大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

1122.パチンコ20兆円産業は電力総収入に匹敵する

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105887780.html
<転載開始>

1122.パチンコ20兆円産業は電力総収入に匹敵する

2014112301.jpg・観光の目玉としてカジノ法案を国会が検討している。
・本場ラスベガスの売上げが5000億円、マカオがトップで約2兆円、それに対してパチンコの売上げは20兆円にもなる
・原子力広告で大いにマスコミを潤してきた電力会社9社の総売上も20兆円。恐るべき多額のカネが、パチンコ業界に流れ込んでいることがよくわかる。


 一定時間後の為替high & Low をゲーム感覚でかけて、掛け金をやりとりするバイナリーオプション。そのバイナリーオプションを調べていたところ、バイナリーオプションの危険性という記事に行き当たりました。この記事では、日本がギャンブル好きである証拠として、パチンコ産業をあげています。その中で、ラスベガス、マカオにあるカジノと比較する表が紹介してありました。

続きを読む

11月23日付GDPショック 日本がアジアでひとり負け

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11956027503.html
<転載開始>
 



グラフ見ると、1995年以降ワザと上がらないように=調整しているように見えますね。
間違いなく、日本の足を引っ張っている「近視眼的」お馬鹿がおります。
お馬鹿でないなら、どこかの手先でしょう。


笹田 惣介 ‏@show_you_all 6月15日
今、改めて「鳩山・小沢マニフェスト」を検証してみると、「派遣労働禁止、企業団体献金禁止、特別会計廃止、天下り全面廃止、クロスオーナーシップの禁止」と、「外資・大資本・官僚・メディアなど既得権益側」の走狗である安倍晋三とは真逆で、それは即ち「既得権益側との全面戦争」を意味していた。



続きを読む

S&Pとモルガン・スタンレーが格差社会は経済成長にマイナスというレポートを発表

るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=298353
何を企んでいるんだろうと素直に見れません。
<転載開始>
資本主義の本丸であるウォール街のS&Pとモルガン・スタンレーが所得・富の不平等に強い関心を持ち、「富の集中が経済成長を低下させる」というレポートを発表したという。彼らは社会正義やモラルという動機ではなく、あくまでも経済成長との関連から分析しているのであるが、市場の行き詰まりをここにも感じる。逆に言うと、市場の行き詰まりから新自由主義に傾斜し、大衆からの搾取に傾斜しているが、それでは市場そのものが持たないということにようやく金貸したちは気付き始めたのかもしれない。彼らから本質的な突破口が出てくることは期待できないが、かといって秩序崩壊を加速させることへのブレーキは市場原理そのものからも登場してくる可能性がある。

リンク から

********************************

■S&Pとモルガン・スタンレーが格差に関するレポート発表

 今年3月に、フランスの経済学者、トマ・ピケティ著『21世紀の資本論』の英訳が発売された当初は、ウォール街は批判的にピケティ旋風を見ていました。ピケティ本は、「フランス社会主義の系譜」とか「アメリカの活力を減じる亡国論」と評され、ピケティが提起した格差問題はタブー視されてきました。

続きを読む

次世代エネルギー「浸透圧発電」~浸透圧を利用した水力発電~

るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=298313
<転載開始>
日本が金貸し支配から脱却するには、乏しいながらも可能な限りエネルギー資源も自分たちで作り出していく必要があります。

その一つの候補として、「浸透圧発電」の研究が進んでいるようです。


-------

“浅漬け”も発電も塩加減が命!「浸透圧発電」って?リンク
より抜粋。


「浸透圧発電」は、いわばキュウリや白菜の浅漬けができる原理を応用したもの。浅漬け名人になるコツは、上手に野菜から水を抜き出せる塩分濃度の浅漬け液を作ることだ。野菜の中の水分と、周りの液体との塩分濃度差により、濃度が低いほうから高いほうへと水が移動するのが「浸透」。濃度差は気圧差で表せるので浸透する力は「浸透圧」と呼ばれる。浅漬けは浸透圧を利用して水分を抜いているわけだ。

続きを読む

アメリカ情勢3 アメリカのウソ2~市場も金融もそして国家も全ては金貸しが作ったウソ~

日本を守るのに右も左もないさんのサイトより
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/11/4456.html
<転載開始>

前稿では、軍需産業によって成り立っているアメリカが国民を騙し、そして世界を騙し戦争を繰り広げてきたがいよいよそのウソも誰にも通用しなくなってきていることを明らかにした。そこで本稿では、金貸しが大衆を騙すために利用している市場や金融システムのウソから、そもそも自由の国アメリカの成り立ち、存在そのものがウソで塗り固められていることを明らかにしていきたい


■グローバリズム、TPPのウソ

グローバリズムとは端的に言うと世界の市場化である。金貸しにとっては市場規模が広がれば広がる程、搾取する対象が増えるので儲けが膨らんでいく仕組みになっている。端的に言えば、1970年頃の先進国の豊かさの実現により市場が縮小⇒無理やり市場活性化→バブル化→バブル崩壊で各国では益々市場が縮小する中で更なる市場拡大への戦略がグローバル化なのである。

