大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

プレアディス、目覚め、光のファミリー、12のDNAの解除

地球文明は神々の都合により、またしてもリセットされるのでしょうか?


プレアディス、目覚め、光のファミリー、12のDNAの解除
https://www.youtube.com/watch?v=Tf-MsRZnhgg

mackenmov
2013/10/20 に公開

思い出す為にやってきた。
創造主は生命エネルギーエッセンス、分身を宇宙に広げた。
ポータルはエネルギーが通過する場所。
美しい地球は本来「交流の場、生きた図書館」としてデザインされた。
しかし、ある種族が30万年前に地球を乗っ取った。
彼らは地球の人々に情報を隠し自らを素晴らしい存在と位置づけた。

光は知識、闇は情報の欠如

30万年前に地球を乗っ取った存在は人間のDNAを改ざんし限られた周波数だけに反応­するようにした。

ライトワーカーは修正されたDNAを変更する為に生まれた。

地球の変化は宇宙におよぶ。
かつての計画が花開きつつある。

お金のない世界 杉作童話

今川杉作さんより
https://www.youtube.com/watch?v=B4Jx3SfGOR4&feature=youtu.be

2016/05/04 に公開

安心してお子様にもご覧頂けます。

地震情報

地震情報
発生時刻2016年5月4日 19時20分頃
震源地熊本県熊本地方
最大震度震度4
位置緯度北緯 32.8度
経度東経 130.8度
震源マグニチュードM3.9
深さ約10km
続きを読む

●”時代のあだ花”安倍政権 詭弁解釈を排除する改憲と云う選択

 世相を斬る あいば達也さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/7659dd8d0eada29b93f9785257aa88d2
<転載開始>
●”時代のあだ花”安倍政権 詭弁解釈を排除する改憲と云う選択

5月3日は、大型連休の祝日の1日に過ぎないと考える国民が増えているのは事実だろう。悪しき思惑を隠そうともしない安倍政権下においては、凪の中で迎える憲法記念日とは趣を異にする。幾分大袈裟な受けとめ方にも思われるが、国際問題の解決を、強力な軍事抑止力で解決しようと企てたり、衰退気味の米国の穴を埋める代打自衛隊(集団的自衛権行使)の軍事力を高め、平和憲法など帳消しにしようとしている人物が政権に就いている状況なのだから、平和時の憲法記念日とは、色合いは異なる。

各地で、護憲、改憲派が二手に分かれて、憲法記念日の集会を開いていた。改憲派にしてみれば、このような機会は二度と訪れないと云う強い自覚があるので、観察するかぎり必至だ。改憲に賛成する考えの人々の、その目的や変えるべき部分に関しての意見は多様で、その改憲部分の統一は見られない。護憲派は、理屈抜きに“手を着けるな”と云う意思統一があるようだ。各種世論調査などを見てみると、改憲派は40%~45%、護憲派は60%~55%程度になっている。筆者は、どちらかと云うと改憲派だが、日本会議系の人々との考えの逆さまで、もっと国家権力を縛りつける憲法に改正する考えに賛成だ。

幸か不幸か、安倍政権と云うナチ手法を踏襲すると、現在の憲法条文では、充分に国家権力の暴走や、官僚らによる、詭弁的解釈論が入り込む隙があるわけで、安倍政権と云う国家権力の濫用の事態を奇貨として、国家権力の解釈余地を縛りつける条文に変えるべき点があると理解している。日本会議的改憲は、自由に軍隊を持ち、どことでも交戦出来る普通の国になりたいわけだから、このような思考経路を根絶やしする為の条項の追加などは検討されて然るべきと考えている。筆者は、特別の平和主義者ではないが、国家権力によって、公共の権利云々などと云うマヤカシで、個人の人権が冒されることは、絶対にあってはならないと考えている。

日本人の人権や自由の積み重ねが、仮に、他国からの侵略を受ける事態になったとしても、それは、日本人が、人権や自由の使い道を間違ったわけだから、潔く侵略に甘んじることになる。つまり、逆の言い方をすれば、政府や行政の裁量で、個人の人権や自由を束縛されても、中国やロシアや韓国、米国が、日本を侵略する可能性はゼロではない。国家権力に権利を縛られて、且つ、侵略されたのでは、浮かぶ瀬もない。仮の話が、今の安倍政権下で、対中包囲網の先遣部隊的集団的自衛権行使した場合、緊急事態法を振りかざし、個人的権利は半分は制限されるだろう。そう云う青天の霹靂な事態が起きないように、国家権力をもっと明確に制限する条文や条項を追加した方が良いと考えている。安倍よりも、もっと酷い政権が現れないと、誰も保証出来ないのだから。
続きを読む

