2017年08月16日

不登校の相談に子どもを連れてこれない悩みに

IMG_2901不登校の相談に行きたいのだけど、子どもが動かないんです!!!!!!!!!!!

と電話相談で訴える方が、とても多いです。

子どもを動かすには、どうしたらいいか?

子どもに直接出会えないのであれば、鍵を握るのは、お母さんです

なぜなら、人って、一人で「人」なわけじゃないんです。人は、相手によって形を変えています。

そうですね〜、例えば、今、帰省中のお母さま方、
実家の親に会うのと、ご主人の親に会うのでは、全く違いませんか

友達との顔、職場でも、親しい人と、遠慮がある人では、どうでしょう。
あの人には、あんなに良い人なのに、この人には、意地が悪くて、他の人格ではないの?と思うほど違っていたとしても、それでも、一人の人間です。

このように、周りによって、人は変わるわけですから、

家に引きこもっている子供にとっては、他人の存在は少ないので、お母さんが、自分の環境そのものです。

親が腹立たしく向かうと、子は身構える。穏やかに接すると、おとなしくなる。優しくすると、・・・つけあがる!ってこともありますね(;^_^。

親が変われば、子が変化をし始める。

そのために、お母さんの為の講座を考えています。

「こうすればいい」といったhow toではなく、もっと深いところにある、根本的なこと。

第一弾は、これ!と考えているものをここ1週間以内に発表しますので、引き続き、ブログチェックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 06:00│コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応