大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

2011年03月03日

ワクチン神話から目を冷ませ!:ワクチン接種は百害あって一利なし!

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/14359297/
お医者さんは神様だと思っている方が殆どです。
マインドコントロールされている人に
マインドコントロールから目覚めろと云うのは無理な事かも!
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

催眠術にかかっている人を正気に戻すには、「いち、にー、さん、パチン」とやれば、目が覚める。マインドコントロールにかかっている人を正気に戻すには、「数年の精神的リハビリ」が必要である。では、完全に科学的マインドコントロールにかかって信じ切っている人を正気に戻すには、どうすればいいだろうか? 「いち、にー、さん、パチン」も「数年の精神的リハビリ」も通用しない。本当にこれは大問題である。おそらく何年にもわたる、自己葛藤の日々を経ないと難しいのではないかと思う。

さて、最近、そんな科学的マインドコントロールにかかって信じ切っている人たちによる、実に恐ろしいニュースが飛び込んで来た。以下のものである。

1つめはこれ。
インフルワクチン重大な懸念なし 今季分で厚労省 2011/2/28 19:38

 今シーズンのインフルエンザ予防接種の副作用について、厚生労働省の調査会は28日、「現時点で安全性に重大な懸念はない」との結論をまとめた。
 使われたのは、新型、季節性のA香港型、B型の3種類を混合したワクチンで、昨年10月~今年1月に約5100万回分が出荷され、医療機関から報告された入院相当以上の重い副作用は123人、うち死亡は16人だった。
 昨シーズンは、新型用のワクチンが約2300万回分出荷され、重い副作用は416人、うち死亡は133人。減少の原因について、厚労省は「明確には分からないが、昨シーズンは接種時期に流行のピークが重なり、副作用報告の中にインフルエンザの症状が紛れ込んでいたのではないか」としている。

2つめはこれ。
ワクチン接種の順番、参考にして 学会がスケジュール表

 子どものワクチンをどんな時期に打てばよいのか道筋を示した接種スケジュールを日本小児科学会(会長=五十嵐隆東京大教授)がつくった。ワクチンの種類が最近増えて接種の優先順位をどうすべきか医師や保護者に困惑が広がっていた。近く学会のウェブサイトで公開する。

 ワクチンは公費負担がある「定期接種」と自己負担で打つ「任意接種」がある。同学会は今回、重要さは同じだと位置づけ、ひとまとめにしたスケジュールをつくった。

 B型肝炎は現在、母親から子どもへの感染を防ぐため、ウイルスに感染した母親の子どもに限って公費で接種している。しかし性交渉などによる感染も増えており、スケジュールでは全員が打つよう勧めている。

 毎年のように流行し100万人近くがかかるという水痘(水ぼうそう)や流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)では、1回接種しただけでは十分に免疫(抵抗力)が保てないため、今回は推奨する接種回数を増やした。

 また海外の取り組みにならい、接種を始める年齢を、乳幼児の細菌性髄膜炎の原因となるインフルエンザ菌b型(ヒブ)や肺炎球菌で1カ月早めた。インフルエンザでも6カ月前倒しにした。

 数多くのワクチンが打てるよう、複数のワクチンを医師が同じ日に打つ方法(同時接種)も勧めている。同じ日ならワクチンに対する免疫反応がまだ起きておらず、複数のワクチンが効果を相殺する心配はない。ただし注射位置は2.5センチずつ空けるよう求めている。推奨する時期に接種できなかった場合は、医師に相談すれば対応できる。

 接種スケジュールと接種を記録するチェックシートは同学会のウェブサイト(http://www.jpeds.or.jp/)からダウンロードできるようになる。

 同学会は今後、▽成人での流行が問題になっている百日ぜき対策として、現行のジフテリアと破傷風の2種混合ワクチン(DT)に百日ぜきも加えた3種混合ワクチン(DTP)に移行▽ポリオワクチンをより安全な不活化ワクチンに変える▽0歳児へのインフルワクチン接種量を増やしてより免疫がつきやすくする、ことなどを厚生労働省などに求めていく予定。(大岩ゆり)


