宇宙天気ニュースさんのサイトより
http://swnews.jp/
<転載開始>
2014/10/27 13:47 更新
2192群でX2.0の大規模フレアが発生しました。Xフレアは3日連続です。


担当 篠原

昨夜、26日19時(世界時26日10時)に、
2192黒点群でX2.0の大規模フレアが発生しました。
世界時で見ると、25日にX1.0、24日にX3.1と3日連続で、
更にさかのぼると、22日にX1.6、19日にX1.1など、
2192群がこちら側に現れて、5回目のXフレアです。
(2192群は、太陽の向こう側でも活発に活動していました)

フレアの様子を、SDO衛星AIA131の動画で紹介します。
激しいフレアの後も、小刻みにフレアの輝きが発生しています。
これは、M1.0、M4.2、M1.9、M2.4、M7.1、M1.0と、
次々に発生したMクラスフレアなどの様子です。

SDO衛星による2192黒点群の拡大写真を掲載します。
黒点群はまだ大きな姿を保っています。
NOAA/SWPCによるXフレアの発生確率は、
55%と昨日の値よりも高くなっていて、
引き続き注目して下さい。


太陽風は、昨日のニュースの後、
磁場強度が少し高まって、7~8nTとやや強めです。
速度は、370km/秒とやや低速でしたが、
今朝くらいからゆっくりと増加して、
現在、450km/秒とやや高まっています。

現時点では、変化としては小幅です。
速度の変化が更に強まるのか、注目して下さい。

磁気圏は、活発な状態が続いています
AE指数のグラフは、
前半を中心に500nT前後の変化が続いています。

太陽風磁場の南北成分は、
南や北に振れ続けているので、
今後もある程度活発なオーロラの活動が発生しそうです。

2192黒点群で発生したX2.0大規模フレアとその後の活発なフレア。SDO衛星AIA131。
(c) SDO (NASA)、 (動画加工 : 宇宙天気ニュース)


SDO衛星による、2192黒点群の拡大写真。
(c) SDO (NASA)、 (写真加工 : 宇宙天気ニュース)


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真。マウスの矢印を写真に重ねると、黒点番号付きの写真に切り替わります。
(c) SDO (NASA)



GOES衛星の太陽X線データ
(c) NOAA/SWPC



ACEが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、白線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の橙線)、速度(4番目の黄線)
(c) NOAA/SWPC



リアルタイムAE指数
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学, NICT



27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr

<転載終了>