大戦後、米国の好戦派はソ連/ロシアや中国に対する先制核攻撃を計画し続け、日本はその道具

櫻井ジャーナルさんのサイトより
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605030001/
<転載開始>
 第2次世界大戦後の日本が平和だったかどうかはともかく、とりあえず領土が戦場になることはなかった。ただ、その理由を在日アメリカ軍や自衛隊に求めることは間違っている。アメリカは世界制覇を狙い、一貫して先制攻撃を目論み、自衛隊はその戦争マシーンに組み込まれているのだ。在日米軍は日本を守ってきたのではなく、日本は侵略戦争に巻き込まれる恐れがあったと言える。

 アメリカ軍が日本を守るという話はメディアが広げた幻想にすぎない。例えば、1947年5月7日付けのAP電は、ダグラス・マッカーサーが天皇に対してアメリカが日本の防衛を引き受けることを保証したと伝えたが、マッカーサー本人は報道の内容を否定している。アメリカ軍による占領を正当化するための情報操作だった可能性が高いだろう。アメリカの支配層が純粋に日本を守ろうとしているとは到底思えない。せいぜい、戦略的、あるいは経済的な必要性から守るという程度だろう。必要なければ捨てられる。

 米英(アングロ・サクソン)の支配層が何を考えているかを知るには歴史を振り返る必要がある。さかのぼり始めると限りがなくなるが、とりあえず第2次世界大戦の勃発から始めることにしよう。

 この大戦は1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドへ軍事侵攻したときに幕が開く。大規模な戦争が目的ではなく、第1次世界大戦後に東プロイセンが飛び地化した問題を解決しようとしていた可能性が高い。軍事侵攻の2日後にイギリスとフランスはドイツに宣戦布告したにもかかわらず、しばらく目立った戦闘がなく「奇妙な戦争」と呼ばれている理由はそこにある。

続きを読む

反対意見が増えているTPPをオバマ米大統領は擁護するため、米国が規則を書き、支配すべきと主張

櫻井ジャーナルさんのサイトより
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605030000/
<転載開始>
 実態を知る人が増えるにつれてTPP(環太平洋連携協定)に反対意見が増えている。その協定をバラク・オバマ米大統領はワシントン・ポスト紙で擁護した。アメリカ人に支持されたいという気持ちが先行したのか、アメリカがルールを書き、アメリカが支配するべきだと明け透けに主張している。TPP、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、TiSA(新サービス貿易協定)はそうした仕組みを作り上げることが目的だということだ。

 こうした協定の問題は社会システムをどうするかという点にある。関税などは枝葉末節の話。曲がりなりにも「国民」が政治に参加できる「国」というシステムの上に巨大資本のカネ儲けという欲望を置く仕掛けがISDS(投資家-国家紛争調停)条項だ。

 この条項によって、巨大企業のカネ儲けを阻むような法律や規制を政府や議会が作ったなら企業は賠償を請求でき、健康、労働、環境など人びとの健康や生活を守ることは困難になってしまう。99%とも99.99%とも言われる「普通の人びと」は巨大資本の「御慈悲」にすがって生きるしかなくなる。そうした現実の一端を明らかにする文書をグリーンピースも最近、明らかにした。

 早い段階からアメリカの議会ではシェロード・ブラウン上院議員とエリザベス・ウォーレン上院議員がTPPの「交渉」がどのように行われたかを明らかにしていた。両議員によると、アメリカ政府が設置したTPPに関する28の諮問委員会には566名の委員がいて、そのうち480名、つまり85%が大手企業の重役か業界のロビイスト。交渉をしているのは大手企業の「元重役」だ。

 しかも、アメリカから交渉に参加していた人物にはバンク・オブ・アメリカのステファン・セリグ商務省次官補やシティ・グループのマイケル・フロマン通商代表も含まれていた。巨大企業の代理人以外の何ものでもない。続きを読む

南海トラフに地震ソムリエ「ちきゅう」が居る為「南海トラフ地震発生が早くなる」可能性もと専門家指摘

紙幣の不思議2さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/c596a1b67c1faa0021d6990c37163e0e
<転載開始>
2016年05月04日 11時08分47秒 | 人工


百軒さん曰く「騒いでいる時は来ない。」と云う事ですが、私もこの意見に賛成です。

何かしらを隠す為に、大袈裟に報道するのがメディアの役目なので、パナマ文書を風化させる為に、地震報道を大きく取り扱うのが奴等の戦略なのでは?

