資格・進学

2019年02月20日

第一志望を始め、受験した大学すべて合格

IMG_0466.pngfやったね〜、おめでとう!!
ところで、第一志望って何だったっけ?

聞いても、どこにしようかな〜?って答えなかったので 選べるなんて、立派になったねぇ〜って(笑)

受験した4校すべて合格、素晴しい!!

小学生の頃から不登校気味で、中学2年生に出会ったときは、サンザン(^_^;)

不登校って勉強の穴がたくさんあるのですよ。それを一つずつ埋めてあげる。しかし、そこから、ここまで連れてきました。

不登校の勉強の遅れを取り戻す

後輩たちの反応は、

ええーーーーー○○さんが、できるんだったら、私もできる!
英検だって2級受かる!

ものすごく希望を与えています

ところで、受かった大学?後で本人に聞いてみます。
今、戻ってきて、恩送りしてくれています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 14:42|PermalinkComments(2)

2019年02月14日

中央大学法学部合格おめでとう

IMG_0025やったー、また一つ、元気学園に合格の知らせが届きました。

中央大学法学部合格です。おめでと〜
法学部の中でも、中央といえば・・・・卒業生は華々しいですよね。

体調が悪く、精神的な不安定なところから、大学進学ができるようにしていくのは、簡単ではありませんが、

指導者による方向を見つけて引っ張る力・本人のがんばり・周りの温かさ・父母の支え、これらすべてがあってこそです。

再出発の道がつながっていきます。うれしいですね、おめでとう。

後輩たちには、自分もなれる。
そして、今、悩んでいる人たちも、元気になる方法ありますよ。どうぞ、扉をたたいてください。

大学受験について;合格だけじゃない入学してからも困らない力を

おめでと〜〜〜

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 12:31|PermalinkComments(3)

2019年02月12日

東京電機大学合格おめでとう

IMG_0332またまた合格の一報がきました。

東京電機大学に合格しました〜〜。

おめでとう!!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 18:42|PermalinkComments(3)

2019年02月09日

成蹊大学工学部に合格おめでとう!

IMG_4492成蹊大学工学部合格しましたと連絡がありました。
おめでとう〜〜〜!!
しかも、成績優秀だったようで、奨学生の対象だそうです。
いやぁ〜よかったです

今年は、私学を一つも受けずに、国公立一本の子が多いので、合格の知らせが、まだなのですが、
がんばっています。

先輩の合格の知らせは、後に続く後輩たちにも、朗報です。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 17:08|PermalinkComments(2)

2019年02月05日

病棟で最も優しい看護師ってホント?

IMG_0303卒業生が来校しました。
「今日、夜勤デビューして一人前です!」とご自慢。
病棟の半分の人の注射もしてきました。

えっつ、ほんとに?(な〜んて、冷や汗がでるのは、昔を知っている私たちだけか?

しかも、私、病棟で、一番やさしい看護師だって言われているんですよ。
どんなに面倒な人も、「いいよ〜」って。

立派な看護師になれて、よかったです。

しかも、「すっごく角がとれちゃって、もう、何でも、オーライって感じ。そういえば、お父さんもだし、お母さんも。妹だって働いてるし、弟も普通にやってるし・・・・家族全員おちついちゃいました。こんな日が来るんですね。」

家族全員が平和なのですね。こちらも、よかった

勉強が苦手で、苦労していた時。夜になると目がさえて眠れない睡眠コントロールが難しかった時。
それを解決してきた元気学園での中等部・高等部での時間が、今につながっています。

IMG_0289ちびっ子の父母たちに、ここに来たんだから、まあ、すぐに元気になりますよ。
みんなそうです。

な〜んて、励ましてくれていましたが、本人のこの姿が証明しています。

20歳になったときの姿を予想する子育て


この記事、高校3年生の時の誕生日会のことですね。懐かしいな。それから、4年。しっかりとした看護師になっています。

出会ったのは、中学2年生の今頃でした。

この年齢から、高校の3年間を、体力・学力・コミュニケーション能力をつけながら(不登校になったら最初に読む本も参考にしてみてください)、きちんとしたことができるようにするトレーニングをした結果が、この通りです。

卒業生の姿が、「教育が、人をつくる」という気持ちを確かなものにします。

中学1年生、2年生の不登校の男女、今がとっても大切です。
20歳なんてまだまだって思っているかもしれませんが、すぐですよ!!
高校3年間なんて、あっという間です。

どんな視点をもって不登校を見るかで、人生は全く別の方向に流れていきます。
始まりは、面談からです。同じような悩みの子供が救えますように。

良き出会いができると幸せです。2月の不登校の相談日、静岡・岐阜

注文していた狸が届きました!!ポストになっているのですよ!!、想像以上にかわいいです。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 21:05|PermalinkComments(6)

2019年01月21日

センター試験、大・大健闘でした

IMG_0155やっとセンター試験、センターリサーチの提出も終わりました。

結果、私としては、全員が、よくがんばった。
上出来だと思います

点数も、8割以上とっている子が多くて、びっくりするくらい。

綿密なサポートに徹してくれたスタッフたちに感謝。
そして、お父さんやお母さんからの、祈りの念波、届きましたよ〜!!父母たちにも感謝。
在校生の父母たちも、インフルだというとすぐに迎えに来てくれたり、冬休みから注意してくれたり、そして、お手伝いに来てくれたお父さんもいて、感謝。

受験生だけでなく、生徒たち、全員の結果です。
みんな、協力してくれてありがとう
中学生たちも、高校生たちも、これが、いつか来る日の、経験となり糧となるのです。

ああ〜、今こんなに晴れ晴れとした受験ができるなんて、
未来が開けている子どもは、いいですね。
不登校の子どもたちを元気にする仕事、しっかり、がんばろうと思いました

一山超えたので、安心して、面談ができます
経験豊富です。どうぞ、いらしてください。

写真は、先生&おじいちゃんの心に包まれて受験にでていく姿。
子どもは、家族、親、社会の希望だから。
明日は、男子たち、サッカー講習。女子は、マルセイユ石けんづくりをします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 13:37|PermalinkComments(9)

2018年12月25日

センタープレの英語平均点130点超え、やるよね!

IMG_5382今年のセンタープレテストの英語の平均点は、元気学園の生徒たち、全国平均を優に超していました。

英語は全員が受けているので、一つの指標になります。

全国平均は126点で、学園の平均は、130点こえです。
(リスニングもいれて、200点満点に換算しての点数です)


フリースクールでこの点数は、なかなかだとおもいますよ!

多分、静岡でいうと、地域2番手もしくは3番手の高校と同じくらいの平均点だと思います。


後輩たちに、同じように自分もなれるかも!!という希望。

不登校をしている中高生たち、また、子どもの学力に悩みをもつ父母に、「方法はある!!」との希望を与えられたらと思います。

夜にサーティーワンアイスで、二つ目のクリスマスケーキ。
へへ、買い占めちゃいました!!

IMG_5381ミニオンが笑ってる!!

心が淋しくならないように、こういうことだけでも、満たしてあげたいという親心です。

英語が30点から155点に、高校生の不登校の一番の苦しみと喜びは
例年、こういう子がいます。

元気学園方式の学びのよさは、継続可能ということ。

この子は、看護大学に入学して、ちゃんと4年で卒業して、今は、看護師として、バリバリ働いていますよ。

人をかえる力が、教育にはあります。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 23:55|PermalinkComments(1)

2018年12月10日

高卒認定試験、全員合格おめでとう

IMG_9739高卒認定試験の結果が届きました。

ヤッター!!全員、全教科に合格していました。

ドキドキさんたち、とっても喜んでいます。

おめでとう

今、テレビで、ピザーラの帰れま10をやっていて、
「ピザ食べたいなぁ〜」。


反射的に、パン作りが得意な先生に、こんなメールをしたら、

速攻で返ってきた!!!

Image-1
めちゃ速レスポンス

明日はピザを楽しみに、がんばろ〜っと。

生徒たちも、きっと喜んでくれると思います

元気学園のピザは、手作りもっちりで、おいしいんですよ〜。
男子たちの、無駄な筋肉(じゃなくて、ムダな程している筋トレでした(;^_^)を、ピザの生地づくりに使ってもらいます。

「がんばる」と「うれし楽し」は、いつもセットで

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 21:06|PermalinkComments(2)

2018年11月27日

英検2級に7人全員合格しました

eikenf (1)英検からのピンクの合格証がドンと届いています。
・・・せんせー、ぼくの、そこに、ありますか・・・・・・?

と弱々しい声。
名前を確認したら、ありました!!
数えてみたら、全員分の大きな封筒が届いていました(落ちると小さい封筒なので〜す)。

やったね、おめでとう!!!

ギリギリだったり、準2級の時に2次試験で落ちたりと、あやういところから、力をつけて、合格です。

入学してきたときの学力を知っているので・・・いえ学力だけじゃないんです。
学ぶ人間に、努力する人に変えたところが、すごいな元気学園!!って思います。

ああー、よかったです。これは、絶対学力ですからね、人と競争してではなく、確実に手にした実力です。おめでとう。

私事ですが、最近、ものすごく分かってきたのですよ
勉強って、どうやったらできるようになるかどうか。
この仕事を25年して、ようやく達した境地です。

これは、すべての子どもに確実に成果があると思いますが、

不登校の子どもたちには特有のものがあって、そこがネックになって、続かないのです。

そのネックのところ、分かってきました!!

考えれば考えるほど、元気学園の生徒たちは、恵まれています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 11:50|PermalinkComments(3)

2018年11月10日

高卒認定試験、仲間がいると助かる

IMG_9253高卒認定試験の一日目が終了しました。

ニコニコで帰ってくる子もいれば、

お疲れ〜〜〜で、放心状態の子も。

どちらにしても、よくがんばりました。帰ってきて、ハイタッチ!!

試験会場で、「〇〇君、すっごく疲れていたので、チョコレートを一つあげました」
と、気配り女子の助け舟。

試験会場に友達がいるって、いいですね。あったかい仲間がいるって幸せです。
父母の代わりに、どこかの誰かが助けてくれています。

IMG_9251今日は、お誕生日会が二つあって、どちらも、素晴らしいものでした。

みんな、不登校で、奈落の底に落とされた気分になっているときに、

お父さん、お母さんに救い出してもらったのです。その先が、元気学園でした。
溌溂と誕生日を迎えられるって幸せですね。

その様子は、また、明日のブログで!