しかし、世界を市場化するに当たって障壁になるのは、各国が自国の経済を守る為に設けている関税等の規制である。従ってTPPをはじめグローバル化戦略として行われているのは、もっぱら各国の規制を撤廃し自由市場へ参入させることなのである。

その為にはグローバリズムの有用性をいかに大衆に感じさせるかがカギになってくる。そこで登場するのが、金貸しの手先である御用学者たちである。学者達が【グローバル化により自由競争が生まれ、経済が活性化する】という市場が無限に拡大するかのようなウソを並べて、それを煽るようにマスコミが宣伝することで大衆の意識を支配(染脳)していくのである。

続きを読む

山本太郎議員国会質疑☆テロを入口に、東京オリンピックを看板にして何でも押し通せる、これまさにショックドクトリン

星月夜☆さんのサイトより
http://pandora32.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html
<転載開始>
【Twitter怖すぎ】RTには気をつけろ!指一本で警察に逮捕される時代へ
ポルノならいいかと思う人も多いでしょうから、はじめはポルノでしょうけどどんどん
拡大解釈される恐れです。
例の共産党員から逮捕されたときという時代です
ツイッターからも情報拡散できなくなる恐れです、逮捕されたらみなテロリスト認定の時代に
もなる恐れ、権力の肥大化は今後予想されます。

太郎さんの国会での動画です。
2014.11.18「テロ資金凍結法案、 収益の移転防止法案(マネーロンダリング対策)」について

続きを読む

高気圧 東進、日本海 気圧の谷に。低気圧や前線 北海道と九州へ(141124)

気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/41458089.html
<転載開始>
 昨日、家や仕事場の大掃除を終えた後、長野市内や新潟県境の信濃町付近を車で走ってみたのですが、一部で石灯籠やブロック塀にヒビが入ったりしている程度で、外見上、建物への影響はほとんど見られませんでした。

 昔、実家が一時的に神戸の東灘区にあったころ、実家が阪神淡路大震災で被災したのですが・・・
 崩れた家の屋根を越え、倒れた電柱をまたいで神戸まで歩いたときに見た光景と比較すると、被害が局地的で、全体としては影響もかなり小さいように感じられます。

 ただ、阪神淡路大震災のときも、道路や川を隔てて被害の大きい地域と少ない地域が隣接していたり・・・外見は影響がなくても、家の中がメチャクチャになった家があったように・・・
 長野市内でも、山間部や地盤の弱い地域などに影響が偏在していたり、家の中でバランスの悪いモノが落ちて壊れたり、タンスや冷蔵庫が動くなど、目に見えない影響はかなりあるのではないか?と思うのですが・・・実際はどうなっているのでしょうか?

 報道は、目に見える大きな影響ばかりを追いかけているように感じますが・・・
 横並びの報道に終始せず、目に見えない影響を地道に取材・集計して、今後に役立つ報道にしていただきたいと感じています。


続きを読む

ちょっと真面目な話を書いてみる。

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/722950501122039
<転載開始>

ちょっと真面目な話を書いてみる。

まずよく言われることに、「何でこんな知ってるんですか」というのと「すごい情報発信量ですね」というのがある。その時点ですでに勘違いなのだが、ほとんどの人が気付いていない。実際私が出しているモノの半分以上は同じような活動をしている人々の引用であって、それらをコピペしたりしているだけだ。だから大した仕事量でもなくたいして知っているわけでもない。もちろんほとんどの人が決して持っていないバイブルというのは存在する。本の名前は教えたくないがつぶさに調査していけばどんな本かはあなた方にもわかる。

ここでいいたいのはそういうことではない。様々な情報をコピペしたり書き連ねたり、関連情報を調べながら自分の情報と代えていった時に何が起こるのか、あなた方はご存じないからだ。医学、薬学、食品学、それらに頼っているだけでは真の世界を見ることはできない。実はここには二つの条件があるのだが、それを少し明かしてみよう。

一つ、それはただ知識を膨大に集めていっても、今、私がみているものにその膨大な知識者は追いつく事は決してないということだ。ちょっと嫌な言い方だが少し自分自身をヒーロー的に書いてみる。例えばわかりやすいのが映画「マトリックス」だ。モーフィアスという戦士は一つの賢者であり知識の宝庫者だが、彼は決してネオには追いつけない。彼は自分が救世主では「ない」と思い、救世主を助ける存在であると自己を規定しているからだ。そしてボクにもそのようなモーフィアス的な存在がこれまで幾人かいた。その人々はすべて私より知識者だったと確信している。

そうすると何が起こるか?全ての疑問が氷解し全ての物事が同一の範疇の中で見えた時、この世界はまるで違った世界のように見える。この世界のすべては真実ではない。自分の本の中で「一つの扉があけば全ての扉が開く」と書いたが、これは別にウソをついているわけでも誇張しているわけでもない。ボクはこの世界や反精神医学、反医学活動ではまさに「遅れてきたニンゲン」だった。しかし今、ボクがみているこの世界とその視点は、まさにモーフィアスとネオの差のようになっている。その人間と真剣に対峙したいのであれば、それはオラクルやアーキテクトやセラフやメロビンジアンのレベルにたたねばならない。

