しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-417.html
<転載開始>
天明4年(1784)3月24日、田沼意次の長男である田沼意知(おきとも)が江戸城内において、新番組の佐野政言(さのまさこと)に斬りつけられ、その8日後に死亡している。
田沼意知は天明3年(1783)に若年寄に抜擢され、異例なスピードで出世して父・意次の政治を支えていたのだが、34歳という若さで命を奪われてしまった。

イサーク・ティチング

Wikipediaにはこの暗殺事件について、こう記されている。
「江戸市民の間では佐野政言を賞賛して田沼政治に対する批判が高まり、幕閣においても松平定信ら反田沼派が台頭することとなった。江戸に田沼意知を嘲笑う落首が溢れている中、オランダ商館長イサーク・ティチングは『鉢植えて 梅か桜か咲く花を 誰れたきつけて 佐野に斬らせた』という落首を世界に伝え、『田沼意知の暗殺は幕府内の勢力争いから始まったものであり、井の中の蛙ぞろいの幕府首脳の中、田沼意知ただ一人が日本の将来を考えていた。彼の死により、近い将来起こるはずであった開国の道は、今や完全に閉ざされたのである』と書き残している。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%B2%BC%E6%84%8F%E7%9F%A5

オランダ商館長が田沼意次・意知による政策を高く評価していたことがこの一文からもわかるのだが、この人物が、田沼意知の暗殺に関してさらに驚くべきことを書いていることを最近知った。

田沼意次の時代

日本近世史の権威・大石慎三郎氏の『田沼意次の時代』にイサーク・ティチングの記録が一部紹介されている。大石氏の文章をしばらく引用したい。文中の「佐野善左衛門」は「佐野政言」のことである。

日本風俗図誌

「…佐野善左衛門はまったく自分の私怨からの行為と申し立てているのだが、世間はそうはとらなったようである。たとえばオランダの長崎商館長であるチチングは、その著『日本風俗図誌』のなかで、この事件についてつぎのように書いている。
『この殺人事件に伴ういろいろの事情から推察するに、もっとも幕府の高い位にある高官数名がこの事件にあずかっており、またこの事件を使嗾(しそう)*しているように思われる。』もちろんその高官の1人が、自分が若いとき、懐に剣を忍ばせて田沼意次を刺そうと機会を窺ったことがあるという松平定信である。チチングの記述はさらにつぎのように続いている。
もともとこの暗殺の意図は、田沼主殿頭と息子の山城守(意知)の改革を妨げるために、その父親の方を殺すことにあったとさえいわれる。…しかしながら、父親の方はもう年をとっているので、間もなく死ぬだろうし、死ねば自然にその計画もやむであろう。しかし息子はまだ若い盛りだし、彼らがこれまで考えていたいろいろの改革を十分実行するだけの時間がある。のみならず、父親から、たった一人の息子を奪ってしまえば、それ以上に父親にとって痛烈な打撃はありえないはずだ、ということである。こういうわけで、息子を殺すことが決定したのである』というのである。」(『田沼意次の時代』p.87)
*使嗾:指図してそそのかすこと。けしかけること。

島津重豪

では、イサーク・ティチングはどのような交流があり、このような情報をどこから得ていたのだろうか。Wikipediaによると
「…日本の機密を、11代将軍徳川家斉の岳父であった島津重豪を通して収集していたことが、フランスの博物学者で旅行家のシャンパンティユ・コシーニュ著『ベンガル航海記』に記載され、オランダ東インド会社が解散した1799年にパリで出版された。そこには、将軍の義父がティチング氏と始終文通を行い、ティチング氏の目的に必要なあらゆる知識と情報を好意的に与え、日本に関する彼のコレクションを増加させているとある。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0

もしティチングが、島津重豪から田沼意次暗殺事件には松平定信らが関わっていることを知らされていたのであるなら、その情報は真実に近いと考えるべきではないか。
なにしろ松平定信は江戸幕府の老中として11代将軍家斉を支えた人物であり、家斉の岳父である島津重豪には幕府の裏情報が耳に入っていてもおかしくない立場であるし、ティチングの著書『日本風俗図誌』は彼の死後1820年にパリで出版されており、真実を歪める動機は存在しないのだ。