明日は、英検の二次試験と高卒認定試験の二日目です。
日曜日返上でサポートしてくれるスタッフに支えられています。出会ったときには、感謝を伝えてくださいね。

写真は、羊のショーンをモティーフに作ったフェルト石鹸と、encoreのハンコをコラージュ風にしておしたマルセイユ石鹸。
どちらも手作りです。

女の子たちと、楽しく雑貨屋さんごっこをしています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 20:05|PermalinkComments(1)

2018年10月30日

英検2級全員合格!。。。だけど、ひどいよ君の巻

IMG_9014英検二級の受験者たち、

相当怪しい子もいましたが、本番でキバッタ!!よくやったね。

7人、全員合格でした。おめでとう!!

この中で最も優秀な生徒に、私は、準1級の受験を勧めたのですが、謙虚で、「・・・いいです、二級で・・・・」。

しかし、成績は、全問正解、惜しいことに、一問間違いでした。

ほぼパーフェクトって、いやぁ〜、すばらしいです。

P_20181029_110205英語の授業をしていても、よくできるのに加えて、一度教えたことは、確実にさらってくるので、こういうところ、見習いたまえ!!(同じ先生が、同じように教えているのだよ〜〜〜諸君

学力に反して、点数の悪かったS君に、どうしたの?と聞いたら、

いやぁ〜、30分も余っちゃったんですよ。
じゃあ、見直ししたら、もうちょっとできたでしょ?

実は、時計忘れていったんですよ。でもね、せんせー、こいつひどいんです
と指さしたのは、M君。

忘れたって言ったら、わざわざ机に置いていた腕時計を腕につけ始めるんですよ
カンニングの疑いをかけられたらまずいからって!

P_20181029_105458_vHDR_Autoひどくないですか!!!!

そりゃ、ひどいよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みんなに白い目で見られていたM君は、必死の形相で、「ぼくは、Sの実力を信じていたから・・・

いつも通り、小学生っぽい言い訳をしていました
チャンチャン

結果として、合格してよかったです

IMG_9036国公立を狙う子たちは、2級はとって欲しいので、全員合格できて、よかったよかった。
こうして元気学園では、英検や漢検、模試を通して、子どもたちの絶対学力をきちんとはかっています。
実力は、一生みんなを助けてくれるのです!!

でも、二次試験が待っています。緊張しますからね〜、早速、英語堪能の先生と練習をしていました。あとひと踏ん張り、がんばってもらいましょう。

IMG_9039父母から差し入れのハロウィーンのお菓子。眠気覚ましにってことですが、ママ、よくわかっていますね!!ありがとうございます。

女子がお買い物に行っていて、今、教室は先生と男子だけだから、男子の園。
すると、何やら測り合っている中3生は、僕の毛、細いんですよ〜、それにほら、4センチもある!って自慢。大切に育てているらしい
こっちの中3生は、小遣い帳の手直し。
よく見ると、この前出かけた「テレしず」じゃなくて、「しずテレ」と逆に書いている。
さらに、よく見ると、「しずテレ」じゃなくて、「じすテレ」って書いていて、みんなで大笑いをしました。ナイスぼけ、なごみます

あっちでは、中1生が、またもや自転車の鍵をなくしたと落胆
3個あるすべての鍵をなくしたので、この前、鍵自体を自転車屋さんにつけかえてもらったばかり。
二個目突入で〜す。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 14:01|PermalinkComments(1)

2018年10月20日

漢字検定にふっふ〜またまた(笑い)

IMG_8930おとつい、発覚した事件。

漢検受ける人、手挙げて〜!!
一人足りないよ、誰? じゃあ、名前呼びます、返事してね〜。

「僕って、漢字検定受けるんですか?(by 中2男子T君)」

そ〜だよ〜、ここに名前書いてるじゃん!見てないの?

後ほど、「まあ、大丈夫です、やりますっ」てなっていました。

毎日漢字の勉強をしているので、何も準備していないわけではありませんが、でも、知らなかったのか、君!
テストは、テスト前に勉強することに意義がある。一日あるから、しっかり勉強してね。
がんばれよ〜と、男女から励まされていました。

そして、翌日。
注射に怯えて、およおよおよ〜〜〜としていた生徒たちも漢字検定に参戦。
キャンディーで一息、ドウドウドウとなだめて、

よし、テストです!!

漢字検定や、模試など、時々あるのが、ちょうどいいです。
テストは毎日だと心が消耗しますが、トキドキは、ちょうどいいストレスになって、背筋が、ピシッとします。

子どもに与える刺激、そしてその効果:一人ずつ違う、子どもの性質。最初は成功体験から、そして、ちょうどいいを見つけていくのです。

そろそろハロウィーンですね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 09:28|PermalinkComments(1)

2018年08月15日

そろばん1級合格おめでとう!

IMG_1885こちらも、夏休み前日に届いた、そろばん検定の表彰状。
1級に合格しました!!
がんばったね〜〜〜。
1級は、それまでの級とは別格で、表彰状にそろばんが入っているんですよ!!
もらって嬉しい、表彰状なのです。

元気学園にやってきてからそろばんを始めて、そして、週1回コツコツとすすめていきて、この結果。
7級くらいから受けてきたのかな・・・
検定前には、空き時間にそろばんをとりだし、パチパチ。
やっているうちに、計算力がついて、そろばんをパチパチはじくので器用になって、実力を底上げ!!

それに、病気で足腰が弱っている先生の荷物を持ってあげたり、お茶を用意したりと優しい
気遣いと優しさも同時に育って、これも実力の底上げですね。

これでそろばん講習は一旦区切りをつけて、受験勉強に励みま〜す。

後輩たちよ、先輩に続いて、がんばってね〜。

そろばん続きで本を紹介しておきます。
日本の資本主義の父、渋沢栄一さんの、論語と算盤。私は、大学生になって読みましたが、おすすめしておきます。

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)
渋沢 栄一
角川学芸出版
2008-10-25


追記
昨日の夜、トランスジャパンの望月さん18番の履歴が途絶えていたので、どうしたのかな?と気になっていました。
昼前に18番を確認すると、「動いてる!!」と喜んでいたのですが、何かあったのかな?

先ほど、長野の駒ケ根あたりに応援に行ってきたという先生が帰ってきて、そこからの情報によると、
トランスジャパンの途中、小学生の遭難に出会った望月さんが、「自分は、遭難救助隊なのだから」と、救助に参加していたそうです。
見つかって、また、トランスジャパンに復帰したということを、
地元で応援をしている人に聞いたんだけど・・・事実が分かる人と出会っていないから、確かかどうかも分からないんだけど・・・

本当なら、すごいことです!!


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ



genki_gakuen054 at 11:24|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

漢字検定合格おめでとう〜

IMG_7804今回の受検は、7級から2級まで。

2級の合格者最高点は、200点満点中、195点!

すばらしいできです!!おめでとう。

さらに準一級を受けると豪語していますが、難しいよ〜と隣でささやく声。
そうなんですよね、卒業生が準一級3回目チャレンジで合格しましたが、2級までとは桁違いの難易度です。

そう考えると、宮崎美子さんって、すごいね〜。
あの人、熊本大学で、きれいで有名だったらしいよ。

えっ、何が?字がきれいでですか?

ってなわけないだろ!!!

顔だよ、顔!!

字で有名になるわけないですよね〜。字なんてそうそう人前で書かないし

もう一人、二級合格の生徒は、大喜び。「夏休みのお土産になる!!」

私、元気学園にきて、8級から順番に受けてきたんですよ〜。
ちょっとずつステップアップして、すご〜〜〜〜いですよね〜〜〜

見事、立派です!!!

準二級に合格した男子も、90%の正解率で大健闘。
中1で学園にやってきた頃には、
勉強を教えるにも気難しくて、理解が難しくて、たいへんだったのにね・・・・
エヘヘヘ、そうでしたね〜

と笑いあう今日です。

学園の中等部からいる子たちは、勉強苦手だったのが、こうして、三級、準二級、二級と、どんどんステップアップして、語彙を増やしています。

伸びやかに育っているところが、自慢です(そうですよね〜、お父さん、お母さん!)。

これだけ漢字が覚えられるのは、記憶が良くなった証拠。
学園の治療教育は、勉強ができるようにする前に、頭を良くしているので、その成果が、こうして、ひとつずつ形になっていきます。

みんな、おめでと〜〜〜。
そして、「次もがんばるぞ!」という意欲に拍手です。

今日は、愛知県の県境近くまで全員でお出かけしました
日本一長い洞窟があるのですよ〜〜〜。
このお話は、また、明日のブログで!乞うご期待!!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 15:44|PermalinkComments(4)

2018年08月07日

受験生たち、河合塾の全統マーク模試です

IMG_1619今週のイベントは、ジャーン、

大学受験生たち、全統マーク模試です。

試験ってどんなものか、まあ、知ってもらうためにも、一度はチャレンジしてもらいます。

(マークだから、塗るだけだし・・・
(センセー、他人事だから
(そうなんだよね、センセーって、やらなくていいの!!学生はたいへんね

(まあ、君たち、がんばりたまえ!!!

