大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

2013年02月

ロシア隕石とヒルデガルドの予言

煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2504.html
<転載開始>
ロシアの隕石に関する分析が続々と出てきています。

今回のロシア隕石の特徴は、、、

1)侵入角度が非常に浅い
2)ソニックブーム(衝撃波)でガラス破損


侵入角度が浅いことから、長い距離に隕石が移動した為、広範囲(100Km)に衝撃波が押し寄せ、ガラス破損..等の被害が出たという。

ただ不思議なことに、湖に落ちて出来たとされる隕石孔からはこれだという隕石破片が発見されず、ロシア当局も早々と調査を中止した点。また被害に遭った地帯はロシアの核再処理工場が集中する工業地帯だという点。この面妖な展開に、実は米軍の新兵器「神の杖」やファルコンHTV2」ではないか>という意見が出てきている。

神の杖
(神の杖 6m弱の金属棒を宇宙空間から地表に射出 まるでロンギヌスの槍)

ファルコンHTV2
(ファルコンHTV2 の貨物を運搬出来る無人機 大気圏を滑空するグライダー) 

ただし、これらはまだ完成していないシステムなので、今回のロシア隕石とは違うだすな。

あるとすれば、、、CSM
※註 Conventional Strike Missile 「非核攻撃ミサイル」

続きを読む

アメリカは中国との戦争シナリオを検討

ROCKWAY EXPRESSさんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/888/
<転載開始>

中国のJ-20(殲20)ステルス戦闘機


◆2月19日

 アメリカが将来中国と戦争をするか、という問題は国際情勢を研究する者ならば、誰でも感じている問題であろう。特に最近の中国の経済発展と、とりわけ海洋方面における軍事力の伸長はアメリカに中国をどう押さえ込むかという問題を突きつけている。

 最近は日本領土である尖閣諸島に対し、あからさまな挑発行為を行い、徐々に軍事的侵略の本性を露にしだしている状況を見れば、少なくとも日本と中国が軍事的に衝突する可能性は、アメリカとのそれよりも早い段階で現実になる可能性があると判断すべきであろう。

 その際、アメリカが日米安全保障条約を理由に中国と戦うのか、と言う問題としてアメリカと中国の戦争の可能性は語られるべきかもしれない。その際、尖閣諸島問題がにわかに騒がしくなったいきさつを考えると、やはり当時の石原都知事が尖閣諸島を購入すると発表した時から、と考えられる。石原氏はこれをアメリカで発表しているが、ここにアメリカの動きがあったと考える事ができるだろう。

 つまり、アメリカは尖閣諸島を中国に渡すつもりは無く、日本に購入させ、更に国有化させることで国家的課題に格上げさせ、対中国で日本と連携、最終的には尖閣諸島周辺海域にある地下資源等を日本と共同開発しようとする戦略である。

 したがって、中国の出方によっては、アメリカは中国と戦争する意思はある、と判断できるだろう。しかしそうなった場合、それは中国にとっては不幸なことだ。それはアメリカは中国とやるとなれば、中国が今後100年はアメリカに手向かえないような叩き方をする可能性があるからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む

助けてくれた!ロシアの隕石を破壊して去るUFOの映像!…ハートの贈りもの

武山祐三さんのサイトより
http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/ufo-0e63.html
それにしても、一瞬の出来事なのにたくさん動画がありますね。
<転載開始>

http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/1bbd9f796f2f89c80c8a518c5920a0da

 このニュースは、あるサイトでとても的外れな見解を読みましたが、これはUFOが破壊して去ったものだと直感的に悟りました。これに似た話を以前読んだことがあります。我々は宇宙から見守られているのです。

<リンク先より>


ロシアに落下した隕石は、米軍のスペース兵器だったとか、あるいは、何十万年も前、宇宙戦争の時代に地球軌道に設置されていたスーパー兵器、核/プラズマ爆弾だった等と、言われています。

この日、落下したのはロシアだけではなく、日本、オランダ、キューバ、フロリダ等でも撮影されており、偶発的な自然現象と考えるのは、無理があるかもしれません。

Videos: More ‘Meteorites’… Japan, Netherlands, Cuba?