そもそも、松平定信らが田沼意知を暗殺してでもやめさせようとした「改革」とは、どのような内容のものであったのか。次に田沼父子の「改革」について見てみたい。

諸藩が年貢収入のみに財政を依存していたのに対し、江戸幕府は鉱山収入と貿易収入などがあって財政状態は良かったのだが、元禄の末年頃になると次第に厳しくなり、八代将軍吉宗の頃には、旗本の給与が遅配するような状態に陥ったという。
そこで、財政再建策として年貢の増徴と新田開発を積極的に行った(享保の改革)のだが、年貢率の引き上げに農民の不満が高まり、各地で百姓一揆が頻発することとなる。

百姓一揆

九代将軍家重の時代になるとさらに百姓一揆が激しくな
り、寛延3年(1750)の伊予大洲藩、宝暦4年(1754)の越後久留米藩、郡上八幡藩などでは大規模な一揆が起り、いずれも農民側が勝利するに至っている。

以前このブログで郡上八幡の一揆のことを書いたが、この郡上一揆で領主金森頼錦は領地没収、お家断絶となり、ほかにも多くの幕府や藩の役人が処罰され、一揆を行なった農民も14人が死罪となったのだが、この評定に田沼意次が列座していたという。

郡上踊り

有名な「郡上踊り」の10の曲目の中に「ヤッチク」という歌があり、この歌詞を読むと「郡上一揆義民伝」になっている。
今も郡上八幡の人々は毎年郡上踊りで「ヤッチク」を踊りながら、257年も前のこの一揆で犠牲になった人々に今も感謝し、その霊を慰めているのである。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-335.html

郡上一揆の評定を経験した田沼意次は、年貢の増徴のような直接税の引上げではなく、商品の流通に課税して税不足を補おうと考えた。すなわち、同業者組合である株仲間を奨励して商人に専売制などの特権を与えて保護し、運上金*、冥加金**を税として徴収することで税収を増やそうとしたのである。
*運上金:農業以外の各種産業の従事者に対して、一定の税率を定めて課税したもの
**冥加金:営業などの免許の代償として支払う税。初年度は多額で以降は少額となる。


ついで意次は通貨の一元化にも取り組んでいる。
この点については大石慎三郎氏の著書による解説がわかりやすい。
「そもそも江戸時代の通貨制度は、三貨体制といって、金・銀・銭といったおのおの独立した貨幣より成り立っていた。金は両・分・朱の4進法による鋳造定量係数貨幣で、その主成分は金であった。銀は銀の塊そそのものを重量の単位である貫匁ではかられる秤量貨幣で、その主成分は銀であった。銭は貫・文という十進法単位でよばれる鋳造定量の計数貨幣で銅が主成分であった。…
ところでこの三貨のうち金と銀とは、日本経済の基幹活動に利用される高額貨幣であり、…金は江戸を中心とする関東、および東国、中部地方、銀は京・大坂を中心とする畿内、および西国・日本海地域で通用するといった、通用区域にちがいがあった。」(同上書 p.113-114)

高額通貨の通用区域が異なるということは経済圏が異なることを意味し、したがって金・銀の交換比率は時々刻々変動し、それにつれて銭の相場も変動していたことになる。

kahie-page_4_54.png

通貨の一元化のために田沼意次は「明和五匁銀」「南鐐二朱判」という銀を素材としながら通貨金の計算値である「朱」で表示した通貨を作り、南鐐100両に対し、金125両の相場が建てられたのだが、両替商から猛烈な抵抗を受けたという。田沼意次失脚後、松平定信によって新通貨の鋳造は中止されたのだが、田沼のやろうとしたことは時代の要求に沿うものであり、松平定信が解任された後に、鋳造が再開されたのだそうだ。

大石氏はこう述べておられる。
田沼政権は巨大商人資本と結託しているということがよくいわれるが、通貨政策で見るかぎり、巨大商人資本の利益を擁護し、それと結託しているのは松平定信ということになる。」(同上書p.120)
また、
宝暦―天明期は、天明の飢饉以降を除けば、江戸時代でもっとも物価の安定した時期をなしている。したがって、この時期は庶民生活も安定した時期ということになるが、ただ一つ気になることがある。それは金銀銭三貨のなかで、庶民大衆の通貨というべき、銭の相場が下がるということである。…
 寛文から元禄にかけて、庶民経済が大きく拡大(したため)…銭の需要がとみに増し、元禄以降は不足気味となり、金一両に錢四貫文という幕府の希望公定相場に対し、銭高が目立つことが多かった。そこで幕府は明和2年(1765)頃から、江戸の亀戸、武蔵の川口、京都の伏見、肥前の長崎など広い範囲で鋳銭を続け…た。また明和の銭の増鋳は、従来のように銅が主材ではなくて、鉄銭であったことも相場を下落させる要因であった。」(同上書 p.120-121)


