大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

アメリカ医学の歴史

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/661773687239721
<転載開始>

アメリカ医学の歴史

アメリカでは医師会の設立当初から、アロパシー医学(いわゆる対症療法)を治療の根幹としてきた。それがどれだけの医原病をもたらし、医師会や医学界や製薬業界にカネと支配をもたらしてくれるのか、彼らは熟知していたからである。そして彼らはその対症療法の方針に従わない分野、派閥といったものに対して徹底的に攻撃を加えた。アメリカにおいてその攻撃を加えられた代表格こそがホメオパシー医学(いわゆる同種医学)である。ホメオパシー医学はハーネマンという医師が提唱したもので、同毒を少量投与することで人の免疫反応を賦活化し、根本的に治そうとする試みの一つだ。レメディと呼ばれる方法を用い、カウンセリング的な要素も持ちながら自然治癒力を鼓舞していく。西欧を中心にした根治を考えようとする代替療法の一分野である。これは神経、筋、関節分野におけるカイロプラクティックなども似た構図があった。

ホメオパシー医学やカイロプラクティックはアロパシー医学が浸透するまで、実はかなりアメリカにおいて優秀な成績を残していた(もちろん完全ではない)。しかし利権派の人間達にしてみれば、健康などの分野において優秀な成績を残すということは、カネのなる木を失うということである。そこで今から100年以上前、アロパシー医学派は徹底的なまでにホメオパシー医学を潰すという作戦に出た。その後攻撃はカイロプラクティックにまで及んだのである。これの主導的な役割を担ったのがアメリカ医師会(AMA)である。そのAMAで主導的な役割を担っていたのがジョージ・H・シモンズであり、モリス・フィッシュベインだ。そして彼らは10.に上げるような支配者層と密接な関係にあったことが、多くの資料から明らかにされている。現在西洋医学側の攻撃は非常に功を奏し、ホメオパシー医学は滅びる寸前であったが、有志達の努力により少しずつ復調の兆しが見えつつある。

私はホメオパス(ホメオパシー医学を用いる人々)ではない。カイロプラクターでもない。ネットや講演などでも一定の範囲でホメオパシー医学の問題点も伝えている。しかしそれでもなおホメオパシー医学を応援することには意味がある。このような代替療法的医学を応援することは、西洋医学以外の方法によって根本的に人の病気を治そうとする人々、例えばナチュロパシー医学(いわゆる自然療法医学を用いる人々)やオーソモレキュラー医学(分子整合栄養学と呼ばれる栄養学を用いる一派)などを応援することにもつながるのだ。つまりこれらはやり方は違えど、すべてその病気に対して根本的に治療することができないか?という視点に立っている点で同義であり、やり方の違いは枝葉の問題に過ぎない。これは東洋医学にもそのような観点はあるのだが、現代の東洋医学はむしろその観点が失われつつあり、商業意識や医療化や病気づくりの観点にむしろ協力的であるようにさえ見える。これは部分的にも東洋医学を学んだ人間としては悲しいところがある。

あなた方が飲んでいる西洋医学の薬というのは全て毒である。一般人が考える本質的な薬(いわゆる治癒をもたらすモノ)という観点でいえば、そのような薬はなきに等しい。それはこれまで述べてきたように、西洋医学の薬のほぼすべてが、西洋医学の思惑に従って、病気を作り体を悪くするために作り上げられてきた物質だからである。

続きを読む

消えたアルジェリア航空旅客機。空で一体何が起きているのか??

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2122.html
<転載開始>
最近の航空機事故を書き出してもこれだけ有ります。

特に7月に入ってからは次々と事故が起きている様にも思えます。
何故?どうして?と言った疑問が沢山飛び交っているものです。


3月7日:マレーシア航空機370便・乗員を含む239人消息不明。

7月17日:マレーシア航空117便・乗員を含む295人死亡。

7月23日:台湾の旅客機6702.TW・墜落で47人死亡。

7月24日:アルジェリア機搭乗者110人(?)消息不明。



空では一体何が起きているのでしょうか?

続きを読む

エボラ熱対策の「英雄」シェイク・ウマル・カーン医師がエボラに感染、発症

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2121.html
<転載開始>
この世は理不尽な世界であるといつも思う。

心優しい人間程、辛い道筋を辿る傾向があるからだ。
今回、西アフリカのシエラレオネで、感染が拡大するエボラ出血熱対策を率いているシェイク・ウマル・カーン医師が病気に感染したことが判明した。

保健省は同医師の現段階での容体を明らかにしていないが、一部インターネットなどで出回った同医師死亡の情報は否定している様だ。

フェイスブックの投稿では「ウマル・カーン医師は生きていて、治療に反応している」と強調している。
致死率90%と言われるエボラ出血熱。

しかし、どうかシェイク・ウマル・カーン医師が助かる様に心から祈りたい。
多くの人々の為に病気と闘ってきた「英雄」の命をこの世界から取り上げないで欲しい。




エボラ1

続きを読む

北朝鮮の変遷と半島有事の機運

浮世風呂さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/3b7533e37cfbe088c6f7942b4acad15d
<転載開始>