しかし、驚くべきは、上の動画にあるように、落下してくる隕石を、何処からともなく現れたUFO が破壊し、分解してくれていることです。そばに来ている二つのオーブ(丸い光の生命体)も、映像に映っていますね。

広島型原爆の30倍とも言われるこの隕石がまともにそのまま大地に衝突していたら、それこそ地球の壊滅に近い大惨事になっていたかもしれません。

日本その他の国で見られた隕石が、地面に衝突したり、被害を出した報告がないことは、これらも、スペース・ファミリーによって、無事に破壊されたのでしょう。

今の時期、大地震、核兵器、大隕石等、破滅につながるような大惨事から奇跡的に人類は守られている、このことをまだ、偶然で片付けられる人がいますか?


<転載終了>

天体の接近と共に忍び寄るパンデミックの影: 全世界で一斉に拡大し始めた強毒性鳥インフルエンザ

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/323917873.html
<転載開始>



latimes-2013-02-18.jpg

▲ 今朝のロサンゼルスタイムスの記事より。2月17日にフロリダで上のような隕石かもしれない(現時点では何かは不明)ものが目撃されたことついての報道です。なんだか毎日のように、この手の報道があります。
--




中世までの人間の大きな死因のひとつが「天体の衝突」だった


最近、天候が不安定なので、天気予報を見ます。昨日、夕食時に天気予報を見ようと NHK の7時のニュースの終わる頃にテレビをつけました。

天気予報が終わった後、「クローズアップ現代」が始まったのですが、先日のロシアの隕石爆発の事件の内容だったようです。「ようです」というのは、天気予報が終わったのでそのままテレビは消して、番組そのものは見ていないからですが、テレビをよく見るうちの奥さんは、「最近は、朝の番組とかでも隕石のことばっかりやってる」と言っていました。

わたし「今後どんどん増えて日常的になっちゃえば、大騒ぎしなくなるんじゃないの」
奥さん「また起きるってこと? テレビでは 100年に一回とか言ってるけど」
わたし「フレッド・ホイルっていう昔のイギリスの科学者がさ、時代によっては、一生のうちでひとりの人間が天体の衝突で死ぬ確率は 20パーセントだか30パーセントほどあったって書いてた」
奥さん「そんなに?」
わたし「大昔の話だけどね」


そんな話をしていたのですが、実際どのように書かれていたのか曖昧にしか覚えていなかったので、ホイル博士の本を見てみました。すると下のように書かれてありました。

この部分は、過去記事の、

「良い時代と悪い時代」(1): 500年ほど続いた「穏やかだけれど傲慢な時代」は終わろうとしているのかも
 2012年10月06日

の後半で、抜粋したフレッド・ホイル博士の『生命はどこから来たか』という著作の中にある下りです。
続きを読む

極寒のカザフスタンで2月に咲いた日本の桜の報道を見て思う「新しい地球の時代」

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/323694573.html
<転載開始>
ユーラシア大陸の中心的な話題と出来事はカザフスタンで


先日の、ロシアの隕石の被害に遭った地域は、 チェリャビンスクという州だそうで、地図としては下のあたりになると思われます。

mete-rus.png


ロシアの、カザフスタンのすぐ北というか上。

やけにスケールとして大きな地図にしていますが、今回、他にいろいろと出てくる地図と合わせて見る上で、このほうがわかりやすいですので、このスケールにしています。



そのカザフスタンで、今日、「日本人から 40年前に贈られた桜が開花した」という報道があったんです。下がその記事。

kazafstan-sakura.jpg


内容は下のようなものです。


ru-0218.png
Kazakh Zerno 2013.02.17

北カザフスタンのペトロパブロフスクにある植物園で桜が開花した

sakura-kazafstan-01.jpg

カザフスタンのペトロパブロフスクにある植物園で、桜が開花した。植物園のラヴィル・リャザポフ主任農業技師によると、桜が最初に開花したのは2月14日のバレンタインデーの日だ。