条件は二つといった。もう一つこのように見えるためには重要な条件がある。それは万人に徹底的に叩かれ嘲られ中傷され打ちのめされるということだ。悪いがどれだけ知識を集めた人がいても、その条件を満たさない限り次の次元にすすむことはできないと思う。私は最初に活動した時から中傷され続けていた。その後の一端活動から離れても、すぐに名が売れてしまい結局ネットの内外で最も悪名高き医者になった。何十万人というニンゲンが私を中傷した。そしてそれこそが私に無限の視点と、マトリックスでネオが変貌したような、エージェントスミスがネオを殺したような、そんな効果を私に与えたのだ。

今、私がこの世界をどう見ていて、この世界がどんなふうに見えるか、本当はあなた方に見せてみたい。しかしそれを理解することは決してできないだろう。その境遇にたったことがないすべての人類は、実際にこの景色を目にすることはできない。行きつけば知識は集める必要がなくなる。全てなど知らなくても本当の情報は一秒で理解することができる。全ての根幹はすでに自分の横に存在しているのことに、あなた方は気付けるだろうか?

続きを読む

なぜ自然農の野菜が大事なのか?

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/722939484456474
<転載開始>

なぜ自然農の野菜が大事なのか?

実はこのことについて真面目に答えられる人が少ないので、たまには真面目に書いてみたいと思います。まず第一に農薬や化成肥料というのは100年前にはまったく存在せず、人類の歴史の中にも存在してこなかったものです。化成でない肥料は存在しますが、この是非については農家たちが議論すればいいことでしょう。私は基本的に自然農が一番いいと思っているので、肥料を使うことは硝酸態窒素を増やし栄養素を人為的に与える弊害もあり、あまりよくないと思っています。

しかし事の本質は健康とか栄養素とかそういう問題ではありません。これは生命に対する侵害であり病気は結果にしかすぎないのです。しかもこのような農薬などは農家くらい近くで高濃度で浴びれば直接影響でますが、一般に食べているものではすぐに影響が出ないということに罠があります。不安産業という言葉を使う人々は要するに何もしらんだけでしょうが、いちいち科学的なことをいわなくてもそのほうがおいしいし、体調も良くなるし昔の野菜にした方が真の意味で安心だというにすぎません。

この話を突き詰めていくとニンゲンのエゴに基づく地球汚染、次世代やその先に通じる遺伝子異常やミトコンドリア異常、利益優先主義と自然や地球に一体化した生活などの話に通じ、だからこそ古来種や在来種の種の見直しが必須なのです。F1だから絶対ダメとまではいいませんが、F1雄性不稔の種は簡単にいえばミトコンドリア異常症である不妊植物を食べているということ。このミトコンドリア異常もすぐに病気になるわけではなく、あらゆる子どもやその先、さらにいえば地球上の動植物すべてに影響を与えるものとなるのです。

本質的にいえば自然農だからいいとはいえません。種は一粒万倍、食べたものからさらに種を回収し次世代につなぐという行為は、子育てや環境破壊の問題と直結します。F1で自然農は片手落ちというか、昔はそれが当たり前の農業であり食材だったのです。違う言い方をすれば古代民族が狩猟採集生活で生命をもらっていたのと同じように、その後の長い農耕の歴史は同様に命をもらう行動であったともいえます。日本の農耕の歴史は嘘の塊だそうですが、それもまた優生学者やグローバリストが刷り込んだものであるともいえます。

生物には本来カネはいりません。そこに食べるものがあり住むところがあればそれで生きていけます。家族がそばにいたり友達がそばにいたりすれば、それでコミュニティとしては完結するのです。農耕、畜産、狩猟、どれが正しいとかは私にはわからないし、どれが正しいということ自体が愚かですが、少なくとも病気が怖いとか病院に行きたくないとか、日本の発展がどうとか生活が苦しいとかカネがどうとかいうのなら、せめて100年前の生物の状態に戻したらどうかと思います。日本の食料自給率は実質は1%以下であり、それを変えることは日本人の意識が高まればすぐにでも実行できることなのです。

<転載終了>

プーチン大統領、過激主義やカラー革命に立ち向かう、より強固な施策を呼びかけ

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-037d.html
<転載終了>

公開日時: 2014年11月20日 15:21
Russia Today


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(RIA Novosti/Michael Klimentyev)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、世界を作り替えようとする勢力は、いわゆる“カラー革命”で、過激主義を手段として利用することが多いと述べ、警察に、ロシアにおいて、そのような傾向と戦う国際的な経験を活用するよう促した。

木曜日に“現代社会では、過激主義は、利益圏を再編する為の地政学的ツールとして利用されている。一連のいわゆるカラー革命の悲劇的な結果や、秘密裏の、あるいは時としては、残虐で、直接的な国民の生活に対する干渉という無責任な実験をされる目にあった国々の国民が味わったショックを、我々は目にしている”と、プーチン大統領は安全保障理事会で語った。

