2017年09月13日

学ぼう不登校たち!未来を生み出す力をつけるのは今

FullSizeRender_5こうして、不登校をしていた子どもたちを見るのですが、

いろんな面で、休んでいる間に、成長が遅れていっていると実感します。

これが次の悩みの原因となって、悩みの連鎖になりませんように・・・・。
格差を生み出す原因は中高生にあり

もちろん、何事にも個人差があるのですが、毎日、一生懸命暮らしている人と、そうでない人に、差がつかないわけはない。

勉強一つとっても、同じように授業をして、できるだけ差が広がらないように、こまめにケアをしても、一生懸命ガンバル子と、そうでない子は、伸びに違いが出てきます。

増してや、毎日する人と、しない人では、どれだけの差になるのでしょうか?

本人一人に注目しても、一生懸命する自分と、怠けている自分では、これも歴然の差。

学校に行かないからといって、のんびりしている場合じゃない。FullSizeRender_2
しっかり、学ぼうよ!

学ぶというのは、勉強だけではありません。

人間性を磨いたり、体を鍛えるのも、学びの一つです。
また、多様なものの考え方を受け入れる力をつくったり、知識を得たり、他人の考えを聞き入れてみたり、努力するってことを学んだり、人の役に立つようにしたり、いろいろな学びがあります。

不登校は、中2の間に、どうにか切り替えるのがベター。
中学1年生は、早めに考え方を変えた方がいい。


というのは、その後の中学3年生、高校1年、2年、3年は、人生最大の伸びをする時間だからです。
そこに、つなげていかないといけない。

どう切り替えるか?それは、時間の使い方です。
IMG_1718
時々ではなく、毎日、学ぶ生活に変えていかないとね。

不登校の解決に魔法はありません。
言葉ではなおらない。ちょっとの刺激でも根本的な解決にはならない。

毎日どんな過ごし方をするか、それを積み重ねるか、
行動でしか、人は変えられないのです。

子どもには、元気になりたい、今と違う自分に変わりたいという気持ちが必ずあるから、

その気持ちが、行動に変わるようにサポート、サポート

元気学園では、努力することと楽しいことは、セット。
仲間と笑うというのも、学びの一つで〜す。
写真は、学園での一コマ。学生らしい生活をしているから、親にも世間にも、堂々としていられる。自尊心だって育んでいきます。

日本平キャンパスからの富士山。秋の空です。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 18:04│コメント(1)

この記事へのコメント

1. Posted by Rまま   2017年09月14日 07:35
5 いつもお世話になっております。
毎日、たくさんの経験をして、充実した毎日を送っている様子がうかがえます。きっと、先生方や先輩方があたたかく迎え入れてくださったおかげと感謝致します。
元気になりたい。頑張れる自分を取り戻したい。そんな気持ちで入園していきました。学園での経験が子供の未来の力になると信じています。どうぞよろしくおねがいいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応