リャザポフ技師によると、「私たちの植物園にある素晴らしい桜の木は、40年以上前、私がモスクワにあるロシア博覧センターを訪れた時に、日本の大使から贈られた桜の苗木なのです。その桜の木は、私たちの大陸性気候になじみ、毎年、豪華な花を咲かせて、植物園を訪れる人たちを喜ばせているのです」と言う。

また、リャザポフ技師は、「日本の暦には、桜の咲く日とする日があり、日本の人たちは桜を毎年楽しみにしています。毎年2月にその月が訪れるのです」と語った。

桜の花は開花期間が短いために、その短命さがこの世のはかなさと結びつけられ、日本では尊ばれているのだという。



全体的には、とてもいい話で、日本も絡んだりした話です。
続きを読む

ありがとう(ARI GATO)作戦

日本製原爆完成全文さんのサイトより
http://nipponseigenbaku.com/?p=154
<転載開始>

ありがとう(ARI GATO)作戦

始めに、4月15日に書いた<「聞いて下さい私の人生」藤圭子>について、補足致します。「山本富士子と藤圭子と宇多田照實と佐良直美と石井ふく子」この5名と、京都府の釈迦白足袋族らは「宇多田ヒカル(光)の生い立ち問題」について秘密を共有して、アメリカを脅迫している。アメリカとはこの場合「クリントン国務長官・オバマ大統領」のことである。“宇多田ヒカルの存在”が「日米間の深刻な政治課題」に成って仕舞ったのである。その理由は「近親交配」だからである。ギリシア悲劇を現実の出来事として、テレビ(液晶)画面を通じて直視しているのは苦痛である。前に書いた様に「ミス日本の山本富士子とジョン・F・ケネディ(当時は下院議員)の間に出来たのが“藤圭子”である。その藤圭子と明仁天皇の間に出来た“男子”は、巴工業の代表 佐良直美(歌手)の戸籍に入れられた。その後、藤圭子はアメリカに渡り、父方であるジョン・F・ケネディの親族(知人)の庇護を受けて生活する。其処は“ジミー・カーター(第39代大統領)”の親族若しくは、“ジミー・カーター”自身だった訳である。何故“ジミー・カーター(第39代大統領)”の所なのか?と云えば“ジミー・カーター(第39代大統領)”はケネディ(JFK)の非嫡出子だったからである。この“ジミー・カーター(第39代大統領)”のところにいたのが、“ジミー・カーター”の非嫡出子だった“ビル・クリントン”である。この<ビル・クリントンと、藤圭子の間に出来たのが“ヒカル(光)”である。非嫡出子の子には戸籍と父親で必要となる。そこで、日米間で協議した結果、宇多田照實の戸籍に入れたので“宇多田ヒカル”と成った訳である。だから、“宇多田ヒカル(光)”は完全な「近親交配」で出来たと云う実にオゾマシイ関係と成って居る訳である。アメリカ史の暗部「ケネディ家」の狂気である。ヒラリー・クリントン国務長官は良い人と結婚した訳だ。権力とは近親交配を望むわけだ。ヒラリー・クリントン国務長官の希望通りに成ったでしょ。上記の内容について、次のニュースが報道している。
1、クリントン長官、歴代最高の外遊40回 大統領選出馬待望論が再燃
産経新聞 4月16日(土)21時34分配信
【ワシントン=犬塚陽介】内政に重点を置くオバマ米大統領に代わる米外交の顔として、クリントン国務長官が精力的に外遊を重ねている。就任2年で計40回、165日間に達する外遊は、ブッシュ前政権下のライス長官を超えて歴代最高を記録。17日にも訪日し、菅直人首相らと東日本大震災の支援などについて協議する。メディアへの露出の高さから支持率も政権内でトップを維持。長官自身は強く否定しているが、大統領選への出馬待望論も再燃している。・・・中略・・・国務長官は外遊の多さや交渉の重圧、時差との戦いなどから「最も激務な閣僚」とされクリントン長官は唐辛子が大好物。外遊に持ち歩くバッグに肌の乾燥を防ぐミネラルウオーターのスプレーとともに瓶詰の唐辛子を忍ばせ、激務を乗り切っているという。「大統領は内政に比べて外交への関心が低い」(外交筋)との指摘もあり、特にリビア情勢ではクリントン長官が前面に出る場面が少なくない。メディアへの露出の多さと連動するように支持率も上昇している。米ギャラップ社の世論調査によると、3月のクリントン長官の支持率は、就任後最高の66%。同じ調査でオバマ大統領の支持率は54%、ゲーツ国防長官は52%、バイデン副大統領は46%。党派間対立が国民の批判を生んでいる内政問題に関与しなくて済むことも高支持率につながっている。大統領選への出馬も取り沙汰され始めたが、クリントン長官は先月16日、米CNNのインタビューにオバマ政権1期目満了で国務長官を退くことを表明。2016年の大統領選出馬も強く否定し、女性や子供の権利を支援する活動に力を入れる意向を示した。だが、CNNのインタビューを担当し、クリントン夫妻を20年以上にわたって取材してきたウルフ・ブリッツァー記者は、発言後に考えを変えるのは個人の自由であり、長官も「そうするのではないかと怪しんでいる」と語っている。

