日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51960166.html
<転載開始>
以前からそうですが。。。NATOもロシアも戦争やる気満々です。彼らは戦争をしたくて仕方ないようです。中東では既に核爆弾が使われていますので、ヨーロッパで戦争が始まるとどうなることやら。。。
いつ第三次世界大戦が起きてもおかしくないとNATO事務総長が言いきったのですから、本当に戦争ゲームが始まるのでしょうか。
世界を支配するエリートらはNWOに向けて世界戦争を勃発させ、世界の国々を大混乱させた上で世界を独裁統治したいのでしょうから、ヨーロッパではNAT対ロシア、アジアでは中国対アメリカの戦争を(一日も早く)願っているのでしょう。サイコパスの考えることはいつも同じです。彼らの関心事は、金儲け、戦争、大量虐殺、破壊です。。既にスケジュールが遅れ気味なのでしょうから。。。。あせっているのでしょうね。
いくら彼らが戦争を煽っても、平和的解決が実現してしまえば彼らの権威がなくなります。

ただ。。。もしアメリカが中国と戦争ゲームをしたなら、中国は海軍力しかありませんから、核爆弾で脅す以外はアメリカに勝つ見込みはないのでは?と素人の私は思うのです。
世界中が戦争ゲームに嵌ってしまうのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/politics/2015/05/global-war-alert-nato-secretary-general-jens-stoltenberg-says-heavy-fighting-could-flare-up-at-any-moment-2714642.html
(概要)
5月27日付け:
NATOの事務総長は激しい戦争がいつでも勃発する可能性があると言い切りました。

GLOBAL WAR ALERT: “Heavy fighting could flare up at any moment” – YouTube

       

(概要)
今、我々は第三次世界大戦に向かって突き進んでいます。これは昨日行われたNATOの軍事演習の映像です。さらに、昨日、NATOの事務総長がロシアについて協議するためにワシントンに到着しました。
http://youtu.be/c7y7ouUFxmo

彼は、米戦略・国際問題研究所でのスピーチで、ロシアの脅威を世界に知らしめました。
一方で、彼はNATO加盟国に向けて猛烈な戦いが突然始まる可能性があるため平和への道を探る必要があるとも述べました。
残念ながら、平和への道を探る前に戦争の道へと突き進むのが常です。

いつロシアが挑発するのでしょうか。
事務総長はロシアはヨーロッパの安全保障と独立に対する脅威であり、ロシアの軍事行動は不透明であり予測不可能であると言明しました。
世界のリーダーらは、片手でオリーブの枝(和解策)を差し出し、もう片方の手で剣を差し出しているのですから驚くばかりです。しかしこれが彼らの通常のやり方なのです。

NATO事務総長は平和への道を推し進める一方で、NATO軍の兵士らは彼の指揮下で軍事演習(SARMIS15)を行い世界の外交官らにNATOの軍事力を見せつけたのです。

NATO軍のアメリカ、カナダ、ルーマニア、イギリス兵士らが野外(戦場)に集結し、合同軍事演習を行いました。
NATOは、ロシアの武力侵略を憂慮すべき行動と非難している一方で、このような挑発的な軍事演習を行っているのですから、ロシアはNATOの動きをどう見ているのでしょうか。

平和への道を探るとリップサービスを行いながら、ロシアもNATOも、お互いの軍事力を見せつけながら挑発しあっていています。
NATO事務総長は、今すぐにでも猛烈な戦いが勃発する可能性があると言い切っています。
実際に第三次世界大戦に向けた準備が行われています。
しかしエリートらに支配された主要メディアはこのことを一切報道しません。

Source: http://blogdogcicle.blogspot.com/2015/05/global-war-alert-nato-secretary-general.html



<転載終了>