続きを読む

また逢う日まで

MU(ムー)のブログさんのサイトより
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2857.html
閉鎖ということは記事もなくなるんでしょうか?
記事がなくなったらこちらの記事も削除になります。
<転載開始>


24日になりました。30日をもってブログを閉鎖させていただきます。
「最後の記事に合う曲は何がいいだろう?」と色々と考えました。
ファンであるマイケル・ジャクソン、井上陽水、MISA、サザン・・etc
姫神もいいですね~。悩んだ末に【時代:中島みゆき】にしました。
中島さんは札幌の女子大卒で、私はそこの短大卒になります。
中島さんと同級の女性から10年以上前に聞いたのですが、学園
祭等で歌う彼女の歌声は有名で、鳥肌が立つほど凄かったという
ことでした。


続きを読む

龍体をこれ以上傷つけるなかれ

MU(ムー)のブログさんのサイトより
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2859.html
<転載開始>
神城断層にほぼ一致=長野県北部の余震分布―本震M6.7
に修正・気象庁
(11/23 時事通信)

気象庁は23日、長野県北部で22日午後10時8分ごろ起きた
最大震度6弱の地震について、余震分布が
「神城(かみしろ)
断層」
の位置とほぼ一致していると発表した。

 長野地震-02 

本震も神城断層が動いて発生した可能性があり、同庁は引き
続き分析している。政府の地震調査委員会が23日午後に開か
れ、この分析結果が検討される見込み。


続きを読む

「神は弱き者を助ける」から「第三次世界大戦はエイリアンの代理戦争である」まで

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/22594877/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

ここ最近はニコラ・テスラの後あたりから私はずっと保江方程式の理解と保江博士の主要な研究論文をほぼすべて勉強してきた。その合間に保江博士の一般著書のいくつか最近のものを読んできたのであった。そしてその中に現れた誰かや何かについてもその都度チャンスがあれば、参考文献を読んだりインターネットで調べて学んだのであった。

そうしてみるといくつか非常に興味深いことに気がついたというわけだ。今回はこれをメモしておこう。

(あ)神は弱き者を助ける
バックミンスター・フラーの場合
「神」という単語で何を表すかはまさに読む人によって決まる。「神」=「宇宙人」と見る人もいれば、「神」=「愛」とみる人もいるだろう。だから、こうした不定義語は誤解を呼ぶ可能性があるが、他に言いようがない。ここでは、「神」は我々にとってエイリアンでもいいし、UFOでもいい、知的高尚な存在でもいいし、宇宙の叡智でもいい、何でもいいが、とにかく我々が「神」と感じるものならなんでもいいということにしておこう。

さて、かつてバックミンスター・フラーについて拙著「フラーとカウフマンの世界」に書いたことだが、彼は、若いころ、親族のおじさんの会社に入って、いろいろ発明して協力したが、その会社の借金を受け継ぐことになり、後は自殺しか借金返済できないという立場に陥った。

そこで、ある湖に行って、入水自殺を試みようとしたのである。

ところが、その美しい自然を目にして、考え始める。どうしてこんなに自然が美しいのか?どうして自然は調和に満ちているのか?どうして湖の魚はその使用料を払わなくてもいいのか?人間である人間の努めや役割は何なのか?

続きを読む

保江家元の「愛の宇宙方程式」は「宇宙=愛」だった!:愛は宇宙原理だった!?

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/22593197/
<転載開始>
愛の歌

スターチャイルドの時代!?:ブラジルの天才少女ヤスミンちゃんの歌声!


みなさん、こんにちは。

昨日は、私はほぼ1年ぶりで徳島そごうにある紀伊國屋書店に行った。今回は一人だったために、最近どんな本がでているのか、また、保江博士の本を見てみようと行ったというわけである。

続きを読む

ブルガリア政府が国家機密を解除し公開された「ババ・バンガの2015年の予言」の内容と公開の背景

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/409484809.html
<転載開始>


vanga-top-2.gif

▲ 2014年11月22日のロシアのメディア Zagopod より。



これまでブルガリア国家最高機密として公開されていなかったババ・バンガの予言の一部が公開へ

このババ・バンガ( Baba Vanga / 1911年-1996年)という方は、ブルガリアで、というより、現代で最も有名な予言者のひとりだといえる人で、バンガに関しては様々な予言の言葉とされるものが残されています。