「生ゴミ袋縛ってたら出てきましたー可愛くないですか?」と見してくれたアゲハ蝶の幼虫君です。
手に持ってる葉っぱ食べてました。

虫、素手では触れない。゜(´Д`)゜。。
これをかわいいと言えるところ、自然派さすが。

8月11日の夏休みの前父母会の参加について、連絡をお願いします。
もし、お子様を一人で帰す場合は、その詳細についてもお知らせ下さい。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 10:45|PermalinkComments(1)

2016年05月25日

中高一貫校、勉強タイヘン不登校

IMG_5249中高一貫校や進学校の不登校の子どもたちからの相談が、年々増えています。

増加している中高一貫校は、どこもかしこも、早期教育、学力向上をかかげているのですが、それに合わなくて不登校になっていく子が多いのは、とっても残念なところ。

勉強熱心がゆえに、勉強でこわれる。勉強に自信がある、自分は、頭がいいんだ!と思っている子ほど、落ち込んじゃいますよ・・・(T_T)。

しかし、学校に入ってからというより、既に受験の前に、塾に行っているときに問題があるってことが、とても多いです。その時に気が付いているのに、どうして突っ走ってしまうのでしょうね・・・・。

こういう子たちは、宿題がいっぱい出て、どんどんさせるような勉強に向かない。
決して、バカじゃないし、あるところではとっても優秀です。

でも、量をこなすとか、てきぱき速く、要領よくすることが、同級生に比べて、苦手。偏りが大きいです。

解決方法は、あるのですよ。シンプルに、うまくいかないのだから、「方法を変える」。

だけれど、なかなか、な〜かなか、そうは思えないようです。
なぜ、すぐには、なれないかというと、

うちの子たちや卒業生の中高一貫校や超進学校の子たち、もとはそうだったけれど、今は、上手くいっています。

でも、入学してきて、すぐ波に乗って進みだす子と、そうなれるまでに、時間がかかる子がいます。

その違いは、価値観です。

シャワーのようにいっぱい情報を注がれて、消化不良を起こしているのに、でも、やっぱり、それがいいことだと思い込んでいる。

でもここにいると、変わっていきます。

なぜなら、勉強ができるようになって、成績が上がってくるからです。

勉強するから、勉強を教えてもらえるからだけで、そうなれるのではありません。
もちろん、勉強もさせているし、教えてもいるのですが、そこを重点的にしたからといって、できるようになりません。

一言でいうと、結果が出る仕組みの中にいるからです。

結果がでるとやる気も出てくる、親も褒めてくれる、子どものもののとらえ方もかわってきます。

価値観の話に戻りますが、では、子どもがこの価値観を決めているかというと、それよりもっともっとその何百倍も強烈なのが、親です。IMG_5190
特に、お母さんかな・・・。子どもに密着していますからね。

親の考え方への影響は、とても大きいです。
受験だけでなく、生まれてからずっとその中で暮らしているのだから、知らず知らずの間に、一体化しています。

しかし、どうも父母たちは、気付いていないようです。「私とあなたは考え方が違う。」くらいに思っているのですが、根っこは同じ。ただ、そのための努力をするかしないか・・・・それだけだったりします。

ですから、親と離れるというのは、とても効果があることです。

これは、中高一貫校の場合だけでなく、不登校全般に言えるのは、凝り固まったうまくいかない考え方から離れるというのは、とてもいいこと。これは、本人だけでなく、親子にとってです。

なぜなら、お母さんたち、うちに子どもを預けたら、ものすごく、きれいになっていくのですよ〜。お父さんも、面談の時、怖い顔していたのに、がんばっている我が子を見ると、顔がゆるんで、終始笑顔。親も、苦しんでいるのですよね。

家から離れるといいよ・・・というアドバイスは、今のこの苦しみ、だけではなく、

今から、もっともっとその価値観に首がしめられて苦しくなるよという親子へのアドバイスでもあります。

不登校は、不登校になったら終わりではなく、「休みだしてから起こる物語」の方が、恐ろしい。

だから、不登校になったら最初に読む本の中に、「時間の壁」と表現しましたが、三つの壁が、すべて押し寄せてくるのが、状態が長引くと言う事です。

みんなから、どんどん遅れていく、あるべき姿の自分から遠のいていく、そんな悔しさや恨み、嫉みや妬みなどが、心をむしばんでいく・・・・。

でも、どうしてこうなっていくのか?
中高一貫校に行かせたから?、親が教育熱心だから?
それだけではありません。

もっと、根本的なところ、勉強ができない、続かない、集中できないには、理由があるのです。

それの原因は、体。脳も体の一部です。

体力がないとか、勉強しだすと、頭がぼーっとする。

こういうことが、もとになっています。

勉強ができるようになれば解決するんだから!!と考えて、

勉強をさせればいいとか、心の問題から、入ると、このケースは、たいへん長引きます。

その元をつくっている根本的なこと、まずは、体から入っていこうというのが、元気学園方式です。

体が元気になって、ここにいる間の器をつくる教育が成功すると、心が素直になっていきます。

IMG_5187自分は、優秀で、人から尊敬されるべきはずなのに、そうではない。
くやしいーーーーーーーーーーーーーーーー。
精神の病だとか自閉症だとかおもえるような執着の問題を、中学生の間なら、回避できる。
だから、早いうちに対処しよう。そして、器づくりが、この問題を大きくしない秘訣でもあります。
人の考えを心に入れることができたら・・・・、アドバイスを聞き入れたり、協力できたりしたら、
心の病の多くは、乗り越えられます。

その器は、何でも吸収できる器。学んだことは吸収するし、相手の意見も受け入れるようになっていきます。

もちろん体だけではなく、それと一緒に、様々なことを同時に治療教育するからなのですが、教育以前の問題として、

器づくり=受け入れる力を、知識を詰め込もうとする前に、身に付けさせたいところです。
本の第6章、不登校を科学的アプローチで解決するの「知識を吸収する器づくり」の辺りを読んでください。

この問題、長い目で見ると、自分の力で、どうにかなるものではないので、我が子にあった方法を持っている人を探してください。

それは、うちじゃなくってもいいです、どこか探してください。
もし、元気学園がイイナと思っている人は、お会いしましょう。新しい自分となってやり直したいという子どもには、ぴったりだと思います。

そして、その人に、頭を下げてお願いする。
自分でできないことは、人に頭をさげてお願いするという姿勢を子どもに見せることは、大きな教育です。心が「エラソウ」になっている子にとって、親も頭を下げる相手がいるって、驚きだそうです。

そういえば、「お父さんは、日本で、一番腕がいい医者だと思っていたけれど、お父さんよりすごい人がいた。なおしてくれるのはここしかないから一緒に行こう」といって、やってきた子がいます。
本人に聞いたら、うちのお父さん、あんなこと言ったの初めてだったから、びっくりしたということでした。

必ずどこかにいる、子どもを再生させてくれる仕組みを持っている人がどこかにいると、あきらめずに、信じて探してください。

親の目でしっかり判断して下さい。
見るべきものは、建物や設備ではなく、「人」です。信頼できる人かどうか、頭を下げるに値する人かどうか。
それを、あなたが生きてきたすべての力で、見極めてください。

この問題は、後々のことを思うと、それくらい、真剣に向かわないといけないことなのです。

中高一貫校の不登校:成績が上がると急に元気に


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 11:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年03月29日

看護師国家試験合格しました2名、医学部、看護学部順調ですの報告

sIMG_0107卒業生が4名で来校。看護師の国家試験に合格しました!・・・・という生徒が二名。
一人は、就職。一人は、編入してさらに保健師の資格を取るためにステップアップ。

医学部も4年生になれます!3年生で落ちる子が多いから、合格できてよかった〜。
もう一人の看護大学に行っている生徒は、保健師の資格をとって、公務員になろうかと思って、いま、公務員試験の勉強してます!

と、みんな、頑張ってます。

4人とも、元気学園がすべてのスタート地点。
ここで過ごした時間がなければ、今の自分たちもない!!と断言。

大学に入って、実習に行ったりすると、

「元気学園で習ったこと、そのまんまでした!!」

表情、姿勢、歩き姿、挨拶、礼儀、勉強の習慣・・・すべて役立ってま〜〜〜す。
しかも、年を追うごとに、学んだことの価値が発揮されるんです。

とのこと。

よかったです。
大学って、入試は年々簡単になっているけれど、入ってからがたいへん。
入学してからやっていけるかどうかは、入学前につけておく力です。ここでの教育は、その、大学に入ってからの日常をやっていけるための力をつけています。だから、入試の勉強じゃないんです。

それをトレーニングする=不登校の原因を確実に解決するということ。

体調不良を直し、脳が働くようにし、そして、困ったことが起きても対応できる問題解決能力をつけるのは、たいへんだけど、たいへんなことをするから、成果が得られるのですよね。

不登校をしていた子たちが、こんなに世の中で活躍できるようになっていくなんて、他にはない実績だと思います(多分、日本で唯一なのではないでしょうか)。

親が偉いから、自分もそうなりたい!と思うけれど、なかなか思うようにならなくって、ふてくされている子たち。
人に尊敬されるようになりたいけど、なれないから、やる気を失っている子たち、
同じような状態だった先輩たちが、再出発しています。

不登校だけど、医療系の大学に入学したい人たちへ

良き出会いがあって、その出会いを大切にする縁があれば、人の人生って、運が開けるのですよ

上手くいっている卒業生たちがいるのは、生徒たちにも私たちにも励みになります。
もちろん、父母の方たちにも励みになりますよね。

中華料理を食べに行ったり、ケーキを食べたりと楽しく過ごしました。
食いしん坊たちと美味しいものって相性がいいです
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
不登校になったら最初に読む本~親と先生と子どものための再出発へのヒント~ [単行本(ソフトカバー)]
genki_gakuen054 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月20日

漢字検定終わって、ほっつ

P1040176今日は、漢字検定。
前に日には、一日漢字勉強のみ。
「一晩くらい寝なくても平気だよ!」
と、冗談で振ってみると、
「えっつ」  という反応?
「ヤッタルゼ」 という反応?

「何のために勉強しているか」と考えだすと、究極P1040175には、理解し合うため。
その相手は、人です。

漢字も人と人とをつなぐ、「橋」の役目をしていますね

終わった後は、「あー、終わった〜〜〜〜」。
この開放感があるということは、頑張った証拠ですね

日本平キャンパスのグラジオラスがきれいに咲いています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月06日

国公立大学合格おめでと〜!!!合格発表に行ってきました

写真 2静岡大学の合格発表。
近いですからね、もちろん、見に行きます。
10時くらいに行ったら、NHKが来ていて、「きてるね〜、(ドキドキ)」

たたたっと走って、掲示板に向かい、
じーっ
しばらく無言・・・・・。

すると、
大きく丸の合図。

やったー、合格です!!!
ようやく、合格がやってきました。念願の国公立大学の合格です。

2年前に出会った時には、歩けないくらいに衰弱していたし、もうどうかなっちゃうんじゃないかというほど、もうろうとしていたのに・・・

ウルルル。

写真 1合格と分かって、吹奏楽サークルがファンファーレ。それに、アメフト部が、ドアゲをしてくれました。
すると、傍にいた、記者たちが、カシャカシャと写真をとってましたが・・・・。

お昼にニュースをつけると、「静岡大学の合格発表です」
次の瞬間に、喜びのアップ!
「わー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \、でちゃった〜。」

今日の日が、無事に迎えられたことに感謝です。

昨日も、不登校の専門誌を作っている記者の人が、「元気学園は、実績をみても、明らかに、教育内容が充実しているのがわかります。(訪問してみたら、さらに違いがわかるけれど・・・・)」
と言っていましたが、

よかった〜。
おめでとう!!!!!
今日は、お祝いだ!!!!!
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 17:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2013年03月08日

首都大学東京に合格しました

P1000573昼、12時過ぎに二階から、
みんなの大拍手とどよめきが聞こえて、何事かと思って動き出したら、階段を降りてきた男子生徒が、
「先生、合格しました!!」

やったー、おめでとう( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!

