大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

2012年08月

アメリカンジョーク:ブッシュ大統領「韓国は日本の植民地に戻れ!」

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/18760771/
<転載開始>
韓国の議員が米国に「もし第二次世界大戦が起こらなければ、韓国が分断することはなかったし、韓国が分断しなければ、あえて開城工業団地を構築する必要も無かった」「米国は開城製品を買って分断の歴史の清算をせよ」と発言し米国が不快感を示した。


ジョージ・ブッシュ大統領「韓国は日本の植民地に戻れ!」
小泉純一郎首相「いや〜、それだけは勘弁して!」


みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。偶然インターネットで見つけたものである。

韓国VS世界 韓国に対する世界の反応です한국∼반일의 이유∼


在日韓国人が語る 犯罪国家 韓国



おまけ:
日本のマスコミは日本人のための報道をしていない

日本国内で好き放題強姦事件を犯す朝鮮人
彼らは牧師を装い日本人の少女らを狙って来日して強姦事件を犯す場合が多い、それがちょうせん人の特徴である。
わざわざ強姦目的で適当な芸能事務所まで設立するちょうせん人もいる。
延々と続いている韓国での反日教育、日本人にならなんでもしていい、日本人は悪いのだから酷いことをされてもしょうがないという言い訳によってこういった犯罪は行われ、マスコミは韓国人の犯罪であっても「通名報道」をしてまるで日本人がやったかのように偽って、韓国という国の正体を隠し続けているのである。
(以下省略)
<転載終了>

太陽の南西から新しい黒点が現われ、M1.3のフレアが発生しました。

宇宙天気ニュースさんのサイトより
http://swnews.jp/
<転載開始>
2012/ 8/31 10:58 更新
太陽の南西から新しい黒点が現われ、M1.3のフレアが発生しました。


担当 篠原

太陽の南西から、1562、1563黒点群が姿を現しました。
黒点としてはどちらも小さく、
掲載の写真ではかろうじて見つけられる程度です。

GOES衛星のX線写真によると、
これらの黒点群の向こう側にも別の活動領域があるようです。
掲載の可視光写真の東端の白斑のあたりに注目してください。

また、1554、1553、1560群など、
こちら側に見えていた黒点群たちも大きくなっています。

そして、1554群で30日17時半(世界時30日8時半)にC7.6、
1563群で30日21時(世界時30日12時)にM1.3と、
少し大きなフレアも発生するようになっています。
この他、C1~4のフレアが10回ほど記録されています。

太陽はやや活発化しているようで、
この後もMクラスのフレアが発生する可能性があります。


太陽風は、速度が450km/秒から390km/秒へゆっくりと下がっています。
平均的な状態から、やや低速の風に変わりつつあるようです。
磁場強度も、3nTから2nTに近づき、弱まっています。

磁気圏も静穏で、AE指数は全く変化が見られません。

SDO衛星AIA193では、コロナホールも見られず、
基本的には穏やかな太陽風が続きそうです。

続きを読む

【2ch終了の危機】ACTAの対策を考えよう―ついに衆議院通過・批准確定か。著作権侵害の範囲は?どこまで情報統制されるのか?

News U.S. さんのサイトより
http://www.news-us.jp/article/289326005.html
いつの間に売国奴しか居ない国会になったのでしょう!
<転載開始>

【2ch終了の危機】ACTAの対策を考えよう―ついに衆議院通過・批准確定か。著作権侵害の範囲は?どこまで情報統制されるのか?



必死の抵抗もむなしく、ACTAは衆院も通過してしまったようです。

本会議での審議は決定事項の通達に過ぎず、
この外務委員会で止めなければならなかったのです。
これにより、ACTA批准がほぼ確定事項となりました。




国民の声は何一つ届かないことが、これではっきりしました。
日本は法治国家ではなかったのです。



ここからは頭を切り替え「ACTA発効にどう備えるか」を考えていきたいと思います。
発効は2013年5月ですので、まだ半年以上あります。準備期間としては十分です。

続きを読む

時事寸評 中部電力課長事件から1ヶ月

武田邦彦先生のサイトより
http://takedanet.com/2012/08/post_7662.html
<転載開始>

「tdyno.229-(10:49).mp3」をダウンロード

近来まれに見る衝撃的な発言を中部電力課長がして以来、1ヶ月以上が経ちました。「福島原発事故と言うけれど、死者がいないのだから事故とは呼べない」という趣旨の発言は、さまざまな日本の根底にある問題点を明らかにしました。

