飯山一郎さんのサイトより
http://grnba.com/iiyama/index.html
<転載開始>
2015/04/15(水)  フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来
福島原発2号機のメルトダウンした核燃料は岩盤を貫き遂に地下水に接触! Dr.佐野千遥
太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲は福島原発のトリチウム爆発が原因! Dr.佐野千遥
「ロシア科学アカエミー・スミルノフ物理学派論文審査員・ドクター佐野千遥」 ← 誠に素晴らしい肩書だ。権威主義がち~とハナにつくが、学者センセイが集まる学会なんてものは、どこもハッタリ権威主義の巣窟なので、まぁ仕方がない。

で、Dr.佐野千遥がブログに書いたことは…、現在、福島原発由来のホットパーティクルが非常に危険で、「核の冬」みたいな気象条件になっている!と、鷲が書いてきたことと同じ内容。

まっこと、たのもしいかぎりだ。

Dr.佐野千遥は、東電福島の「トリチウム水の水蒸気爆発」の証拠として、2本の動画を挙げておられる。 上の2本の動画は、なんと鷲=飯山一郎が編集した動画なのだ。

佐野千遥博士は、鷲の動画を御覧になってから、「トリチウム爆発」についての秀逸な文章を書かれたワケだ。光栄なことである。

Dr.佐野千遥は、東京の空が(天気予報が”快晴”の日)にも晴れない理由を、次のように書いておられる。
東京が本来晴れるべき日(天気予報が”快晴”の日)にも、昼間も薄暗くなる異常に濃厚な水蒸気雲が低空にモヤのように霧のように立ち込めて、雲間が途切れて青空が現れる事が決して無く、日光が殆ど常にモヤのような霧雲に遮られていて、連日”曇り”または雨が続いている原因が、福島原発のこの重いトリチウム水水蒸気爆発にあると言えます。

その物理学的理由を述べます。

トリチウム水は普通の水より沸点が高いために、同じ温度でも普通の水よりも大量な”水蒸気”を発生します。しかも、日光が遮られているために、日中も気温が上がらず低いので、トリチウム水からの更に大量な水蒸気雲が生成される為です。

皆さんには、強い放射能を含んだ雨に濡れないように、そして外を歩く時にはマスクを着用するように極力注意するように呼びかけます。
Dr.佐野千遥の見解は、「フクイチ発のプルーム(放射能雲)が “核の冬”をもたらしている!」 ということだろう。

連日連夜、東電福島から濃厚な放射能雲が日本全国どころか、韓国や中国やロシアにまで拡散しているという事実。

そして、日本列島が“核の冬”になっている可能性が非常に高い!ということ。

これらの非常事態を指摘している識者は、ほとんどいない。当然、日本人の大半が自覚していない。

このツケは…、近々、未曽有の大災厄となって顕現するだろう。
飯山 一郎
PS Dr.佐野千遥のブログの以下のエントリは必読。
   ・ 太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲
   ・ 福島原発2号機のメルトダウンした核燃料は…
   以上。
2015/04/14(火)  「運」と「天命」を引き寄せる!
状況は日々悪化する一途
福島原発の状態はよくありません。13日の日没からしばらくの映像ですが、蒸気(湯気)がどんどん増えていくのがわかります。
cmk2wl氏のツイート

フクイチの地下から蒸気が噴出するのは、地下水を激しく沸騰させる発熱体があるからである。

上の動画を見ると、地下の発熱体が蒸気を噴出させるエネルギーは途轍もなく大きく、非常な高温であることが分かる。

このような巨大なエネルギーによる高温が、何故に持続するのか?

デブリが再臨界しているからである。

これ以外に高温・高圧の水蒸気噴出が継続する理由は、ない!


鷲は3月22日に、連続的な水蒸気爆発のためにフクイチは「手に負えない状態になった」 と書いた。

1週間前には、『中性子線を発射する核物質が降る国』という文章を書いて…、短期間に数百万人が死ぬ事態まである!と、鷲の仲間たちに重大な警告を発した。

そうして昨日↓鷲は書いた。
いま、われわれに必要なのは、生き残り(サバイバル)の知恵と技術。これだけである。
鷲は過去4年間、生き残り(サバイバル)のための様々な知恵と技術について書きまくってきた。

乳酸菌、豆乳ヨーグルト、少食粗食、体を温めること、運動で血流を良くすること、入浴法、爆裂発酵床、空気清浄機、蜂蜜、あらびき茶、玄米のビックリ炊き、うつぶせ睡眠法、鼻呼吸の大切さ、政治運動の馬鹿らしさ、病院には絶対に行かないこと、高い商品は絶対に買わないこと! 避難・疎開は、自宅内の放射能ゼロ空間に逃げ込め! その他もろもろの知恵と技術を書きまくってきた。

上の事柄は、全部すべて正解である。

ひとつ、どうしようもないことがある。
それは「運」と「天命」である。

簡単に言うと…、
この夏は、巻風のために日本列島(とくに東日本)には大量の放射性物質の超微粒子(ホットパーティクル)が降る。

だから、ホットパーティクルを極力吸わないようにすること。
そのために、外出時は必ず「N95マスク」をする。
寝室は、24時間空気清浄機を回しておく。
室内の拭き掃除(水拭き)を頻繁に実行する。
この夏は(いや、明日から!) 上の三つを励行してください。

三つとは…、マスク、空気清浄機、水拭きの三つです。
大切なことなので、2回書きました。

上の三つを励行したら…、寝室で深呼吸をして、
「これで ひとまず 安心!」 と声を出して言って下さい。
言った瞬間から、「運」と「天命」が、あなたの味方になります!

