人類初の快挙を目指す地球探査船ちきゅうを見送りテレビ静岡万博で遊んできました

2018年10月11日

子どもをウツ状態から救おう

IMG_8859この季節、急にウツ状態になる子どもが増えていきます。

うつといっても、最初はやる気がでないからはじまる軽症のものでして、そのうち、不安だとか不満だとか、何をやってもうまくいかないとか、誰かと比べて自分はダメダとか、後ろ向きのことになっていきます。

生活全部に暗い気持ちが陰を落として、な〜んにもしなくなっちゃうのが、困ったことです。

結果的に、不安な心が、時間つぶしをしてしまうんですよね。

この季節に、ウツになる最大の原因は、日照時間。
目に光が入る時間が減ると、普通の人でも気持ちは沈み、もともとウツ傾向が強い子は、一気に下り坂になります。
それだけではありません。受験生もだし、自分勝手が強く人との軋轢が生じやすい子どもたちは、み〜んなこの時期がピンチ。

一旦沈むと、長いですからね〜〜〜。気をつけねば

このところ、海岸に出かけたり、日本平キャンパスで外時間を増やしているのも、すべて日に当たる時間を増やすためです

ちょっと余分に勉強時間をとって、うつ状態になっていては、ちょっと頑張った分なんて、あっという間に吹き飛んでしまいます。

そうならないためにも、優先順位をしっかり確認しながら、毎日を過ごしていきたいと思います。

最近後ろ向きのことをよく言うな・・と気付いたブログ読者の方々、ぜひ、日光浴を
大人も子どもも、生き物として、光が必要なので〜す。

さて、そろそろインフルエンザの予防接種の季節となりました。
集団生活では、一人の風邪が蔓延することになると危険ですから、基本的に、受けることを推奨しています。
しかし、ご家庭の考えで、「予防接種させません」という方、また、「注射でこんなトラブルありました」という方は、至急お電話でお知らせください。

新入生の女子がやってきました。
何だか、かわいらしくて、性質が良さそうな顔つきなので、みんなで、「ほっ」。
新しい人が入ってくるというのは、入ってくる方も緊張ですが、入れる方も緊張なのですよ。
だって、これから、毎日その人と一緒の生活が始まりますからね。

朝が苦手、体力があまりないと言うことですので、元気学園の特異とする、運動療法や栄養療法を組み合わせて、元気になろうね〜

最近やってくる新入生が、みんな、「よろしく」と気持ちよく来るので、元気になるのも速いです。
良い子に育てているのは、父母の子育ての賜です。

中2男子の二組の家族は、「本人がここの生活は楽しい」と言うと喜んでいるし、中3女子も、とっても朗らかで、病院に行ってもなおらなかった頭痛を全く訴えなくなりました。それを、家族が、とても喜んでくれています。新入生たちの父母が、とても幸せそうで、子どもの変化を泣いて喜んでくれるので、「やっててよかったな、この仕事」。

性質がいいと、他人に助けてもらえるから、誰かの力を使って、乗り越えられるんです。

不登校は、長引いてしまうかもしれないという意味で、人生の危機なのですが、早い年齢のうちに、学園の治療教育システムで元気になれて、幸せだなと思います。

家に引きこもっている子どもたち、うちじゃなくてもいいから、どこかの誰かに、救ってもらってください。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 14:28│コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人類初の快挙を目指す地球探査船ちきゅうを見送りテレビ静岡万博で遊んできました

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応