・・・・・・・・・

まず第一に、学校で成績が良く一流大学を出た人がこのような発言をするということは「教育の失敗例」でもあります。もともと原発事故というのは「即死」はほとんど無く、「5年後から犠牲者がでる」という性質のものです。このようなものは、「発がん物質」、「中皮腫の原因となるとされるアスベスト」、「水銀を含んだサカナ」、「エイズウィルスが入った血液製剤」など多種類あり、これらは社会的に決して許されるものではないのですが、1年以内に死者がでるものではありません。

そんなことを中部電力の課長に教えなければならないとしたら、中部電力自体が危険な会社ということになります。

でも、この課長は人間としては教養があり、礼儀正しいかも知れないのです。このことを先日「日本人は個人では立派でも組織の中では豹変する」という人がいましたが、もしそれが正しいとしても教育の失敗です。

今の教育は集団性を重んじていますが、それは「社会的に悪でも組織に合わせる」ということを先生が教育しているとしたら、これもとんでもないことです。教育基本法にあるように教育の基本は「正義を愛する人物」を育てることです。いじめの問題も同じ背景を持っていますが、教育現場でより強く「正義」を守る強い心を持った子供を育ててもらいたいと思います。

・・・・・・・・・

第二に、中部電力は電力を使ってくれる国民が不安に思っている原発を強行しようとしているのでしょうか? それは政府が5000億円もの税金を原子力発電に提供しているからで、政府の決定は国民の意思でもありますから、国民が原子力をやってくれと言っているとも言えるからです。でも、それは形式的ないいわけに過ぎません。もし、電力が「自らの社会的責任」を重んじれば、浜岡原発を再開したいとは思わないでしょう。

事実、名古屋で行ったテレビ局の調査では、「冷房を我慢しても原発は再開したくない」という意見が70%もあったのですから、それにも触れる必要があります。「なにをそんなに意固地になっているの?」と言いたいぐらいの電力の固く、お役人のような顔にはビックリします。

私の長い原子力関係の経験では、国、東大教授、電力会社の幹部は、ほぼ全員「国民はバカだ。原子力が必要であり、安全だと言うことを知らない」と思っています。そして事故が起こっても「安全だ」と錯覚しているところが奇妙に感じます。

これも教育の失敗かも知れません。いくら何でもあれだけの事故を目の前にして、多くの人が苦しんだのです。爆発当時、寒さに震え、逃げ惑い、どうしたらよいか分からなかった精神的苦痛は「放射線が怖いかどうか」などとは関係のないことで、目の前で原発が爆発し、幼い子供を抱えていて平気という人が居たらその人の方が常識外れだからです。

そして、電力が20年来、自らの従業員の被曝を11ミリにしてきたことからも、医師がレントゲンを撮るときに自らが鉛の側室に入ってスイッチを押してきたことも、いずれも国民に「被曝は危険」とのメッセージになっていたのです。人間の心は電力が事故を起こしたからという理由だけで急激に「被曝は安全」などと変化するものではありません。

これも電力会社はまだ理解できないのです。政府も、東大教授も、そして一流大学を出た人で構成される電力幹部も理解力が低いということになると、やはり教育の欠陥と言わざるをえません。

・・・・・・・・・

私はこの発言に衝撃を受け、しばらく「原発以外のことは言わない方が良い。あの事故が事故でないという人が居なくなるまで」と思いました。そして1ヶ月、少しは気を取り直してきたのですが、おそらく中部電力は「反省」をしていないでしょう。おそらく「自分たちが正しい」と思っているでしょう。その間は、中部地区の人は自らの意思を示し続けないと元に戻ってしまうとおもいます。

この発言は「電力会社は福島程度の事故が起こってもかまわない」と心の中で思っていることを示していますから、私たちは緩めることはできません。表面では「安全に注意している」と言い、裏では「爆発しても良いじゃないか」と思っている状態がもっとも危険だからです。