強く握手をし合いました。

先生から、「仲間たちの力もあるんだよ。」と、
お祝いには、男子には焼きたてカレーパン、女子には焼きたてチョコロールの差し入れ。

P1000574P1000575「不登校であっても未来が開ける方法が元気学園にはあるんだよ。」と、希望を抱ける今日の結果でした。

コメントの仕方をお知らせしたらみなさからたくさんコメントいただきました。
ありがとうございます。
励みになります。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 18:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年02月26日

子どもを東大に行かせるお母さんはここが違う

IMG_0195元気学園にやってくるきょうだいで多いのが、上の子が優秀。本人が、不登校で動かない。
こういうパターン多いです。
上の子は東京大学っていうのが、今までにかなりいるんですよ。

学園長はじめ、東京大学出身の学園関係者および学園の父母、友達や知り合いが多数います。そのお母さんたちを思い起こしてみると、優秀な子どもを育てるお母さんたちに共通していることがあります。
それは、言ったことをそのまま、言葉通りに正しく受け取るということです

今、学園の学習指導をしてくれているスタッフも、息子さんが東京大学です。
「こんなふうに勉強を教えてあげてほしい」、「この子にはこれをさせて欲しい」と頼むと、必ず、その通りに確実に実行してくれます。時間も、4時からと伝えると、必ずその時間から動き始めます。

決して途中で変化することがないのです。
さすがだなと感心します。見習わねば!

「言葉通りなんてあたりまでしょ!」と言われそうですが、その言葉通りというのは、結構難しいんですよ(;´∀`)。
今までもいろんなスタッフ、父母、仕事関係者に接していて、言った通りにそのまま伝わるということは、まずありません。伝え方が悪い場合もありますが、それを差し引いても、
なぜか変わってしまっていたり、勘違いに、思い違い、自分の考えというエッセンスが加わると別物に変化ってことがよくあります。
人は、知らず知らずの間に、自分の考えを入れてしまうものなのですよね・・・・

実は、子どもも同じなんです。同じ話を同じ場所でしても、伝えたいと思った通りに伝わっている子と、全く違った意味に受け取っている子がいます。

勉強を教えていても、こちらの言った通りに、意図を理解してできる子は、ゆっくりだとしても、必ず力が付きます。
逆に、勝手なことをする子は、なかなか伸びないし、すぐに行き詰ってしまいます。
アドバイスを素直に聞けない子は、頭が良くていい線までいったとしても、難しくなった時に、乗り越えられないですね。

一昔前、日本人は想像力がないとか、オリジナリティーがないってよく言われていましたが、
知識を取り入れるというのは、過去の叡智をそのまま授かるということ。
その時に、自分らしさなんて必要ないのです。
それを一旦頭の中に入れて、身に付けた後、個人の創造力を発揮すればよいのだと思います。

勉強ができる基本は、知識や知恵を正しく受け取る事。

その基本って「お母さんがつくっているんだ!」と、スタッフから気付かせてもらっています。
生まれてからの長い時間を考えると、お母さんの役割って大きいとつくづく思います。

写真は、卒業式用の花。折り紙で作っています。
「先生見て!これ今までの最高傑作!!」と言って見せてくれたのですが、あまりにも上手だったので、大絶賛しました。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月18日

立教大学合格、不登校でもやり直す場所があるよ

IMG_0191立教大学に合格しましたと連絡が入りました。
おめでとう!

一つ無事クリアしました。次の国公立に向けて、がんばろうね!!

こういう朗報が入るたびに、初めて相談に来た日、元気学園に入学してきてからのことを思い出します。

小学校も行かず、中1になって元気学園に来てから、小・中・高での学習は、すべて元気学園で教えたことになります。
ちょっと変わっているところや、気難しいところだって、ずいぶんマイルドになったと思います。

こういう変化を思い起こすと、

「自分を変えよう。」と思って、元気学園にやってきて、心を入れ替えて、やり直したらうまくいったということです。

だから、同じように、今、不登校で悩んでいる子どもたちに、

「不登校でもやり直せるよ。」「自分を変える場所があるよ!」と知らせてあげたいと思います。

お雛様を出しました。「一緒に写りたい人、あつまれ〜!」。
記念撮影です。
仲間がいるっていうのも、自分を変える時には、力強い助けです。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月08日

大学合格!おめでとう!!

IMG_3064第一志望の大学から、合格をもらいました!!
やったね!おめでとう!!

元気学園にきて、5年。
長い?短い?
入学前検診で見つかった脳血腫の手術をして、その後自宅療養したりを繰り返しつつ、同時に、そのほかの問題をなおしていくのに、時間がかかりました。
気が向かないことはしないというのが、一番、乗り越えるのがたいへんだったかなぁ〜。

もちろん優れた資質もあります。それは、正直。
長く付き合えば、付き合うほど、その良さがじわりじわりとでてきます。

時間がかかりましたが、世の中にでる準備がずいぶんできたと思います。
自分の弱点も認められるようになりました。
勉強も、遅れているところをしっかりした方が良いと、小学生、中学生をみっちりして、「これだけした方が良い。」と提案したものを、すべてやりつくしました(すばらしい!)。
だから、送り出すにあたって、全く、不安はありません(高度な勉強は難しいかもしれないけれど、働き出して一般教養で困ることはないと言い切れます)。
学校生活は、人ごみが苦手という弱点はありますが、上手くいかなかった時のことの話も、冷静に普通の会話でできるので、セーフゾーン。

さまざまな問題を解決するには、長い年月が必要でした。
しかし、1年遅れてでも、途中でつまずいて、バタンと倒れてしまうより、ずっと良いのです。

教育は、「速く」、「早く」と、子どもの歩みを度外視して、親が焦ってしまうと、花が順調に成長していると思っていたら、しおれてしまったということになってしまいます。
教育は、本人のスピードに合わせるしかないのです。まわりは、それを促進する役割であって、決して、なり代わるということはできません。

今では、寮で一番の早起きで働き者です。
出会ったころは、怠け者といえば・・・(^^ゞという程だったのに、人って変わるものです。

そうなんです!、人って変わるんです。変わるんですよ!!
急には変わらなくても、時間をかけて、子どもに伴走するつもりで、じっと歩みを止めずに実力をつければ、変わるんです。
中学生や高校生の年齢って、変わるんですよ!!

あー、うれしいなぁ。よかったなぁ。ほっとしたなぁ。
父母が喜んでくれているかなぁ。
卒業生たちも喜んでいるんじゃないかなぁ。

うれしいので作った手作り絶品メロンパン(ソーイング倶楽部アンコールのブログ)はこちら。
人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 19:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年12月21日

高等部募集のお知らせ:不登校の原因となる解決を本気で考えている方へ

IMG_4999中学時代不登校だった、もしくは、病気などであまり学校に行っていないという子どもたちにとって、高校3年間は、人生で最大級の重要な意味があります。
体の成長も、健康も、骨の発育も、脳の発達も、この時期しか発達しない臨界期
一生で今しかないチャンスです。ですから、

3年間をどう過ごすか。

それに尽きます。
これが、20年近く不登校の子どもたちをみてきた結論です。
3年で大きな差がつくのです。
今後の人生で追いつけないほどに。
大学生になってからでは遅いのです。それは、体を作る年齢、脳が発達する年齢故にです。まわりも変化しているのですから、その時間を無駄に使っては、何ともったいないことなのでしょうか!

そこで、3年という時間をかけて、しっかりと直していくのを目的としているのが、元気学園の高等部です。

IMG_4850元気学園の高等部の募集を始めました
学園の特徴は、体力・学力・コミュニケーション能力をつけることです。不登校は一言でいうと、実力不足が原因です。逆に考えると、実力がつけば、解決する問題だということです。
それと同時に、元気学園は、愛される人、頼りになる人になるためのカリキュラムが満載です。
人の情愛を感じ、「情」を育てる3年間でありたいと思っています。
寮生活では、朝起きるとか、時間と守るとか、連絡をとりあうという練習になっています。
お母さんと一緒では、決して朝起きできないけれど、寮生活を始めた瞬間にできます。
慣れ合いの関係から、人の目を気にする、社会性をもつからです。
良い習慣をつけて、性格を変えて、子どもの運命を啓きましょう。
元気学園の高等部の募集

先の事を考える前に、「今何をしているか?」
大学には行きたい・・・、いつかどうにかなる・・・と、先の事ばーーーーっかり。
今何をしているのか?今、どんな時間を過ごしているのかを無視した、もし・・・だったら話をしている時間なんてありません。それくらい不登校の問題は、長い長い道のりへと移ってしまうほどのものです。
ところで、高校の不登校と中退ってどのくらいいるかご存知ですか?
なんと、10万人以上です。この人数って、静岡県は、全国で9番目の県ですが、その全高校生より多いのです。

不登校が起因して、20代、30代、40代、40代、60代まで悩みが続く
実のところ、不登校につながる相談は、20代、30代、40代、50代で終わらずに、60代でもIMG_4973あるのです。まるで元気学園は、人生相談所みたいなのですが(^_^;)、学校が終わると、働くことへと悩みが変わります。続いて、結婚、子育て、親はいつまでも若いわけではないから親の老化、さらには、老人介護。
決して他人事ではありません。覚悟というより、今から子どもの能力を伸ばして、準備しましょう。