続きを読む

「聞いて下さい私の人生」 藤圭子

日本製原爆完成全文さんのサイトより
http://nipponseigenbaku.com/?p=151
<転載開始>

「聞いて下さい私の人生」 藤圭子

“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族”は、本当に外道共の集合体だね。此処まで悪党だと、閻魔大王も裸足で逃げ出してしまう。閻魔大王から閻魔帳を奪って、地獄の鬼を皆殺しにする“釈迦白足袋族”は最強の卑人である。地獄の火でも、原子炉の熔解温度でもその「曲がった性根の塊は熔解しない」のである。それ程「我の塊」がカチカチに凝固していると云う訳である。それなら、その「我の塊」は太陽に投げ込んでも熔けない、何億年間でも、太陽の中で燃え続けていれば、無限エネルギーと成って逆に、宇宙のために成るが、原子炉の炉心の中で燃え続け場合は、地球の底が抜けて仕舞う事に成りかねないから、手の施し様がない。それとも、京都府の“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族”は、「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、東日本大震災の義援金(義捐金)と国民年金を全額盗んで、世界一の大宴会を開いて、日本の飛地領土「ナウル共和国(太平洋南西部に浮かぶ珊瑚礁のナウル島からなる共和国)」に亡命して、次の戦争準備にでも入る計画を立てている訳である。俳優の児玉清の番組「アタック25」の収録を欠席とか。石巻市で“さんまを焼いて烽火”だとか。日本はアメリカを再び攻撃(アタック)する計画を準備している訳だ。両国民と日米の政治家達が考えていることには、天と地の開くがあるから、深層海流の流れは緩やかだが、そこに出来る渦は意外に激しい怒りに満ちているのかもしれない。何故、こういった書き出しになるのか?と云えば、芸能人 藤圭子(本名:阿部純子)の子「歌手 宇多田ヒカル」が、2010年10月に発売した「Utada the best」 (ユニバーサル 16曲で新曲なし)を“買わないで”と発言した事と、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金として日本赤十字社を通じて8000万円を寄付した。また、被災者支援として人生初の献血を行い、400ccの献血をした。などの情報が再び流れ出したからである。タイトルは、藤圭子の曲そのままである。日本の芸能界は、スメラ学塾(スメラクラブ、スメラ文庫・・・)と繋がっているイタリアレストラン「キャンテイの川添浩史・象郎一族」を抜きにしては、存在しない程に絶対的な影響力を持つ正に「暗黒世界」である。それは、先の「熔解しない“我の塊”」である。藤圭子は日本規模だったが、「歌手 宇多田ヒカル」は、母 藤圭子の出生地岩手県の奇物 新渡戸稲造が発願した「太平洋の架け橋」として活躍しているのである。それで「満点」でしょ。歌は言語の違いを超えて「平和でしょ」たぶん。歌手の声の最高は「だみ声(ハスキーボイス)」であることから、すれば、宇多田ヒカルの声帯は潰れていないから、最高の声帯とは云えない訳である。しかし、高額所得者の仲間に入る位だから、良いのかもしれない。宇多田ヒカルの胤が、作家沢木耕太郎なのだろうが、此処では問題としない。藤圭子が問題なのである。藤圭子と新渡戸稲造に思想的な関係は見られないし、まして「血縁関係」も見られない。しかし「太平洋の架け橋」に成って居る理由が問題なのである。新渡戸稲造の妻は、米国のクエーカー教徒である。明仁天皇(本人は死亡して、現在は影武者が演じている)の家庭教師(バイニング夫人)もクエーカー教徒である。「太平洋の架け橋」は日米間では「クエーカー教徒」と相場が決まっているのである。藤圭子の家庭環境を表面上見る限り、「クエーカー教徒」を匂わせる物は存在しない。しかし、「太平洋の架け橋」に成って居るのである。実に不可視な世界である。藤圭子の「恨み節(怨念節)」と、英語・日本語混じりの宇多田ヒカル調がシックリと来ないのは、藤圭子の歌が街中に溢れていた高度経済成長時代と、現在とにおいて「隔世の感」があるからでもある。逆に見れば、<藤圭子の歌が街中に流れていた時代は、何故?アノ歌でなければいけなかったのか?>と云う疑問である。それは、マスメディアが国民の思考を「経済戦士」として、疑問府を抱かせないよう強制していたとし考えられないのである。つまり、藤圭子に「恨み節(怨念節)」を歌わせる事で、完全な「会社帰属型の人間」だけを造り上げていったのである。それは、森進一にも共通している訳である。そう「キャバレー日の丸」の登場である。「円天・L&G・あかり研究所の詐欺事件」で広告塔に成ったのは、全て「演歌=恨み節(怨念節)」歌手らである。時代に不変性が欠けているくせに、「電子立国・自動車立国・資源がない」だけには不変性がある様に、京都府の“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族(日本共産党の医療と教育)”から、徹敵的な教育をされ続けているのである。そういった意味で「藤圭子」の存在(=発言)する意味は重大なのである。