南海トラフ地震が起きたら、とんでもない経済損失をします。ATM日本を壊す様な事をするとは考えにくく、脅しの材料で南海トラフに停泊させているのでは?と考えています。

続きを読む

北朝鮮拉致被害者の蓮池 薫は拉致加害者でもあったと指摘した古川利明『〈さるぐつわ〉の祖国』2011年

社会科学者の随想さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1056772216.html
<転載開始>
 【忘れられる前に忘れられた問題-北朝鮮による日本人拉致被害者は,あの国のための工作員要員として拉致され,そして利用された事実もあった】

 【安倍晋三政権にとっての北朝鮮・日本人拉致問題の利用価値】



 ① 古川利明『〈さるぐつわ〉の祖国-朝鮮拉致被害者たちはなぜ日本で「何もしゃべれない」のか?-』2011年9月

 最近,Amazon の通販でこの本,古川利明『〈さるぐつわ〉の祖国-朝鮮拉致被害者たちはなぜ日本で「何もしゃべれない」のか?-』(第三書館,2011年9月)を購入し(ちなみに価格は¥192-),読んでみた。
古川利明表紙
 その感想としては,いままではっきりと認識できていなかった「当然の事実」,すなわち,蓮池 薫を代表的な人物として挙げて話題にすることになるが,彼は第1義的にはもちろん「拉致被害者であった」けれども,北朝鮮にすっかり洗脳されてしまい,あの国の工作員として日本に潜入(密入国)し,第2義的には「実際に日本人を拉致する側(加害者)の立場」になって,「北朝鮮のために働いていた事実」があったことである。
 
補注1)この点(事実)は,蓮池 薫『拉致と決断』(新潮社,2012年)を注意深く読めば,さらに理解できる問題性である。北朝鮮の支持者は『在日朝鮮人』(日本で生まれいままで生きてきた朝鮮総聯系の人びと)であっても,その洗脳をあらためて「洗い流す作業」に困難が控えている事実からも,前段の指摘の妥当性・合理性が理解できる。もっとも「北朝鮮のために働く事実」は,なにも拉致の任務・作業だけではないが……。
蓮池薫表紙
 補注2)公平を期すためにまえもって,つぎの記事も紹介しておく。こちらは前後して述べる内容に疑義を呈している記事である。「蓮池さんが日本人拉致? 『週刊現代」特ダネの真贋』」(『JCAST ニュース』2006/12/26 19:08,http://www.j-cast.com/2006/12/26004615.html?p=all)。しかし,これは,北朝鮮という国の特殊性をまともに踏まえた記事ではない。常識など通用しないあの国家体制をどう理解するか,相当慎重な態度・視座が要求されている。
続きを読む

デジタルマネーに向けてNYで秘密会議が開催されました。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985253.html
<転載開始>
世界のデジタルマネー化が密かに計画されています。あっと言う間に現金が使えなくなる日がくるのではないでしょうか。現金が一切使えなくなるということは、自分でお金を管理できなくなるということでしょう。タンス預金もできませんし、現金払いもできません。銀行がないとお金を使うこともできません。
デジタルマネー化(キャッシュレス社会)により、人々は権力者に監視されるようになります。自由がなくなるということです。
特に崩壊寸前の米ドルを救うために、金本位制度を飛び越えてデジタルマネーというシステムに強制移行させようとしています。デジタルマネー化が成功するとNWOもやりやすくなってしまいます。

http://theeconomiccollapseblog.com/archives/a-new-digital-cash-system-was-just-unveiled-at-a-secret-meeting-for-bankers-in-new-york続きを読む

この生物の正体は? : 南米チリの数百キロにわたる海岸に「数百万匹の正体不明の軟体動物」が打ち上げられる

 地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/millions-of-mysterious-molluscs-die-off-in-los-lagos-chile/
<転載開始>

  2016/05/04  

CNNチリの報道より

chile-red-tideCNN Chile

 

チリのロス・ラゴスという場所に、おびただしい数の「軟体動物」が打ち上げられたことが報道されていました。

このロス・ラゴスというところは、1か月くらい前に、

南米チリの海岸沖で「幅16 キロメートル」の広範囲な面積をクラゲの大群が覆い尽くしている光景が発見される
2016/04/10

続きを読む

テネシー州メンフィスに現れた「空が大地を吸引している」かのような奇妙な雲

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/strange-cloud-swallow-up-memphis/
<転載開始>

