velvetmorning blogさんのサイトより
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/07/26/8139773
<転載開始>
第一次安倍内閣の内閣総理大臣補佐官(国家安全保障担当)で、降伏の化学に支援されて防衛大臣になった小池百合子が小泉フィーバーの再現を狙ってる件
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/07/24/8138467
のつづきです。


小池百合子が大勢の人々に支援されているかのような画像捏造の件ですが、さっそくゴーストライポンさんが詳しく解説しております。

政府の「嘘」の見抜き方教えます
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12183751913.html

なるほど~


基本的に、ここ数年の国政選挙は、『野党を半分にする不正プログラム』によって行われていた可能性が高い ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/07/05/

都知事選も無茶なことが行われてきたと思います。

こんな記事も

下馬評でリード 小池百合子の「危うさ」を識者が指摘(日刊ゲンダイ)

過去の侵略戦争を否定し、改憲を推進する国内最大の右翼組織「日本会議」。その「国会議員懇談会」の副幹事長や副会長を小池は歴任

排外差別デモのヘイト集団「在特会」との関係も指摘されている

まさに弱肉強食、新自由主義の権化
asyura2.com/16/senkyo210/msg/184.html


小池百合子の選挙狙い「コミケを応援します」にオタクは騙されるな! マンガやアニメの規制を主張した過去が

 つまり、小池氏は実在する人間の写真やビデオだけではなく、マンガやアニメ、ゲームのキャラクターも含めた性的コンテンツの単純所持は罰則化するべきだと動いた、完全なる表現規制推進派なのである。「コミケを応援します!」どころではない、疑いの余地なくコミケにとっての敵だ。
lite-ra.com/2016/07/post-2443.html


さらに、こんな記事

以下引用

不可解な支出は計210万円
 31日投開票の都知事選に出馬している小池百合子元防衛相(64)に新たな「政治とカネ」問題が浮上した。今回はナント! 「裏金づくり」疑惑だ。

 日刊ゲンダイは小池氏が代表を務める「自民党東京都第十選挙区支部」の収支報告書に添付された領収書の写し(2012~14年分)を入手。この領収書を精査すると、不可解なカネの流れが判明した。

 同支部は12~14年、「M―SMILE」という会社に「調査費」として計210万円を支出していたのだが、この会社は登記簿を調べても記載がなく、実体不明の会社だったからだ。

 小池事務所は「現在は『モノヅクリ』という社名に変わっている。選挙の際の世論調査を依頼した」と説明。そこで日刊ゲンダイが改めて「M-SMILE」の代表者に確認すると、代表者の男性は「09年ごろ、個人的に『M―SMILE』という名で世論調査の事業を始めた。12年に、『モノヅクリ』を立ち上げ、オーダースーツの事業をメーンにしている」と説明。つまり、実体のないスーツ会社が、小池氏から多額の政治資金を受け取り、世論調査を請け負っていた――という怪しさを記事にした。

nikkan-gendai.com/articles/view/news/186324

■小池氏、元秘書とも問い合わせにダンマリ

 そうしたら、小池陣営が22日、都議補選(31日投開票)で新宿選挙区から擁立した男性の名前を見て驚いた。何を隠そう「M-SMILE」の代表者、森口つかさ氏(34)だったからだ。しかも、肩書は小池氏の「元秘書」だったからビックリ仰天だ。

 つまり、小池氏は自分の秘書がつくった“ペーパーカンパニー”に多額の政治資金(調査費)を支払っていたことになる。これほど不自然で、不可解なカネの流れはないだろう。政治資金に詳しい上脇博之・神戸学院大教授もこう言う。

「小池氏の政党支部が(M-SMILE)に調査費を支出した時期に森口氏が秘書を務めていたのなら大問題です。通常、議員のために調査を行うことは秘書としての業務の一環で、調査の対価は給与として支払い済みのはず。それを秘書が経営する(幽霊)会社に調査費用を支払うというのは、あまりにも不自然です。裏金をつくったり、不正な選挙資金を捻出していたと疑われても仕方がありません。そうでないのならば、小池氏は説明責任を果たすべきです」


以上引用 以下全文は
nikkan-gendai.com/articles/view/news/186324/2


さらに、こんな記事も

以下引用

小池百合子氏 政治団体の家賃を自己が代表の国際親善団体に「肩代わり」させる処理 政治資金規正法違反および、横領、背任のおそれ
小池百合子氏の政治資金管理団体「フォーラム・ユーリカ」が、家賃を支払わず、日本リビア友好協会という別の団体に肩代わりさせる形で東京都豊島区池袋駅近くのオフィスに入居していたことが小池百合子事務所への取材でわかった(注1*)。
echo-news.red/Local/Tokyo-Governor-Candidate-Yuriko-Koikes-New-Shadowy-Business-Forum


