2017年06月17日

愛しあおう!かくも短い人生いがみあう時間はない

IMG_1780夕飯前に、「手が空いている人、手伝って〜!」とお願いしたら、

そこにいた全員が、お手伝いをしてくれました。

本館周りの道に、枯葉や砂が積もって歩きづらくなっていたので、みんなでお掃除。自分たちも使っているし、地域の人たちも使っている。
道を自由につかわせてもらっていると考えたら、有難いことなので、感謝の気持ちも込めて、ボランティアです。

ここで、嬉しかったのは、みんなが、こうして、すぐにお尻をあげるようになっている事。

また、それぞれが一生懸命、しかも、お互いに協力しながら結構楽しそうにすること

人の中に入って、役割を果たせてるように育っています。

親しい人間関係をつくる。もちろん、家族関係が核になっていますが、思春期に入ると、家族以外の友を必要とします。

みんな、学園生活を通して、先生にバランスをとってもらいながら、人間関係をつくる練習を毎日しています。

周りに馴染み、自分も相手を必要とするし、相手も自分を必要とするような人間になってきているのが、いいなぁ〜と思います

ハーバード大学で75年にわたっての研究、「人生を幸せにするのは何?」
私たちスタッフが究極的に目指していることとの答えを、研究結果が語ってくれます。

元気学園で培っている「人と一緒にいる力」、そして、「親子が仲良くすること」、世代交代のバトンを親から子、祖父母から孫へと渡していく

隣にいるのに、何を考えているのか分からない親子ではなく、心が近い親子であってほしい。

離れているけれど、心は決して遠くない。我々は、親子をつなぐ媒体です。

IMG_1774人間関係を紡ぐのは、時間がかかることで、簡単な事ではないけれど、面倒がらず、損得だけでない価値観をつけていきたいです。

元気学園の父母の皆さま、またブログ読者の皆様、ぜひ、TEDのこの講演をご覧になってください。(もちろん、日本語訳あります)

心理学者ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から 

親子愛、友人との愛、兄弟愛、師弟愛などなど、愛にはいろんな形がある。

その愛は、誰かとだけの限定ではなく、自分を苦しめるものでもない。

誰かの存在によって、自分を愛せるようになり、また、自分がいるから、誰かがその人自身を愛せるようになれれば、いいですよね。

父の日ですね。お父さんたち、いつも支えてくれて、ありがとう
家族への愛のおかげで、明日が迎えられます。

美味しいマカロンをいただいて、お・や・つ。いろんな味があって、分け合いっこ。仲間がいるおかげだね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 15:56│コメント(1)TB(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エール(S)   2017年06月17日 21:27
こちらは毎日暑いですが、静岡はどうですか?
私は毎日、忙しいですが、楽しく過ごしています。
調理実習は学園で食事当番をしていた延長のようで、
なんとかやっています。(失敗もありますが・・・)
授業は様々な先生がいらして、楽しく授業を受けています。 90分授業もなれ、体力もついたと思います。
これから暑くなりますが、自転車通学も頑張ります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応