いやはや、2番目のものは、実に恐ろしい。ワクチン数が多すぎてもはや接種の順番が分からないから、その順番を決めたという代物。この医者たちは頭がおかしい。完全にいかれている。

続きを読む

双子の太陽と月の奇行

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-6410.html

鹿一さんのメール

千成さん、おはようございます。

鹿一です。

メモ・独り言・戯言のサイトの情報です。

以前双子の太陽の動画が世界の民の会で紹介されていましたが、その情報と同じかどうかは分かりませんが、双子の太陽と月の奇行を取り上げて有りました。

月の移動に関して「太陽(ミロク)」さんが解読された諸世紀にも有ります。

関係があるのかも知れませんね。


諸世紀 第03章第006編

平易意訳

「ノアの大洪水」その時、「ノアの大洪水」の起動条件の惑星配列「y」(惑星のy字状配列となり)に入り、地球上の「宗教と人類」の歴史は終わる

都会の人々(海の沿岸の近くの都市と都会人)は「何事も無いように見える海の大津波、甲冑のすね当てで地球机の上の都市と人々を払いすてる」情況の中にある

波が重なっている様子(甍の波「屋根瓦の波」に例えている)、でかい海、人類に必要とする生命の古里、生活の根源と語られている海は平和にさざ波を立てている海に触れる

飢え、渇き、等の「ノアの大洪水」の前駆現象である「ノアの大洪水」根本の原理はより一層駆動準備が完了した。


解説と補足説明

高度は0グラード(角度の単位)の太陽系の惑星の周回軌道面で、惑星のグランドクロス配置の「y」字形の配列で「ノアーの大洪水」が開始する事を説明している。

この予言詩の特徴は海岸都市が大津波でなぎ倒している様子を、甲冑の「すね当て」で武士が台の上にある物を払い落としている様子で例えている。

また、海が豹変して大津波となる事を分かり易く説明している。

この予言詩は余りにも具体的に「ノアーの大洪水」の開始の時を惑星の配列状態で説明しているのでこれ以上の説明は不要と思います。




諸世紀 第03章第034編

平易意訳

「ノアの大洪水」の開始の時、太陽は惑星直列に依る日食が起きる。

昼間、月も太陽との間に直列となり満潮になる。

その時、海の怪物「ノアの大洪水」の大津波が現れる。

その為、人々は大津波の断頭台に乗せられ命を奪われる。

「全ての人間」と「別の人である太陽」はインターネットのホームページで「ノアの大洪水」説明する。

月の高度は地球の自転軸に対して「0」角度の位置にある時である。

そして、太陽系の惑星の軌道面で惑星が地球から見て「y」字形の配置を持つ時である。


元サイトには双子の太陽の動画が有りますが、動画の添付はしませんでした。

動画は元サイト又はユーチューブの動画をご覧ください。


情報名 : 双子の太陽と月の奇行

情報元アドレス :

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32542670.html

  転載開始

右のSOLは我々の太陽ですよね?

じゃあ左の少し小さいSOLは?

中央にある「Hercolubus」と言うのはプラネットXだそうです。

双子の太陽が・・・・これがあたり前なのかどうかわかりませんが気のせいですか?

これが『ハロとか幻日』と呼ぶ状態なのでしょうか?

ビデオやネットが無い時代は気づかないだけで、これが普通だったのでしょうか?

大小2つの太陽が重なっているように見えます

しばらくすると・・・大小2つの太陽が現れたように見えます

右側に現れた太陽がだんだんとデカくなって行きます

完全に右側の太陽と左にあった太陽が入れ替わったように見えます

上から2番目の写真のUFOみたいに見えるモノはコレ??

