晴耕雨読、僕は頑張らない !

沢村 貞子(1908年11月11日 - 1996年8月16日)は、生涯に350本以上の映画に出演し、幅広い役柄と個性的な演技で名脇役として活躍した女優です。

先週、NHKラジオ第2放送 ラジオアーカイブス 月曜 午後8時30分~9時00分 (翌週) 月曜 午前10時00分~10時30分(再)で放送していたので、彼女の著書「私の浅草」をアマゾンの古書店から取り寄せ読んでみました。

 
女優として活躍した。日本女子大学在学中
に新築地劇団へ入り、左翼演劇運動に加わって2度逮捕される。その後日活に入社して映画女優となり、東宝を経て戦後はフリーとなる。エッセイストとしても知られ、半生記『貝のうた』『私の浅草』などを発表している。兄は澤村國太郎、姉は矢島せい子、弟は加東大介、甥は長門裕之・津川雅彦である。夫は大橋恭彦で、戦時中に藤原釜足との結婚歴がある。

6月26日沢村貞子

雨が続き畑が耕せません。

自宅のガレージで育てている「落花生」、「シカクマメ」、「丹波の黒豆」の苗が大きく徒長しています。
もう待ったなしです。今日は植えつけようと思って畑に行きましたが、大粒の雨が降り出して今日も退散になりました。  

6月25日 畑 


三津大川に行ってみました。
6月4日に東広島市安芸津町三津を流れる三津大川の河川敷に3本の皇帝ダリアを植えました。誰も見ていない時にコッソリと植えました。11月に大きな花が咲いて人がビックリするのを期待していました。
6月4日のこの川には葦が大量に生えていました。しかし、6月25日のこの川は大水で皇帝ダリアも葦も全部流されてしまいました。



6月25日三津大川に植えた皇帝ダリア 

安芸津町のJAふれあい市に行ってみました。ここは周辺の農家が栽培した野菜を売る産直市があります。
この産直市の野菜は、「新鮮で安全、品質管理が行き届いている。」と評判で、遠方から買いに来る人も多い人気の産直市場です。

今日(土曜日)の午前中といえば、いつも駐車場はお客のクルマで一杯です。ところが今日は空車が目立ちます。中に入ってみました。お客も少なく商品がきわめて少なめです。
雨のため農家の人が畑に行って野菜収穫して産直市に出さないためのようです。それを知ってお客さんも買いに来ないようです。

6月25日 ふれあい市

ふれあい市の中で安芸津名物の赤崎ジャガイモが売られています。
赤崎ジャガイモの中でも美味しいと評判の有田園芸農園のジャガイモがあったので、早速買って、平素、お世話になっている人に送りました。

ジャガイモは、この時期と12月ごろ採れますがこの時期のジャガイモは1カ月もすると芽が出るので小さい箱にしました。

有田園芸農園のジャガイモ

6月25日 有田園芸農園

今日は一日中、雨です。最近、撮った写真を整理しました。

------------

昨日、竹原市の仁賀地区と小梨地区を散策した時の写真です。

竹原市立仁賀小学校は全校生徒10名と教職員が6名の小さな学校です。学校の南側の川の沿って山道を登ってみました。途中、八重垣神社がありました。
この辺りはざっと見ただけで10~15軒くらいの民家がありますが、現在、人が住んでいるのは5,6軒のようです。

八重垣神社を超えて、行けるところまで登ってみました。

6月24日山登り1

6月24日山登り2

6月24日山登り3

棚田はありましたが、残念ながら耕作放棄になっていました。

6月24日山登り4


小梨地区を散策していたら道に迷ってしまいました。帰りの道を探していたらブドウ園がありました。

6月24日ブドウ

---------------------

今日、撮影した我が家の庭です。

ヒマワリが大きくなりました。

6月24日ヒマワリ

ユリの花が満開です。

6月24日ユリ

コキア(ホウキグサ)が順調に育っています。ぼつぼつ移植が可能です。

6月24日

タネから育てているサルビアも順調に育っています。

6月24日サルビア

昨日、学生時代の友人から電話で「今年の夏は、一緒に旅をしましょうよ!」と誘いがありました。
僕も毎日退屈をしている身です。異存はありません。
「どこに行きましょうか?」と言うとと、友人も「どこがいいでしょうか?」と言います。

そこで、学生時代から一度は行ってみたいと思っていた屋久島を思いだして「屋久島でトレッキングなんか、どうでしょうか?」と提案したら「それがいい、それがいい・・、日程など詳細なところは君に任せますよ!」ということで3分で決まりました。

6月23日屋久島
約束した後で気が付きました。彼は、5年前まで海外青年協力隊シニア隊員として3年間アルゼンチンやブラジルの未開なところで現地の人と一緒に暮らしてきた屈強の男でした。
僕のように冷暖房の部屋にいて、一日の歩行数が2~3,000歩、運動といえば2日に1度、1時間程度の農作業をやっているようなやわな男とは正反対です。