  2016/05/03  

2016年5月2日テネシー州メンフィスで撮影された雲

ufo-like-cloud-memphis-tennesseeaonekwreg3

 

アメリカのテネシー州で、上のような珍しい形状の雲が撮影されていました。

これまで、いろいろな形の雲を見てきましたけれど、このようなものを見るのはこれが初めてですし、おそらく「○○雲」という名称もないもののように思います。

続きを読む

TTIPとTPP 対 ユーラシア統合

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/ttiptpp-6889.html
<転載開始>

Boris VOLKHONSKY
2016年5月2日
Strategic Culture Foundation

もし公式報告が信じるに値するものであれば、アメリカ大統領バラク・オバマの最近のヨーロッパ訪問は、実際には、議論の核心だったはずのもの、つまり環大西洋貿易投資連携協定 (TTIP)を除いた、あらゆることを扱ったことになる。

前任者ジョージ・W・ブッシュのそれと比較してさえ、外交政策の成功がおそまつに見えるオバマにとって、特に、本人が認めている通り、ホワイト・ハウスの主が変わってしまえば、TTIPの未来の見通しは極めて不確実なのだから、華々しい成功をして、大統領の座を去ることが極めて重要だ。

それは、現在のアメリカ支配層による世界に対する野望に、あからさまに批判的なドナルド・トランプさえもが、大統領になる可能性があるからではない。オバマ同様、多国籍企業の権益を代表していてアメリカの世界支配を強く信じている、ヒラリー・クリントンが、大統領になった場合でさえ、問題があるのだ。現在、アメリカでは選挙戦が行われており、既に有権者は、国民国家としてのアメリカの利益を、エリートや大企業の帝国主義的野望よりも優先したがっていることが明らかになっている。こうした傾向を表しているのはトランプだけではなく、バーニー・サンダースもそうだし、共和党で第二位のテッド・クルスさえも、ある程度そうなのだ。たとえ彼女が勝利しても、特に、時間がたつにつれ、それで支持者が増えるだろうから、ヒラリー・クリントンは、こうした見方に配慮するよう強いられるだろう。

ヨーロッパの指導者連中は(多分、ドイツのアンゲラ・メルケル首相と、イギリスのデービッド・キャメロン首相を除いては)自分の国が、アメリカによる独占の植民地的付属物になってしまうという見通しには熱心ではないように見える。特にヨーロッパの多くの国では、今後選挙が予定されているので。だから、もしオバマが、TTIPをまとめるのに本当に成功すれば、勝利者の気分を味わえるだろう。2015年10月に、アメリカと、11のアジア-太平洋地域の国々の間で合意した環太平洋連携協定(TPP)とともに、全ユーラシアを、欧米と東洋で包み込み、TTIPとTPPの仲間外れにされた国々 - 主に、中国、ロシア、インドといくつかの国々を絞め殺す、あるいは、後から服従させる目的で、多数の先進国や、開発途上国や、上手くいっている国家経済を、アメリカ(というか、むしろ多国籍)資本に従属させる、アメリカを中心とする極めて強力な制度を作り出したことを、退任するアメリカ大統領は自分の手柄にできるだろう。

続きを読む

人権否定、戦前回帰の自民党・改憲草案はなぜ生まれたのか? ・・ リテラ

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/16cb9926b037a4ad64b42c140134ac3f
<転載開始>
憲法記念日特別企画◉改憲勢力のインチキを剥ぐ!

人権否定、戦前回帰の自民党・改憲草案はなぜ生まれたのか? 憲法調査会に巣食うグロテスクな世襲議員たち リテラ 【この記事のキーワード】憲法, 水井多賀子, 自民党 2016.05.03
http://lite-ra.com/2016/05/post-2210.html


「憲法改正」の真実』(集英社新書)


 安倍首相は、先日4月29日放送の『news every.』(日本テレビ)で単独インタビューに応じ、憲法改正について熱弁を振るった。

続きを読む

ベネズエラ政権を転覆しようとしているアメリカ政府

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-93da.html
<転載開始>

Paul Craig Roberts
2016年5月2日

オバマ大統領によれば、世界唯一の超大国、一極大国、例外的な国が、南米のちっぽけな国ベネズエラに脅かされているという!