月が異常で奇行な軌道を描いているそうです

月の軌道の誤り、コーネル大学

(2月24日)

コーネル大学は、インターネット上で月軌道を間違ったすべての人たちによってされた観察を研究して、そして「太陽」月&地球に本当に何か悪いことがあると結論しました。

可能性のあるプラネットXを考慮に入れて、「潜在的に実行可能なニュートン(学説)候補は、プラネットXのようなギリシャ神横断の巨大な物体でしょう」と、コーネル大学は我々にそれを話します。




引用始め:「月の軌道の奇行の変則的な世俗的な増加」

地球と月両方の内部で起こっている散逸した現象の現代のモデルはそれを説明することが可能ではありません。

38年7ヶ月に及んでいる月の照準レーザー(LLR)データレコードの最近の分析(2011年2月1日より前に(ギリシャ神話:レーテー))が、月の軌道の風変わりの異常な増加を明らかにしました。

それが、実際に、消滅しない長期の相違でeに影響を与えるでしょうから、潜在的に実行可能なニュートン学候補はギリシャ神横断の巨大な物体(惑星X / ネメシス / Tyche)でしょう。

コーネル大学 ロレンツォ Iorio

一般相対性理論と量子宇宙科学

月の軌道の奇行の変則的な世俗的な増加で

要約:38年7ヶ月に及んでいる月のレーザー記録データの最近の分析(LLR)が、月軌道の奇行の異常な増加が、De / dt_meas = ( 9 +/ -3 ) 10^(-12yr) -1になるのを明らかにしました。

我々は重力と標準的なニュートン学 / アインシュタイン パラダイムの長いレンジの修正されたモデルのフレームワークで、データ分析で設計されたことがないいくつかの動力学的な影響を調べます。

それらのいずれもde/dt_measを収容できないことが判明します。

地球の角運動量による月の一般的な相対主義のgravitomagnetic加速には、特に、正しい規模がありますが、奇行のための結果として起こるレンズ-ティーリング長期効果は消え失せます。

散逸性現象:シュレーディンガー方程式の摩擦と、散逸の期間が調査されます。


(※専門用語連発で意味がよくわかりませんが、月の軌道の正しい規模を得る為に必要とされる仮説の物理的な月のパラメータ値が完全に非現実的になっていると言う事らしいです。)

インタレストマッチ - 広告の掲載について

閉じる コメント(5)[NEW] ※

投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

ttp://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/automail/sun_form3.htm

こんばんわ。

マブハイさん。

これは、二つの太陽とは。

惑星ですか。

前に月の軌道がフラフラしてるというのがありましたね。

天変地異も政変も経済崩壊もセットとは大変だ。

2011/2/26(土) 午後 7:08 [ 英雄 ]

ttp://poleshift.web.fc2.com/memberattestation/zeta/
japan/tteam34s.htm

金と銀さん様よりの転載です。

なかに確かに2つの太陽もありますが、地球の近くの軌道内に二ビルが張り付いてるとすると二ビルというのは軌跡の動きをするのではなくてランダムに意思を持ったように動く月と同じような人口の惑星の可能性が大ですね。

学者にかん口令が敷かれてるのでしょうが、アマチュア天文家もそのような人口惑星は想像の限界を超えてるからなかなか確実に追跡できないのでしょうね。

データトークは更新されてますよ。

2011/2/26(土) 午後 7:55 [ 英雄 ]

英雄さん、こんばんは。

この映像が自然現象であるならば何も問題はないのですが、UFOのようなモノも写っているし片方が惑星型宇宙船だとしたらビックリな話なわけです(笑)ニビルはずいぶん前に見たビデオ解説に書いてあったと記憶しますが、同じ場所に留まらないと言う事で常に移動するような印象を受けていました。

学者とメディアにかん口令が敷かれている話を聞いた、と言う記事もありましたしね、エレニンが惑星Xだと言う記事もあったし今年の10月末にはガセかどうかが解るんじゃないかと思ってます。