明日からは、一日、10,000歩を目指して炎天下の坂道を歩く訓練をしないと迷惑をかけることになりそうです。

予定では、屋久島に2泊3日くらい滞在して、その間にガイドを雇って縄文杉やウイルソン株などを見るトレッキング考えています。

-----------

妻と「尾瀬沼のハイキング」と高知県の「モネの庭」に行く約束が、まだ、実行されていません。格安航空と青春18切符で行ってみたいと思っています。

6月23日尾瀬沼

尾瀬

http://www.oze-hiking.com/map/

6月23日モネの庭

北川村「モネの庭」マルモッタン ホームページ

-------------

この夏は、行ってみたいと思う美術展がないため、最近読んだ本の著者の記念館を一人で訪ねてみようと思っています。吉川英治記念館、谷崎潤一郎記念館、司馬遼太郎記念館、大仏次郎などです。
収入も少なく蓄えもないためこちらも青春18切符と夜行バスの旅になります。

6月23日吉川英治

日本人の心のふるさと|吉川英治記念館 旧宅と草思堂庭園

6月23日谷崎潤一郎


芦屋市谷崎潤一郎記念館

6月23日司馬遼太郎

司馬遼太郎記念館

6月23日大仏次郎

大佛次郎記念館


4月に百均(ダイソー)でサニー・レタスのタネを買いました。
プランターにタネを蒔き、双葉が出たらポットに植え替えました。株が大きくなったら、一回り大きなポットに移植する方法で育てています。土は市販の培養土(14リットル 298円)を使っています。

当初、200ポット以上ありましたが、友人に差し上げたり、朝食の時のサラダで食べたら、残りが100ポットになりました。

6月22日サニーレタス (1)


今日の朝食は、味噌汁と昨夜の残りの「インゲン入りの揚げ出し豆腐」と「インゲン入りのキンピラゴボウ」と「鯵の南蛮漬け」、そして、生野菜(サニー・レタス)のサラダです。

6月22日サニーレタス (3)

今朝は3ポットのサニー・レタスを摘みました。今の時期のサニー・レタスの若菜は、歯当たりがよく甘くて美味しいうえに、血液サラサラなど身体の芯に効いて健康に良い感じがします。

この方法のレタス栽培は昨年秋からやっています。場所を取らないのがいい感じです。
レタスは暑い時期は成長しないのでボツボツ終わりです。来年は、3月の初めにタネを蒔いて今の時期にもっと太らせておこうと思っています。
秋から冬にレタスを食べるために、次回は8月の下旬にタネを蒔く予定です。タネはダイソーでなくて国産の種苗会社のものを使ってみようと思っています。

その他、庭やマンションのベランダでするレタス栽培には以下のようなメリットがあると思っています。
土を扱うことで癒し効果があります。汗を流すことによって病気予防とリフレッシュができます。太陽の光を浴びることにより幸福感を感じることができます。野菜を育てることにより情緒を養うことができます。より安全な野菜を食べることができます。野菜づくりは自分磨きに通じるところがあります・・・・

このブログを読んで「面白い」と思った人は、拍手にクリック(タップ)を願いします。

6月22日サニーレタス (4)

今日も雨が降ったり止んだりです。畑が気になっています。4日ぶりに行ってみました。予想どおり雑草で酷いことになっていました。

目立つ雑草だけを手で抜いて、後は大雑把に刈り払い機をかける・・・、僕流の「手抜き除草法」でも何日もかかりそうです。早速、仕事に入りましたが、また、雨が降り出したので今日も退散になりました。

今までの経験から、野菜づくりは手をかければかけるだけ良い野菜ができるし、同時に収穫した時の喜びも大きいので、地味な雑草の整理もそれほど苦になりません。

僕の場合、除草剤は作物ばかりでなく土も痛めるので、隣の畑との境界のところ以外では使用しないことにしています。

6月21日畑 (1)

今の時期、やっておかなければならない仕事がたくさんあります。
最優先の仕事は、トウモロコシの消毒とネットかけです。昨年はトウモロコシの茎の中に虫が湧いてほぼ全滅でした。一昨年は、カラスに喰われて大被害でした。

6月21日畑 (2)

タネから育ているオクラが19本順調に育っています。ぼつぼつ支柱をしてやらなければなりません。

6月21日畑 (3)

スイカを8株植えています。抜いた雑草をスイカのツルの下に敷いて草マルチをしてやらなければなりません。

6月21日畑 (4)
トマト、キュウリ、ナス、シシトウ、ピーマンの畑も雑草だらけになっています。ここもやはり地道に取り除くしかありません。
6月21日畑 (5)
今日の収穫は、キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、インゲンです。

