日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51984831.html
<転載開始>
北米には巨大火山が3つも存在していますから、そのうちの1つが噴火しても大変な被害をもたらすことになります。イェローストーンの超巨大火山が噴火したら世界中が破壊されることになります。恐ろしいことですが。。。そのイェローストーンでは、火山の異常活動が続いています。
世界で最も恐れられているのがイェローストーンの超巨大火山だと思います。絶対に噴火しないでもらいたいのですが。。。現在、地球全体が変動していますので、何が起こるか分かりません。

別の記事によると。。。
http://beforeitsnews.com/paranormal/2016/04/2-hour-collapse-of-earths-shields-tsunami-buoy-in-event-mode-off-new-jersey-coast-video-2508215.html
先日、ニュージャージーの海岸沖で水位が突然下がったのが確認されたそうです。そして。。。同日、NASAの宇宙気象予測センターが地球の磁気圏が完全に崩壊したことを確認しました。
つまり。。。太陽風や太陽放射から我々を保護してくれている磁気圏が2時間も消えてしまったのです。
ニューヨークと東海岸北部の上空で異常現象が起きた2日後に2つの奇妙な事象が起きたそうです。
このような異常現象は地球工学によるものだということが分かっています。このように人工的に気象を変動させたり、地震を発生させたりしています。

B4INREMOTE-aHR0cHM6Ly80LmJwLmJsb2dzcG90LmNvbS8tX3dDd3g1MVpoSlUvVnhyamQ5a3dsU0kvQUFBQUFBQUFQZkkvWTdrTzZvSU5QeW8yUG80RnNiVk9SMXJtaHZtLVVQNzVRQ0xjQi9zNjQwL2Fub21hbHklMkJuZXclMkJ5b3JrJTJCZWFzdCUyQmNvYXN0LmpwZw==


http://theeconomiccollapseblog.com/archives/earth-changes-in-2016-how-to-get-prepared-for-the-coming-earthquakes-and-volcanic-eruptions

(概要)
4月25日付け

2016年は地球変動の年?差し迫る地震と噴火に備えましょう。

世界中で地震活動が活発化しています。ここ数週間でエクアドルや日本の九州で大地震が起きています。また世界中で40近くの火山が噴火しています。
特に環太平洋火山帯で大地震や大噴火が頻発しています。アメリカ西海岸ではまだ何も起きていませんが、専門家によれば、サンアンドレアス断層とカスケディア沈み込み帯では数十年間にわたりストレスが溜まり続けているようです。このエリアで大災害が起こるのは時間の問題だとも言われています。

今週月曜日に、ロシア極東のクリュチェフスカヤ山が大噴火し熱い火山灰が上空4800mまで噴き出しました。ここも環太平洋火山帯の一部です。専門家は次にどこで何が起こるのかを警戒しています。
アメリカでも3月29日以降アリゾナとネバダの州境で軽度の地震が21回観測されています。

アメリカではここ数十年間、大地震や大噴火が起きていません。最後に噴火したのは1980年のセントヘレン山の噴火です。ただし専門家は北米には非常に危険な巨大火山が以下の通り3つも存在するため警戒が必要であると言っています。

ポポカテペトル山
この山の周辺には2500万人もの人々が暮らしています。この山はアステカ時代に大噴火し周辺の都市が大量に発生した高熱の火山泥流に飲み込まれて破壊されました。ピラミッドまで飲み込みました。
この山が再度噴火するとメキシコシティーの1800万人に大被害をもたらすことになります。

レーニア山

この山は時限爆弾とも言われています。アメリカで最も危険な火山であり、世界で最も危険な火山の1つです。この山はワシントン州のシアトル、タコマ、他の大都市に非常に近いところに位置しています。この山が本格的に噴火すると、多くの住民が、押し寄せる高熱の火山泥流に生き埋めになるでしょう。
時速80kmで火山泥流が流れだします。我々が生きている間にこの山が噴火すると確信しています。

イェローストーンの超巨大火山

1980年にセントヘレン山が噴火しましたが、イェローストーンの超巨大火山が噴火すると、セントヘレン山の噴火の2000倍の威力があると言われています。
その場合、ソルトレイクシティが焼け焦げるでしょう。デンバーでも短時間で屋外の物や生き物が破壊されるでしょう。そして火山灰が半径1600kmに渡り3m積もることになります。アメリカでは食糧生産が壊滅的となり、火山の冬が襲い、長期間にわたり世界の気温が20度も下がることになります。
つまり、この火山が噴火すると地球上の生命が消滅するということです。
イェローストーンではかなり異常な活動が続いており特に警戒が必要です。もし噴火したなら、一瞬のうちに世界史が激変します。
北米では必ず大噴火や大地震が起こるでしょう。その時、我々は大惨事に対応しなければなりません。我々も家族もそれに備える必要があります。

以下省略

<転載終了>