大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

ブッダの真理の言葉 第1章~第26章 通読

ブッダの真理の言葉 第1章~第26章 通読
https://www.youtube.com/watch?v=cQ0Wp_yT3hQ

梅尾泰巌
2012/10/26 に公開
寂静山禅定院は、原始仏典に残る「仏陀の生の言葉」により説かれた「真理」に立脚し、不立文字、教外別伝の法としての禅定道の中­で、独自に到達した「寂静禅」による修道を行う禅道場です。 寂静禅経 朗読  ブッダの真理のことば ダンマパダ 朗読 「法句経」口語訳  ブッダの感興のことば ウダーナヴァルガ 朗読 「法句経」口語訳 ブッダのことば スッタニパータ 朗読 「経集」口語訳 ブッダのことば マハー・パリニッ​バーナ・スッタン​タ 朗読 ブッダ最後の旅 「大般涅槃経」口語訳 ブッダのことば テーラガーター 朗読 「仏弟子の告白」口語訳 ブッダのことば テーリーガーター 朗読 「尼僧の告白」口語訳

河野太郎が外務省ディープステイトに…update13

弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/deepstate-assassinate-kono-taro
<転載開始>

戦国武将・毛利元就(もうりもとなり)の直系子孫の毛利忠敦(ただあつ)外務省ロシア課長がセクハラによる停職9カ月の懲戒処分で更迭される。マイダン・クーデターとMH17便か。神戸大学大学院教授時代にヒントがw

毛利忠敦がウクライナで仕掛けていたのにマイダン・クーデターとMH17便の他にバイオ戦争(ASF/豚コレラ)もなのだろ。一服盛られなくても腎盂炎になりそーw
シンジェンタ(Syngenta)の正体。2015年にウクライナで勃発したバイオ戦争は「相棒」のストーリーよりリアル…

「20日から訴えている体調不良」w
料理に一服盛られた?
続きを読む

水道法改悪の闇

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-686.html
<転載開始>
 2018年、12月6日、安倍自民党政権は、自治体の経営してきた水道事業の民営化を推進する法案を強行採決した。
 https://biz-journal.jp/2018/11/post_25727.html

 これは、IMFの提唱するグローバルスタンダード事業の一環で、「公的な業務を民間に委託することで経営合理化を図り国家財政を健全化する」というお題目の下に設定された、IMFに巣くう新自由主義者による国際的な政策運動である。
 http://haigujin.hatenablog.com/entry/20160504/1462326892

 水道法の場合は、どのように変えられたかというと、自治体が、水道インフラの所有権を確保したまま、運営権だけを民間に売り渡すというものだ。
 https://diamond.jp/articles/-/189383

 自治体が水道事業で経営的に困窮を強いられている理由は、第一に老朽化し、耐用年数を超えたインフラを補修し、整備しなおす資金の問題、第二に、日本のような自然災害の多い国で、自然災害によって破壊されたインフラの再整備の資金の問題が極めて、自治体経営を圧迫するコストになっていて、これを改善したいという理由である。

 ところが、水道法改定による規制をみると、水道事業の運営権を得ることになる民間業者=主に、世界的に同様のインフラ経営を代行している企業は、水道インフラ独占により大きな問題を起こしている国際水メジャーといわれる悪徳企業ばかりである。

続きを読む

安倍政権が「親による体罰禁止」の法律を閣議決定し、児童相談所の体制も強化へ 〜 虐待を防ぐ本質的な政策は罰則強化ではない

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=193078
たしか?児童相談所ってノルマがあったような??
<転載開始>

安倍政権が「親による体罰禁止」の法律を閣議決定し、児童相談所の体制も強化へ 〜 虐待を防ぐ本質的な政策は罰則強化ではない

続きを読む

ニュージーランドの銃乱射事件は偽旗で、犠牲者は1人もいない! ~この事件の目的は、“米国民から銃を奪い取ること”と、“第三次世界大戦を勃発させるため”

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=193121
<転載開始>

ニュージーランドの銃乱射事件は偽旗で、犠牲者は1人もいない! ~この事件の目的は、“米国民から銃を奪い取ること”と、“第三次世界大戦を勃発させるため”

続きを読む

モンサントの除草剤「ラウンドアップ」がガン発生の原因だったことを、カリフォルニアの地方裁判所が認めた!