もっと詳しいことは、明日以降に稿を改めて書きます。
ごきげんよう!>皆の衆
飯山 一郎
2015/04/13(月)  取り乱すことなく 淡々と生きる
腹を据えて生きる
覚悟
致命的な事態がある日突然やってきて、手の打ちようがないまま最悪の事態を迎える…。

3.11がそうだった。あの日以来、何の手も打たず、手の打ちようがないまま、日本は終末を迎えようとしている。

それでも生き残る人間は、過酷な現実をシッカリと見つめ、認識し…、取り乱すことなく、余計な心配をせず、腹を据えて淡々と生き延びてゆく…。

覚悟を固めた人間の生き方だ。

鷲は昨日書いた。
「鷲の寿命も あと2~3年かな? と思った…」 と。
これは、短命を覚悟した!ということである。

短命を覚悟すべき異常事態だからである。

どれほどの異常事態なのか? 説明する。

3.14の3号機の大爆発。アレは1回だけの爆発だった。

しかし現在、フクイチの地下で起こっていることは…、
溶解・溶融して地下に落下した100トンもの核燃料が再臨界して、煮えたぎっているのだ。

そうして連日連夜、プルトニウムやストロンチウムといった致命的な放射性物質の微粒子が大気中に噴出している。

これほどの異常事態を、人類は、かつて経験したことがなかった。
死を覚悟するのは、むしろ当然のことなのである。

“死の予感”を感じないとしたら、その人の危機意識は「ゆでガエル並み」か、それ以下だ。

フクイチ産のホットパーティクルの一部は、スイスの気流予測のとおりに九州にも飛んできた。これは空間線量が3倍以上にも上がったので歴然である。

日本は、まこと、冷酷な国家になり、過酷な時代に突入している。

かつての長寿社会とは真逆の短命国家になり、同時に、大疾病社会になる。すでにソレは始まっている。

いま、われわれに必要なのは、生き残り(サバイバル)の知恵と技術。これだけである。
飯山 一郎
2015/04/12(日)  いまの日本は 毎日が3.14
これは核爆発である。
314
2011年3月14日、3号機が大爆発したとき、鷲は、
これでも心配ないのか?>枝豆!』という文章を書いた。

2011年7月16日の常陽新聞によると…、
「つくば市の気象庁気象研究所が、モリブデンとテクネチウムを大気中で検出した」 という。

どういうことか? 説明しよう。

モリブデンの沸点は4639℃。テクネチウムの沸点は4265℃。両核種とも、沸点が非常に高い。

沸点とは沸騰点のことで、原子炉内の温度が5000℃近くになって、テクネチウムやモリブデンが液体化して、さらに沸騰して蒸気になった。つまり気化して気体になった。気体になったから、風に乗って、筑波まで飛んでいった! と。

ちなみに、プルトニウムの沸点は3228℃なので、プルトニウムも、当然、気化して気体になって…、偏西風に乗ってアメリカ大陸まで飛んでいった。

あの3号機の大爆発が核爆発でなければ、上のような5000℃近い超高温による核金属の沸騰は発生しない。
3.14の3号機の大爆発は、核爆発だったのだ。


あの3号機の大爆発は、核爆発だったが…、今の時点で言えば、大したことではない!

なぜならば…、
あの3号機の大爆発=核爆発は、1回だけの爆発だったからだ。

3号機は、2011年3月14日午前11時01分に、ドッカ~ン! と爆発して、プルトニウムやストロンチウムを大気中に放出したが…、これは1回だけの爆発による1回こっきりの放出だった。

しかし、今はどうだ?

昨年末から、連日連夜、フクイチの現場では爆発的な水蒸気の噴出が続いている。

あの激しい水蒸気の噴出は、地下で大変な高温が発生しているからだ。

この高温の発生は、地下で100トンの核燃料が再臨界したからだ。

そうでなければ、あれほど激烈な水蒸気の爆発的噴出が連日連夜に渡って続くはずがない!

ともかく、この3ヶ月の間、フクイチからは、ありとあらゆる核種(放射性物質)が超微粒子となって、連日連夜、水蒸気とともに大気中に吹き上がっている。

いま、ニッポンは、「毎日が3.14」なのである。

このため、1ヶ月に数百万人のオーダーで人が死ぬ時期は遠くない。

本日は南九州でも、平常の3倍~4倍の空間線量に上昇している。
これは、フクイチからホットパーティクルが飛んで来たからだ。

きょう、鷲が吸い込んだホットパーティクルには、中性子線を出すプルトニウムの超微粒子があったはずだ。

その数は、何十個か、何百個、あるいは何万・何十万のオーダーかも知れない。

ふと、「鷲の寿命も、あと2~3年かな?」 と思ったが、
悲しみはなく…、憤怒と諦めが混在して、やりきれなかった。
飯山 一郎


<転載終了>