続きを読む

三菱財閥白足袋族

阿修羅掲示板より
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/251.html
<転載開始>
三菱財閥白足袋族
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/251.html
投稿者 1984 日時 2011 年 10 月 24 日 12:22:00: 3SipOypTxKjgk

The Council on Foreign Relations(CFR)は米国
Royal Institute of International Affairs(RIIA)は英国

これは有名ですね?

他にも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、インドなどの前英国領や、オランダ、ロシア、中国にも同組織が存在しています。

これらの組織を上から束ねているのが、ラウンド・テーブル・グループ(The Round Table Group)です。俗に言うイルミナティです。

実は日本にもこれ系の組織があるんです。

太平洋問題調査会(The Institute of Pacific Relations)から始まります。設立は1925年で1959年に世界経済調査会に吸収されました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E4%BC%9A
「日本IPRは国際事務局の解散に先立って1959年10月23日解散を決議し、専務理事である木内信胤が理事長を務めていた世界経済調査会に吸収された。」

木内 信胤(きうち のぶたね、1899年7月30日 - 1993年12月5日)は、日本の経済評論家。

「木内重四郎・磯路夫妻の次男として東京府(現・東京都)に生まれる。父・重四郎は内務官僚で、母・磯路は三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の次女。従って三菱の3代目総帥・岩崎久弥は母方の伯父にあたり、エリザベス・サンダースホームの創設者・沢田美喜は母方の従妹ということになる。また妹・登喜子は渋沢敬三に嫁ぎ、多代夫人は福澤諭吉の孫娘にあたる。兄・良胤と甥・昭胤(良胤の長男)はともに外交官。民主党所属衆議院議員の木内孝胤は昭胤の次男なので、信胤は昭胤の大叔父にあたる。

旧制一高時代は野球部で活動。1918年、名投手・内村祐之(内村鑑三の長男)らと一高が早稲田・慶應義塾を久しぶりに撃破し野球界の覇者に復帰した年は一年生でレフトを守った。三年時には四番捕手・主将を務めた。