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=193116
<転載開始>

モンサントの除草剤「ラウンドアップ」がガン発生の原因だったことを、カリフォルニアの地方裁判所が認めた! ~この訴訟の結果を受けて、モンサントを買収したバイエルの株価は急落!

続きを読む

★集スト:NWOの新世界システムによる洗脳ネットワーク

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17533.html
<転載開始>
ウォーカーさん、NWOの新・世界システムによる洗脳ネットワーク2019-02-22 01:30:38より転載します。
貼り付け開始

https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12439897519.html

集団ストーカー被害者を苗床として拡大する

新・世界(フラクタル監視)システム!

 

 



続きを読む

★スマートメーターへの交換は百害あって一利なし

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17532.html
<転載開始>
ザウルスでござる。:スマートメーター発火の主原因は“素人作業員”の手抜き?:東京新聞2019-03-06 23:15:51より転載します。
貼り付け開始

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/4f72542704d33721cf2cd3d0f8463efb


スマートメーター発火の主原因は “素人作業員” の手抜き? :東京新聞

東京新聞の今月3月のスマートメーター関連記事 「こちら特報部」 は、スマートメーターの発火が繰り返される原因を掘り下げ、明らかにしている。
続きを読む

★戦争請負「ブラック・ウォーター」がミャンマーの山奥にも進出

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17531.html
<転載開始>
ブラックウォーターが黄金の三角地帯へ展開 <newsNueq-1922>より転載します。
貼り付け開始

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 3月22日(金曜日) 通巻第6025号  
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あの戦争請負「ブラック・ウォーター」がミャンマーの山奥にも進出
 中国が推進する水力発電所「工事現場の護衛」が目的と言うが。。。

 ***********************************

 不可思議なニュースを「ミャンマータイムズ」が伝えた(3月19日付け)。
 ミャンマー北東部、雲南省との国境付近は山岳地愛、
 峻嶮な山稜が連なり、密林をかき分けて行くと少数民族が棲息している。
 この地帯はミャンマー政府の統治が及んでいない。

 中国製武器で武装し、麻薬栽培と密輸で経済活動をおこない、
 ときにミャンマー政府軍と、ときに中国の国境に展開する人民解放軍と衝突する。

 住民にはイスラム教の浸透が見られ、ムスリムの脅威に関しては
 中国とミャンマーの利害が一致するが、水力ダム建設では鋭く対立する。
 中止になったはずのミッソン水力発電所は、
 発電される電力の90%が中国側に送電されることが分かり、
 ティンセイン政権がキャンセルした経緯がある。
続きを読む

NZ銃乱射事件の背後にあるもの・・第三次世界大戦

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52038422.html
<転載開始>
非常に長い記事ですので内容をかなり端折ってお伝えします。
再び、NZ銃乱射事件の続報ですが。。。
今回の銃乱射事件も偽旗であることが証明されていますが、ここ最近、世界中で様々な事件が起こされています。オランダでも銃撃事件がありました。これも偽旗なのではないでしょうか。飛行機が墜落したかのような偽旗事故も起こされましたし。。
世界中で偽旗事件が起こされているということは、レプティリアン側のディープステートはいよいよ世界で戦争を仕掛けるつもりでしょうか。ただ、肝心の軍隊が彼等の命令に従わないのではないでしょうか。