昨年発行し、今年改訂された大統領命令で、ベネズエラは、“アメリカ合州国の国家安全保障と外交政策にとって、並はずれた、途方もない脅威”だとオバマ大統領は宣言し、“ベネズエラの脅威”に対抗するため“国家非常事態”を宣言した。
( http://latino.foxnews.com/latino/politics/2016/03/03/obama-extends-order-declaring-venezuela-national-security-threat/ ).

このでっちあげの“途方もない脅威”はベネズエラのマドゥロ大統領を打倒するためのオバマ政権の口実として機能する。アメリカ大企業や銀行の利益ではなく、自国民の利益を代表しようとする選挙で選ばれた中南米の政権を打倒するのはアメリカ政府の伝統だ。

中南米の改革者こちに対するアメリカ政府の攻撃については、4月11日、『中南米の改革者を破壊し続けるワシントン』 と、4月22日、『ワシントン、BRICS攻撃を開始』で書いた。

何十年も前、アメリカ海兵隊将官スメドレー・バトラーが、自分はニューヨークの銀行と、ユナイテッド・フルーツ社の意思を、武力によって中南米諸国に押しつける“資本主義のための暴力団員”だったと告白した。

著書『エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ』で、ジョン・パーキンスは、いずれもアメリカ企業権益の邪魔だった、1981年のパナマのオマル・トリホス大統領と、エクアドルのハイメ・ロルドス大統領の暗殺について書いている。

続きを読む

安保 多稼士 さんのTwitterより

https://mobile.twitter.com/AmboTakashi?p=s
<転載開始>
安保 多稼士 1 時間
土人国家で署名など何度やっても効果はない。何故わからないのだろうか。官僚と自民党が憲法を無視し、民主主義国家を偽装している事は云うまでもないが、署名集めしている野党もまた、民主主義国家偽装に手を貸しているお友達であり、自公政権と戦ったフリをしているに過ぎない。
Reply Retweet いいね
安保 多稼士 2 時間
安保法案廃止2000万人署名が1200万人突破だそうだが、土人国家ヌッポンでは、1200万人の民意よりも天皇を中心とする少数閨閥の利益が優先するので当然の如く黙殺されるだろう。そして、衆参同時選挙で総務省・電通による不正選挙マシーンが起動し自民勝利。アベは民意を得たと言うだろう。
Reply Retweet いいね
安保 多稼士さんがリツイート
Tetsuya Kawamoto 2015年3月27日
東大の玉井克哉  がブロックかましよったんで書いとくが、この男は東電以下の原発屋を擁護し、法学者にして違憲の安倍と同衾する、江戸期以来の正統派「御用学者」である。
Reply Retweet いいね
安保 多稼士さんがリツイート
モヒート(疑うことから始めよ!) 4月18日
【拡散|デマに注意】これはデマです。原子力発電所は定期点検等で停止をした場合に備え、火力発電所によるバックアップがなされています。ちなみにこの東大教授の専攻は法学。
Reply Retweet いいね
続きを読む

「熊本地震」:4月14日の熊本地震前に似てきている!

井口博士のサイトより
http://quasimoto2.exblog.jp/22771327/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

今日はGWの中の普通の日である。戦後のアメリカによる日本人への「働き蜂禁止令』政策のために、いまでは我が国の休日は世界でもっとも長い。欧米の1年というのは、賞味9ヶ月のことだから、夏休みは無給の休暇となる。だから、一見休みが長いかのように思うが、有給という意味で言えば我が国が世界一なのだと思う。

さて、熊本地震が4月14日、16日あたりに起こって以来、その状況と似た状態はこれまで戻っていなかったが、ここ1~2日地震電磁波のパターンとしては熊本地震前に似てきているので、一応注意しておくべきだろう。

まあ、桜島も大噴火しているし、噴火の可能性も高いが、周波数0近傍の地震電磁波も出ているようである。

a0348309_19103296.png

a0348309_19104551.gif



備えあれば憂いなし。

一応メモしておいた。場所の特定は今の状況では難しい。

続きを読む

【実際の事実】と【仮説・推論】は、まったく異なる別の論点

すべては気づきさんのサイトより
http://sekaitabi.com/hypothesis.html
<転載開始>

管理人Junna (@myremin) です。

前記事「断層以外に、自然現象の水が起こす地震と地中注入が誘発する地震」の続編です。

c31e0df54b5d40fd6831fc3982ef0cae_s
 

前記事をまとめると、【実際の事実】としては、

  • 地中内の地層が割れ、岩盤に水が侵入するという自然現象が引き起こす誘発地震
  • 廃水注入やCO2注入により、意図的ではなくとも、実際の作業により人為的に誘発される地震

