう見守っていく所存です。
 また誕生日当日には、母の日の手紙も届きました。面と向かって言われたことのない言葉ばかりで、じんときました。「あと数年のうちには社会人となっていっぱい親孝行するから待っててね。」と未来志向の言葉でしめくくられ、また絵が苦手だった娘が綺麗な配色で描いた葉書には皆さんとの関係の中でセンスも向上したのかと、さっそく図書館用のブックシートで両面を貼り、宝物として永久保存です。
 どうぞこれからも親子共々よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応