(平成24831日)



武田邦彦



<転載終了>

韓国人は働いても働いても、利益は全て外国人が吸い上げて行ってしまい、自国民を殺している。

株式日記と経済展望さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/8e6527e0bef8f3e219bf314b25775d43
<転載開始>

韓国人は働いても働いても、利益は全て外国人が吸い上げて行ってしまい、
国民はまったく豊かになれません。官民一体となって自国民を殺している。


2012年8月31日 金曜日

さらば韓国。愚かな隣国に感謝を捧ぐ。  MGRブログ H.24/08/25

さて。この上位1%の悪魔達は、もちろん自国で利益を貪るだけでは満足しません。その悪魔の侵略を真っ先に、それもろくな抵抗もしないままに受け入れてしまい、最低最悪の状況に追い込まれた国があります。

もうお分かりだと思いますが、それが韓国です。

韓国というのは、知っての通りどうしようもない国ですから、放っておけば破綻します。というか、十年も前に一度破綻しました。で、IMFによる介入を受け、韓国企業はドッカンドッカン潰され統合され、財閥企業になったりしました。条件を飲まなければ金を融資しない!とやってる訳ですから、完全に脅迫です。おまけに、そうして作られた財閥企業(サムスンや現代自動車)の半分近くもの株式が外国資本に乗っ取られ、銀行なども凄まじい外国人資本比率となっています。酷い銀行だと100%外国人持ちという、ナニソレ状態(笑)

これを日本で例えるなら、「パナソニックとソニーと東芝を統合して出来た財閥企業の株式の50%が中国人に握られている」みたいな状況なのです。俺だったらこう思うね。「日本終わったな」と。

という訳で、韓国はこの時点で既に終わっているのです。悪魔に富を貢ぐ構造が完成してしまっています。これが、構造改革大好きな悪魔の手下の皆さま(新自由主義者)が目指している、最終到達地点なのです。その証拠に、「外国資本に乗っ取られてもいいのか!?」と糾弾すると、新自由主義者の連中は「自由な競争の結果、外国資本が勝ったのなら、それはそれで仕方がない」と言っています。分かりやすいですね。悪魔の手先で間違いありません。

こんな悲劇的状況にあって、どうして韓国人が「サムスンの業績が絶好調!」とか言って喜んでられるのか、私には理解出来ません。韓国人って、ホント馬鹿。そして、こんなオワコン企業を見て「日本の企業はサムスンを見習え!」などと書いていた新聞は・・・もう、なんて言うか、本当に、もう・・・資本主義の悪魔の奴隷って感じですよねマジで。俺たちにも悪魔の家畜になれってか。
もちろん日本にも資本主義の悪魔は存在してまして、経団連などと言います。覚えておいてくださいね。

まあ、元はと言えば外資に乗っ取られるキッカケとなったのは、韓国人が馬鹿やって破綻した事なので、自業自得と言えばそれまでですが・・・ご存知の通りの劣等民族ですから、なるべくしてなったという感じではありますが・・・それでも、IMFのヤクザ具合には、さすがの俺もドン引きですよ。

韓国人は働いても働いても、利益は全て外国人が吸い上げて行ってしまい、国民はまったく豊かになれません。おまけに独自技術を持たないパクリ国家なので、韓国最大企業サムスンだってやってる事と言えば「日本から部品を輸入して、日本から輸入した組み立て機械を使って、賃金の安い外国人労働者に組み立ててもらう」という事で、韓国人イラネって感じですし。しかもウォン安を利用して馬鹿げた低価格で外国へ輸出して、利益が減った分のしわ寄せは全て韓国国民へ。もはや、官民一体となって自国民を殺しに来ているとしか思えない。

韓国人の労働者は、40代で早くもリストラ対象(つうか、定年?)として肩を叩かれますし、20代の若者の失業率が20%を超えているのです。アルバイトの時給は300円しか無いのに、物価は日本と大差ない。おまけに最低賃金を真面目に守ってる企業すらもほとんど無い。