さてと、明日は一日外出しますのでブログはお休みさせていただきます。

https://beforeitsnews.com/v3/opinion-conservative/2019/3441595.html
続きを読む

パパブッシュ、ビル・クリントン、オバマはレプティリアン

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52038421.html
<転載開始>
様々な人物から極秘情報を聞き出し世界中に拡散する先駆者の(プロジェクト・キャメロットの)ケリー・キャシディさんのインタビューでは思いもよらぬ情報が満載です。以下のインタビューでは月に関してとアメリカの3人の大統領に関しての情報が暴露されました。
以前から月は天体ではなく宇宙船だということや月には非常に多くの人間?やエイリアンが住んでいると聴いていました。以下の内部告発者によると、月はドラコやレプティリアンの実験場だそうです。何を実験しているのでしょうか。宇宙船で地球上の人間を拉致し人体実験をしているのも彼等なのでしょうか。
彼等は地球を乗っ取る準備をしているのでしょうね。太古の昔、ドラコやレプティリアンは地球から一端追放されたと聴いていますが、もし彼等が地球を再び奪いとることができれば、人間を家畜のように扱い、食料として食べたり、奴隷にして働かせることができます。
ドラコやレプティリアンが地球を完全に支配する(NWOの体制)には、アメリカなどの大国の大統領はレプティリアンでなければならないのでしょう。トランプはレプティリアンでないため、彼等はトランプをホワイトハウスから追放しようとしているのでしょうね。
イルミナティやフリーメーソンの内部闘争はある意味、レプティリアン(エイリアン)対人間だったりして。。。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3671439.html
続きを読む

We are not alone!:地球はエイリアンだらけだった!?

井口博士のサイトより
https://quasimoto2.exblog.jp/239162171/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

さて、いよいよ桜のシーズンが開幕寸前。最後の春一番が吹きすさむ。

そんな中世界はやはりあまりにいろいろのことが起こりすぎますナ。まさにETのても借りたいほどである。

そういう昨今だが、やはりETはすでにこの地球に降り立っていた。また、天使も降り立っていた。そんな普通の頭の人にはにわかには信じられないこの世界の事実をいくつかメモしておこう。

ちなみに、こういうものを撮影した人は、白鵬やイチローや羽生結弦を撮影しようとカメラを向ける一般人と同様、別に撮影して嘘をつくためにやっているわけではない。あくまで、そこに山があったから登ると同じで、そこに何かがいたから撮影しただけである。CGなど作る暇も金も能力もない。
続きを読む

NZテロ攻撃犯人はシオニスト(モサド)だという話

世界の裏側ニュースさんのサイトより
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12448724481.html
<転載開始>

ニュージーランドの「テロ攻撃」で、犯人の顔にモザイクがかかっていたのが気になって、色々と調べており、その中でいくつかのおもしろい情報を見つけましたが、こちらの情報ですべてがまとまりました。

 

 

 

【画像内の英語文章の翻訳】

 

クライスト・チャーチで起きたテロ攻撃の犯人は、イギリス国籍のユダヤ系の両親から生まれた。彼の家族は1948年の戦争(第一次中東戦争)の後にパレスチナから出国し、オーストラリアに定住していた。

 

犯人は2017年と2018年にイスラエル(パレスチナ)を訪問し、オーストラリアの首都キャンベラ支部のフリーメーソンに所属している。

続きを読む

2段階で寒気南下、週末は強い寒の戻りに(190322)

気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/53156975.html
<転載開始>

1、北半球上空の寒気と気圧配置の動向


 まずは寒の戻りのパトロール?・・・北半球上空の寒気と気圧配置の動向から。
北半球アニメ190322
(スマホ版のブログではアニメが動きません。「PC版サイトを見る」に設定してご覧ください)

 17日(日)頃から明瞭になった-36℃以下の寒気を伴う上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)・・・・
 成長しながら朝鮮半島の北あたりまでやってきました。
続きを読む

中国雲南省で観測史上最大級の激しい雹嵐により大規模な破壊が発生

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/rare-heavy-hail-storm-hit-yunnan-china/
<転載開始>
投稿日:
2019年3月20日 雹に覆われた中国雲南省の金平県


Chinanews.com

続きを読む

はしかと予防接種について、私たち一般人は医学界から「このグラフの歴史の理由」について説明されるべきなのではないかと思った春の日

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/i-want-to-know-measles-history-truth/
<転載開始>
投稿日:
西暦1900年から1990年までのアメリカのはしかでの死者数の公式記録


HealthSentinel.com

続きを読む

韓国人はなぜ今「日本叩き」に躍起になっているのか

ライブドアニュースより
http://news.livedoor.com/article/detail/16197337/
1000年位国交断絶で行きましょうよ!
<転載開始>
2019年3月22日 7時0分

反日がエスカレートしている(AFP=時事)

写真拡大

 北朝鮮との融和ムードが高まる韓国だが、日本との関係は最悪だ。ほとんど言いがかりのような内容も含み、日韓関係を壊しかねない勢いで反日が盛り上がっている。これまでに200回以上韓国を訪れている経営コンサルタントの大前研一氏が、なぜ今、「日本叩き」がいつになく盛り上がっているのか、その背景を分析する。