 大清皇帝功徳碑

◆「中国は千年の敵」と絶叫する北朝鮮の“心変わり”で東アジアは複雑な“新四角関係”

2014.7.22 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN

よく落書きされる「大清皇帝功徳碑」(朝鮮日報HPより)。屈辱の歴史に怒っての落書きか…=韓国ソウル

 「中国は千年の敵だ」。北朝鮮が中国を強い言葉で非難し、対立を激化させている。中国とはかつて蜜月にあったが、一皮むけば清の時代をはじめ、中国には「属国」という屈辱を何度も味わわされてきた歴史がある。

それが「千年の…」という怒りの表現となったのか。核実験準備、ミサイル発射、日本への“接近”と北の最近の動きは、中国を意識してのものともみられている。

一方、中国も北に対し石油禁輸の制裁を実施。韓国との接近で「北外し」をアピールしてみせた。冷戦期から続く「日韓」VS「中朝」という対立の構図は、いま大きく変わろうとしている。(岡田敏彦)
北の変化

 北朝鮮が名指しで批判するのはこれまで韓国、米国、日本の3カ国にほぼ限られてきた。なかでも韓国に対しては「ソウルを火の海にする」「無慈悲な懲罰を与える」などの定型文に加え、朴槿恵(パク・クネ)大統領を「祖国を売り渡すアメリカの慰安婦」などと表現し、最も厳しく罵倒してきた。ところが7月に入って、その矛先が中国に向き始めた。

 朝鮮日報(電子版)などによると、北朝鮮軍の幹部養成学校では「中国は裏切りもので、我々の敵」とのスローガンや「中国の犬を殴り倒そう」と記した看板が掲げられているほか、中国を「千年の敵」と表現し非難しているという。

 昨年3月、韓国の朴大統領が演説で述べた「加害者(日本)と被害者(韓国)という立場は千年の時が流れても変わらない」という“千年の恨み発言”をほうふつとさせる表現だ。

 かつて蜜月関係にあった中国をこれほど激しく非難する背景には何があるのか。

続きを読む

米国マクドナルドのハンバーガーは、犬や家畜のえさ用で人間の食用とならない「くず肉」なのだそうです

株式日記と経済展望さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/609cb5c610f7ac350ecf050c533a7da7
<転載開始>

米国マクドナルドのハンバーガーは、犬や家畜のえさ用で人間の食用と
ならない「くず肉」なのだそうです。家畜のエサを食べている日本の消費者


2014年7月24日 木曜日

<期限切れ肉>中国頼み、脱却困難…低コストで存在感 7月24日 毎日新聞

 中国の食品加工会社、上海福喜食品が期限切れの鶏肉や牛肉を混ぜていた問題の背景には、日本企業が海外からの食材輸入、中でも中国産への依存度を高めていることがある。中国は原材料費や人件費が安く、日本から近いという長所がある。今回の問題で、消費者の中国産に対する抵抗感が高まる可能性はあるが、企業側は中国頼みから脱却するのは容易でないのが実情だ。

【上海のマックからハンバーガーが消えた】

 ◇消費者には抵抗感も

 「中国産が使用できなくなれば、値段を上げて、メニューも考え直さないといけない」。ある外食大手幹部は、中国からの輸入品が欠かせない食材になっていることを強調した。

 国土が広い中国では複数の産地から野菜を調達できるため、日本のように収穫できない端境期が少ない。原材料が安いだけでなく、加工にかかる人件費の低さも魅力だ。日本からの距離も近いので、米国産などと比べると輸送費も安い。食品大手の中には1970年代から中国で冷凍野菜の加工を始めたケースもある。

 スーパーなどで販売されている鶏肉や野菜などの食材は国産が多いが、加工食品や外食では、海外からの輸入食材への依存度が高い。食材の原産地を表示する義務がないことが多いため、食材の価格の安さがより重視される傾向もある。

 拡大を続けてきた中国からの食品輸入は、2008年の冷凍ギョーザ中毒事件で消費者からの不安が高まり、いったん急減した。

 同事件をきっかけにリンガーハットは食材調達を見直し、09年からキヌサヤやにんじん、コーンなどすべての野菜を国産に変更した。「国産に限定すると、天候の影響も受けやすく調達は難しくなる」(広報)というが、国内の契約農家を増やして乗り切った。ただ、8億5000万円のコスト増となり、当時450円だったちゃんぽんを東京都23区内で550円に値上げした。リンガーハットのような動きは少数派だ。

続きを読む

何かが起こる前兆…鴨

飯山一郎さんのサイトより
http://grnba.com/iiyama/
<転載開始>
2014/07/24(木)  何かが起こる前兆…鴨
下図の赤く太い矢印の部分に注目
上のチャートを拡大して見る
上のチャートの赤く太い矢印の部分の出来高は、異常である!

