2017年09月24日

学校復帰がんばってね〜、ドアゲで激励

IMG_3595東京大学に50人も行きますよ〜というような中高一貫校からきています。復帰すると、
またまた、勉強で追い立てられて、周りとの競争でたいへんだけど、

元気になったし、親子関係も、とてもよくなった。
学校から、戻っておいでよとも言ってもらえるので、学校復帰です。

みんなで、ドアゲで激励しました。男子たちが、「頑張れよ、じゃあ、いくからな、大丈夫、しっかりもつから、そーれっ」、と掛け声をかけると、バーンと宙に浮かび上がりました。

この立派なドアゲも、学習の成果です。
こんなに上手にあげてもらえるようになるには、体幹が鍛えられていること、そして、人とのタイミングがあっているということ、仲間との息のあったパフォーマンスなので〜す。

女の子にも一人一人ご挨拶、

こ〜んなに女子に囲まれるのって、「もうないかも!!」
男子校だからねっ。

短い間だったけれど、ほのぼの&ちょっと天然の愛されキャラだったので、さみしくなるね、でも、体づくりをしたこと、ここで学んだこと、張り切ってやっていってね!!

まだまだ、心配要素はたくさんあるのですが、優秀なお兄ちゃんがついていてくれるので、学習面などでは大いに力になってくれると思う。だから、それは、安心材料です。
家族で力を合わせて、がんばってね〜〜〜

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 09:12│コメント(1)

この記事へのコメント

1. Posted by Gの父   2017年09月24日 11:57
中3の息子が昨日、卒園を迎えました。

不登校になったのは昨年の9月、丁度1年前でした。
最初の半年はどうしてよいか分からず、カウンセリング、漢方など、色々試しましたが効果はなく、最後の賭け、という思いで元気学園の門をたたき、入園させていただきました。

入園からの半年間、妻と隔週で通いましたが、息子の変化を実感したのは3ヶ月目に入った頃でした。姿勢、顔色、体格が良くなり、我々とも笑顔で話してくれるようになり、とても嬉しく思ったのを昨日の事のように覚えています。

今では自分からよく話すようになり、昨晩は長男とジョギングしていましたが、長男が「負けた。信じられないペースで走る。」と驚いていました。

ここまで元気にして頂いた元気学園の先生方、スタッフの皆様には言葉に尽くせない感謝の気持ちで一杯です。

一方、大事なのはここからで、我々親が変わらなくてはいけないと、気が引き締まる思いです。親子での新たな船出だと思っています。親子共々、元気学園で学ばせて頂いた事を胸に、頑張っていこうと思います。

半年間、本当に本当にお世話になりました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応