家計の負債はうなぎのぼりで、貯蓄率は激減して行く。貯金をする暇もなく、借金に次ぐ借金でどうにか日々の糧を得ている・・・とまあ、そういう状況なのです。自殺率世界一も納得の環境。

続きを読む

日月神示(ひふみ神示)より

五十黙示録 第04巻 竜音の巻より抜粋
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1314809.html
第一帖

 この巻「竜音の巻」、つづく巻五は「極(きわみ)の巻」、巻六は「至恩の巻」、巻七は「五葉の巻」ぞ。この五十黙示(いせもくじ)の七巻は神、人共に与へたもの、一巻からつづいたものぞ。同じ意をもつものが天国にもあるのであるぞ。合せて三十巻、これで岩戸までの神示の終りぞ、前に出した「黄金の巻」からの七巻(日月地聖典下編)は人民に与へたものであるぞ。

 言(こと)やめて 草の片葉も 陽にのび行かな。

 八十(やそ)隈手 行きにし神は 今かへります。

 素盞鳴の 命しらせる 海原ぞやよ。

 天ヶ下 おつるくまなく 照らす大神。

 高低(たかひき)の 伊百理(いほり)かきわけ きこし召すらむ。

 罪と言ふ 罪はあらじな 神の子なれば。

 ひふみ百千万(ももちよろず)と 咲(ゑ)ます 元つ太神。

 八十伴男(やそとものを) 百(もも)足り足りて 仕へまつらむ。

 行く水に 清めて仕ふ 極みの宮殿(みあらか)。

 言霊の 栄ゆる御歌に はらひてましを。

 みそぎして 祝ふ生命(いのち)ぞ 弥栄ましませ。

 安国の 瑞穂(みづほ)の国と 御(しら)し給ひぬ。

 八重雲の 十重雲千別き 千別き天降(あも)りぬ。

 千木高知り 美頭(みづ)の御殿(みあらか) 咲(え)み仕へなむ。

 許々太久(ここたく)の 罪はあらじな 大岩戸あく。

 四方の国 咲(え)み集うらし 真中の国に。

 よきあしき 皆はらひませ 科戸(しなど)の風に。


続きを読む

神霊主義

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse0908-2.html#31
<転載開始>
神霊主義
浅野和三郎・著  でくのぼう出版
  人間の置かれる環境は4つに大別できるようです。
  (1)物質界 (2)幽界 (3)霊界 (4)神界
  物質界は私たちが五感で日常接触している世界です。

幽界
  幽界とは、結局のところ地球の幽体と思えばよいのです。地球にも、もちろん幽体もあれば、霊体もあり、また本体もあります。そして、それらは互いに浸透して、重なり合っています。これらの中で、構成分子が一番粗く、容積が一番小さいのは、むろん地球の物質体です。
  地球の幽体となると、その構成分子は、はるかに微細で、内面は物質的地球の中心まで浸透し、外面は物質的地球のずっと外側まではみだしています。その延長距離については、まだ定説はありませんが、しかし地球の幽体が、他の諸天体、少なくとも太陽系に所属する諸天体の幽体と、どこかの地点で互いに交錯しているのではないかと考えられる点があります。
  『ステッドの通信』の中にこんな一節があります。――
  「私たちの住む世界(幽界)は、地上の人たちが考える所とはだいぶちがいます。幽界の居住者は、物質的生活が営まれるさまざまな天体からやってきた者たちなのです…」
  アメリカの名霊媒ドレッサア夫人が、自動書記によって、ある一人の帰幽者から受けとった通信の中にも、次のような一節があります。
  「私にとって何よりも楽しいことは、他の天体から遣わされた指導者の方たちから、いろいろな知識を授けていただくことです…」
  ほかにも、こういう種類の通信は、まだたくさんあります。
  幽界について、その要点を述べます。
 
(1)幽界は、肉体をもつ人間にとっても、密接な関係のある境地である。
  幽界は、もちろん肉体を捨てた帰幽者たちの世界ではありますが、しかし人間は生きている間にも、その幽体を使ってたえ間なく交渉しています。各種の黙示、インスピレーション、思想伝達現象、交霊現象、悪夢、といったものは、ほとんどすべて幽界との交渉の結果です。
 