そして、その言葉の多くは公開されて残っているものだと私は思っていたのです。
ところが、先日、上のニュースを見たのでした。

この記事の中には、

晩年のバンガの予言はブルガリア安全保障当局が記録し、それらの予言は「国家最高機密」扱いとされた。

とあり、バンガの多くの予言は「非公開」だったということになります。

続きを読む

再々掲載です。 もとはこちら

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1311-12.html
<転載開始>
もとはこちら
   
平井謙次・著  致知出版社
  もと こちら
  そのまま ぜんぶ
  あたりまえ
  ただ ありがたく
  すみません

  以上五行の言葉は「あるがまま そのまま ぜんぶ もとはこちら あるがまま そのまま ぜんぶ あたりまえ ただ ありがたく ただ すみません」の略です。
  この「もと」とは原因という意味で「こちら」とは自分という意味です。ですから「もとこちら」とは、「原因は自分にある」という意味です。すべての現象は、原因と縁によって生じ、また滅します。その生滅し、見え隠れする現象の姿のことを「結果」というのです。これは因果律をわかりやすく表したものです。すべては因縁によってのみ生じ、因縁によってのみ滅する、という意味です。
  自分の身の上、または身の周りや運命上に現れてきたこと(結果)は、自分自身が内在に持っていた原因となるものに、縁が重なって出てきたことばかりです。この摂理、すなわち因果の法則によらない結果は絶対に起こってきません。そしてどのような縁でどのような結果を出したかということで、もともと自分が内在に持っていた内容(原因)を、おぼろげながらにも垣間見ることができます。
  ところで、自分が体験したその結果は、好むことであろうが好まざることであろうが、また予測できることであろうが不測のことであろうが、そういうことには一切関係なく、因果の法則から見れば、すべては当然のことばかりのはずです。どれもがみなあたりまえのことのはずです。一つの例外もなく「そのまま全部あたりまえ」なのです。

 受動的、他動的な事も「もとはこちら」

  自分が能動的にしたことであっても、反対に他からされた受動的なことであっても、それらも全部自分自身が招いたことです。
  受動的、他動的にされたことまで「自分がした」とは考えにくいでしょうが、これもよく考えれば「されたことをした」のであり、また「されるようなことを自分がした」と考えればおわかりいただけると思います。自分から意識して能動的にした場合は、原因者は自分であるということを納得しやすいのに比べ、無意識的、受動的なケースではなかなか納得しにくいものですが、本当はそういうものこそ、すなわち予測もできず、また無意識のうちに起きてきて体験した事ほど、その因縁の根も意味も深いと解釈せざるを得ないわけです。
  要は、意識的であろうがなかろうが、自分が体験したこと(結果)は、もともと自分の内在にあった原因となるものに縁が重なり、現れてきたことばかりです。原因は自分自身にあるのです。自分に何の原因も理由もない無関係のことの結果だけを、自分が受け取るなどということは決してありません。結果を受け取るのは必ず原因者なのです。自分が種をまき、それを自分が育て、自分が刈り取るのです。
  結局のところ、自分の人生の主人公、支配者、そして自分の人生の創造主は、他ならぬこの自分自身です。ですから、この地球上を選んだのも、「今」という時代を選んだのも、父母を両親として選んだのも、またその両親からその子供として選ばれるようなことをしたのも、わが子を選んだのも、またその子から親として選ばれたのも、兄弟姉妹や配偶者を選び選ばれたのも、また今の職業や社会的地位等、とにかく今の人生のすべてを選び選ばれたのは、この自分に他なりません。そして将来的に死ぬ時期を選び選ばれるのも、何もかもが結局は自分のすることなのです。
  そしてまた、それらの結果を招くような縁を呼んだのも、結局は自分です。それらはすべて自分の内在智の働きであり、内在智のなす技です。内在智とは、潜在的自分、または自分と直結する神仏、と広義の意味で解釈することができます。
  ともかく、もとはすべてこちらなのです。私は私の人生の主人公です。だれかのせいで、あるいは何かのせいでこうなった、ということは絶対にないのです。


こちらも参考になります → 原因と結果の法則(蝶になる日)
<転載終了>続きを読む

消費税増税より効果的 新しい税システム「政府通貨」の実現で格差社会は解消する

るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=298303
<転載開始>
週プレNEWS リンク より、以下転載
---------------------------------
消費税増税より効果的? 新しい税システム「政府通貨」の実現で格差社会は解消する

日銀による「異次元の金融緩和」で株価は上がったものの、景気回復の実感は乏しく、深刻な財政赤字は膨らむ一方で年金制度も崩壊直前……と、文字どおり問題山積のニッポン経済。

それらの諸問題を「政府通貨の発行」というウルトラCで解決してしまおうというのが「元国税調査官」の肩書を持つ大村大次郎(おおむら・おおじろう)氏の新刊『無税国家のつくり方』だ。

日銀じゃなく、政府が独自にお金を発行して、税金の代わりに使うという「政府通貨」だが、中東の産油国みたいに資源があるワケでもないこの国で、そんなのホントに「アリ」なんですか? 大村氏に聞いた。

大村 「アリ」です。なぜなら日本には個人金融資産が1500兆円、企業の内部留保金が300兆円と、合わせて1800兆円もの「財産」があるからです。これを担保に年3%程度の政府通貨を発行するのです。その額は約50兆円になります。

所得税、法人税、消費税という国の「基幹税」の総額は現在30兆円台後半です。仮に年50兆円の政府通貨を発行すれば、それらを廃止、縮小したとしても10兆円以上余りますから十分にやっていけます。減税されれば、低迷していた消費も回復し、「金回り」がよくなり景気回復にもつながります。それに、政府通貨は国債と違って返済の必要がありません。

