In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/official-apollo-mission-transcripts-reveal-secret-about-the-moon/
<転載開始>

  2016/08/06  

アポロ11号の公式通信記録より

apollo-11-transcriptsNASA

アポロ10号の公式通信記録より

apollo-10-transcriptNASA

 

今日は大変に興味深い記事をご紹介します。

それは、

・機密指定が解除された NASA アポロ計画の全通信記録

や、

・機密指定が解除された FBI の文書にある「エイリアンの正体」

などについて記された下の記事です。

apollo-mission-recordsancient-code.com

最近のアメリカは、いろいろな文書が機密解除されますが、もちろん、私たちは「機密指定を解除されて公開される背景」を考えなければならないにしても、今回のものは強烈に興味をひくものです。

ここ数年で見たものの中でも最高レベルだと思います。

今回はすぐにその記事のご紹介にうつりたいと思います。

というのも、このことは、連続ではないにしても何度か取り上げることになりそうですので、今回はいろいろと余計なことを書かずに、すぐに記事をご紹介したほうがいいと思ったからです。

ただ、この記事の中にある FBI の UFO 資料にある「エイリアンの存在について、FBI が非常に興味深い見解を持っていたことがわかります。FBI の資料には、「エイリアンは、いわゆる他の惑星から来たものではない」と明記されていて、私たちには知覚できないエーテル性の世界(その世界は彼ら自身と融合している)からやってきていることが書かれています。

それはともかく、「月」という存在にはやはり何かあるのかもしれません。これについては、今後、いくつかの人たちが持っている「月」に対しての見解というものも含めて書けることがあればいいなと思っています。

では、記事に入りますが、今回の記事で示される、すべてのアポロ・ミッションの文書複写は NASA にありますので、リンクを示しておきます。

アポロ8号の通信記録
アポロ10号の通信記録
アポロ11号の通信記録
アポロ14号の通信記録

通信記録ですので、ものすごい文章量ということもあり、下の記事にあるのは、まったくほんの一部です。丁寧に探せば、アポロ乗組員たちの、いろいろな興味深いやりとりがそこにあると思われます。

私もまだほんの少ししか見ていないですが、これから暇な時に少しずつ読んでいきたいと思っています。

(※) 通信記録にある「03 16 44 39」などの数字は、時計上での時刻ではなく、ミッションの経過時間だと思われます。


Official Apollo mission transcripts reveal fascinating details about Aliens
Ancient code 2016/08/03

公式のアポロミッションの記録がエイリアンについての魅惑的な詳細を明らかにする

UFO やエイリアンというようなものの存在が本当の現象であると考えている人たちは、世界中に何百万人もいる。

しかし、その信念をサポートするための何らかの本当の証拠は何かあるだろうか。

そういう中で、たとえば、NASA が公開した以下のような公式通信記録の複写は、アポロ・ミッションにおいて、宇宙飛行士が、月面に「エイリアン(alien)」事象を見ていたことを示唆するのに十分な証拠として多くの人が考えることができるものではないだろうか。

03 08 20 42 司令船操縦士:「おお…、これらのいくつかのクレーターと円錐形の物体よりも荒涼とした風景が他にあるだろうか」

03 08 20 50 船長:「そこに住む人々は、おそらく外へ出ることは決してないだろう….」 司令船操縦士:「…おお神よ、あのモルトケ元帥を見てくれ。彼は私のお気に入りだ。おお、あれを見ろ! あのすべての道路を見ろ。三角の道路が彼を通り過ぎて導いていくのか?」

私たちは、UFO やエイリアンに対して、まだその存在の決定的な証拠を発見していない。しかし、私たちが実際に UFO の着陸や、エイリアンが挨拶をして歩き回っている様子と巡り会うことはなくても、上級の政府関係者や、軍人、宇宙飛行士たちの存在がある。

彼らの中には、エイリアンの存在と UFO 現象の証拠が現実のものだと主張する人たちがいる。

そして、最近のディスクロージャーの動きの中で、機密文書が多く機密指定解除を受けることで、 UFO 目撃の詳細やエイリアンの謎について、一般の人々も公共の文書を利用できるようになっている。

機密指定が解除された中で最も魅力的な文書の一つには、アメリカ連邦捜査局(FBI)のアーカイブもある。

それは以下のような内容を含んでいる。

機密指定解除がされ公開されたFBIのUFOに関しての文書の表紙
fbi-ufoFBI

FBIの文書の中にある内容の一部

・一部の円盤は乗員を運ぶ。他の円盤は遠隔操作される

・彼らの使命は戦争のない世界をもたらすことだ。訪問者たちは地球の和平を模索している

・これらの訪問者たちは、ヒトのようだが、サイズがはるかに大きい

・彼らは地球の人々を非難してはいない。彼らは自分自身が所有する世界からやって来ている

・円盤は、放射エネルギーのいくつかのタイプを持っている

・彼らは、私たちがしばしば使うような意味での任意の「どこかの惑星」から来ているのではない。彼らは、彼ら自身にしっかりと浸透しているエーテル性の惑星から来ている。その世界は私たち(地球の人間)には知覚できない