問題を先延ばしせずに、高校3年間のチャンスを生かして教育しよう!
10代の頃に身につけておかなければならない事を、先延ばしにすると、どれほどの大きな問題となって、家族にのしかかるか。
それを、日に日に噛み締めています。
これは、脅しではありません。今なら、親が本気になれば、間に合うという励ましです。
本当に、どれだけたいへんか、年齢が上になって、体力をつけたり、脳を動くようにしたり、義務感を植え付けるのは、ものすごーーーーーーーーーーーーーく大変なことなのです。
だから、高校3年間を、そのための時間として使ってもらいたいと深く深く思っています。

IMG_47483年をどう過ごすのかをよく考えた選択をして欲しいと思います。
高校3年間は、大きく見ると、人生の方向を決める最終ラウンド。
努力ができる環境があり、そこで、体力・学力・コミュニケーション能力の実力がつけば、happy、happy。
だから、子どものチャンスを逃さないお父さん、お母さんとなり、不登校であったことから、方向性を変える高校3年間の時間を、わが子に与えてあげてください。
3年間を実りある物にすれば、全く違う人生が開けてきます。
そういう時間を過ごしてきた、卒業生がたくさんいます。とっても明るいですよ。
必ず3年後がきます。その時、子どもがどんな姿かを正しく予測して、進路を考えてみると良いと思います。

*こちらも参考にしてください:中3生だけでなく、中学1,2年生や不登校気味の高校生にも参考になると思います。不登校の中学生の親と本人が高校進学の前に考えておくこと
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月11日

模試から心理的成長を観察する

IMG_0958[1]今週は、中学生1~3年生が模試をしています。
そうすると、子どもたちの、顔色が一気に悪くなってしまう〜。
あー、おやつは、チョコレートだね。ちょっと休憩、外で伸びをしよう・・・と、スタッフは、あれこれ気遣い(^_^;)。
この結果は学校に送付して進学資料となります。

高校3年生の模試、漢字検定、高卒認定と、申し込みが続いていて、試験日が近づいてきます。

高校に行きたい、大学に行きたいと言われると、せざるとえない模試。
受けさせられるようになるまでが、結構たいへんなんです。ご機嫌が悪くなるのでさせたくないんだけど、これもリトマス試験紙のようなものです。

模試をしても、逃げていなくなったりせず、落ち込んだり、ボーっとしたり、八つ当たりしたり、機嫌が悪くならなくなったら、受験のスタートラインに立ったということ。
勉強や試験という刺激を与え、子どもたちの変化を観察し、同級生と比較してみると、同じ年の子どもたちとの相対評価がでてきます。
模試は、学力だけでなく、心理的成長も合わせて確認することができます。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月16日

教科書のポイントを知るための練習

IMG_1662子どもたちに、ノートまとめをさせてみると、やたらと文字ばっかり。
「どうやってすればいいか分からない。」
これが、正直な感想です。
「教科書を読んで、大事なところに線を引いてみよう。」というと、
「どこか大事かわからない。」
ポイントを見つけ出す能力をつけなければいけません。

その、まず第一歩は、教科書をよく読む事。問題集ばかり解いても、力はつきません。
読み取る力をつけることが、すべての基本になります。だから、教科書を読む!
特に、不登校の子どもたちって、問題集を解くことが勉強だと思っています。それは手っ取り早い方法ではありますが、やはり、学びの原点は、「読む」、「聴く」。
元気学園で教えたいのは、知識だけではありません。
子どもたちに、「学習の習慣」や、「勉強の仕方」を身に着けてほしいと思っています。それこそ、教科を問わず、何を勉強するにしても、使える能力です。

教科書を読んだら、次には、ノートにまとめるという練習をしています。
文字情報を、簡潔にまとめると事は、「ポイントを知る」ということにつながります。
文章にせずに箇条書きで書いたり、図を入れたり、矢印を使ったり、丸で囲んだりして、まとめることができるように指導しています。

文字情報を図に置き換えてまとめる。」ってとても重要な能力です。
図や表にしたほうが、文字より、視覚的に訴えるものが大きいですから、そのコツが身に着くと良いなと思います。
きっと、大人になってプレゼンテーションするときに役に立つでしょう!

日本平キャンパスの富士見処から撮影した富士山。雪をかぶって、とってもきれいです。人気ブログランキングへ


genki_gakuen054 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月04日

今日の元気学園の様子

pola今日は、大学生たちの入学式。スーツを着て、出かけました。いつもと違う雰囲気の先輩たちに、みんなは、「きれいですね〜。」
卒業生した生徒からも、入学式のピース姿の写真が届きました。卒業記念でもらった銀のネックレスをしています。
「新入生セミナーでお友達もできました。元気学園で学んだことが、さっそく役立っています。」とのメール。

高校に合格した卒業生と、父と母が挨拶にやってきました。
公立高校に合格したのですが、不登校をしていて、公立高校とは珍しい!
それについては、興味ある方も多いと思うので、今年の不登校の高校進学をみてきて、近年の傾向と合わせてゆっくり書こうと思います。
みんなと久しぶりに会って、ギュー、ハグハグハグ。
写真撮ろう!と大賑わい。
「うちの子にこんな友達がいて幸せ。元気学園にいる間、先生たちにも皆さんにも大切にしてもらったんですね。」と、父も母も目を細めて見つめていました。
仲間づくりができるということも、高校合格のポイントですね。

さて、新入生たちですが、元気にやっています。
新中3女子Mちゃんは、もうご飯のおかわりもするし、みんなとも仲良くしていて、ずっと前から居る様な雰囲気(⌒-⌒)。ソーイングでは、かえるづくりにはまっています。
新高2女子Kちゃんは、良く笑うようになって、表情が豊かになりました。能力も高く、学園生活にもスムーズに馴染んでいます。
先週入学してきた新中2男子I君は、真っ白だった顔色がピンクになりました。先輩たちの後ろをついて、ウロウロと活動。そのうち、一人でできることも増えてくると思います。
新中2男子たちは、良く食べます。M君やS君は、昼も一番におかわりにやってきます。
みんな、どんどん元気になってきています。
それに、日に日に身長が伸びているような気がします。もうすぐ抜かされる?!
父母の方々はきっと、心配しておられると思いますが、にこやかに過ごしていますよヾ(=^▽^=)ノ。

フリーマーケット直前となり、ミシンの一台(プロ用で縫い目きれい)が、入院しましたが、一泊で退院(ほっ)。
今週末にかけて、最後の仕上げです。作ったものや作っている様子をアップしています。(ソーイング倶楽部アンコールブログ)。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月22日

またまた高校合格の知らせ

IMG_8735_1今年の1月から学校復帰した生徒から、「第一希望の公立高校に合格しました。」と連絡が入りました。
中2の時に元気学園に入学してきて、中3の12月までいて、その後、学校復帰。
地元での高校受験を考えると、「早く学校に戻ったほうがいい?いや、実力がついていないと、結局やっぱりうまくいかないってことになる。」このせめぎ合い。

どちらが正解かというと、

もちろん、後者。
実力がついていないと、学校生活が楽しくないし、また不登校を繰り返すことになってしまいます。不登校や引きこもりは、繰り返すたびに、傷が深く深くなっていくのですから、まわりは気を付けないといけません。

そこで、学校復帰には、まず、
1. 体が元気であること。健康を前にすると、学校なんて二の次、三の次。
80年の人生と、高校の3年を比べようがありません。骨の成長は17歳くらいまでですから、それまでの年齢に大きな可能性があります。「後で」といっても、体の成長時期は待ってくれません。臨界期の間に刺激をしないと!

2. 学力がついたこと。不登校をしていて抜けているところを補い、遅れを取り戻して、今の学年に追いつき、そして、中3の模試をしても、7割は、取れるくらいに成績が伸びました。それくらいになると、学校復帰した時に、困りません。

3. 顔に全くなかった表情が、笑顔であふれるようになりました。人に対しての警戒心がなくなってよかった。

これら、1・2・3の、体力、学力、コミュニケーション能力を元気学園でつけてから学校復帰。
中学校の先生の目から見ても、「大丈夫」と思わせるものがあったのでしょう。

これからも元気にやっていけると良いね。おめでと〜。
一緒にいた仲間たちからも、「おめでとう。」
在校生たちには、人の幸せを一緒に喜べる人になって欲しい。
そして、自分の扉が開く時、その時まで、しっかり実力をつけて、羽ばたいてもらいたいです。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月21日

学校復帰して高校合格しました

IMG_1468中1の時にやってきて、中2になって学校復帰した生徒から手紙と写真がきました。

「元気学園を卒業してから休まず毎日学校に行っています。
高校受験で、私立と公立両方合格しました!
この写真は、元気学園にも訪問してくれた校長先生とです。
ありがとうございます!!」

よかったね。おめでとう!
ここにいたころの、いろんな事件の数々を思い出しましたヾ(=^▽^=)ノ。

不登校の子どもたちが、学校復帰後、保健室ではなく、普通のクラスに入って普通に授業を受けるというのは、実は、稀なんです
(学校の先生に聞くと、ほとんどが、不登校を繰り返すか、休み休みや遅刻、保健室登校などだということです)。
でも、元気学園から卒業していく子は、みな、毎日教室に入って普通の授業をうけるようになっています。

だから、今不登校で悩んでいる親子も、
「きちんと対処すれば、きちんと解決するんだ!!」と、希望をもってください。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 22:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年03月18日

聖路加大学から合格が来ました

IMG_1482聖路加大学看護学科の追加合格がやってきました。
歴史は古く、日本で最初にできた4年制看護大学であり、私立の看護学科の中では最難関です。

受かっていた大学に断りの電話を入れ、医学部を目指そうとしていた矢先に追加合格の電話。悩んだ末、聖路加に行くことにしたとうことでした。
聖路加なら行きたい?!医学部は難しい余程努力しないと・・・迷うくらいなら止めておいた方がいい?いろんな思いが頭をよぎったそうです。
出した結果は、今開かれた道に進む。