株価は今の価格ではなく、未来価格だ。
つまり、株価は先を読んで動く。
そらそうだ。
投資家は「命の次に大切なカネ」、これを賭けての大博打をしているワケで、だから、必死に未来を見透かす。先を読み抜く。
先読みに成功した者だけが勝利者になれるからだ。

ところで…、
上のチャートの出来高の異常な増加。これは異常だ。
これは、いったい何を意味するのか?

911のときもそ~だったが…、何か異常なコトが起きるのか?

鷲は…、
近々、米国の株価が暴騰し…、その後は暴落してしまう!
というシナリオを想定しているが、これはあくまでも一つのシナリオ。

とにかく、しばらくの間、米国の株価の動きは注目だ。
続きを読む

アメリカ諜報機関: ロシアがやったという証拠は皆無

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-6cb2.html
<転載開始>

Paul Craig Roberts
2014年7月23日

何日間も、敵対的に、マレーシア旅客機墜落はロシアのせいだと主張し続けた後、ホワイト・ハウスは、アメリカの諜報機関幹部が、記者団に、ロシア政府が関与していた証拠は皆無だと語ることを許した。

明らかに、アメリカの衛星写真は、オバマ政権のウソを裏付けていないのだ。もしホワイト・ハウスが、ロシア加担の証拠を持っていれば、何日も前に鳴り物入りで公開していただろう。

ディック・チェイニーが命じた機関粛清後も、非合法活動部門と対照的に、CIAの分析部門が、品位ある分析官を維持していたことは我々にとって幸運なことだ。CIAが、ブッシュ政権の戦争の為のあらゆるウソに即座に同調しないことに激怒して、チェイニーが機関を粛清した。この組織の非合法活動部門は、また別の話だ。CIAのこの部門は、アメリカ法に違反して活動しているのだから、予算を与えずに、廃絶すべきだと考えている人は多い。

アメリカ政府が非合法活動を撤廃したり、ホワイト・ハウスが、ロシアにつきつけた、根拠のない言いがかりや当てこすりを、オバマ政権がロシア政府に謝罪したりするまでは油断してはならない。

アメリカの諜報機関幹部がこうして認めているにもかかわらず、プロパガンダ省は既に、この承認を損なうべく作業中だ。諜報機関の幹部自身、キエフ政権が、分離主義者を攻撃するようになった“諸条件を生み出した”のはロシアなので、ロシアは恐らく間接的に責任がある、と主張している。

言い換えれば、アメリカ国務省幹部ビクトリア・ヌーランドが監督したアメリカ政府によるクーデターは、民主的に選出されたウクライナ政権を打倒し、過激なロシア嫌い連中をキエフ政権にしつらえ、その連中が、ロシアとウクライナが同じ国の一部だった時代に、ソ連共産党指導者が、ウクライナに編入した元のロシア領内で、彼等に反対する人々を攻撃していても、この結果にはなんの責任もないというのだ。

アメリカ政府は無辜だ。ロシアが悪い。以上で話は終わり。

続きを読む

絶対に阻止!山田元農水相が「TPP差し止め訴訟」へ

カレイドスコープさんのサイトより
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2953.html
<転載開始>
20140723-3.jpg

パブリック・シチズンのロリ・ウォラックさんとともに山田元農水相。
日本より
アメリカの独立系メディアでのほうが紹介される機会が多いという情けない現実とこの国の民度。

TPPは違憲!
山田正彦元農林水産大臣が「TPP差し止め訴訟」へ向けて準備中


「TPPはまさに憲法違反の問題じゃないか」

(※小見出しは、管理人が分かりやすく形容したものです)
続きを読む

ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 -その2 最終章-

ROCKWAY EXPRESSさんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Date/20140724/1/
<転載開始>

7月17日、3機の民間航空機がほぼ同じ空域を飛行

◆7月24日

 ウクライナの戦闘機がマレーシア航空機に接近したのは、地上からのミサイル攻撃が失敗した際に、戦闘機自身が攻撃するためだったのではないだろうか。これはこの航空機をなんとしても撃墜したかったというウクライナないしは欧米側の強い意思を感じさせられるものとなる。

 ウクライナ政府は航空機撃墜直後に、親ロシア派の交わしたとされる会話を公開したり、ブク・ミサイルが親ロシア派の手に渡ったということを主張する映像を公開したりしているが、それら全てが、インチキないしは出来ゲームというか、あらかじめ準備されたいたもの、という感じになっている。