2011/2/26(土) 午後 10:56 mabuhay

マブハイさん、こんばんは。

かなり前からですが、夜空を見上げると南の方が赤く光って見えます。

家族となんだろうね?と話していました。

周囲の人は気にも留めて居ないかも知れませんが、気がついていても誰も口にしないのかも知れません。

光害があるような都会に住んでいる訳ではありません(笑)それにしても世の中に漂う、この閉塞感は何なんでしょうね(苦笑)

もう若者だって人生を夢見る事すらできない状態です。

色々な陰謀が実は救済なのでは?とすら思える事があります(苦笑)

2011/2/27(日) 午前 0:06 [ 読者 ]

読者さん、こんばんは。

一番上の図にあるように太陽は2つありますから軌道の関係で時々見えたりするのかも?

と言うか太陽系以外にも宇宙がたくさんあるのであれば太陽が複数あったとしても不思議ではないのかなと・・・・

閉塞感と言えば私の周囲のネットを全く見ない人達はかなり能天気です。

従って何も知らない、何も感じない人の方が幸せなのかも知れません。

転載終了




イスラエルは傭兵をカダフィに送っている

ROCKWAY EXPRESS さんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/504/
<転載開始>

リビアでつかまったアフリカ人傭兵

◆3月3日

 反イスラエルだったリビアのカダフィ政権に、イスラエルの会社がイスラエル政府の許可を得て、5万名のアフリカ人傭兵をリビアに送り、19倍のピンはね(給料2000ドル/日の内、傭兵100ドル・会社1900ドル)をしている、という。

 これを計算してみた。1900ドルx50000=95000000ドル つまり、9500万ドルだ。日本円で9500万x80円=76億円となる。一日で76億円だ。本当に傭兵5万名全部が既にリビア入りしているのか、あるいは全部がこの会社の手配した傭兵なのか。話半分としても30億円が毎日入ることになる。

 カダフィ政権が生き延びようと倒されようと、いずれにしても、濡れ手で粟の金儲けが出来るならば、反イスラエルの国の政府にさえ、その政府を守る傭兵を供給するという、正に【死の商人】の面目約如の行為である。あきれるね。

 またこのイスラエルの行動を援護射撃するかのように、アメリカはこれらの傭兵が戦争犯罪者として裁かれないような措置を国連安保理が取るよう、要請している、という。これにもあきれるね。

 世界は一筋縄ではいかないことがこういったことからも分かる。昔、「欧州の天地は複雑怪奇なり」、と言って総辞職したどこかの国の内閣があったが、このイスラエルの行動は分からないでもない。要するにカダフィ政権が生き延びて、反政府勢力と対峙するようになれば、統一的なリビアはともかくも、崩壊し分裂し弱体化したリビアが残ることになる。またそうなるまでに内戦状態が継続し、続々と傭兵が送り込まれれば、ますます自分達の懐が肥え、リビアはますます疲弊する。

 どっちにしても東部の石油は欧米・ユダヤ側が握る。また傭兵達の弾圧で殺害されていくのは、この傭兵であるアフリカ人と反政府勢力とはいえ、リビア人達であり、そのような反イスラエルのリビア人が減ればそれに越した事はない。何千人、何万人殺されようが少しも痛くもかゆくもないのがイスラエルの立場であろう。

 そのように読んだから、イスラエルはそのような行動を取っていると思われる。

 さて、彼らの思惑通りに事が運ばれるかどうかは、分からないのだが・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む

ロシアの次には中国が(スクランブル発進:尖閣諸島

NEVADAブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
<転載開始>

2011年03月03日

ロシアの次には中国が(スクランブル発進:尖閣諸島)

【ロシア】の北方4島への軍備増強に対して、【中国】は中国海軍機2機(情報収集機Y8・哨戒機Y8)を尖閣諸島近辺(50~60キロ)にまで接近させています。
そしてこれに対して自衛隊はF15戦闘機をスクランブル発進させて対抗しています。