もう心は完全にそちらに向いているようでして、「おめでとう〜、がんばってね〜。」とみんなでお別れ会。
大学近くに新たな寮生活を始めるということです。
でも、また休みには来るということですから、すぐ会えるね、また会えるね、いつでも会えるね。
寮の外泊先に元気学園を登録しておきたいと申し出がありました。
元気学園が、困難出会った時、安きにつく心を励ましたい時、人恋しいとき、悩んだとき・・・、卒業生たちのプラットホームになれると良いと思います。これからもずっと。
東京近郊に進学する卒業生たちは、もう、鍋パーティーしようねと計画中のようでして(^_^;)。それぞれの大学生活ですが、助け合ってうまくやってくれればと思います。

これで、今年の受験生全員の行き先が決定しました(ホッ)。
みんなに一つずつ最も相性が良いという進路先を開いてくれて、子どもたちや元気学園全体を守ってくれる大いなる力に感謝です。まずは、お礼参りに行ってきます!
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月13日

東大に合格しました

IMG_1361中学校の時に元気学園に来て、学校復帰した生徒から連絡がありました。

「中2の時にお世話になっていた○○です。東大文靴帽膤覆靴泙靴拭」

おめでとー!数年前に、東大文気帽膤覆靴燭里覇鷽楊椶任后

元気学園入学時は、貧血に風邪、ご飯が食べられないなどで、虚弱だったけれど、元気になって、勉強もずいぶんできるようになりました。
学校復帰にあたっては、さらに能力を伸ばす環境に移ったほうが良いと判断し、家から通えて学力が高い学校に転校をすすめました。
子どもたちの将来を開くためには、いろいろと手を尽くしています。
実は・・・うちの教科指導の先生は、このまま育てたかったのですが(・・・だって先生も東大法学部だし・・・(´▽`))。

学校の先生からも電話連絡があって、「よかったですよね東大合格。良い子を紹介してくれました。」と大喜びです。

中学生の頃元気学園に来た子は、その後の人生が大きく変わっています。
中学、高校の年齢の時間をどう過ごすかです。
ボーっと過ごすのとセッセと励むのでは同じ子でも雲泥の差。
実力をしっかりつけてきた子どもたちは、堂々としています。
自信というのは、努力と引き換えなのでしょう。

だから、高校生になってきた子たちが、父母に、「中学生の頃に連れてきてくれればよかったのに(≧ヘ≦) ムゥ。」と悔しげに言うそうです。

不登校は中2がネックです(不登校対策、中2までの時期)。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月06日

国公立大学に合格しました

IMG_1360朝からそわそわ、窓から遠くを見つめてぼーっ。
10時からの合格発表を静岡大学まで見に行くと、

ヤッター、合格!!

静岡大学教育学部に今年も合格を果たしました。
おめでとー。

DSC_0235これで、今年の受験生全員が合格をもらいました。

お誕生日のお祝いにやってきた母から31アイスを差し入れしてもらったので、みんなで31アイスにゴー。
一番人気は、ポッピングシャワーですね。
食べているとパチパチいうアイスクリームです。
今朝は雨だったのに、その後晴天になり、急に気温が上がって、脱ぎだすみんな。半袖だよ〜。
IMG_1362そのおかげで、アイスがとってもおいしかったです。ごちそうさま。
新入生の男の子も、みんなと交換し合っていろんな味を楽しみながら食べていましたよ。

ドキドキの合格発表も終わって、学園全体に開放感という春風が流れました。
人気ブログランキングへ



genki_gakuen054 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月24日

大学合格、高校合格おめでとう

IMG_0689公立大学の、岐阜女子短大から合格の知らせが届きました。
そして、なかなか連絡が来なかった、最後の一人が、名城大学に合格しました。
これで、受験した生徒たち全員、大学から合格をもらいました。
おめでと〜。
明日の国公立大学の受験で、今年の大学受験はおしまいです。

中学生の方も、「難しいだろうと思っていた方の高校に合格しちゃいました。」と、受験から戻ってきました。
私立中学に入学して、ほぼ行かない状態でやってきました。
「中1の4月から行っていないので、中学の勉強を全くしていない状態で元気学園にきましたが、ここにいる間に学力がずいぶんつきました。」とお母さんは喜んでいました。

学校復帰した中学生からも、「一日も休まずに学校に行っています。高校に合格しました。お礼に訪問します。」と電話連絡がありました。(^_^)ニコニコ
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 07:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年02月09日

医学部合格を一つゲット、おめでとう

IMG_0903「せんせーい、受かってました。信じられなくて、何回も確認しちゃいました、でもあったんです。
歓喜でかかってきた電話。
晴れて、二次試験もクリア、医学部に合格しました!!

昨日は、「あ〜、肩の荷が一つ降りた。」と、長年の夢であり、責任であり、希望であり、課題のようなものが晴れた夜で、珍しく寮の見回りも行かずに布団に入ったスタッフ。
「医師になって人助けをしたい。」
それをどうにかと、頑張ってきた結果がようやくでました。

この医学部合格だけでなく、
「生徒たち一人一人に同じように、良い結果を与えたい。」と日々頑張っていますが、一つ叶うごとに「よかった・・・・」と胸をなでおろします。

でも、すごいです。2000人受けて、65人しか合格しない。そこに入ったのですから。

今日は、嬉しくって来ちゃいましたと来校。
「今までグレーだった景色がカラーに変わりました。」
よく頑張った!!本人も家族も、バンザーイ。
そして、指導をしている先生たちも大喜び。
感無量で涙・・・・と言いたいところですが、まだ、もう少し試験が残っているので、最後まで頑張ってもらいましょう。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 21:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年01月16日

センター試験、あわや!

IMG_0919夜11時頃に、試験の休み時間中、様子がおかしかったという生徒の事が、急に心配になって、見に行くと、
音はしないけれど、気配はする。
暗い中、目を凝らしてみると、正座した姿勢で、上半身はばたっと床にうつぶせて、微動だにしません。
声をかけても、動かないので、

「あわや!心臓発作か!」、ドキドキ!

ゆらしてみると、くにゃくにゃで軟体動物のよう。
起こしてみると、どうやら、緊張の糸が切れて、電池切れをしていたようです。
あ〜、何事もなくってよかった、(ほっ)。
温かいものを飲ませて、まだ試験の結果が心配で動揺しているので、「このままじゃ、寝ないし、ほおっておけないな。」
と、判断して、すぐに仲良しを呼び出して、一緒に答え合わせ。
最初は、嫌がっていて、もう半べそだったのですが・・・・
あれっつ、この教科90点以上とれた。おっつ、苦手な英語、7割超えた・・・。この地点から、急に、シャンとしてきて、最後には、あははははは。
5教科7科目で、トータルで70%以上採れていたので、ばんざーい!
「先生、おなかが空いてきた。」
というので、ラーメンを食べに行って、その後も興奮冷めやらず。
「試験の休憩時間が長かったので、その間、緊張しておかしくなってました。でも、先生ついてるしと言い聞かせて、お守りをじっと握りしめていました。」
かなりの時間おしゃべりをして、ようやく、眠りそうになり、ベットに入りました。
しばらくして、様子を見に行くと、寝ていたので、
本日の仕事終了。夜中の3時です。

一つ、とっても美談があります。
センター試験の当日、寮では早起きして、後輩がいつもお世話になっている先輩の為に、お弁当を作ったそうです。鶴の恩返しですね。
気遣いができるようになったのだなぁ・・・・と、成長を感じます。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月13日

明日のセンター試験の準備OK

IMG_0390[2]受験生たちに気を遣うのも今日が最後。
風邪をひかさないように、風邪ひきは、お薬と暖かいものを与えて、スタッフとともに別施設に移動。
他の子どもたちも、食事の時も別の階で食べたりと、どうにか最高の状態で明日がむかえられるようにしました。
夕飯は、「試験にカツ!ととんかつ。」揚げ物の良い匂いがぷーんとして、おなかがぐーっ。
体を温めるために、しょうが入りの豆乳スープ。具は、父母からの差し入れの聖護院大根。やわらかくあっさりとした良いお味。
今日は、先生!この熱化学方程式が分からないと、ヘスの法則を一緒に解いて、
「とりあえず式をたてて、全部きちんと代入すれば必ず答えがでる。」
と力説しておきました。
実力が発揮できるように、神様にお祈りして、明日に備えます。
IMG_0380[1]IMG_0387[1]人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月10日

卒論間に合ってホッっと一息

IMG_0413卒論のサポートが終わりました
受理されてよかったです。
最後まで仕上げたことがエライ!。
とてもよく頑張りました。拍手ですヾ(=^▽^=)ノ!!

一昨日前ドタバタしていると、学園長も心配してくれて、励ましてくれました。諸岡先生は、大学で審査する側だったので、こういったことには慣れているのです。

会話をしていて、
「早く持ってきてくれたら、どんどん直せるのに、持ってこないんですよ。
でも、自分も去年博士論文を書くときに、そうだったんだろうな・・・と思うと、強く言えないんですよね(^_^;。」と言うと、

「因果はめぐる」といって、
ガハハハハハハと笑われてしまいましたノ( ̄0 ̄;)\!!。

また、学生に戻ったような気分になってしまいました!
おそろしや・・・・。あの頃の苦労がよみがえってきます。
どんなに大変か、身を以て知っているだけに、「タスケネバ!!」な〜んて、思ってしまいます。
ちょっとしたことを、助けてくれる人がいるのといないのでは大違いなのです。

学園長の諸岡先生の研究室は、東工大の中でもエリート研究室で、研究室の集まりなどでお会いする方々は、化学会の重鎮も多く、たいへん立派。
私が学生の頃も、博士課程にいた5人の先輩たちのうち4人は大学の先生となって、活躍しておられます。当時助手だった先生は、今は東工大の教授になられていて、そういう環境の中にいたので、実験や論文を書くのは、内容のサポートはもちろんですが、その他こまごましたことの手助けがとても多かったと今思います。
例えば、「ファイルはこれがいい」とか、「背表紙をつくるのが、意外と時間がかかるんだよ。」などといった事ですが、知らないと後で面倒なことになったり、自分一人ですると、半日つぶれてしまうようなことです。
それを、アドバイスしてくれたり、ふらっと後輩がやってきて、「何か手伝うことある?」と聞きに来て、「じゃあ、これ。」と言うと、遊びがてらやってくれて、終わってしまったりして、今思えば、「知らず知らずのうちに、まわりがずいぶん手伝ってくれていたんだな。」と気付きます。

逆に、社会人で入学した博士課程は、どっぷり研究室生活という学生と違って、そういったサポートが、全くない状態だったので、とても大変でした。

だから、助けてくれるような知り合いや仲間というのは必要だと、自分が苦労した分、骨身にしみているので、
「因果は巡る。」なんて、言われると、「ドキッ」!!!

