不登校→元気学園→高校元気に通っていますの手紙この天気、居眠り続出です!体力が君を救うよ

2018年06月13日

孤独にならないために、人が一緒にいてくれる性格になろう!

IMG_1320生徒が、新幹線の事件をうけて、「先生が、日頃言っていることの意味がよく分かりました」、と言ってきました。

「父母会では、子どもを孤独にさせないようにといっているし、自分たちには、孤独にならないように言っていますよね。

兄弟をいじめるのは、いけないよ。弱いものに向かっていく性質は危険なんだ。お母さんが嫌がることはみんなはもっとイヤなんだよ。あの人が嫌いだばかり言っていると、人が、次は、自分のことを言われると思って、周りが引いていくよ。不安だばかり言って、文句が多くてありがとうが少ないと、結局はひとりぼっちになるよ。」

これら全部つながっているんですね。
最後に行き着くのは、孤独感。イヤを言い立てすぎた結果、人が周りにいなくなる


「人から好かれる、イイ性格になりま〜〜〜す!!」

そうなのですよね、人が一緒にいてくれる性格、そして、頼りにされるための能力の土台を10代につくっておかないとね。
18才を過ぎると、周りがおとなになってしまうから、「できないなら、来なくてイイよ」と排除が働いて、学ぶ場所が、どんどんなくなっていきます。
本当に、ないのですよ

の土台は、中学・高校生の年齢に、つくるべきものです。
中高生の親御さん、今ですよ〜、今、今しっかり手をかけてあげて下さいよ
待ったなし!!の時間です。

20才くらいになると、今度は異性への興味が、さらに孤独感を強くしていきます。

将来、人から用事を頼まれる人になれば、孤独感は、消えていきます。
不安だばかり言っていないで、今できることを一生懸命しよう!

喜びも、悲しみも分かち合う誰かが、将来傍にいて欲しいですね。そのためには、教育が必要です。

りすのクッキー、箱がキュート。今日は、中学1,2年生は模試をしました。今日の高校生は、英語に励んでいます。あさっては、漢字検定です。日曜日は、ラグビー観戦で東京へ行きます。
勉強と楽しみと、これは元気学園方式では、ペア。そして、人間関係と役割をはたすこと、どれも欠かすことができない教育です。

あっ、何より、うちは、体力をつけて、脳と体の機能を高めて、土台をあげることから、問題解決をしているのが特徴です。心と体を元気にするから、元気学園です

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 14:27│コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
不登校→元気学園→高校元気に通っていますの手紙この天気、居眠り続出です!体力が君を救うよ

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応