田沼意次

田沼意次が第9代将軍家重によって1万石の大名に取り立てられたのが宝暦8年(1755)。第10代将軍家治に重用され側用人に出世したのが明和4年(1767)、老中首座の松平武元が死去し、幕閣において政権を握ったのは安永8年(1779)で、重商主義的な政策を採ったのは天明元年(1781)からのことである。
幕政を主導していた時代を「田沼時代」と呼び、「宝暦―天明期」がその時代であると理解されているのだが、銭の相場の低下の問題は江戸幕府の通貨政策だけで議論することは公平ではない。水戸藩が農民を扶助する名目で、明和5年(1768)以降、大量の「太田鋳銭」(鉄銭)を製造したことも考慮に入れる必要があるだろう。水戸藩の農民が、銭安の原因がこの通貨にあると判断して鋳銭工場を焼き払った事件があったそうだが、その後も水戸藩は鋳造を続けたという。幕府はこの「太田鋳銭」が錢の通貨安に繋がっていると判断し、明和9年(1772)に鋳銭禁止令を出しているのだが、そもそも幕府が通貨供給量を統制できずして、銭通貨の価値を維持することは困難であろう。

大石氏は続けて、こう記しておられる。
「安永3年(1774)、田沼意次は老中と側用人を兼ねるが、この年幕府は錢相場下落による庶民の難儀を救うため、幕府が行なっていた鋳銭を中止するとともに、真鍮錢の鋳造量を半減するなど、銭安相場を直すために、あれこれ努力するが成功せず、銭の異常安のもと庶民の怨嗟の声につつまれて田沼政権は崩壊している。しかしその後に出てくる松平定信時代にも一時若干改善されるが、それも再度おそってくる銭安相場のなかで退陣している。錢安相場は江戸時代後半期の宿痾(しゅくあ)であった。」(同上書 p.121-122)

また、印旛沼・手賀沼を開拓したことは教科書にも記されていたのだが、田沼はその開拓資金を江戸幕府からではなく、殖産興業として町人資本の出資によって実施したことも画期的なことだと思う。

前回の記事にも書いたのだが、明和7年(1770)には幕府の備蓄金が171万7529両となって5代将軍綱吉以来の最高値となるまでに江戸幕府の財政は改善したのであるが、彼は年貢を増やすことはしなかった。

天明の大飢饉

田沼意次にとって運が悪かったのは、明和9年(1772)の明和の大火で江戸の中心部が焼けて多額の出費を余儀なくされ、さらに天明3年(1783)に浅間山の大噴火したのち凶作が続き、天明の大飢饉(1782-1788)と呼ばれる食糧難の時代が続いたことを考慮に入れる必要がある。田沼意次が失脚したのは飢饉の最中である天明4年(1784)なのだが、相次ぐ大災害にかこつけて妄言を撒き散らす政敵に足元をすくわれたと考えている。

大石氏の著書に田沼意次の遺書が紹介されている。その最後の部分を紹介したい。

「借金がたとえば千両できたとすると、その金利はたいてい10%は必要だから、翌年は知行地が100両分減ったことになる。もし借金が大きければその割合に減る分はふえるものであるが、たとえ領地高が半分になってもその理が弁えず、大借金になって建て直す方法がなくなるものである。このことをよく心得て常々心を用い、いささかの奢りもなく、無益の支出ははぶき倹約を怠らぬように。もしやむを得ない儀で少しでもやりくりが悪くなったら、そのことを深く心にとめてとりしきり、役人たちにも厳重に申し付け、余裕金が相応にできるよう、少しの油断もなく心掛けること。
もっともそうかといって、領地の百姓に年貢など無体に強く申し付け、それで財政の不足を補おうなどと筋違いのことは決してしてはならない。すべて百姓町人に無慈悲なことをするのは、御家の害、これにすぎるものはないのだから、いくえにも正道をもってすべてのことに臨むべきである。」(同上書p.248-249)

法人減税を進めながら大衆課税を強化し、本来やるべき歳出カットの努力をしないどこかの国の政治家や官僚に、是非読んで戴きたいような文章である。
田沼意次は「賄賂政治家」と描かれることが多いのだが、調べていくと極めて全うな考えを持った政治家であり、真の悪人は、息子の意知を暗殺したうえ、嘘のプロパガンダで意次を政界から葬り去った松平定信の一派の方ではなかったか。

**************************************************************
<転載終了>