真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5831.html
<転載開始>
20150310140434sodfip.jpg
3月10日に政府与党は携帯電話の位置情報やインターネットの検索情報などを含む個人情報「ビックデータ」の利用方針を定めた個人情報保護法の改正案を閣議決定しました。
この改正案では情報の一部を削除・加工することを条件に、本人の同意無しで個人情報を第三者に提供することを認めるとしています。

同時に監督行政を一元化し、立ち入り検査などの権限を持つ第三者機関「個人情報保護委員会」を新設することや、「データベース提供罪」の創設等も盛り込まれました。データベース提供罪では、「業務で得た個人情報を不正提供するなどした場合、1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す」と定められています。
これとは別に政府は、個人情報の利用目的を本人同意なしで変えられる規定を改正案に盛り込む方針でしたが、強い反発から撤回しました。


☆ビッグデータ活用へ指針…個人情報保護法改正案
URL http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150310-OYT1T50076.html

引用: 
2015年03月10日 11時38分
 政府は10日午前、携帯電話の位置情報やインターネットの検索内容などの電子情報「ビッグデータ」の活用指針を定めた個人情報保護法改正案を閣議決定した。

 ビッグデータを持つ企業などが、個人の特定ができないよう情報の一部を削除・加工すれば、本人の同意なしで第三者への提供を認めることが柱。個人情報の流出事件が相次いでいることを踏まえ、情報保護を強化する規定も盛り込んだ。
:引用終了

☆個人情報保護法:データベース提供罪新設…改正案閣議決定
URL http://mainichi.jp/select/news/20150310k0000e010173000c.html

引用: 
毎日新聞 2015年03月10日 11時32分(最終更新 03月10日 12時41分)
 政府は10日、個人情報保護法の改正案を閣議決定した。監督行政を一元化し、立ち入り検査などの権限を持つ第三者機関「個人情報保護委員会」を新設することや、「データベース提供罪」の創設などを盛り込んだ。今国会での成立を目指す。

 現在、民間の27業界に計40のガイドラインが存在する個人情報保護行政を、同委員会に一元化する。メンバー構成などは改正案では明示しなかった。
:引用終了

☆“個人情報の加工”で第三者に提供可能に 閣議決定(15/03/10)




あまり話題になっていないこの改正案ですが、内容を軽く見ただけでもかなりとんでも無いですよ。
個人情報の第三者提供を合法的に認めるとか、拡大解釈をされたら滅茶苦茶な事になってしまいます。本人の同意無しというのも論外ですし、これは個人情報保護法の骨抜き改正案だと言えるでしょう。


<転載終了>