の2点となります。

いずれにせよ、人為的・人工的な地震という言葉を使っていても、必ずしも「地震を起こそうとして起こされた地震」というわけではなく・・・

  • 「地層自然破壊による水の侵入という自然現象」
  • 「プロジェクトとしての廃水注入やCO2注入により誘発される人為的現象」

の2点に分類されます。この2点は【実際の事実】です。続きを読む

断層以外に、自然現象の水が起こす地震と地中注入が誘発する地震

すべては気づきさんのサイトより
http://sekaitabi.com/waterquake.html
<転載開始>

管理人Junna (@myremin) です。昨日表題の内容をブログにまとめようと思ったのですが、ツイッターで全部書いてしまいました。笑

ブログを書く時間自体は短いのですが、調べる・まとめる時間が膨大にかかりますね。。

なおこの話題を書くと御工作員様などがあちこちから湧いてくるので、今後は

「すべての既存の常識を常に疑うことができる方」
「何が起こってもおかしくないことを理解できる方」
「状況事象→仮説→推論/検証のプロセスを理解できる方」
「陰謀とされていることも含めてあらゆる可能性を考慮できる方」
「陰謀論・トンデモ・デマなどと即否定せず、まずは考える方」

のみ入室可の非公開スペースで書こうと思っています。

非公開スペースは、御工作員様でない場合も、上記に当てはまらない方はご遠慮ください。

私自身は、他人と意見が違っても「異なる他人の異なる意見」という枠で尊重する人というベースがあります。「自分はそれとは違う」というだけの話で、他人に絡んで押し付けることもしないし、感情的になることもありません。「自分の場」で主張するのみ。

続きを読む

★日本会議は八咫烏のフロント企業?

タマちゃんの暇つぶしさんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14780.html
王統なくす。
と書いてあるのですけど。
解る人にだけの話です。
<転載開始>
「日本会議」には神社本庁、解脱会、国柱会、霊友会、崇教真光、モラロジー研究所、倫理研究所、キリストの幕屋、仏所護念会、念法真教、新生佛教教団、オイスカ・インターナショナル、三五教等、宗教団体や宗教系の財団法人が多く参加している・・・
↑ www.mag2.com/p/money/8039


今日本の中枢で起こっていること。『日本会議の研究』が話題

4月29日に『日本会議の研究』なる書籍が本屋に並びました。すぐにAmazonベストセラーとなったこの本をめぐり、議論が過熱してきています。

更新日: 2016年05月02日




八咫烏から日本会議へと至る支配系統:八咫烏 →…→フリーメーソン日本ロッジ→大本教→生長の家→日本会議

竹下雅敏氏からの情報です。
 加藤紘一氏と言えば、あの“加藤の乱” を思い出します。第2次森内閣(2000年)打倒のため、衆議院本会議で野党が提出する森内閣不信任決議案に同調する動きを見せました。結局、執行部の猛 烈な切り崩しによって、乱は失敗に終わりましたが、この失敗は多くの国民を失望させました。このことによって、将来の首相が確実視されていた加藤氏は失 脚。あろうことか、森喜朗がその後も自民党内で権勢をふるうという、おぞましい結果となってしまいました。今思うと、この時もう少し別の動きがあれば、今 の事態は大きく異なっていたのではないかという気がしてなりません。
続きを読む

★ロシア・トゥデイ(RT)が「911は内部犯行」と宣言

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14779.html
<転載開始>
2016-05-03 00:31:34NEW ! テーマ:
ロシア・トゥデイ(RT)が「911は内部犯行」と宣言する
Russia Today Declares ‘9/11 Was An Inside Job’
4月24日【RT】http://anonhq.com/russia-today-declares-911-inside-job/ より翻訳


ほとんどの人間はアメリカの911事件の公式な話を信じてはいない。誰もが見ることのできるところに、その証拠は存在している。それでも世界規模の大規模な暴動が起きていないというのは、メディアの力と政府のコントロールの証だろう。


これはRT(ロシア・トゥデイ)による短い動画で、911は内部犯行であったことを証明するクリップがいくつかまとめられている


政府は過去に非常に似通ったことをしたと、自ら認めてさえいるのだ・・・Googleでノースウッズ作戦Operation Northwoods)」と検索さえすれば、誰もが見ることのできるところで確認ができる。




(注: 動画の冒頭では「一部の視聴者にとっては不愉快と感じる可能性のある映像が含まれています」と注意書きがあります。ご注意ください)
続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