真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-362.html
まだ余力のある内に、気の合う仲間をを募り(色々出来ていますが)
運命共同体(各県に10~20位)を作ることではないでしょうか。
そして、その共同体を繋ぐネットワークを作り
自給自足の生活をするしかないように思います。
<転載開始>
old metal money coins from China

あまり知られていませんが、実は東京の生活費は世界一高いのです!しかも、世界二位は大阪!日本の大都市が一位と二位を独占しているということは、日本の生活費は世界トップと言っても過言ではありません。


☆生活費が高い都市ランキング、東京1位・大阪2位=調査
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130205-00000044-reut-asia

引用:

[ロンドン 4日 ロイター] 英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が4日発表した生活費の高い都市ランキングは、東京が1位、大阪が2位になった。

【写真】生活費が高い都市ランキング

EIUは、世界の140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べた。

その結果、東京が1位に返り咲き、大阪は2位となった。調査を担当したジョン・コープステイク氏は、東京の首位復帰は大きな驚きではないとし、その理由として、不動産価格や賃貸料の高騰などを挙げた。1992年以来、東京が1位以外だったのは6回のみ。昨年1位だったチューリヒは7位に後退した。

コープステイク氏は、今年の結果で注目すべき変化は、オーストラリアの物価上昇により、シドニーが3位、メルボルンが5位にランクインしたことだと指摘。「他の都市では見られない上昇の仕方だ」と述べた。

そのほか、10位以内にはオスロ、シンガポール、パリ、カラカス、ジュネーブなどが入った。

北米の都市は上位20位には入らず、バンクーバーの21位が最高位。米国ではニューヨークとロサンゼルスが一番高く、ともに27位となっている。
:引用終了


それにしても、世界一高い生活費を払っている上に、生活保護費の削減や増税をするとは日本政府の経済政策は滅茶苦茶ですね。このままでは国民のお金がドンドン無くなってしまうでしょう。


☆生活保護支給額引き下げへ…2人以上の世帯中心
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130116-OYT1T00714.htm?from=tw

引用:
厚生労働省の社会保障審議会「生活保護基準部会」は16日、生活保護基準の見直しを求める報告書を発表した。

 夫婦と子供2人の世帯では、生活保護のうち「生活扶助」の水準を一般の低所得世帯の消費実態に合わせると、14%減らすことになる。同省は2人以上の世帯を中心に来年度からの基準額の引き下げを検討し、近く結論を出す方針。また、同審議会の特別部会は、不正受給に対する罰金引き上げを含む総合的な生活困窮者対策案を提示した。

 生活保護基準部会では、「生活扶助」の水準を、5年に1度の全国消費実態調査(2009年)による一般的な低所得世帯(世帯年収120万円程度)の消費実態と比較した。

 その結果、「夫婦と子供2人の4人世帯」に支給される生活扶助水準が「約18万6000円」であるのに対し、低所得世帯の消費実態に合わせて水準を見直すと「約15万9000円」で、14・2%減となった。「夫婦と子供1人の3人世帯」は8・5%、母子世帯では5・2%のそれぞれ減。
:引用終了


「生活保護を減らせ」とか言う連中がいますが、日本の生活保護受給条件は世界的に見てかなり厳しい部類なので、失業者などが増大する可能性がある現状では、逆に生活保護の条件を緩和するべきです。米国で問われるのは個人の受給資格だけですが、日本では家族の所得などが事実上調査されています。家族と大きな問題を抱えているような方が生活保護費を申請するのだから、日本も資格調査は個人に限定するべきです。

外国人不正受給などの問題が指摘されていますが、ならば、外国人の受給を取り締まれば良いだけの話で、日本人への生活保護費を減らすのは政策として全くズレていると言えるでしょう。

少なくとも、給与所得などが増えていない状態での増税と合わさる形で、社会不安の原因になる可能性があり、社会政策としてみても増税と生活保護費削減は誤っている政策であると私は思います。

せめて、世界一生活費が高い国ならば、所得も世界一にしてほしいものですね。


<転載終了>