畑から帰りにスーパーにより、タコを買って「タコのキュウリ和え」を作ってもらいました。「インゲン入りの揚げ出し豆腐」と「インゲン入りのキンピラゴボウ」も作ってもらいました。

とても美味しい水割りの肴でした。

東広島市河内町をドライブをしていたら収穫間近の麦畑がありました。

6月の田舎は緑一色です。こんな中で見る麦畑は小麦色に輝やいてとてもきれいです。まるで印象派の絵を見ているような気がしました。フランスや北海道の麦畑のような大規模ではありませんが、東広島にもこんな風景がありました。
6月20日ブログ (3)

6月20日ブログ (4)

東広島市河内町入野地区で、藁葺屋根を発見しました。

以前、古民家ばかりを撮っている大阪在住のアマチュア写真家から「京都と大阪を合わせても人の住んでいる藁葺き家は3棟しか残ってない」と聞いたことがあります。
本当かどうかはわかりませんが、現在では藁葺屋根はとても少なくなっているようです。こんな藁葺き家をJR入野駅裏で見つけました。保存状態も良く今でも人が住んでおられるようでした。
一年でも長く保存しておいてほしいものです。

6月20日ブログ (2)




朝から雨でした。

NHKラジオの「宇治拾遺物語」、「聞き上手のレッスン」を聴いた後、テレビの「野菜の時間」、「日曜日美術館」を見ました。
畑仕事ができないため、家で、この一週間アマゾンから取り寄せた古書をスキャニングしました。

「真田太平記」は現在第4巻を読んでいます。このため5巻と6巻を取り寄せました。この本は全12巻です。

NHKテレビで放送中のルソーの「エミール」を聴いていますが、発達心理学とか教育関係の本で面白くありません。ルソーといえばフランス革命です。このため「フランス革命の肖像」、「岩波ジュニア新書 フランス革命」を取り寄せフランス革命を勉強することにしました。でも、専門的な難しい本は嫌です。そこで肖像画から見えるフランス革命の本と中学生が読む本を買いました。

太宰治の「二十世紀旗手」「ろまん燈篭」「お釈迦草紙」は、現在、放送中のNHKラジオ「朗読の時間」で朗読されている短編小説(随筆?)が掲載されているので購入しました。

「聞き上手の法則」は、現在、NHK カルチャーラジオ「聞き上手のレッスン 人間関係を良くするヒント」の副読本として購入しました。内容的にはテキストとほぼ同じでした。

6月19日最近買った本

昼からは、天気が回復してプロ野球 広島対オリックス戦の放送がありました。
今日も鈴木誠也選手のホームランでカープが勝ちました。
一人の選手が3試合連続で決勝ホームランを打つということは、プロ野球史上でも珍しいことです。
ところが、我が家に届く読売新聞のスポーツ面ではカープの取り扱が大きくありません。これに比べて巨人の記事が大きすぎます。読売新聞が止めたくなりました。

6月19日新聞

昨日の同窓会会場で、広島で活躍する後輩のシンガーソングライター新屋まりさんの歌を聴きました。
とてもいい歌だったのでCDも買いました。
今、CDを聴きながらブログを書いています。8曲入っていますが、一番良かったのは「すばらしき人生」でした。
曲と歌詞が単調なので僕でも口ずさむことができそうな感じがしました。
ユーチューブを貼り付けました。三角のところをクリックして聴いてみてください。

6月24日同窓会





生きている世界が違うため良く分かりませんが、平和や家庭をテーマにした歌が多いようです。
広島においては、この世界で有名な人のようです。

6月19日新屋まり


今日、カープの試合のある時間帯は、出身大学の同窓会広島支部総会のため広島市内のホテルにいました。

定例の支部総会、勉強会(講演会)が終わり、懇親会が始まりました。
校歌斉唱のあと来賓の挨拶に移りました。3人目の人の挨拶は、「たった今、ニュースが入りました。広島カープが勝ちました!、鈴木選手の昨夜に続くサヨナラホーマーです。」と発表すると場内は騒然、中には「同窓会を止めて、カープ祝勝会にしよう!」、「校歌斉唱に続いて、カープの応援歌を歌おう!」など冗談が飛び交いました。

懇親会の前の支部総会、勉強会(講演会)の時には、僕を含めて多くの人はスマホのスポーツ速報を見ながら講演を聴いていました。中にはイヤホンでスマホから流れるプロ野球中継を聴いている人もありました。でも、9回の表、得点が3対1に広がった時点で、みんなスイッチを切っていました。

それにしても驚きました。

帰宅後、各放送局のスポーツニュースで鈴木のホームランシーンを追いかけながら、1959年(昭和34年)6月25日、ラジオで聞いた「天覧試合の長嶋茂雄のサヨナラホーマー」、昭和54年(1979年)11月4日、テレビで見た「江夏の21球」・・・、いろいろな名場面を思い出しました。