 そしてアメリカは証拠の衛星写真がある、と主張したが、号泣した野々村市会議員が1200万円は返却します、と宣言はしたが、入金は確認されていないと今朝のニュースにあったのと似ていて、アメリカ側は今に至るも、その衛星写真とやらを公開していない。今、一生懸命その「衛星写真」を創作しているのかも知れないが・・・

 欧米側の主張している、「親ロシア派が誤射した」、という声明を擁護する証拠となるものは、この通り結局何も無い、というのが実情であり、逆にウクライナ軍が撃墜した、ということを示す資料、状況証拠の方が充実しているのである。欧米側が示すものは却って、自分達が真の下手人であることを示すものになっている。そういう状況を日本のメディアは何も示さない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む

太陽の上部に巨大な物体が。。。太陽にエネルギーを供給しているのでしょうか。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51934013.html
<転載開始>
今週は、太陽が異様な活動をしているそうです。最近、地球でも異様なことが起き続けていますが。。。
NASAの最近のサテライト画像で分かったことは、太陽の上部に高熱を放射している巨大物体が出現しているそうです。どうやら太陽にエネルギーを供給しているようだとビデオ投稿者は言っています。。。現在、太陽に黒点が殆どない状態です。
太陽に何が起きているのでしょうか。この巨大物体は何なのでしょうか。プラズマの王様?巨大UFO?それとも神なのでしょうか?本当に不思議です。
追記:NASAは以下のSOHO画像(太陽の上部に巨大な物体が映っている画像)を既に削除してしまったそうです。NASAは一体何を隠しているのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/paranormal/2014/07/whaat-wth-large-object-magnetically-interacting-with-our-sun-video-what-on-earth-heads-up-2472670.html
(概要)続きを読む

アメリカの南部国境沿いを国連部隊が占拠しました。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51934004.html
<転載開始>
中東やウクライナであのようなことを起こしておきながら、水面下ではアメリカ侵略が着々と進行しています。アメリカの国境沿いから今も大量の不法移民(多くがメキシコ人)がアメリカになだれ込んでいます。そして全員を施設に収容し、その後、アメリカ各地に送り込んでいます。彼らの多くが伝染病にかかっていますから、今後、アメリカ各地で移民が持ち込んだ様々な伝染病が流行することになるでしょう。
そして、なんと、これらの不法移民の対応を行っているのが国連だったのです。以前から国連部隊がアメリカに潜入していることは伝えられていましたが、彼らはこのためにアメリカに派遣されたのです。
不法移民を収容する施設はFEMAキャンプではないそうです。FEMAキャンプは米国民が収容される施設ですから。。FEMAは2億人の米国民が死亡すると計算しているそうです。なぜ?
FEMAとは別に、不法移民を受け入れるためにわざわざ新たな施設を建設したようです。つまりずいぶん前からアメリカ侵略が計画されていたということです。世界を支配する連中はアメリカという国を亡くして北米連合を創りたいようです。
EUの次が北米連合、その次がTPPでアジアを統合し、最後にNWOということでしょう。
アメリカではどの政治家も大量不法移民問題に取り組もうとしません。彼らは全員が単なるシオニストのポチだからです。アメリカは今後どうなってしまうのでしょうか。本当に。。。多くの米国民が気付かない間に、アメリカが外国勢力に侵略され、全米に外国軍や国連軍が配備され、米国民を完全統制することになるのでしょうか。その時には米国民は大変なショックを受けることでしょう。そうならないように、アメリカの勇士は何とかしないと。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/huge-alert-border-patrol-agents-expose-un-control-of-us-border-outrage-2998686.html
(概要)続きを読む

NHK、3年以内にネットも受信料徴収の対象に!籾井NHK会長「ネット視聴者からも受信料を徴収する」

真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3248.html
<転載開始>
20140724040301sdfs.jpg
7月23日、NHKの籾井勝人会長が毎日新聞のインタビューに対して、3年後を目処にインターネットからも受信料を徴収する方針であることを明らかにしました。NHKは近い内にインターネットでの配信を行いますが、これがインターネットからも受信料を徴収する根拠になると会長は述べています。NHKの配信に対応する予定のネット端末は携帯電話やスマートフォン、パソコンなどで、家にテレビがない家庭でもNHKの受信料支払いが義務付けられる可能性が高いです。

NHKの受信料支払いを拒否する方は年々増えていますが、その影響でNHKは受信料の徴収を強化しています。政府もNHKの受信料強化には前向きな姿勢を示していることから、特に大きな反発などが無い限り、NHKのネット受信料徴収は実行されることになるでしょう。

安倍政権はNHK等の掌握に力を入れていますが、この調子で気が付いたら「完全国営化」とかもありそうですね(苦笑)。NHKの受信料支払い義務⇒NHK完全国営化みたいな感じで・・・。