続きを読む

(米国)記録的な大雪、一転して洪水の恐れ

MU(ムー)のブログさんのサイトより
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2858.html
<転載開始>


記録的な大雪の米東部、気温上昇に伴い洪水の恐れ

記録的な大雪に見舞われた米東部ニューヨーク州バファロー
近郊では、22日までに14人の死亡が確認されたほか、
気温が
上昇するとの予報もあり、洪水発生のリスクが高まっている。


米国立測候所(NWS)によると、2メートルを超える積雪があった
同州西部には洪水注意報が出ていたが、現在は洪水警報に引
き上げられている。この地域には60万人以上が住んでおり、バ
ファローの南の地域を中心とした市街地では、豪雪のためドアが
開かず、1週間近く自宅の外に出ていない住民も数千人規模に
上っている。

当局は住民に対して、自宅前の排水路を清掃するとともに、地
下室に保管している貴重品類を持ち出すよう呼び掛けている。
(11/23 AFP)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


続きを読む

スーパーカミオカンデ (岐阜県神岡町の地下1000mに巨大な謎のタンク)

化学物質鈍感症と化学物質過敏症の方に読んで欲しいさんのサイトより
http://ilikeeveryone.jugem.jp/?eid=207
<転載開始>
■謎めくスーパーカミオカンデ(原発との関係も…??)


もし…、もし今立っている足元の地下1000mのところに学校のプール200個分の大きさの水槽(直径40m 高さ40m)があると言われたら?そりゃ~びっくりするに決まっています。だって…そんなに大きな水槽があったら…なにかのきっかけで、ズボッていきそうですから。


でも…それがあるんです。どこにあるかって言うと…岐阜県の神岡町と言うところにあるんです…。本当に驚きです。大きな地震がきたらどうなるんでしょうね。施設が壊れて、実験している得体の知れないものがでてきて…何らかの被害が人々に及んだりしないでしょうか。最近、岐阜で地震が多いので気になります。


この大きな水槽は、かつて鉱山の採掘跡につくられた。


写真出典:「今日の星空散歩





写真出典:「東京大学宇宙線研究所



続きを読む

超富裕層たちよ、目を覚ませ!

つむじ風さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/b7eea9b2cc718aea980779fb8f7204fb
<転載開始>

競争原理が社会に求められることは認める!
だが、
過度の格差が容認される社会は健全ではない。
新自由主義が過度の格差を生んだ・・・?!
トリクルダウン理論はまやかしである!
超富裕層のニック・ハノーアーの言葉は重い!

 

私は、自由競争主義者である。

が、新自由主義批判者でもある。

それは、

その根底に、利己的強欲主義があるからだが、

利他的配慮を欠いた社会は、貧困層を生み、ますます格差を拡大するからである。


 

続きを読む

千さんのお爺ちゃんセッション(31)

本山よろず屋本舗さんのサイトより
http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm
<転載開始>
 今月(11月)初旬に、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)を受けてきました。
 今回はその中から、3つほど話題を紹介したいと思います。


断食について

 10月初旬に3日間の断食を行ったのですが、その効果が気になっていて、まず質問したのがこの断食についてでした。
 (すでに一度書いたことですが)断食をした理由は9月下旬に歯医者で、歯のプラーク(歯についた虫歯菌の死骸などによる汚れ)を取るということで歯の洗浄をしたのですが、なんとその時に、私の承諾もないのに勝手に歯にフッ素を塗られてしまったのです。
 患者に治療内容の説明もせず、なんでこんな勝手なことをするのかと思います。いまだに納得いかないのですが、これが日本の歯医者の現状なのでしょうか。

 とにかく私は体内に大量に溜まったフッ素を、早急に取り除きたいと思いました。
 今の私の最大のテーマは松果体を成長させることで、縄文人の平均と言われている直径30mmを目標としています。松果体に溜まりやすいものとして、石灰成分、水銀、フッ素などがあると言われていますが、私は松果体からこうした有害な物質を取り除くべく、ここ1年半ほど努力してきました。その甲斐あって、95%以上取り除いたと言われていたのですが、ここにきて大量のフッ素を入れられてしまったわけです。
 デトックスに一番効果があるのは断食だと考えている私は、前回のセッションで、歯医者に入れられたフッ素を体内から取り除くには何日の断食が必要か聞いてみました。
 すると返ってきた答えは5日でした。
 それでトライしたのですが、結果として3日の断食となってしまいました。

 本来は5日なのに、3日となってしまったので、気になるのはどの程度の効果があったかということです。
 セッションで返ってきた答えは、「(フッ素は)ほぼ、ほとんどない」でした。私は、ほっとしました。
 とはいえ、断食しなくても今年の末頃には身体から流れ出してしまうと言われていたので、そういうものなのかもしれません。
 その理由は、有害な成分を身体に入れないのはもちろん、いまだにずっと蒸留水やMSMサプリなどでデトックスに努めているからです。