日本をめぐる動きは慌ただしさを増してきており、中国の民主化運動の目をそらすために、中国の戦闘機乃至は軍艦が尖閣諸島領域を侵犯し、自衛隊・海上保安庁と「衝突させる」動きになりつつあります。

中国があえて日本と衝突を起こし、これで反日運動に火をつける動きをしてきた場合、戦略がない日本はこの「戦略」にはまるかも知れず、民主党政権内で権力争いをしている間に、日本の領土がロシア・中国・韓国にかすめ取られていたという状態になるかも知れません。

ただ、危機感のない日本の政治家・国民はそれでも何が起こっているのかわからず、最後の手段として退役自衛官・現役自衛官によるクーデターが起こり、国民に状況を知らしめることになるかも知れません。






nevada_report at 14:35|Permalinkこの記事をクリップ! 57拍手

名古屋の治安の悪化

「ひったくり」と言えば大阪、と言われていましたが、今やひったくり=名古屋と言えるようになってきています。

新聞報道では、3月2日午後7時半から10時半ごろにかけ、名古屋市内(港、南、瑞穂、昭和、千種、東、中川、守山の8区)でひったくりが未遂も含め11件発生し、被害者はいずれも徒歩や自転車の女性で、被害金額は計23万円に上るとなっています。

名古屋はトヨタショックの傷がいまだに癒えず、かえって悪化しているともいえ、今後もこの手の犯罪や更に凶悪犯が増える可能性があります。

もっとも、景気が悪化しつつある今、日本国中で犯罪が増えることになりますので、どこに住んでいましても、注意する必要があると言えます。




nevada_report at 01:59|Permalinkこの記事をクリップ! 60拍手

2011年03月02日

金融村の崩壊へ?

ゴールドマンサックスの元取締役がインサイダー情報をヘッジファンドに漏らし、膨大な利益をあげていたと、泣く子も黙ると恐れられていますSECが提訴していると報じられています。

今までゴールドマンサックスやモルガンスタンレーは、金融村の村長でもあり、幹部は訴追など関係ないと見られていましたが、今回、ゴールドマンサックスが訴追されたことで、金融村に緊張が走っています。

昨夜のダウの急落はこの訴追の影響もあると見られていますが、これは一見一過性の動きに見えますが、ところがかねてからの「掟」である金融村の「幹部」は罰せられないという不文律が破られたとなれば、話は違ってきます。

じわりじわりと金融村が追い込まれてくれば、株式市場は今までの楽観論が吹き飛びます。


<転載終了>

ネット革命 鉄のトライアングル たんぽぽ日記

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://satehate.exblog.jp/15999092/
<転載開始>
ネット革命 鉄のトライアングル たんぽぽ日記 2011年03月02日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10016338.html

欧米政府の予想通り、本格的な内戦状態となったリビア。国民が難民となってチュニジアなどに逃げ始めた。だが、以前書いたように、チュニジア国民も難民となりイタリアなどに逃げている。



そんな中、ウィキリークス等がカダフィ一族のスキャンダルを暴露し始めた。





数兆円もの不正蓄財、マライア・キャリーやビヨンセらを新年パーティーに高額ギャラで呼んでいた。シャンゼリゼをポルシェで逆走。拳銃不法所持、薬物使用、利権を巡る骨肉の争いなどよくまあこれだけ一度に出てきたもんだという内容。



私は暴力的な反政府デモ、また武力による弾圧のどちらにも反対だ。結果、国がガタガタになり、特に弱い国民がその被害を最も蒙ることになる。(富豪たちは、おちつくまで海外のリゾートで暮らすこともできるだろうが)

チュニジアやリビアから流れ出した難民がその証拠だ。民主化デモによって政権は倒れたかもしれないが、自分たちの生活が破壊されてしまえば、いったい何のためのデモであったのか? さらに国がなくなってしまったらどうするのか。

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
Amazonライブリンク
楽天市場