続きを読む

迷惑な隣国のプロパガンダ~中国編

二階堂ドットコムさんのサイトより
http://www.nikaidou.com/archives/47495
<転載開始>
中国政府が200ヵ国向けに多言語で展開する中国国際放送は、今日もディスカウント・ジャパン任務に忠実であります。買収された一部の米下院議員だけでなく、4月に北京で経済・文化交流イベント「南アフリカ年」を開催した南アフリカや2020五輪招致候補だったスペインのコメントを都合よく利用していますね。

 

中国の対外宣伝工作と中国中央テレビの国際放送戦略

(ICCS国際中国学研究センター)

http://iccs.aichi-u.ac.jp/archives/report/038/5099f26fb4348.pdf

 

2014.7.17国連人権理事会、日本の「慰安婦」問題に関心

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/17/142s223913.htm

 

2014.7.16 鳩山元首相、「日本が中日関係を窮地に追い込んだ」

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/16/241s223900.htm

 

2014.7.16 日本社民党、安倍首相が日本の安保環境悪化の根源

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/16/181s223879.htm

 

2014.7.12 スペイン語メディアが日本政府の挑発行為を非難

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/12/145s223696.htm

 

2014.6.30 米下院議員、連名書簡で日本政府の歴史認識を批判

http://japanese.cri.cn/881/2014/06/30/241s223003.htm

 

2014.6.3 「慰安婦」問題に関するアジア連帯会議、東京で開催

http://japanese.cri.cn/881/2014/06/03/162s221864.htm

続きを読む

7/24 Twitterいろいろ

主に東海アマさんのTwitterより



続きを読む

ガザの面積の半分が白リン弾の有毒ガスで覆われてしまいました。

日本や世界や宇宙の動向 さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933999.html
<転載開始>
ガザが大変なことになっています!
ガザのあちこちに(イスラエル軍により)白リン弾が投下されたことで、ガザ全体が白いガスで覆われてしまっています。白リン弾は有毒ガスで、なんでも焼き尽くしてしまうそうです。10万人の市民がガザから国連のシェルターに避難していますが、彼らを全員受け入れるスペースもなく。。。避難民はどこへ行けば良いのでしょうか。
本当に恐ろしい状態です。もはやガザには人が住める状態ではありません。ガザにパレスチナ人がいなくなったところで大勢のイスラエル人が移住してくるのでしょうね。それが彼らのやり方です。
イスラエル政府(シオニスト)は世界最悪のテロリスト集団だということが分かります。シオニストはイスラム過激派(ISISなど)を裏で支援しているのです。こんなことができるシオニストは多民族の大量虐殺を生きがいと感じているのでしょう。本当に酷い連中です。

http://beforeitsnews.com/israel/2014/07/breaking-new-massacre-right-now-almost-half-gaza-city-covered-with-white-phophorus-gas-2446566.html
(一部のみ紹介)続きを読む

フロリダではアリやゴキブリの殺虫剤として「アスパルテーム」が欠かせない。

光軍の戦士さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11898873491.html
<転載開始>

フロリダではアリやゴキブリの殺虫剤として

   「アスパルテーム」が欠かせない。




shuu さんのツイートより

https://twitter.com/shuu1984/status/491934761179709440

アリが多く家に入ってくるフロリダ州では、

たくさんの人々がアスパルテームでアリを退治している。

ゴキブリなども一緒に殺せる。

虫が多いフロリダでは殺虫剤としてアスパルテームが欠かせない。

アスパルテームの入った水を飲んで死んだアリとゴキブリ

埋め込み画像への固定リンク




続きを読む

雑草とは何か? 雑草は土地を荒らすのではなく、土地を豊かにする

るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=292713
<転載開始>
292655で「雑草と共生し、雑草とに学ぶ」川田農園を紹介したが、そもそも雑草とは何なのか?興味が出てきたので調べてみた。

以下の引用から考えると、「雑草は土地(田畑)を荒らすのではなく、雑草が土地を豊かにする」のではないかと思えてきた。
雑草は土中にビタミンやミネラルなどの微量元素を供給し、土中微生物を育成、さらには強い根によって土地の保水力を上げ、土中温度も上昇させる。
氷河期の荒れた大地に誕生した雑草類は、土地を荒らすのではなく、土地を豊かにし、大地を蘇らせる。これが自然の摂理なのではないか。

そう考えると、雑草が生えるのを非とする、近代農法は自然の摂理を大きく逸脱しているように思われる。

「雑草が土地を豊かにする」

この認識に立って農業生産を考えられないか。
更に追求してみたい。

以下、『雑草について考える』 九州東海大学農学部教授 片野学氏による講演「有機農業の明日を考える」から抜粋(リンク続きを読む

光トポグラフィーの嘘

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/661432980607125
<転載開始>

光トポグラフィーの嘘

光トポグラフィーで精神病の客観的診断ができると勘違いしているグーミンに朗報です♪。ワクチンの強制摂取問題で有名になっている神奈川県が、今度はワクチンとセットで儲かる精神医学にも手を出そうとしています♪。
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p818588.html

