頭の回転のよさを何につかう?世代間のバトンタッチ

2019年12月02日

海底探査船ちきゅうに乗船してきました

IMG-1166
ジャジャーーーん。
この大きさ、わかります?
新入生もいますよ、この中に。センタープレの模試に出かけた受験生以外は、みんなで「初」ちきゅうです。全長は210m、高さは130mもあるのですよ。

大勢の人がやってきています。県外からもたくさん来ているようです。

海底探査船ちきゅうの一般公開で、清水港までバスに乗ってレッツゴー。
ちきゅうの中は、どうなっているんだろう?
地球をしらべるちきゅうの探査です!

階段の踊り場には写真の展示がしてあります。
なんと、そこに、私たちが、ちきゅうを見送りに行ったときのものがあるではありませんか?!
IMG_4068
ほらこれ!!おととしくらいですかね、ちきゅうが清水港から出港するとのことで、みんなでバイバーイと激励しに行ったとき、・・・・そういえば、たくさんのカメラマンたちが来てたのですよ。
その中の誰かが、背後から撮影していたんじゃないかな。

係の人に、船長いますか?
と聞いたら、「あそこに」というので、船長にご挨拶して、この写真のことを言ったら、
いい写真ですよね。みなさんが来てくれたの?うれしいなぁ。と喜んでくれていました。

この船は動く研究施設で、病院にあるX線とか、実験室にある機器とかがいっぱいあります。
人がいっぱいでていたので、その都度に話しかけて質問すると、答えてくれるので、
楽しかったです。
IMG_4057

船長が3人いるとか、外国人クルーはフィリピンからきている人が多いとか、水は、海水を沸かして真水にしているとか、生活のへぇ〜は、誰が聞いてもふむふむ。

研究の方は、黒鉱という金やレアメタルが入ったものがあって、それが、この辺りにあるってわかったんですよ!、このドリル、人工ダイヤでできてるんだよ。この機械を使って、調べているの。アルキメデスみたいでしょ。などなど、

研究者に話を聞くのは、面白かったです。

外を歩いているときに、ちきゅうのクルーがいたので、
「岸壁に船がピタッとっくっついて、うまいですね〜〜〜」と語ったら、

それは、あのタグボードで押すんだよ。
それに、船長じゃなくて、水先案内人ていうのがいてね・・・と、教えてくれました。

水先案内人という仕事、確かテレビで見た事がある気がするのですが、実際に調べてみると、なかなかおもしろい職業です。

神戸大学や東京海洋大学で学べるとか言っていました。
そういえば、親戚が、神戸大学(以前は神戸商
IMG_4063
船大学だった)で船乗りの実習の先生をしているといって、お父さんは、めったに家に帰ってこないって言ってたなぁ。。。

ちきゅうの一般公開自体、滅多にないことですし、遠かったら行かないけれど、静岡市内だからというのもある。
家に引きこもっているときは、考えもしない。
いろんなことが組み合わさってできるチャンス。

一つ一つに、子供たちの心に、「ああよかったな」「ああ、おもしろいな」が生まれるといいなと思います。

昨日の富士山は、最高。清水港の風は爽やかで、きもちよかったです。

IMG_4066

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 14:15│コメント(2) お出かけ&体験学習 

この記事へのコメント

1. Posted by N母   2019年12月04日 06:47
ちきゅう、本当に大きいですね!船全体をとると、学園生が小さい!

天気のいい中、青空と富士山とちきゅう、きれいですね。楽しくて貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございます。
2. Posted by ゆう母   2019年12月04日 11:22
とっても大きいんですね。海底探査にはここから小さなカプセルのような船(深海探検のような番組で見たことがある)で 海底へ潜るんでしょうか? それとも超音波やレントゲンを駆使して画像的に海底を研究するんでしょうか? 想像するばかりです。
 見学いいですね。時間が合えばぜひ見学したかったです。その場で直接質問できて、かつ答えてもらえるなんてとても勉強になりますね。職場体験などで学生さんたちがきているのに自分は仕事が忙しくてしっかり質問も聞いてあげられないことがあります。みんなの楽しい思い出の一つになりますように。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
頭の回転のよさを何につかう?世代間のバトンタッチ

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応