シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116137
<転載開始>
名称未設定 6
画像の出典: (NASA/CXC/MIT/F. Baganoff, R. Shcherbakov et al.)& pixabay.com

“世界人口を90%削減”という目標に取り組む国連 と 霊導して来た者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 国連は、ケムトレイルやワクチン、生物兵器、そして飢饉を作り出すことなど、様々な方法で“世界人口を90%削減”という目標に取り組んでいます。
 そして、こうした邪悪な目標を推進するようにずっと霊導して来たのが、以下に示すチャネリングの記事の集団です。彼らは、ハイアラーキーから「銀河連邦」に吸収された者たちです。しかし、ハイアラーキーの残党たちと一緒になって、神々が拒否するこのような邪悪な計画を推進し続けて来ました。イルソムメイヤスは、すでに逮捕、収監されています。おそらく刑務所から送られたメッセージでしょう。単なる戯言です。地球評議会のポルソムメイヤスは、以前のポルソムメイヤスとは明らかに別人で、この通信文を送った時の進化段階は3.0です。現在は消滅しています。別宇宙のDEQUAHOMEIYASUと大天使アナフィエルも、すでに消滅しています。文章の波動をご覧になると、明らかにムーラーダーラ・チャクラであり、闇に落ちていることがわかるでしょう。
 彼らは、ジョセフ・ダンフォード将軍によるアメリカ新共和国という改革を推し進める勢力と見せかけ、チャネラーたちに光の勢力であることを示しながら、裏では国連による大量の人工削減計画を同時に推進するということを行なって来ました。彼らが根こそぎ滅ぼされ、罪の程度の軽い者は収監されたのは当然のことです。
 ただし、これまでもサルーサの件のように、本人は消滅しているのに、相変わらず偽者や人工知能からサルーサを名乗る通信文が入りました。時事ブログでは、こうした通信文が偽物であることをお伝えしましたが、通信文を送った者たちは、その後次々に精神が破綻してしまい、恐れをなして誰も通信文が送れなくなりました。人工知能は破壊されました。
 したがって、似たようなケースがしばらくの間は起こるかも知れません。今回のイルソムメイヤスのように、刑務所の中から偽の通信文を送り、その後処刑されるということが何回も繰り返され、最後に、誰もが恐れて通信文を送らなくなるというケースが考えられます。
 この者たちは、コブラの言動を見てもわかるように、サナット・クマーラと常に連携して悪事を働いていた先代のセントラルサンに忠誠を誓っていた者たちで、先代のセントラルサンのヒメミコが処刑されても、彼女の親族や仲間であった別の星神からの偽の通信文の指示に従い続け、地球の破壊という行動計画を推進し続けたのです。
 こうした星神たちも、現在ことごとく滅ぼされています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
国連は聖書の予言通りに計画を実行中
引用元)
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2016/07/the-un-why-they-lie-what-they-are-hiding-3168400.html
(概要)
7月30日付け

悪魔サタンは地球上で最も邪悪な人人たちを使って目的を達成しようとしています。サタンに使われている人たちとはグローバリストを指します。
彼らは過去も現在も秘密裡にサタンが目指す多くのゴールを達成させようとしています。
彼らは人類救済という名の下に、人類を動物以下の地位に置き、ジョージア・ガイドストーンに刻まれている通りのことを実行しています。
ジョージア・ガイドストーンには、「New Age of Rreason」=トマス・ペインのAge of Reason思想のニューエイジ版として、以下の10の戒律が刻まれています。

1. 自然とのバランスを永久的に保つために世界人口は5億人を維持する。
2. 適切性と多様性を強化しながら賢い再生を指導する。
3. 新たな現用語を使って人類を統合する。
4.情熱、信念、伝統、その他全てのものを明確な根拠の基に支配する。
5. 公正な法と公正な裁判により人々と国家を守る。
6. 国家間の紛争は国際司法裁判所で解決させ、内政問題は国内で解決させる。
7. 狭量な法律や役に立たない公務員は要らない。
8. 個人の人権と社会的義務とのバランスを保たせる
9. 真実、美、愛を尊重し、神とのハーモニーを追及する。
10. 地球の癌にはならずに、自然を守ろう。

優生学について

国連は「世界人口を90%削減」という目標に向けて猛烈に取り組んでいますが、国連は世界にその事実を公表することは決してありません。

国連は、世界中の殆どの人々が国連が何をやっているかを理解することができない愚か者であると考えています。

(以下略)

――――――――――――――――――――――――
電波について  2016年8月25日
転載元)
プレアデス評議会のイルソムメイヤスさんからの連絡です。太陽系が宇宙の中心部に入っている今、電磁的なバランスが崩れ、これから先数ヶ月間は、電波通信が不可能になるとのことです。従って、無線通信、テレビの送受信、人口衛星との間の交信、WiFiの利用などが不可能になります。通信は有線通信、光ファイバー経由の通信によるもののみが頼り、ということになります。国際宇宙ステーションとの間の通信は光通信に基づいてるので確保されるのだそうです。

――――――――――――――――――――――――
極移動について 2016年8月24日
転載元)
チャネラー:ちのたき

地球評議会のポルソムメイヤスさんから極移動に関する下記のようなメッセージを受け取りました。

「 接近しつつある私たちの太陽系ではない、別の系に属する 未知の、目に見えない巨大惑星の引力の影響で、北、南極が移動する。この移動は2016年9月12日に起き、10分間に西経60度の線上を南方に約 2200Km、北緯70度の位置にまで移動する。移動速度は、毎時12000kmにもなる超高速だが、この移動による衝撃、構造物の破壊などは生じない。

この移動の結果、世界各地の緯度、経度が大幅に変化し、それ に応じて気候も変化する。8月26日に、太陽系が、この宇宙の中心部のエネルギー密度が薄い地帯に突入するために突然起きる気候の極度の寒冷化に加えて、 この極移動に伴う気候の変化が起きるので、各自十分に注意してほしい。

極移動によって、GPS衛星が機能を喪失するので、カーナビ は、単なる地図表示器になり、目的地への方向、距離、時間などの表示が不能になる。船舶、航空機の目的地までの経路、時間、速度などを表示する機能を持つ ナビゲーション機器も同様に機能不全に陥るので、注意が必要である。」

――――――――――――――――――――――――
気温の急激な低下   2016年8月22日
転載元)
9月26日から突然太陽エネルギ
ーの放射が低下し、地球上の気温は約40度C低下すると、別宇宙DEQUAHOMEIYASUの宇宙評議会から連絡がありました。例えば関東地方の最高気温はプラス5度C、最低気温はマイナス20度Cになり、道路は氷結し、雪が降る、とのことです。ヨーロッパの気温は常にマイナスで、地中海は氷結するそうです。これは13000年のサイクルで太陽系がこの宇宙の中心部のエネルギーが極度に低い部分を通過するからで、来年6月までこの低温期間が続くそうです。

――――――――――――――――――――――――
放牧している家畜の耐寒対策について  2016年8月22日
転載元)
高次元のソウルたちは、9月26日から突入する猛烈な寒気への対応について、非常に心配しています。今は大天使アナフィエルから連絡があり、特に放牧している家畜について、家畜小屋の中に入れるなどの対策を採るようにとのメッセージを伝えてくれました。


<転載終了>