グーミンというのは心の底からバカであり科学を信じているので、どこまで行っても騙されるのは当然ですが、バカであるがゆえになぜ光トポグラフィーの話が嘘なのかもわかりません。グーミンはこういう時に光トポグラフィーの嘘などで検索しますが、そんなもの調べても答えなんて載っているわけありません♪。ま、載っててもヒントとして私の書いた何かが載っているくらいでしょうね♪。

精神医学は人々を騙すためにさまざまなウソの科学的検査とその手法を編み出してきました♪。全てのアンケート調査がウソであることなんて常識中の常識ですが、これはアンケートなどというあいまいなものでなく、実は科学を装ったすべての検査に言えることなんです。これはいい方を変えれば精神医学だけでなく、「脳科学」においてもウソがあふれているということです♪。

検査として一番よくあるのは脳のMRI、PET、SPECTなどの画像検査ですが、それと近いものとして光トポグラフィーというものがあります♪。これ自体が巧妙に罠を貼りめぐらせた金儲けのためのニセ検査の代表格なんですが、その検査自体私は受けたことも研究したこともありません。しかしそれでもそう断言できてしまうのです♪。

なぜそう断言できるのでしょうか?まず一つの要因は精神疾患と呼ばれるニセ病名の症状が、すべて主観に基づいたどうとでも操作できるシロモノだからです。例えばここではやる気のない状態=うつの一症状として考えますと、人間関係がうまくいかなかったものもうつになります。パワハラされていたものもうつになります。恋愛で振られて落ち込んでいても立派なうつになります。性格上「サボリ」の人間も主観でとらえればうつです。更にいえば精神科に演技で「やる気しない」と訴えれば立派なうつと診断されます。ここで問題はそのような主観に基づいたいい加減なものを前提として、この検査たちは実行されるということです。いい方を変えればうつが本当に100%その状態かということさえ示せないまま、研究の前提としているということです。

しかしそれ以上に普通の医学的な問題がありますが、これがグーミンにはさっぱりわかりません♪。光トポグラフィーは脳の血流のマッピングが本態ですが、どーしてアホなグーミンたちは血流があがる=脳の機能がよくなるしか考えないのでしょうね♪。脳の血流が上がってないところで別の要素で神経伝達物質がいっぱい出たらどうするのでしょう?脳の神経伝達物質の動きによって、さらに体のほかのホルモンが動いたらどうするのでしょう?ま、挙げればきりがないのですが、そういうことさえ考えずこういう機器をさっさと信じちゃうバカたち、それがグーミンでありジャンキーであり毒親たちだということですね♪。

続きを読む

我々はいかに考えるべきか

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/661346087282481
<転載開始>

我々はいかに考えるべきか

我々はこれまでの基礎的な知識を踏まえていかに考えるべきだろうか?まずこのウォールに書かれていることをうのみにしないことが最も重要だ。それは虚無主義である私が述べる上でも最も必須であり、そのように情報に洗脳されることをやめ、自分で調べ、自分で考え、自分で選択し、自分で責任を取ることの重要性をまず認識しよう。

私とて別に無理やり人々をバカだとか愚民だとかグーミンだとか言いたいわけではない。そうでない人が増えていただいた方が私とてうれしいに決まっている。しかしそういわざるを得ないくらい全人類は愚民化させられているといって過言ではない状況なのだ。グーミンというのは何かを知らないからグーミンなのではない。逆になにかオタククサイ知識をもっているからグーミンじゃないわけではない。これはこの世で策謀に対して述べている多くの発信者の人々であってさえもそうである。

特にそのような人々は策謀について一定の理解をしたために、自己を妄信化し違う意味で刷り込みされていることに気づいていない。自分たちが違う意味で非洗脳者であり、違う意味でB層であることにも気づいていないのだ。私に言わせればそのような人々はA層ではなくB´層とでも呼ぶべきだろう。自分たちが所詮B´層だといわれたら、多くの発信者はむきになって怒るか、「キミよりは知っているよ」などと自己防衛するのが基本行動となるだろう。それがどれだけ愚かな行動かなどそのような人々に理解できるわけはない。

そもそも知識などというものはこの世界では一定以上不要なのである。知識を集めていけば集めていくほど本質や根幹というものが見えてくる。それを知ってしまえば末端や枝葉の知識は一切必要なくなり、何かを判断するときに知識を使う必要がなくなるのだ。本来それこそが知恵であり、知恵は直感や本能と密接に関係している。人類という種族はグーミンとなっているためもはや野生生物よりも生存力が低いが、本当に野生生物よりも賢い生物であるならば、「直感」や「本能」と「知恵」や「知識」が複合的に絡んで真に意味ある判断を下せないといけない。残念ながらそのような人を見つける可能性は皆無に等しい。