(2)幽界を、単に距離で測ろうとするのは間違いである。
  仏教では、西方浄土、十万億土などといいますが、これは単なる方便説で、事実ではありません。幽界は、結局内面の世界で、場所からいえば、大地の内部にも、また外部にもわたっています。
 
(3)幽界は、まだ途中の世界である
  幽界は、物質界とは比べられないほど自由です。
思念すれば、すぐ具象化するという世界ですが、それでも理想からは甚だ遠く、とりとめのない空想や、激しい感情により、ねじまげられた異象が、さかんに出没する境地らしいのです。

霊界
  霊界となると、そろそろ地上の人間の思索や想像の及ばない世界になります。もちろん、私たちの内にも未発達ながら、霊体があります。ですから、いっさいの欲念や感情を捨て、冷静透明、あたかも氷のような心境になり、じっと沈思すれば、霊界のある一局部と接することができるかもしれません。
  しかし、実際には、なかなか思うようにいかないのが現在の地上の人類の状態です。現在の地上の人類としてわずかに期待できるのは、霊界とのごくせまい局部的な接触です。それも、よほど優れた天分のある者が、非常な努力をした上での話です。首尾よくこれに成功した人が、つまり人間界の偉大な哲学者、科学者、思索家、発明家なのです。なにぶん、地上の人間は鈍重な肉体で包まれ、きまぐれな幽体でおおわれているので、なかなかそれを突破して、色も、香りも、歪みも、まじりもない、純理の世界には簡単には突入できないのです。
  しかし、この霊界ですら、まだまだ理想の世界ではないのです。この境地の最大の欠点は、それぞれの局面に分割されていることです。ある与えられた筋道の見通しはついても、他の方面のことは少しも、わからないのです。

神界
  神界――つまり地球の本体となると、いよいよもってわからなくなります。(以下略)

関連してこちらもどうぞ → 『永遠の大道』の「類魂説」について

<転載終了>

信長の純情

煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2394.html
<転載開始>
邪馬台国、壬申の乱、、、いままで日本史の謎について解明してきましたが、歴史マニア誰もが陥るようにオイラも自説の歴史解明が間違いなく世界で一番正しいと自負しているだす~っ(爆)。

まぁ、ネタを明かせば、語り部のいう内容にほとんど準拠しているに過ぎないのですが、、、(滝汗)

本題ですが、最近、あることが切掛けで織田信長の「本能寺の変」(天正10年6月2日未明に発生)について、いろいろと考えていました。まぁ、甲斐源氏・武田氏の流れを汲むオイラにとって織田信長は旧敵ではあるが、ヒトラー同様気になる存在ではある。

この事件には謎が多く、信長の遺体が見つからない、、、クレバーな光秀が後のことを考えずに謀反するのはおかしい、、、公家日記が「変」の前後1ケ月記されていない、、、光秀私怨の突発的謀反にしては家臣団から離反者が出ていない...等があることから、光秀単独行動説以外に多くの陰謀説・黒幕説(秀吉黒幕説、足利義昭黒幕説、朝廷・光秀の密議説、足利義昭黒幕説、イエスズ会黒幕説、長宗我部黒幕説)が提示されている。ただ、これが結論だと言えるような決定的資料がない為に日本歴史上の最大の謎の1つとされている。

遺体の無いのはヒトラーにも共通するところです。
※註 ピストルで頭を打たれたヒトラーの替玉(ダブル)の遺体は見つかったが、本当の本人の遺体は見つかていない。飛鳥昭雄氏(参照)にによれば、連合軍が地下基地侵攻時にに飛行機の強制着陸し、手出し禁止状態の中、機に乗り込んだ男が2人いる。これがヒトラーなのか? ただ、これはベレスコの話と違うが、、、どちらの話が信じられるだろうか?

nobunaga.jpg
(三宝寺に伝わる信長肖像画)

一時期は桐野作人氏、立花京子氏による朝廷黒幕説が主流になりそうな勢いでしたが、何故かその論説は両社の自説撤回により完全終結した。この突然の収束の仕方が実に怪しい。オイラは何らかの圧力があったと睨んでいるが、完全な隠蔽工作ができる勢力はこの日本においては1つしかない。それは福島原発事故でも繰り返されている。(ふふふふ)