今日の鈴木のホームランは、長嶋、江夏には至りませんが、このままカープが優勝すれば僕にとっては忘れられないホームランになることは間違いありません。
「最高で~す。!」


6月18日 カープ鈴木選手

道路際の花壇と歩道の植え込み(市有地)にヒマワリを植えています。

このヒマワリは昨年まで畑に植えていた品種で、高さは2メートル以上になります。

6月17日 ひまわり (1)


大きくならないようにピンセットで芯を止めました。菊の芯を止める要領で止めましたがうまくいくかどうかは分かりません。
本によると芯を止めると脇芽が出てたくさんの花を付けると書いてありました。

6月17日 ひまわり (2)

ガレージの中では、丹波の黒豆、落花生、シカクマメのタネを蒔いて育てています。
もう少し大きく育ったら畑に移植する予定です。

6月17日 ガレージ豆 (6)

今日の畑の状態です。
手前はトウモロコシ、向こうのビニル・テントの中でトマトを育てています。その右はスイカ畑、左はキュウリとナスを植えています。

6月17日 畑 (3)

今の畑は、雑草だらけです。
刈り払い機で雑草を刈ろうとしたら、ツルナシインゲンが出てきました。植えていることをすっかり忘れていました。丁度良い具合の育っています。
キャベツ、キュウリ、シシトウ、ピーマン、インゲンを収穫して帰りました。

6月17日 畑 (4)

今日の晩御飯のおかずはてんぷらにしてもらいました。

10日ぶりに禁酒を解禁した。
この日のために、妻が通販で信州・遠藤酒造の「夏吟 渓流」という日本酒を取り寄せてくれました。父の日のプレゼントだそうです。気のつかない息子の代わって妻からのプレゼントです。

6月17日 畑 (5)

僕は、NHK大河ドラマ『真田丸』を毎週視聴しています。

この放送に合わせて、池波正太郎「真田太平記」(新潮文庫)全12巻を読んでいます。
読むのは寝る前の30分から1時間です。昨夜、3巻が終わって、4巻に入りました。場面は、テレビと同じで秀吉が北条氏を滅ぼして、天下統一を果たしたところです。

小説と比較しながらテレビを見ていますが、異なるところがとても多くでてきます。こんな場面を見ると、テレビプロデューサーが池波さんに知恵比べを挑んでいる感じがしてテレビが面白く視聴できます。

放送では、ここまでを前半として1月から6月までかけました。後半の12月までの6か月間で「大阪夏の陣」までを放送するのだと思います。
本の方は、4巻から12巻の大きなページを割いて「大阪夏の陣」までを書いているようです。僕がこれだけの量の活字を6か月で読むのは時間的にちょっとハードな感じがします。

平素、僕は、ヒマだ!、ヒマだ!、ヒマ人だ・・・・と、ブログに書いていますが、実は結構忙しいのです。
自宅で花や野菜をタネから育てたり、畑で野菜を作ったり、買い物の運転手をしたり、DIYで小物を作ったり、ラジオのカルチャー放送で教養を身に付けたり、古文書の勉強をしたり、カープを応援したり、衝動で買った古本を読んだり、アマゾンのプライム・ミュージックで音楽を聴いたり、パソコン・スマホ・タブレット・インターネットの環境設定をいじって遊んだり、美術館巡りの旅をしたり、小遣い稼ぎにボランティアっぽい仕事をしたり、下手なブログを書いたり・・・、

6月16日真田太平記3

キッチン兼ダイニングルームを見ながら「この部屋の整理ができないのよね!」と妻が悩んでいます。

そこで、上に炊飯器を置いて、下に炊事用小物を置けるような棚をつくることにしました。昨夜、布団の中でデザインを考えている時に名案が閃(ひらめ)きました。棚の下に車輪を付けてワゴンにする案です。
早速、朝から作成に取り掛かりました。車輪はダイソーで売っていた2つで108円のモノを使いました。
垂木は、買い置きのツーバイフォー材を縦半分ににカットしました。平板は90センチ、45センチのベニアで、これも家にあった端材を利用しました。
大きさは、高さ40センチ(車輪部分は除く)、幅25センチ、45センチです。

6月15日 DIY ワゴンを作りました
出来上がりを見た妻は「また、ガラクタをつくったの!、ゴミが増えただけだわ!」と不機嫌です。

これに対して僕の考えは、表面に紙ヤスリをかけて白ペンキを塗ればきれいになるし、塗らなくても規格大量生産で作られたニトリの工業製品より、手づくりの温もりがあって豊かな気持ちにさせてくれるような気がします。

いかがでしょうか!

このページのトップヘ