 断食終了後の2日目に出た強烈な臭いの黒い便は、やはり宿便とのことでした。
 私は宿便を出すという貴重な体験をしたと思っています。一生のうちで一度も宿便を出す経験をしない人の方が、経験をした人よりも圧倒的に多いと思うからです。
 この飽食の時代にあって、(病気でもないのに)定期的に断食をしようという私のような人間は、奇人変人の類とみられることでしょう。
 でも宿便を出した人間として言えることは、宿便を出した後の爽快感はすばらしいの一語に尽きるということです。身体が軽くなり、体力も回復します。そして10歳~20歳ぐらい若返ったような気分になり、気力・体力が充実する感覚を味わえます。なんとなく倦怠感に襲われる不定愁訴とは、パーフェクトに逆の感覚です。
 私は、そうした感覚を味わわないのは、もったいと思ってしまうのです。
 宿便を出すことが健康にとても大きな効果を与えるということに関して、例を挙げて紹介することもできるのですが、記事が長くなるので今回は控えたいと思います。
 その代わりに本を紹介したいと思います。

続きを読む

地震情報

日本気象協会 tenki.jpより
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries
<転載開始>

過去の地震情報

1件~20件(全16441件)
前へ l  1 l  2 l  3 l  4 l  5 l  6 l  7 l  次へ
 発生時刻▼震源地マグニチュード最大震度
2014年11月23日 13時21分頃長野県北部M2.01
2014年11月23日 12時57分頃長野県北部M2.52
2014年11月23日 12時54分頃長野県北部M1.71
2014年11月23日 12時52分頃長野県北部M2.21
2014年11月23日 12時51分頃長野県北部M2.41
2014年11月23日 12時46分頃長野県北部M4.23
2014年11月23日 12時15分頃長野県北部M2.82
2014年11月23日 11時43分頃長野県北部M1.71
2014年11月23日 8時8分頃長野県北部M1.91
2014年11月23日 7時38分頃長野県北部M2.11
2014年11月23日 7時30分頃長野県北部M2.21
2014年11月23日 7時19分頃茨城県北部M3.21
2014年11月23日 7時16分頃長野県北部M3.13
2014年11月23日 7時8分頃長野県北部M1.31
2014年11月23日 7時6分頃長野県北部M1.81
2014年11月23日 7時4分頃長野県北部M2.01
2014年11月23日 6時1分頃長野県北部M2.82
2014年11月23日 5時45分頃岩手県沖M4.01
2014年11月23日 5時33分頃長野県北部M3.53
2014年11月23日 5時17分頃長野県北部M2.41
続きを読む

雲の様子

長野県に向かっているように見える雲
福島沖からも連なっているし、上海沖から屋久島にも同じような雲があります。
23

「立山連峰の地下にある体積約1,000立方メートルにもなる『巨大ななにか』で富山県への地震波が吸収されている」

inoue1024さんのTwitterより
 https://mobile.twitter.com/inoue1024/status/536148733394567168/photo/1
<転載開始>
富山市科学博物館2012年2月号の話。「立山連峰の地下にある体積約1,000立方メートルにもなる『巨大ななにか』で富山県への地震波が吸収されている」 
 
 

<転載終了>

役所は縦割り。羽田成田の自動化ゲートについて

二階堂ドットコムさんのサイトより
http://www.nikaidou.com/archives/50757
人間バーコード化の前段ですね。
不便をさせてから、「もっと手短にしてよ」という声が出てきたら
では、一元管理ができるようにチップを埋め込めば済みますよ。
とても便利で、何から何まで政府が管理しますのでお手間を取らせません。
<転載開始>
以下の問題、実際に私がぶつかって初めて分かった。公知させた方がいいし、情報戦略上重要だと思うからまとめてみた。要するにパスポート主務官庁と、自動化ゲート主務官庁と、たぶん判子押す機能をケチった自動化ゲート製作過程と、警視庁の管轄の問題だと思う。ちょっと提案。

OB㈱シニアオフィサー

———————————————————————

アナログ化とデジタル化の落とし穴

成田・羽田国際線「自動化ゲート」について

 

【問題提起】

「出入国審査がスピーディーに」なる海外出張・海外旅行に便利な「自動化ゲート」というものが政府により大いに広報で喧伝されている。

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201009/5.html

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00111.html

http://www.narita-airport.jp/jp/news/gate/index.html

www.moj.go.jp/content/000100488.pdf

しかしここに監督官庁が「事前に使用希望者に十分に公知させていないとんでもないデメリット」があることを海外渡航にかかわる諸兄に周知し、警告するとともに、関係省庁(外務省、法務省、警察庁、自治省、内閣府)が早急な改善をするように申し入れたい。その問題点をいえば、現況の「自動化ゲート」システムは、「出入国のスタンプ(印章)」がシステムの流れでは押されることがないのである。

続きを読む

水蛭子のうみの十字(6)

神々が動いているさんのサイトより
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-339.html
<転載開始>

☆常神串<94>ライン~畿内五芒星結界の中心線~
常神串(94)ライン2畿内五芒星

北極圏の黒化と南極海の白化は一時的なものかもしれない。
でも新たな東西分裂構造がウクライナ問題で復活した今年、南北両極の変化が象徴的に示されたことを僕は太陽の四極化とあわせてけっこう重く考えている。
「いずれ地球にでっかいマトリックスクロスが示される」
かつてそう考えたことが、にわかに現実味を帯びてきた感じだ。