私はグーミンという言葉を多用しているが、書いていることはいかにグーミンから抜け出すかという考え方の提示であるということだ。もともとグーミンという言葉には「人々よ、もう少し自分の愚かさを知り、自分で勉強し、全体や根幹を見る目を養って、グーミンを抜け出してほしい」という意味が込められているが、実際はグーミンという言葉を自分に向けられたときにニンゲンは逆切れするのがオチである。綾小路きみまろに「おばあさん、顔がやつれてますね」と言われたらそれを自覚して笑うことができるのに、グーミンと言われたらもう思考は停止して自己正当化に走り出す。それこそがまさにグーミンがグーミンたるゆえんであろう。ぜひ自己をすべて否定的に見直してみてあらたな思想に進んでくれることを望みたい。

続きを読む

女性は乳がん検査でだまされている!

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/661294923954264
<転載開始>

女性は乳がん検査でだまされている!

イーサン・A・ハフ

病気を治療し健康になるためには、薬や手術が必要だと信じてくれる人がいるおかげで、西洋の医療は成り立っている部分が大きい。そのため、研究では、事実の操作、統計結果の歪曲により、新しい治療法や薬の良い面ばかりを描き、同時に発生するリスクを覆い隠すことが頻繁に起きている。効果があると言われている乳がん検査も例外ではない。マンモグラム (乳房X線写真)は多大な恩恵をもたらすと、しつこく騙され、信じ込まされている。本当は、ほとんど無駄なことが示されている。

癌の研究では、ミスマッチド・フレーミング(mismatched framing)というテクニックを使い、副作用は「絶対値」で表し、利点は「相対値」で表すようにしている。同じ事実に対し、異なる尺度を使えば、(真実とこじつけることは可能だが)結果は詐欺になる。

ある統計では、定期的な乳癌検査によって、乳癌の死者が〔相対値で〕25%減ると言っている。それは相当な効果だと思われるだろうが、本当のところは、定期検査を受ける女性千人につき、命が救われる女性が〔絶対値で〕一人増えるだけだ。検査の有無に関係なく言えば、女性千人につき4人が乳癌で死ぬ。検査を受けた女性だけで言えば、女性千人につき3人が乳癌で死ぬ。この4人から3人に減ったことをもって、25%の削減と言っているのだ。

そして、話はまだ半分だ。検査を受ける千人の女性の20%(200人)が、手術、放射線、化学療法で不必要な治療を受けることになる。検査結果が不正確なため、最高500人が不必要な生検(バイオプシー)を受ける。この途方もない危険については語られることはなく、25%の死亡率削減という欺瞞の数字を使って女性を検査へと誘惑し、熱心に検査を推奨し続けている。

続きを読む

オバマは休暇中です

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5296.html
<転載開始>
ウクライナ軍の戦闘機が2機、親ロシア派に撃墜されたというNEWSがTVでも流れているんだが、正確には「戦闘機」ではなく「攻撃機」だそうで、低空を飛ぶので、よく撃墜されるらしい。まぁ、ウクライナ軍は制空権を持ってない、という事です。

ウクライナ軍機2機 撃墜されたか
7月23日 20時43分

欧米の複数のメディアは、ウクライナ軍の情報として、ウクライナ東部で23日、ウクライナ軍の戦闘機2機が、親ロシア派の武装集団によって撃墜されたと伝えています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140723/j65430710000.html
[BBC] BC Breaking News @BBCBreaking
Two Ukrainian fighter jets shot down by pro-Russian separatists in east,
defence ministry in Kiev says
http://bbc.in/1sQquDW
20:44 - 2014年7月23日
https://twitter.com/BBCBreaking/status/491911680549732352

[CNN] CNN International @cnni
BREAKING: Two Ukrainian fighter jets shot down in country's east,
#Ukraine's counter-terrorism spokesman tells CNN:
http://cnn.it/18lOyG6
20:45 - 2014年7月23日
https://twitter.com/cnni/status/491912059463172097

[WSJ] Wall Street Journal @WSJ
Breaking: Pro-Russia rebels down two Ukrainian warplanes in the east,
Ukraine army spokesman says.
http://on.wsj.com/1zN46xe
20:48 - 2014年7月23日
https://twitter.com/WSJ/status/491912678823440385

もちろん親ロシア派は戦闘機持ってないので、そっちが制空権を持っているわけでもない。まぁ、プーチンとしては、「親ロシア派が負けない程度の装備」を支援して、ダラダラと内戦を続けさせるというのが手口です。
続きを読む