この事件は「変」と呼称されますが、これは「乙巳の変」のように勝者側や支配者側、つまり朝廷側が意図・企画した事件に使われ、逆に「乱」の場合、「壬申の乱」のように敵対側が意図した事件を指すということからも「黒幕=朝廷」を疑う余地は充分にあるのです。

続きを読む

地球のもうひとつの月が描く「無軌道な軌道」

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/289264735.html
<転載開始>
(訳者注) 毎朝、最初に天気予報というか、気温の予報を見ます。

そして、インドのグジャラート州かと見紛うような気温の予測に毎日、「うーむ」と唸ります。

toko-0831.png


私の住んでいるあたりの小中学校は今週から学校が始まりましたが、むしろ気温は上昇気味で、

「夏本番で夏休み終わりかよ」

と思わざるを得ない気候変動の秋でありました。

今後、気候変動があまりに激しくなった場合には、「6月から11月まで夏休み」で、「12月から4月まで冬休み」とかになっても別にいいような(投げやり)。

あー毎日暑い。

昨年の夏はどんな夏だったっけと1年前の 8月31日の記事を見てみましたら、

消滅したエレニン彗星:そして、彗星の存在の意味
 In Deep 2011年08月31日

でした。
下がその消えていく様子の写真です。

elenin_2011-08.jpg


エレニン彗星が消えたのは昨年の今頃だったか・・・。

ちなみに、完全に消滅したのは、昨年の 9月11日頃でした。

エレニン彗星は 9月11日に太陽フレアの中でほぼ完全に消滅
 In Deep 2011年09月17日
続きを読む

ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中、強行採決、可決してしまいました。 三宅雪子‏

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://satehate.exblog.jp/18403344/
<転載開始>
http://twitter.com/miyake_yukiko35

三宅雪子‏@miyake_yukiko35

ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中、強行採決、可決してしまいました。阻止できなかったことを心からお詫び申し上げます。本会議に向けて引き続き頑張ります。


三宅雪子‏@miyake_yukiko35

「ACTA・TPPがデジタル社会に与える影響」講師 日本大学芸術学部福井健策教授。ACTAもそうだがTPPのアメリカの知財要求の高さを再認識。同席した外務省担当者にACTA批准を急ぐ必要があるのか聞いたが、日本が言い出したことだから(これすら怪しい)、ぐらいしか理由はなし。


三宅雪子‏@miyake_yukiko35

やはり、ACTAは本会議も強行採決しそうな気配。9月4日が濃厚。出席して反対したらどうかという声もあるが、衆議院では民主党が多数。審議も恐らくなし。ルール違反を認めることになるのであくまでも本会議は開くべきでない、採決すべきではないとスタンスで行く。


三宅雪子‏@miyake_yukiko35

ACTA強行採決。野田総理の「問責を重く受け止める」という言葉は、嘘だった。



おまけ

ハンファ 日本・丸紅に太陽光モジュール供給へ 2012/08/02 16:01 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/08/02/0200000000AJP20120802003300882.HTML


【ソウル聯合ニュース】ハンファグループ日本法人のハンファ・ジャパンは2日、総合商社の丸紅が建設を計画している日本全域の太陽光発電所に、向こう4年間で約50万キロワット分の太陽光モジュールを供給することで丸紅側と合意したと明らかにした。近く本契約を締結する。

供給されるモジュールは全てハンファソーラーワンの製品で、売上額は6000億ウォン(約416億円)に達すると見込まれる。

日本への太陽光モジュールの供給が本格化したのは、東日本大震災が発生した昨年3月以降だ。

ハンファグループは震災後、鳩山由紀夫元首相の支援要請に応じて太陽光発電システムなど10億ウォン相当の支援を実施。これを機に金升淵(キム・スンヨン)グループ会長が日本を訪れ、野田佳彦首相や丸紅の朝田照男社長と面会し、太陽光発電事業での提携を協議した。


++
コメントで教えてもらいましたが、こっそりこんなことやっていたんですね(どうせそんなことだろうとは思っていましたが)


続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場