吉田茂のブレーンであり、池田勇人・佐藤栄作の御意見番でもあったことから「歴代内閣の経済指南番」と呼ばれた。

音楽にも造詣が深く、アマチュア合唱団「宗教音楽研究会合唱団」の会長を務めていた。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%86%85%E4%BF%A1%E8%83%A4

三菱財閥から東大、そして天皇の横浜正金銀行に入って、大蔵省に入って、国鉄理事やって、94で死ぬまで世界経済調査会理事長か。立派な人生じゃないか!

木内 孝胤(きうち たかたね、1966年8月30日 - )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(1期)。

「木内昭胤の次男として東京都に生まれる。慶應義塾大学経済学部を卒業後、三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に12年間勤務(営業本部営業第6部、ロンドン支店等)。その後、ドイツ証券、UBS証券、メリルリンチ日本証券(投資銀行部門マネージング・ディレクター)にて、投資銀行家としての経験を積んだ。しかし、政治家への志捨てがたく、民主党の次期衆議院選挙の東京9区の公認内定予定者となったことから、2008年8月をもってメリルリンチ日本証券を退社、政治活動を開始した。同年同月より民主党衆議院東京都第9区総支部長。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙に東京都第9区から出馬し初当選を果たす。

 AERA(08年10月20日号)によると、メリルリンチ時代にリクルートによるスタッフサービス買収を手掛けた億円プレーヤー。同期当選の網屋信介、高邑勉(共に民主党)も、メリルリンチ出身。」

続きを読む

『耐放射能人間』=『新日本人』になる法

飯山一郎さんのサイトより
http://grnba.com/iiyama/
記事には関係の無い事ですが(わかる人にだけ)
匿名党ってどこのことでしょうか?
また、阿修羅住人ではないと思っています!!
<転載開始>
2013/02/18(月) 『耐放射能人間』=『新日本人』になる法
火葬場
混みあう火葬場 予約がとれない…
 
いま、日本は歴史上最大、かつ最悪の危機状況にある。
なのに…、
大半の日本人は、この未曾有の危機に気づかず、テレビの
バラエティ番組やバカ食い料理番組に興じ、脳天気な日々
を送っている…。

ふつう、国家の危機とは、外敵に侵入されたり、経済が恐慌
状態になったりと、国家社会の全体的な危機のことをいう。
しかし現在の危機というのは、むしろ個人的な危機のことだ。

もっと分かりやすく、具体的に言おう。
個人的な危機とは、国民の一人一人が病気にかかりやすく
なっている! ということだ。

風疹患者去年の32倍混みあう火葬場 予約がとれない

いま、日本人の免疫力が、異常なほど低下してしまっている。
のみならず、日本人が、いま、バタバタと死にはじめている。

鷲たちは、この異常事態を、先ず、一人一人が、個人の問題
として考え、対処していかなければならない。

どーしたらEーのか?!

有効な対処法として、鷲たちは、先ず三つだけ守ればEー。
1.乳酸菌で免疫力をアップする。
2.できるだけ放射能がない部屋ですごし、眠る。
3.汚染された食品も含め、できるだけ食べない。
上の三点を一生懸命に実行していけば、体質が変わる!

すると…、
自分が別の人間になった! 生まれ変わったみたい!
こんな実感につつまれる…。

自分は…、生きて、生きて、生き延び、生き抜いていくぞ!
という勇気というか、ヤル気というか、希望がわいてくる…。

そういう勇気、ヤル気、希望。これを実感しながら生きていく
人間。そういう人間が、『耐放射能人間』=『新日本人(NJ)』
なのでR!