上海福喜食品有限公司はアメリカの会社

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5295.html
<転載開始>
中国では、マクドなどの外資系飲食が大流行で、共産党政府がイライラしてるらしいw そこで店の不祥事を探ってネガキャンで叩いたりしているんだが、今回の腐った肉問題も、そんなバトルの延長線上にあるらしい。まぁ、日本はトバッチリだ。

<期限切れ肉>「原料チェックしていない」...ファミマ社長
 上海福喜から鶏肉を仕入れていたファミリーマートの中山勇社長は23日、「私どもは信頼関係を裏切られた。
国内ではお客様の信頼を裏切った」と陳謝した。東京都内で記者団に語った。
 社長によると、ファミリーマートは仕入れ前、社員を現地工場に派遣し、安全管理体制を点検。
発売前にも取引を仲介した伊藤忠商事が品質を確認した。
社長は「かなり厳しくチェックした中で起きたのでショックは大きい」と述べる一方、「先方の原料のチェックまではしていない」ことも明らかにした。

ところで、「上海福喜食品有限公司」というのはアメリカ系の食品会社だ。アメリカが中国で儲けるのを気に食わない共産党政府が、狙い撃ちにしている感があるんだが、まぁ、せいぜい銭の亡者どうしで殺し合いしてくださいw
続きを読む

安いもんにはわけがあんだよ

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5293.html
<転載開始>
中国の食品工場の映像がNEWSで流れて、黴だらけの変色した肉やら、床に落ちた挽肉やら、衝撃的だったんだが、そら、安けりゃいい、という世の中では、そうなるに決っている。問題の食品工場で働いているのは、都会の洒落たマクドナルドなんか一度も行った事のないような、中国の最下層貧民です。自分が食うわけでもないモノを作っているんだから、気合も入らないw

日本マクドナルドの人気商品チキンナゲットの一部で、期限切れの鶏肉が使われた疑いがあることがわかった。
問題となった中国の工場では、目を疑うようなことが行われていた。街では、「食べたね、食べたよね」、「お母さんも食べたでしょ」、「えっ!! めちゃめちゃ食べてるんですけど」などといった声が聞かれた。

自分が食うモノを作っているなら、「青くなった肉」なんか使いませんよねw 自分が食べる可能性もないようなモノを作らされているから、平気で、こういう不衛生な事ができる。もちろん、マトモな衛生教育も受けてない。中国には保健所がないのかね?
続きを読む

テレポーテーションは20年後には可能になる!!?

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2118.html
<転載開始>
粒子を離れた場所に転送する技術・・・。

これを読んで最初に思い出したのはあの恐怖映画「ザ・フライ」だ。
「傲慢な科学者が招いた悲惨な事故」と言うものは、よくある話なだけに以外に現実味のあるストーリーになっている。

註:心臓の弱い方、恐怖映画が苦手な方は決して再生しないで下さい!!

ストーリー

科学者セス・ブランドルは、「隣り合う2つのポッドの片方に収めた物体を細胞レベルで分解し、もう片方へ送った後、元の状態に再構築する」という物質転送機「テレポッド」を開発中。無機物の転送実験には成功していたセスだが、有機物では失敗が続いていた。

ある日、自分を取材した記者であり後に恋人となるヴェロニカの助言を得たセスは、それをヒントに改良を重ね、遂に生物の転送に成功。しかし、ヴェロニカと彼女の元恋人ステイシスとの関係に嫉妬し泥酔したセスは、その勢いで自らの身体を実験台とした転送を行う。

転送直後は何一つ不具合はなく、むしろ転送前より強靭となった事で成功を収めたかに見えたこの実験だったが、その後セスの身体に数々の異変が発生。調査の結果、実験時に彼の入った転送ポッドに1匹のハエがまぎれ込んでおり、再構築にあたって、遺伝子レベルでセスとハエが融合したことが判明した。

異常な身体能力を得ると共に肉体は変貌し、日ごとに人間ではなくなっていくセス。彼の身を案じるヴェロニカだが自身の妊娠が発覚、彼女の胎内に宿ったセスとの子供もハエの遺伝子を受け継いでいる可能性があると知る。ヴェロニカはステイシスの助けを得て堕胎手術に臨むが、思考までハエと化しつつあるセスに妨害され、研究室へと連れ去られる。


続きを読む

中東呼吸器症候群(MERSウイルス)、空気感染の可能性も!!

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2117.html
<転載開始>
こんにちは、七曜高耶です。


CNNの動画を貼り付けたかったのですが、無理でしたので国内のを貼り付けました。




今回猛威を振るっている「エボラ」に続き中東より「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが至る所で発見されている様です。
このウイルスについての詳しい感染経路はまだ確認出来ていないようですが、もしかすると「空気感染」かもしれないと言う事で、日本でもその時に備え、訓練をしています。
以下には七曜が視た夢記事のURLを貼り付けていますが、2013年に視た夢が今回のものに近い夢だと確信しています。


続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為にポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