ロストワールドさんのサイトより(長文の為2作に分割いたしました)
http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/167089175.html

<転載開始>
アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...社会をコンロトールした主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏のブレイキング・ニュース
Federal Reserve Now Out of Control
手に負えない連邦準備制度理事会

by Tom Heneghan(トム・ヘネガン・インターナショナ諜報活動専門家)
2010年10月24日日曜日

FedSpider_Web.jpgimages-4.jpeg

ーアメリカ合衆国ー
ドイツのアンゲラ・メルケル首相が慶州(韓国)でのG-20経済会議で米国の財務長官ティモシー・ガイトナーと連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキに立ち向かったと現在報告することができます。

現在メルケルは、別名:有名な犯罪証券会社ゴールドマン・サックス銀行とニューヨーク・メロン銀行(ウォーレン・バフェットのバークシア・ハサウェイ社だけでなく)によって握らされた外貨デリバティブのために、ガイトナーとバーナンキをユーロ通貨の露骨な不正操作で訴えました。

aa7ef9986b7edbeaf723086c7697-grande.jpg610x.jpg
German Chancellor Angela Merkel (L), Federal Reserve Chairman Bernard Bernanke and U.S. Treasury Secretary Timothy Geithner
images-3.jpegbony_mellon_logo.jpgbuffett_Slide11.jpg
メルケルはベルギーのブリュッセルでヨーロッパのインターポールによって供給された『動かぬ証拠』をG20で提示しました。それはベルギーのガイトナーとバーナンキの米国連邦準備制度理事会が使い古した秘密のオフショア・ヘッジファンドで別名:夜通し外国為替でゴールドマンサックスのシンガポール支店、オーストラリア支店、ドバイ支店に何億ものドルと日本円をつぎ込んで命令で、金と石油の先物取引価格を引き上げるのと同時に、その一方で米ドルに対するユーロ通貨の価値を人工的に上げて外国の為替相場をコントロールしました。

この金融ブラック・オペレーションのタイトルは『トイレに流す』(米国通貨の価値を下げる策略)です。それは日本中央銀行によって許可されました。そして、WEBオーダー・エントリーの形式を利用したので前記の取引プラットホームを『高周波取引』と呼びました。この高度なテクノロジー(それは有名なMIS推進ソフトウェア技術でスピン・オフ(管理人注:デリバティブの副産物の意味)から高い利益を産みます。)は、犯罪の証券会社ゴールドマン・サックスとニューヨーク・メロン銀行と共に、連邦準備制度理事会がすべての電子通貨の取引注文で3~5秒のリードタイムを得るのを可能にしました。

疑わしいテロ脅迫の24時間の電撃戦によって、他の世界の国々と同調して、この金融ブラック・オペレーションにより、社会をコントロールしたファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディア(それは米国民を攻撃しました)も認めたのです。

あらためて皆さん、テロとの戦いは存在しません。テロとの戦いなど決してありませんでした。
アメリカ合衆国を不法に占領する犯罪の金融エリート達によってその憲法に基づいて米国民に命令した戦争がありました。ひとしきりあなたがこのインテリジェンス状況説明を読んでいるのならば、皆さん、あなたは、再び、本当のテロリストの正体が誰であるかについて理解しているはずです。

信じがたいかもしれないが、この電子高周波取引は犯罪の銀行エリート集団が外貨業務上で活動範囲を広げて、いわゆる外国為替を利用(活用)する環境を作り出しました。そして、それがエリート達の活動域を巧みに広げ、同時に実際に市場の両側にいるのを許しています。皆さん、これはある素人用語で『電子的にバケツでくむこと』と呼ばれています。

参照:この犯罪の金融のごまかし全てが別名:疑わしい政府の金融不正見落とし機関『証券取引委員会(SEC)』などの機関が、犯罪の銀行エリート達による犯罪の不正行為の全てを無視(彼らがマドフ&スタンフォード・ポンジースキームの犯罪行為を無視したように)しており、そして、その代わりに、違法な、憲法に反する盗聴とおとり捜査の汚いやり口を駆使して小規模な小売証券会社に宣戦布告しています。SECのやり口は、小売証券会社に別名:あなたが45ドルないし50ドルを、顧客に対する請求で法外な手数料を請求したとして訴えることです。