今回の卒論のテーマは、芹沢げ陲気鵑如学園からほど近いところに芹沢げ霹術館があります。民芸運動を率いた工芸家、人間国宝です。
その芹沢さんも、東工大の前身の東京高等工業学校の卒業生で、大学の先輩ということになります。最近、なぜか、東工大つながりの話が多くて、こういうのを縁と言うのかな・・・・とふと思ったりします。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 23:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年11月28日

漢字検定全員、合格!おめでとう&アイスクリーマー

IMG_0285漢字検定の結果が返ってきました。
2級から8級まで、全員が合格していました。
おめでと〜。
よくがんばりました。

この前買ったアイスクリームクリーマーを冷凍庫で冷やしています。みんな、食べる気満々です。
でもね・・・一回あたり、600mlしかできないのです
IMG_0216たった、600ml。十分一人で食べれる量。
それに材料をチェックしてみると、断然買ったほうが安いということに気が付きました。
すると、
「せんせ〜、作る喜びは、priceless(プライスレス)ですよ!」

うちのJKS(受験生)たちは、今からでもつくりたいと集まってきています。
小声で、「冬休みにみんなが家に帰ってから、残ったメンバーで、そのときにゆっくり食べようね。」

さて、まずは、ちびっこたちと、キャラメルアイスをつくろうと思います。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 19:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年11月21日

春待ちチューリップ、模試の結果も春待ち?

IMG_0113日本平キャンパスに、チューリップを植えてきました。
春になったら、花が咲くかな
お天気は快晴で、外にいるだけで気持ちがよかったです。

日本平キャンパスと二号館のエアコンを新しいものに交換しています。
その工事が今週始まりました。
またこれで、みんなが快適に過ごせるようになるでしょう。

大学受験生たちの模試の結果、第一志望の国公立大学一次と二次のドッキング判定で、初のA判定、B判定がでていて、「ヤッター!」。
成績が伸びてきています。
学校に行っていない期間の分追いついて、さらに追い越しています。
すごいですね〜。学習指導の先生は、ニッコリ。

高卒認定試験も終わった生徒たち、今日は顔がピカピカ。
テストが終わって、ホッとしているんですね。
スタッフ一同も、ほっ
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 20:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年11月16日

高卒認定試験頑張れサンドイッチパーティー

IMG_0035高卒認定試験を週末に控えています。
「がんばーれ!」の応援を込めて、今日のランチは、サンドイッチパーティーにしました。

朝からちびっこメンバーと共に準備をしました。
サンドイッチの種類は、たまごサンド、焼きそばサンド、モスバーガー照り焼きチキン風サンド、ハムチーズ、キャベソーセージ。そして、フルーツサンドです。
チキンは、2日前から漬け込んで焼きました。
ほら〜、こんな感じ。いいでしょ。
そして、レタスとチキンを挟んで、マヨネーズをかけると、男子生徒曰く、「バカウマ!!」。まるで、モスバーガーの照り焼きチキン。
IMG_0016IMG_0022「先生、これ、ほんと、おいしいですね。」今日の一番人気でした。

卵サンドだって、もちろん大人気。キュウリの歯ごたえが、good。「どんどん食べて〜。」
焼きそばやハムチーズは定番のお味。キャベソーセージは、マスタードとケチャップをかけると、ナカナカの味。
やっぱり、大行列だったのが、フルーツサンド。
生クリームを2リットルほど泡立てたのですが、みんな、口に入らないほど山盛り塗って、おいしそうに食べていました。IMG_0033「これ、フルーツサンドっていうんですか?初めてです。おいしいですね〜!」と、ニコニコ。
さて、このサンドイッチパーティー、たっぷり作って、パンも少なくとも、一人一斤はあったのですが、ぺロっと食べてしまいました。
すごいですね〜。
「おいしいから、いっぱい食べちゃいました〜。」っIMG_0024て、冗談じゃないくらいいっぱい食べたよね(^^ゞ。
「みんなで、これおいしいね。」「こうした組み合わせがいいよ。」なんて言いながら食べるのは、とても楽しいです。顔がニコニコ、にやにやしています。
会話もはずみます。
きわどいと心配されている高認受験生からも、「通る気がしてきました。」

昨日は、会場の「もくせい会館」にも下見にも行ってきたし、インフルエンザの予防接種もしたし、あとは、落ち着いて受験できればと思います。

IMG_0025高卒認定試験が終わったら、来週は、デリ&カフェランチの第二弾の中華にしよう!という話になっています。
というのも、女の子たち、作る気満々で、やりたくって仕方ないといった感じ。ほぼ女子会状態です。
餃子がいいね〜。堅焼きそば食べたい!エビチリは?なんて、女子トーク。
こんなふうに、力を合わせて作って、結果みんなが「おいしかったよ〜」「朝からずっと楽しみにしてたよ〜」なんて言われると、頑張った甲斐があったと、うまれてくるのが絆。ますます仲良しになっちゃいます。
こうしたことの積み重ねが、固まっていた心、凍っていた心をもみほぐしていくのです。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月20日

模試の結果ABC・・・E判定

進め01大学受験生の模試の結果が返ってきた。
みんな一堂に伸びている(すごいぞ!)。
その中で、オーッと思ったのが、医学部の判定がようやくBとかCとかでるようになったこと。
大学全入時代となって、大学の何度は、数年前と比べると格段にやさしくはなっているが、東大京大クラスと、国公立や私立の医学部だけは別。今までと同様に競争率は激しく難しい。
今までE判定がずらっと並んでいて、「しかたないよね」と思いつつ、ちょっと落ち込んでいたのが、今回は、「あれっつ、おかしい」( ̄ー ̄)ニヤリッ。
学園のスタッフたちは、これくらいの時間をかければ、こうなっていくだろうと予測していたので、計画通りだが、私の予想より1か月ほど早く結果が出たので、よかった〜。

何より、すばらしいことが、勉強するにあたって、夏休み中も一日も休まなくても、
「文句を言わない、ぐずらない、泣かない、休まない、毎日のリズムを崩さない、自分の不安を人の批判に置き換えない」で、
明るく毎日勉強しているのが、とってもいいなぁと思っています。

こうして納得がいく成績という形になってくるまでは、毎日の努力の積み重ね。
知識という薄紙を毎日毎日積み重ねていき、厚みのあるものに変えていった結果。
「続けてこそ」の結果。
続けるのが何よりも難しいのです。

「こうしたらうまくいく」というお手本が目の前にあるので、○○さんに続け、先輩に続け、と見習って、学園の中でのバトンタッチをしていき、そして、新しくくる新入生へと続いていけばと思っています。
元気学園は、入学時の学力も、在籍期間も能力も人それぞれ、だから、先に行ける人が先に進んでいって、結果、全員が進行方向に進めばよいのです。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 18:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月16日

大学受験親子の温度差

IMG_4014高校3年生が、「先生相談があるんです・・・」と暗い顔で言ってきた。
たぶん受験のことだろうと思ったら案の定その話で、
「実は、夏休みにお母さんと話をした時に、お母さんが言うとおりに、調子を合わせて返事をしてきたんだけど、やっぱりそれじゃあ、無理だと思うし、嫌なんです。」

こういう話ってよくあるんだけど・・・参ったな・・・(~_~;)。

というのは、子どもは、親に良い顔をして、褒められるようなことしか言わない。
でも、現実には、進学となると、模試の結果からした学力や、進学先でついていけるかどうかの理解力などを、十分考慮することが、何よりも必要となる。

元気学園に来た時に小学1年生から勉強を始めたということを忘れてしまって、もうその年齢だから大丈夫だろうというのは、あまりにも大雑把すぎる。
学力、コミュニケーション能力、体力、気遣い、困ったときにする態度・・・・etc、多面的に子どもをみていかないと。

こういう話は、根が深く、進学の時でなく、一生付きまとう。
親に都合の良いことしか言わない(本当を語らない)ということの背景には、
「親子で話し合いができない」という現実がある。
子どもが、親の評価を気にし過ぎているということもあるし、親には、何を言っても通じないと思っていることもある。

元気学園にいる間は、できるだけの通訳はするけれど、一生続く親子関係なので、今のうちに、話し合いができる関係を作ることができればと願う。
話し合いができるようになるのに不可欠なのが、現実を正しく受け止めること。
それなしでは、「もし・・・」とか、「・・・・なら」といった、仮定の話ばかりで、現実からは離れるばかりになってしまう。親が知らない子どもの姿は、現実をよく知っている人、本人をよく知っている人の話を参考に、組み立てていくしか方法はない。何事も、「本人」次第だから。

子どもの気持ちの代弁をすると、父母から、先生が勝手なことを言っていると思われるし、親の気持ちの代弁をすると、子どもたちから嫌がられる。
だから、できれば、子ども(or親)の気持ちの代弁をして、父母(or子ども)から嫌われる役ではなく、親子喧嘩の仲裁をする、親切な人の役をしたいなぁ〜(´∀`)。
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 23:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月05日

受験は体力、脳にも体力

IMG_3954一部の受験生たちを見ていて、勉強時間がもつようになったと感心する。
長時間勉強にも耐えられるようになったw(゚o゚)w オオー!。
(一部というのは、治療教育の途中経過は、全員良くなっているけれど、すべての人が今現在の状態で完全ではないという意味です!)。


勉強時間が長くなっても、そう疲れた様子や、目がぶっとんで、頭がボーっとしているようではない。
夜も12時近くまで勉強しても、朝はいつも通りに起きているし、突然、「今日は調子が悪いから」ということもない。

一日とか二日という、短期間ならだれでも頑張れるのだけれど、長期戦になると
受験は体力」。

体の体力がないと、受験勉強なんて、できません!。
勉強がイヤとは言わなくても、誰かのせいや言い訳などほかの理由に代わって、結果、勉強しなくなっていくのが、体力のなさ。
きっと、そばにいる人は思い当たる節があると思う。
まず体の体力がつくと、疲れにくいので、心が安定します。
そして、脳に体力がつくと、長時間、集中して勉強できるようになります。