「いつしか丸い地球に母なる火と水の十字=マトリックスクロスが示される。〇に十字のミロクの標章のごとくにだ。そのとき僕らは内なるマトリックスクロスに気づき、母なる地球とともに生きる道を選んでいるだろう」

いまあらわれつつあるのはいわばニセ十字である。残念ながら、バランスを失った僕らの世界の反映であり警告だ。でもいつかは変わる。きっと僕らが変える。かつてホピ族のチーフがいったように、時空の次元は人類と自然との関係によって変わるのだ。僕らはその過渡期にいる。

たとえばサンゴ密漁のニュースを見て、なんて高次な人々だろうと思うだろうか。我欲にかられたアホどもにしか見えないよね。だけど僕らひとりひとりがいかに自分の手がきれいで、心が気高いかを主張したところで、社会全体、文明全体としてはおなじことをやっている。

続きを読む

米強欲資本が姿を見せた 「ウクライナ危機」

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2014/11/00010300
「けつの毛まで抜かれる悪の計画がまだわからぬか」ってことですね。
<転載開始>
「ロシアの戦車に脅えるな」。ジェフリー・パイアット米国大使は、ウクライナの政財界人に檄を飛ばした。=19日、キエフ 写真:筆者=

「ロシアの戦車に脅えるな」。ジェフリー・パイアット米国大使は、ウクライナの政財界人に檄を飛ばした。=19日、キエフ 写真:筆者=

 これほど舞台裏を見せてくれる催しが、かつてあっただろうか? 米国の強欲資本主義が「ウクライナ危機を仕掛けたのはウチだよ」と名乗り出たようなものである。

 19日、首都キエフのヒルトンホテルで「マイダンから一年」と題するシンポジウムが開かれた。

 「マイダン」とはキエフ中心部の広場の名前だが、ヤヌコビッチ前大統領を追い出した勢力がここに結集していたことから、この政変の呼称となった。

続きを読む

「米製兵器買え」ってことか ウクライナ危機

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2014/11/00010308
<転載開始>
旧知の間柄のように話すハンナ議員(左)とジェフリー大使。ハンナ議員は先月末、国会議員に初当選したばかりなのだが…。=19日、キエフ 写真:筆者=

旧知の間柄のように話すハンナ議員(左)とジェフリー大使。ハンナ議員は先月末、国会議員に初当選したばかりなのだが…。=19日、キエフ 写真:筆者=


 アメリカ人がオープンなのには驚く。オープンというより「あからさま」と言った方が正確だろう。

 19日、キエフのヒルトンホテルで開かれた「ユーロマイダンから1年」と題するシンポジウム。二人は会場に到着するなり近づいて顔を合わせた。

 二人とはウクライナのハンナ・ホプコ議員と米国のジェフリー・パイアット大使である。

続きを読む

1218.県知事は、官僚の指定席なのか。

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105761222.html
<転載開始>

1218.県知事は、官僚の指定席なのか。

2014111901.jpg・ここまで景気が冷え込んでいるのに増税賛成という県知事があまりにも多く、調べたところ大半が官僚出身者であった。
・原発立地県もまた、官僚出身者が大半
・明治政府は知事を中央政府からの任命制としたが、現在は形だけの「選挙」であり、未だに中央官僚が指定席のごとく、主張のポストをたらい回ししている

 安倍内閣が、消費増税先送りを争点として、約700億円かかる解散総選挙を決めてしまいました。衆参両院で2/3近くの安定多数を持ち、かつ野党も増税に反対していないのに納得できない決定です。大半の国民が反対している「増税」に、この期に及んで10名近くの知事が賛成していることに驚かされました。

続きを読む

1221.スローモーションの核戦争「減らない環境セシウム」

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105857784.html
<転載開始>

1221.スローモーションの核戦争「減らない環境セシウム」

2014112201.jpg・チェルノブイリとフクシマ。最汚染地帯も汚染面積も冷静に比較してみるとフクシマの方が遙かにひどい。
・チェルノブイリでは、除染してもしても減らないセシウムにとうとう諦めて、土地を放棄せざるを得なくなった。環境半減期は180年~320年と言われている。
・日本ではチェルノブイリの教訓を無視して、大和魂で「除染」にしがみついている日本でも、セシウムが環境中から減らないデータがいよいよ表に出てきた・・

 チェルノブイリとフクシマ。何もかも全然違って、汚染など一桁も二桁も低いと、データに当たることなく簡単に主張している人をよく見かけます。冒頭に示した「地球の子ども新聞132号」に示したように、濃い赤で示されるチェルノブイリでは移住義務ゾーンと呼ばれる148万Bq/m2(40Ci/km2)の面積は日本の方が広いことがわかるでしょう。そして、この程度の面積で収まったのは、フクシマの東側がすべて海でなおかつ日本列島が細長かったためであることが、ソ連、日本の地図を見比べることでわかると思います。

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