・訪問者たちの体と乗り物はもまた、私たちの高密度物質の振動率に入り、実体化されたものだ。

・彼らは意志でエーテル性を再入力し、跡形もなく私たちの視界から簡単に消えてしまうことができる

しかし、このアメリカ連邦捜査局(FBI)の文書はずっと一般公衆には利用可能とされてはいなかった。

 

私たちが、NASA の最も成功した宇宙プログラムのひとつであるアポロ計画の歴史を丁寧に遡ってみれば、私たちは、数々の「手がかり」を見つけることができる。

たとえば、アポロ計画の宇宙飛行士たちが UFO を追跡したことや、月の表面の「エイリアン」建造物の存在を発見したことなどだ。

以下に抜粋する NASA の記録のごく一部は、アポロ計画のいくつかの魅力的な状況を提示する。

これらの記録複写のすべては、NASA のウェブサイトで確認することができる。

その一部をご紹介する。

アポロ8号 通信記録より

03 16 44 39 月面着陸船操縦士:「そこに奇妙な光があります」

03 16 H4 45 船長:「たき火か?」

03 16 24 47 月面着陸船操縦士:「キャンプファイヤーかもしれません」

アポロ10号 通信記録より

04 06 13 02 月面着陸船操縦士:「あの音は外宇宙的なものに聞こえませんか? あの音を聞きましたか? 口笛の音でしょうか?」

04 06 13 06 船長:「うん。聞いた」

04 06 13 12 司令船操縦士:「あなたもあの口笛の音を聞きました?」

04 06 13 14 月面着陸船操縦士:「はい、聞きました。あの音は・・・宇宙的な音楽というか」

04 06 13 18 司令船操縦士:「あれは何なのだろう」

04 06 17 58 司令船操縦士:「あれは確かに奇妙な音楽です」

04 06 18 01 「我々は、04 06 18 01(時間)の現象について調べる必要がある。あれが何かを突き止めようと思う。誰も我々の話を信じないだろうが」

04 06 18 07 「はい。口笛に聞こえます。外宇宙的な」

04 12 09 16 船長:「このゴボゴボという奇妙な音は何だ?」

04 12 09 25 月面着陸船操縦士:「わかりません。ただ、船長に言いましょう。奇妙な音楽が今、私を困らせています。これは・・・」

04 12 09 28 司令船操縦士:「畜生! こちらでも聞こえた!」

04 12 09 29 月面着陸船操縦士:「これはおかしい。これらは本当に宇宙の外から来た何かだ。・・・誰がこんなことを信じる?」

04 12 09 34 司令船操縦士:「こんなこと誰も信じるわけがない。私が彼らに説明をいたしましょうか?」

04 12 09 39 月面着陸船操縦士:「そんなこと知るか。私たちはこのことについて考えなければ」

アポロ11号の通信記録より

03 08 20 18 「見事なクレーターだ」

03 08 20 42 司令船操縦士:「おお…、これらのいくつかのクレーターと円錐形の物体よりも荒涼とした風景が他にあるだろうか」

03 08 20 50 船長:「そこにいる人々はおそらく決して出てくることはない」

03 L0 55 20 司令船操縦士:「…おお神よ、あのモルトケ元帥を見てくれ。彼は私のお気に入りだ。おお、あれを見ろ! あのすべての道路を見ろ。三角の道路が彼を通り過ぎて導くのですか?」

03 L0 55 29 船長:「そのようだ」

03 L0 55 30 司令船操縦士:(訳者注:うまく訳せなかったです。原文:That’s US l, I guess, huh?)

03 L0 55 31 船長:「そうだ」

アポロ14の通信記録より

03 12 22 39 「本当に興味深いものが。え、この物体がどんな感じかですか? ・・・右側が込み入った構造で、中央に頂点がある構造です」

03 12 23 02 船長:「・・・」

03 12 23 05 「本当にあるのです。非常に複雑な中央建造物があるのです」

03 12 23 08 「周囲の中で最も巨大な中央の頂点を見つけました。これは異常なクレーターです。しかし、その中に暗い領域があります。ファルークは、それらは堤防だと言ったと記録されています」

03 12 23 37 「高い太陽。そのひとつのライトがそこにあります。それがすべての写真を支配しています。ものすごく明るいクレーターです。あなたがたがそれを見るには、太陽の位置が十分に高くないです。これは・・・私が思うに・・・採掘場です」




<転載終了>