元気学園の生活は、脳と体をなおしています。
勉強するから成績が良くなるのではなく、頭がよくなるから(=脳が働くようになるから)、理解でき、記憶できるようになる。
これが、元気学園の治療教育の特徴。

元気学園にきてすぐの生徒たちには、集中できるようになること。次に、勉強時間が少しずつ伸ばせるようにしていく。
それが、ある成長の段階を過ぎると、「長時間勉強しながら×集中力を保つ」ことができるようになる。こうなると、能力のすべてを自分の未来に投入できる。
自分の能力を、目的のために限界まで使えるなんて幸せだ
人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 12:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年07月14日

不登校の中3生、悩ましき進路相談

IMG_8321_1毎年、7月のこの時期、中学3年生は、学校から面談で呼び出しがあり、
「どうしますか?」「行ける学校は」と、
悩ましき相談が始まります。

相談と言っても、そんなに迷う余地はありません。
行ける学校、受け入れてくれるところ、ダメなら、通信でもなんでも、どこかに・・・。
と、藁をもすがる思いで、学校探しに血眼になる。

元気学園にも、中学校との交渉はどうしたらいいのでしょうか?という相談が多くよせられます。
でも、高校進学って、今までの内申書がもとになっていて、中学校との交渉については、どうしてあげようもありません。
今までのことはさておいて、これまでに抜けてしまった教育の穴を、どうように高校の3年間で補うかを考えるほうが重要なのではないのかなと思います。

高校、こうこう、コウコーと、みんな何が何でも高校となってしまいがちなのはわかりますが、
中学校にいけないのに、どうして、高校には行けると思えるのか、

中学校の勉強や、中学生同士の人付き合いができないのに、どうして、高校になると、どうにかなると思うのか、そのあたりは、「そう信じたい」気持ちが強ければ強いほど、現実とかけはなれてしまいます。

不登校の問題を、先送り、先送りしてしまうことに、大きな危機感を感じています。

子どもたちの最も成長する時期に、何が必要か。
体をつくる、学力をつける、粘性相応の人付き合いができるようになる、そういったことをクリアせずに大人になってしまうと、次には、それを身に着ける場すらない、ということになります。

体が成長する年齢には、心も体も変わるので、問題解決にはチャンスです。
どう過ごすかが重要です。
高校進学については、不登校という問題に直面してしまっている現実に顔をそむけず、高校という枠をはずして、我が子が大人になるのに必要なことは何かを良く考えてみるとよいと思います。

不登校の高校進学について、子どもたちにとって何が必要か書いたものがあります。参考にしてみてください。
元気学園ホームページ:不登校の高校進学人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月30日

英検二級の筆記合格しました

IMG_3318ヤッター、先生!
ニコニコで迎えてくれた理由は、

「英検二級の筆記試験合格しました」との朗報。

受験生全員合格したのがまた、ヨカッタ()。

みんな、試験の翌日には自己採点をして、ナカナカ良い点だったと言っていたので、余裕の合格。

二次試験は7月10日。それに向けて、受験勉強の合間に、コミュニケーションの練習です。人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月22日

卒業生たちの行方は、第二の成績表?

IMG_2865進学率や就職率、学校復帰率も、元気学園の成績表のようなもの。
でも、一番心配しているのは、その後どうしているか。
数日学校に行くだけ、学校に合格するだけなら、そんなに難しい事ではありません。でも、続くかどうか、それが重要なのです。

>続きはフリースクール元気学園のホームページ「高校生の不登校」のページをご覧下さい


人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月25日

潔すぎて面白くない解答

IMG_1331数学の問題で、「コンパスを使って作図しましょう。」とあると、コンパスを持っていないからという理由で解かない子がかなりいます。

「なぜだ〜?」と不思議。

コンパスがなくても、あったと仮定して、解けばいいんじゃないのと思うのですが。
最近の子どもは、まず、解かない(^_^;)。

また、何通りという組み合わせを聞いてくる問題も、計算式が立てられなくても、とりあえず、「数えてみよう」と、一から順に数えようとする子が少ない。

さらに、面積や長さを求める問題も、図から、定規で長さを測って、比を使ったら、かなりいいせんまでいくのに、そうはしない。

どうして、解こうとしないのかな〜!!。

私の中学生の頃は、勉強ができない子でも、かなり知恵を絞って、時間の限り答えを出そうとしていました。
執念・・・というくらいの荒手の解答が多かったために、先生は、ムリに歪めて図を書いたりしていました。

今は、きれいに書いてくれているので、ちょっと知恵を使えば、分かってしまうことがいっぱいあるのに・・・しようとしない。

それが、現代っ子なのでしょう。

・・・何だか、潔すぎて、ゼンゼンおもしろくない(^_^;)。

今日の会話の中で、カンニングはしちゃいけないと思うし、悪いことだけど、パラっとめくれた時に見えるのは、目が良いからだから、いいんじゃないの。
視力も実力のうちだよね〜、アハハハ(^-^)。
な〜んて、何気につぶやいたら、すごい目で見られました。
そんなに悪いこと言ったっけ?!。

イヤイヤ、決して、カンニングを勧めているわけではありません。
でも、もうちょっと粘るというか、「能力をフル活用して、やり遂げてやるぜ!」みたいなのがあってもいいかなと思うのですが、みなさんのご意見は?

人気ブログランキングへ

genki_gakuen054 at 20:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年05月23日

コンピューター、それともipad

IMG_2909みんなの勉強促進剤として、一人一台ずつipadを使わせてみようかと考えてみた。
そこで、アップルに連絡したところ、
「ipadは学校用というのはありません。それに今は、まとめて数十台は買えません。
一人2台までが限度なんです。」
と言われてしまった。
だから、順次導入ということでスタートさせた。

一方、ipadより自分専用コンピューターの方が良いという考えもある。
エクセルやワード、パワーポイントなど、簡単な使い方を教えてもらいたいという父母の要望もあるし、今、大学では、コンピューターを使えないなんて考えられないので、苦手な子ほど、少しは使えるようになっておいた方が良いかなとも思う。

そこで、メーカーとの話し合いが進行中。

正直なところ、こういうものを個人専用に導入するのは、ちょっと・・・・と思う気持ちもある。
それは、ゲームを例に挙げると、まず、自分からは止めない。止めなさいと言われるまで止めない。
こんなふうになると、禁止事項ばかり増えてしまうので、言われる方も言う方もお互いにイヤなこと。
でも、コンピューターもipadも自分が使ってみて、「これはいい!!」と思うことがいっぱいあって、
ルールの範囲内で、勉強に関することで、壊れるほどに使ってくれるとしたら、こんなに良いものはない。
また、導入の最大のメリットは、子どもたちの興味や関心、意欲につながること。

勉強をするにあたって、ちょっと背中を押してくれる程度でよい。そんな大きな期待はしていない。
紙に書いて、自分の手を動かしてする勉強に、こういうちょっとしたスパイスが効いて、促進剤になってくれれば、それだけで、プラスがとても大きいと思う。

生徒たちにこの話をしたら、さっそく、
「せんせい、ipadを僕に、優先的に与えてください。絶対に後悔はさせない。」との陳情が来た。
いや〜、意外。こんなに積極的なんだ。
さらに、「僕は、コンピューターに疎いから、ipadよりコンピューターの方が良いと思う。excelとか教えてほしい。」という陳情もきた。
これも、納得。
誰に何が必要か、もう少し、考えさせてもらって、子どもたちにとって、一番よいように、道具が道具として最大限活躍するようにしていきたいと思います。
人気ブログランキングへ
genki_gakuen054 at 20:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月21日

防衛大学卒業のお祝い

IMG_1965昨日の防衛大学の卒業式、その足で、元気学園まで父母、本人が挨拶にきてくれました。
「卒業しました。」との報告。
「元気学園が原点だから、きました。今日の日を迎えられて、先生方に感謝です。」
父も、母も満面の笑み。
体つきは、ますますしっかりして、胸が厚いこと。そして、そこにバッチが光ります。

最初は、本人が動かなくて、何度も何度もお母さんだけが通ってきました。
先生たちの話を聞いて、「ここなら大丈夫。きっと。」と思い、みんなの顔を見ると、「いつかわが子もこうなれる。」という希望を家にもちかえり、お母さんが、子どもを動かすために頑張ったのが今日につながりました。
元気学園は、キャンピングカーで迎えに行ったり、旅行を企画したりして、お母さんの気持ちにこたえました。すると、ようやく動き出しました。
動き出してからは、実力をつけるのみ。
それからの道のりは、体力をつけて、遅れていた勉強をとりもどし、コミュニケーション・・・と元気学園の教育を十分にうけて、大学進学。
大学に合格した時もうれしかったけど、こうして卒業して社会人になる、また、卒業生が日本を守ってくれると思うと嬉しいです。

不登校問題は、子どもの気持ちを聞きすぎて、直るチャンスを失ってしまっている人がとても多いのが、いま日本の問題です。
不登校はイヤとの戦い。
楽とは逆の方向に向かわせようとした時、どうする?って聞いたら、ついイヤって言ってしまうのです。
しかしそこで、子どもの、言葉に振り回されないというのは、大切なこと。
今はイヤでも、いつか良かったと思える日がくると、先を見通せれば、きっと新たな道が開けます。
お母さんの愛を、今感じている息子が今ここにいるのですから。
不登校で閉塞感を感じていた苦しい時期を乗り越えました。これからは、同じような立場にある人の気持ちをわかり、わかるだけではなくどうすればそこを突破できるかその術を教え導ける人になってくれることを期待しています。

genki_gakuen054 at 11:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年03月20日

国公立大学の医学部合格しました

国公立大学の医学部に合格しました。
おめでと〜ヾ(=^▽^=)ノ。
本人の努力とまわりの助けの総合力が、ドアを開けました。
不登校をして全く勉強していない期間を、治療教育システムで乗り越えることができて、時間を取り戻せて、幸せ。
よかったね。
もう一度、
おめでとう
genki_gakuen054 at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

不登校学校復帰のための全寮制フリースクール 【元気学園】不登校365日対応