阿修羅掲示板より
http://www.asyura.com/0306/idletalk2/msg/971.html
<転載開始>
(回答先: 金持と富豪の違い 投稿者 エンセン 日時 2003 年 8 月 17 日 08:51:57)


世界的な金融政策を打ち出す公的な組織としては、国連傘下のIMFと世界銀行、G7、国際決済銀行(BIS)、アメリカ連邦準備制度理事会(中央銀行のFRB)、ヨーロッパ中央銀行、ホワイトハウスなどがある。
概略は以下の通りである。


◇国連の傘下にあるIMFと世界銀行は、戦時中に戦勝国の経済戦略を打ち立てるためにブレトンウッズ会議で誕生した双子の金融機関であり、名目上は貧困国や発展途上国を救済するための資金提供を目的として存在している。ところが先年、国際金融マフィアによって組織されたブレトンウッズ委員会の会合が50周年記念を祝って開催された様子は、IMFと世界銀行の背後に民間のシンジケート集団があることを示し、国際オリンピック委員会(IOC)と同じメカニズムで動いていた。貧困国や発展途上国の権力者をとりこんで、一部の幹部が利権を拡大するために金融政策が動かされるのである。
国連は、先年まで事務総長だった「エジプト人」ブトロス・ブトロス=ガリが、祖父の代からイギリスの金融巨頭ベアリング家に育てられたファミリーであった。81年にグッゲンハイムの鉱山ケネコットを買収した石油メジャーのBP会長、ジョン・F・ベアリングの再従弟にあたるのが、アングロ・アメリカン重役のジュリアン・ベアリングであった。この両人の共通の祖母レオノーラ・ディグビーは、ビル・クリントンを大統領にしたハリマン未亡人(パメラ・ディグビー)の祖父の妹という不思議な姻戚関係を持ち、かなりの力が国連とホワイトハウスのあいだで相互に作用し合っていた。
次の国連事務総長コフィ・アッタ・アナンは「ガーナ人」だが、彼の妻ナン・ラゲルグレンはスウェーデン貴族ダルデル家の令嬢であった。北欧のハンブローズ銀行で会長に君臨し、アジア貿易と南アの貴金属を動かしてきたマーチャント・バンカーのルパート・ハンブローは、オッペンハイマー財閥のアングロ・アメリカン重役であり、アナン事務総長は彼の一族にあたっていた。
ガリ、アナン両人ともアフリカ大陸出に見えながら、国連の人選は的確におこなわれてきた。

◇IMFは、世界銀行総裁ポストに相当するトップが専務理事と呼ばれ、99年までフランス人ミシェル・カムドシュがその役をつとめてきた。彼は98年2月中旬、経済崩壊するインドネシアに対して警告書簡を送付し、「通貨ルピアを、ドル相場に固定する経済計画を実施するな」と圧力をかけた。IMF人脈と重なる金融マフィアが、アジア通貨を売り叩いて経済混乱に導いた元凶であるため、カムドシュ発言に対する反発がアジア全土で起こり、マレーシアのマハティール首相が準固定相場制に踏み切り、台湾なども追随した。
99年1月には、地方自治体の財政権限を拡大して民主化を進めようとしていたインドネシアの法改正に対して、IMFが「債務返済に支障が出る」とクレームをつけて全面改訂させた通り、民主化を妨害する横暴きわまりない組織である。
カムドシュ本人は、スイスの工業家に連なるファミリーで、スイス銀行とスイス・ユニオン銀行の合併によって誕生したスイス・ユナイテッド銀行などの頭取や会長たちと姻戚関係をもつ中枢のファミリーの一員として、国際的な金塊の流通を支配してきた。彼が、ドル相場に固定するインドネシア再生計画を阻止しようとしたのは、金塊をコレクションするファミリーにとって、充分に意味ある行為であった。アジア通貨が暴落した時期は、アジアから大量の金塊を購入できるチャンスであり、ルピアがドルと固定されれば、紙切れであるドルの威力がそがれ、アジア通貨を暴落させた意味がなくなるからである。

◇BISとして知られる国際決済銀行は、第一次世界大戦のドイツの賠償問題を清算するためスイスに設立され、現在では、全世界の中央銀行の共同組合組織として運営されている。「自己資本8パーセント以上にしなければならない」というBIS規制を打ち出し、バブルに浮かれていた日本の金融機関を一挙に地獄に落とした国際金融の総本山である。
事務方の総支配人は、ギイ・ロスチャイルドの近親者であるフランス人のギヨーム・ギンデイたちによって取り仕切られてきた。1930年にBISを設立した最高幹部が、J・P・モルガンJrとジョージ・ベアリングであり、後者がブトロス=ガリ家のパトロンであった。またBIS総裁だったウィレム・ドイセンベルクが、ユーロ発足とともに初代ヨーロッパ中央銀行総裁に就任した。
通称バーゼル・クラブと呼ばれるBISの機能として、一般に知られていない興味深い作業は、世界一の資源大国ロシアから西ヨーロッパに流れる金塊の大部分を購入することにある。BISの資産中には、相当量の金の延べ棒や金貨があるが、BIS自体には金塊を保管する場所がなく、およそ半分がアメリカのケンタッキー州フォートノックスにある中央銀行の地下室に保管され、残りがスイスとイングランド銀行に預けられる。そこからロンドン・ロスチャイルド銀行へと流通機構が形成されている。

◇G7はアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダ・日本による七ヶ国の蔵相・中央銀行総裁の会議である。
G7については、多言を要しない。
日本人が公式に国際市場に資金提供を約束させられるための場である。

こうして、あらゆる公的機関が、金融利権と直結している。


☆最後のG7の部分は、自分の国のことでありながら、説得力があり、思わず笑ってしまいます。

<転載終了>