 * * *
 日韓関係は日増しに冷え込み、改善の兆しが全く見えない。韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた「元徴用工」訴訟問題や日韓合意に基づく元慰安婦のための財団の解散、海上自衛隊P-1哨戒機に対する韓国海軍駆逐艦の火器管制レーダー照射問題に加え、文喜相国会議長が元慰安婦への謝罪は「天皇が望ましい」「その方は戦争犯罪の主犯の息子」などと発言したことで、日本の対韓世論は悪化の一途をたどっている。

続きを読む

【武田邦彦】※他人と比較してしまう人はよく聴いて下さい※ イチローを見てわかった『才能の正体』

【武田邦彦】※他人と比較してしまう人はよく聴いて下さい※ イチローを見てわかった『才能の正体』
https://www.youtube.com/watch?v=cqmHGmE9F7I

武田の本音トーーク
2019/03/18 に公開


インターネットの死

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-cf08.html
<転載開始>

 オープンで、自由で、分散しているよう意図されていたが、今は、我々が見ること、我々が言えることを支配するひと握りの会社に支配されている。

ジョナサン・テッパー
2019年3月8日
The American Conservative

 インターネットはオープンで、自由で、分散しているよう意図されていたが、今日それは社会と経済のために重大な影響力を持っている少数企業に支配されている。インターネットは、そうであるよう意図されたものの逆になった。

 1960年代初期、核攻撃に耐えることができる通信ネットワークの必要性について考え始めた時、ポール・バランはランド株式会社の技術者だった。ランドは、国防総省から、たとえ一部が核爆発に破壊されても、稼働し続けることが可能なシステムを作り出すことを請け負った。それは究極の分散システムになるはずだった。

 1964年、バランはインターネット・アーキテクチャのコンセプトを確立する上で大きな影響力を持った「分散コミュニケーションについて」という題の論文を発表した。

 ヴィント・サーフとロバート・カーンは1960年代後期に国防総省国防高等研究事業局DARPAでこれらの概念を実行に移し、インターネットを可能にする通信方式を作り出した。自由の原則と開放性が設計の核心だった。核攻撃に直面しても強靭なシステム、パケット交換とインターネット・プロトコルがオープンな相互接続を可能にした。

 何年も後に、「インターネットの美しさは、それが、いかなる一つの集団によっても支配されないことだ」とサーフは語った。彼の考えでは「この革新的モデルは,インターネットを、誰にとっても、どこでも、オープンにしただけでなく、既得権益がそれを支配するのを阻止していることだ」。

続きを読む

アメリカは第三次世界大戦シミュレーションでこてんぱんにやられる:ランド研究所

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-7d65.html
<転載開始>

タイラー・ダーデン
2019年3月11日 月曜日- 09:10

 第三次世界大戦のシミュレーション・シナリオで、ロシアと中国に対して、アメリカは負け続けると二人のトップ戦争立案者が先週警告した。木曜日「我々の机上戦で、ロシアと中国と我々が戦うと、青はこてんぱんにやられる」とランドの専門家デイビッド・オチマネクが述べた。

 ランドの机上戦では、机上戦の地図上で青色のアメリカ軍は、様々なシナリオで、相当な被害を受けるが、予想通り赤色の、ロシアと中国が欧米の軍の殲滅という目的を達成するのを阻止できないのだ。

 「我々は多数の人員を失う。我々は多くの装置を失う。我々はいつも、敵による侵略を防ぐという我々の目的を達成し損ねている」と彼は警告した。

 多くの人々が、2020年代半ばには起きるかも知れないと考えている次の軍事衝突で、陸、海、空、宇宙とサイバースペースの5戦域全てで激戦となり、これまでの紛争でそうだったように優勢になる上で、アメリカが困難を味わうことを示唆している。

 仮想机上戦が示した「赤い」侵略勢力は、滑走路上のアメリカF-35ライトニングIIステルス戦闘機をしばしば破壊し、数隻の艦船を沈没させ、アメリカ軍基地を破壊し、電子戦によって、重要な軍事通信システムの支配権を握る。要するに、シミュレーションであるにせよ、アメリカ軍の最も近代的なものが、いくつかぞっとするように全滅するのだ。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場