これを聞いてください皆さん。この政府の金融規制見落とし機関の大部分が政府高官レベルが委員を代表していて、別名:米国金庫を荒らした犯罪の銀行業者ゴールドマン・サックスとニューヨークメロン銀行以外の何ものともつながらないで、巧みに略奪し続けさせるために調査ターゲットから『はずし』たのです。

犯罪の銀行エリート達へのメッセージ:あなたの仕事は単純です。それを難しくするようにしないでください。あなたは保護されているために、あなたに顧客が保証金と人生の貯金を預けているのです。それ以外でのあなたの役割は、自動車と家の購入のため、市民にお金を貸さなければならないことです。あなたに安心して、他の何かをしたいのに任せることができない今、それは明白です。

質問:投資銀行行員とは何ですか?

答え:投資銀行行員は売春婦です。そして現在の監査機関は売女のヒモです。

注:文書足跡(取引痕跡)が海外マーケット、または、オフショア・ヘッジファンドの中の電子取引上にありません。全ての関係者により消されています。

House+Speaker+Nancy+Pelosi+Holds+Weekly+News+3xZ2G9STyJ8l.jpg
金融テロリストをこのデリバティブのたらい回しで多数の米国バンクにつなぎ合わせました。
もともと誰が?現在の米国議長『下院のナンシー・ペローシ、別名:ナンシ・ポンジー』の助けを借りて、前違法なブッシュ.FRAUD内閣によって外部に金融犯罪を押しつけ救済させましたか?

アイテム:ブッシュ.FRAUDとナンシー・ポンジーは、もし、米国の納税者によるお金で関係ある銀行(犯罪の)を『救済しない』のならば、アメリカ合衆国に「戒厳令」の事態を起こすと、米国議会を脅しました。

その国連で合法に『救済してください』を与えられた後に、これらの犯罪銀行は、米国納税者のお金の助けを借りて、別名:TARP(不良資産救済プログラム)により違法な登録商標であるそのデリバティブ取引を続けました。そしてそれは今日まで傀儡オバマ政権に完全な賛成を続けています。

P.S.ゴールドマン・サックスとニューヨーク・メロン銀行だけでなく連邦準備制度理事会の現在のデリバティブの持ち株が2008年9月にほとんど米国経済を破壊した最初の中毒資産とデリバティブであり、まさにスピン・オフ(デリバティブの副産物)以外の何ものでもありません。実はこれらは2008年のオリジナル(デリバティブの原型)につながる同じデリバティブであり、それは、2008年にベアー・スターンズの『救済』により、元締めのBank of Americaを援助したことです。

Bank of Americaで2008年から実行した全ては、これらの有毒な抵当権に裏付けされた有価証券デリバティブをごちゃ混ぜにすることになっていて、外国為替の外貨トレードで疑わしいマージンを彼らが利用することになっていて、それからすぐさま米国納税者のお金によって全てが融資される新たな『救済してください』と呼ばれる、住宅差し押さえ大失敗を作り出しました。

images-2.jpeg
参照:ゴールドマン・サックスの前CEOであった元米国財務長官ヘンリー・ポールソン(ベアー・スターンズからのBank of America脱出計画の立案者)は、元々TARP(不良資産救済プログラム)の資金を利用して中毒資産を買い取って、これら犯罪の銀行の帳簿をきれいにしようと思っていました。
ポールソンとブッシュ.FRAUD当局は、これらの凶悪犯を税金で救済して、彼らの専売特許のトレーディングで何兆ドルものお金を自由に利用し続けるよう、その代わりとして、根本的にそれらを米国にプレゼントしたのです。

現在の米国財務省長官ティモシー・ガイトナーは連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキの為のカバン持ち程度の男であり、これら犯罪の銀行とともに行われている暴虐な犯罪行為を可能にし続けています。

それをあきらかにしましょう皆さん。

彼ら自身の帳簿上であえてきれいにしなかったこれら犯罪の銀行:別名「金融テロリスト」は、認められ合法に受け取った自由なお金:別名「米国民からの、米国納税者のお金』で巨大な世界的なポンジースキーム(つまりデッド・エンドと財政的な破滅への道)に関与し続けています。

P.P.S.あなたがニュースメディアの財務報告でブルームバーグ・ニュース(陰謀の連邦準備制度理事会のフロント・メディア)を好んで聞くとき、連邦準備制度理事会が米国経済を刺激すると主張する更なる「量的緩和」政策について、それはでたらめだけです!