これは、筆者も住所調べていて気付きました。


小池百合子って、2009年6月に『日本リビア友好協会』会長になってから、2年でNATOによるリビア爆撃が起きたわけです。

そして、リビア爆撃とカダフィが殺されたことを「前向きにとらえている」と発言しているわけ。

リビア国民が大勢犠牲になり、路頭に迷っているのに、どこが友好なんだよ。

友好のふりして、軍事介入する手助けをしていたとしか考えられないのです。


協会概要 - 日本リビア友好協会
jlfa.gr.jp/association_2.html
会長 小池百合子の紹介. 会 長 小池百合子衆議院議員 (2009年6月24日

2011年リビア内戦 - Wikipedia

2011年リビア内戦(2011ねんリビアないせん)は、リビアにおいて2011年に起こった政治社会的要求を掲げた大規模な反政府デモを発端とする武装闘争である。アラブ圏に於いては「2月17日革命」と呼ばれる。 2月15日に開始され、

エジプト革命 (2011年) - Wikipedia
2011年エジプト革命(2011ねんエジプトかくめい)は、エジプトの国内外において2011 年1月より発生した大規模な反政府デモとそれに付随する事件の ... 前述のチュニジアの革命を起因としてアラブ世界で巻き起こった一連の変革「アラブの春」のうちの一つである。

小池百合子は、カイロ大学出身でしたよね。


小池百合子というのは、第一次安倍内閣の内閣総理大臣補佐官(国家安全保障担当)だったわけですが、その当時にラムズフェルドの代わりにブッシュ大統領によって指名された米国国防長官がロバート・ゲーツなわけです。

ロバート・ゲーツは、パパブッシュ政権のCIA長官であり、ニクソン、フォード、カーター各大統領の補佐官として国家安全保障会議(NCS)スタッフとして働いてきた人物です。


前から言っているように、カーター政権において、ソ連を倒すために、イスラム過激派を育てあげたわけです。これが、アルカイダやイスラム国(ダーイシュ)になった。
これは、当時の国家安全保障担当特別補佐官だったブレジンスキーもインタビューで認めている事実です。

ロバートゲーツは、その当事者の一人です。

彼は、イラン・コントラ事件でもかかわりが議会で指摘されている人物です。

以下引用

ロバート ゲーツ
Robert Michael Gates


国籍米国
肩書ウィリアム・アンド・メアリー大学総長 米国国防長官;米国中央情報局(CIA)長官
生年月日1943/9/25
出生地米国 カンザス州ウィチタ
学歴ウィリアム・アンド・メアリー大学〔1965年〕卒;インディア大学大学院(ロシア史)〔1966年〕修士課程修了
学位博士号(ジョージタウン大学)〔1976年〕
経歴空軍勤務を経て、1966年から中央情報局(CIA)に勤務、ソ連情報の分析や軍縮にかかわる。’76年ロシア・ソビエト史の研究でジョージタウン大学から博士号取得。同年ホワイトハウスの国家安全保障会議(NCS)スタッフに任命され、ニクソン、フォード、カーター各大統領の補佐官として働いた。’80年CIAに戻り、’86年副長官。’87年レーガン大統領からCIA長官に指名されたが、イラン・コントラ事件とのかかわりを指摘され議会の承認を得られなかった。’89年ブッシュ大統領の国家安全保障問題担当次席補佐官となり、パナマ進攻、リベリア内戦、湾岸危機などで活躍。’91年11月~’93年1月CIA長官を務めた。ゴルバチョフ政権の先行き不安に警鐘を鳴らした対ソ分析の第一人者。2002年テキサスA&M大学長。2006年12月イラク戦争後の情勢停滞の責任を取って辞任したラムズフェルドの後任として共和党のブッシュ(Jr.)大統領により指名され、国防長官に就任。2007年イラクに対する米軍増派戦略を成功に導いた。2009年1月発足のオバマ政権でも国防長官に留任。2011年7月辞任。同年9月母校のウィリアム・アンド・メアリー大学総長に指名される。

以上引用
現代外国人名録2012の解説


言うまでもなく、ロバート・ゲーツ国防長官は、311当時の国防長官であり、日本を無茶苦茶にした犯人です。

中東をメチャクチャにした犯人です。

小池百合子は、911自作自演テロから大量破壊兵器があると嘘ついてイラク爆撃したラムズフェルド国防長官の元で第一次安倍内閣総理大臣補佐官(国家安全保障担当)になり、ロバート・ゲーツ国防長官の元で防衛大臣に就任した人物であり、犯人の仲間と考えるのが、一番筋が通っているのではないかと思います。


ラムズフェルドやロバート・ゲーツは、まさに、なんちゃってイスラム国(ダーイシュ)を作った犯人であり、小池百合子も、なんちゃってイスラム国(ダーイシュ)作成に深く関わっているのではないかと思われます。


小池百合子を防衛大臣にしたロバート・ゲーツ米国防長官は、パパブッシュ政権のCIA長官で、311の犯人であり、アルカイダやダーイシュ(イスラム国)を作った人物。


で、小池百合子のスキャンダルが出ると、米軍基地のある相模原で、不思議なテロが起きると。
なるほどね
スキャンダル隠しですね。


小池百合子のバックは戦争屋です。これは、小池百合子が都知事になったら、第三次世界大戦な展開ですね。
第三次世界大戦を防ぎましょう


<転載終了>