<転載終了>

日本史上最大の売国奴

銀河系宇宙人のブログさんのサイトより
http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-f3e7.html
私の周りでTPPに関心のある人は居ません!!
困ったものです!!
<転載開始>

2013年2月14日 (木)

日本史上最大の売国奴

いよいよ、予断を許さない状況になってきました。明確に分かることは、執行部は前向きであるということです。反対派を説得し、党内分裂を回避し、参院選に影響を残さない形で参加するタイミングと形を探っています。「不参加」を発表するタイミングを探っているのではなく、あくまで「参加」を発表するタイミングを政府が見計らっていることは、もうお解りいただけるのではないかと思います。

今月末の日米首脳会談後、おそらく三月に、TPP交渉参加に踏み切る可能性が高まってきました。残された時間はごくわずかですが、反対の声は未だ十分には広がってはおらず、みなさんTPPよりも、オリンピックのテコンドー問題などで韓国を叩く方に関心があるようですが、今しばらくは、他の問題を少しわきにおいて、TPP参加阻止に全力を注いだほうがよいのではないでしょうか。日本を本当に愛されている方ならば、どちらの方が重要な問題なのか、どなたもお解りになるはずですが、社会経験を積んだよい年をした大人でありながら、物事の優先順位がお解りにならない方たちも中にはいらっしゃるのでしょうか。

TPPで二分の自民 首相は意見集約に自信?

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐる自民党内の議論が活発化している。党外交・経済連携調査会が13日、安倍晋三首相に慎重な対応を求める基本方針をまとめた一方、賛成派も同日、政権交代後初めての勉強会を開催。党内を二分する勢いだが、民主党政権は消費税増税で崩壊し、自民党自身もかつて郵政民営化で党分裂に至った。その轍(てつ)を踏まず、方針を一致させられるかが新生・自民党の試金石となる。

 「オバマ米大統領は一般教書演説で『アジアの成長市場を取り込むため競争条件の平準化を目指す』といった。米国に妥協を迫られる。『とにかく交渉に入ればいい』というのは絶対に駄目だ」。JA出身の山田俊男参院議員は調査会の会合でこう主張した。

 そもそも自民党は昨年末の衆院選で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」と公約しており、13日の調査会も首相に「交渉参加の是非の判断はこの公約に基づいて行うべきだ」と求めた。

 加えて、調査会は(1)自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない(2)国民皆保険制度を守る(3)食の安全安心の基準を守る-ことを順守するとの基本方針も確認した。交渉参加に向けたハードルをしわじわと上げてきている格好だ。

 こうした党内情勢も踏まえ、首相は12日の衆院予算委員会で訪米時の参加表明見送りを明言した。ただ予算委で、オバマ氏との首脳会談で関税に「聖域」を設けられるかただす考えを示すと同時に、「TPPは志の高い環太平洋の経済の共同体」と答弁したことが反対派には積極姿勢と映る。

 一方、交渉参加賛成派も動き始めた。13日朝、党本部で勉強会「環太平洋経済連携に関する研究会」を開催。集まったのは小泉進次郎青年局長ら若手議員を中心にした約30人で、川口順子元外相、中村博彦参院議員が共同代表を務める。

 中村氏は会合後、記者団に「成長戦略のカギはTPPだ。日米首脳会談が大きなポイントで、首相が思い切った外交をできるように周辺整備をする。経済再生のためTPPをやらなければならない」と強調した。

 党内の意見集約には相当な時間がかかりそうだが、首相が念頭に置かなければならないのが今夏の参院選だ。勝敗のカギを握る改選1人区に多い農村部の世論は無視できないし、安易にTPP反対姿勢を示せば、党内に大きな亀裂を生む。

 しかし、首相は周囲に「自民党には、親分が『こう』と言えば、それでまとまる文化がある」と語っているという。

 首相は党内の意見集約に自信を示しつつ、慎重に決定時期を見極めようとしている。(加納宏幸、山本雄史)

続きを読む

放射能を怖がることが風評被害-矛盾だらけの主張

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/62544847.html
<転載開始>
 風評被害の言葉を耳にしないことはありません。


風評払拭へ有識者会議 森少子化相 年明けにも設置
 消費者行政を担当する森雅子少子化担当相(参院本県選挙区)は29日、福島市などで記者団の取材に対し、県産農産物、食品の風評払拭(ふっしょく)のため、有識者会議を年明けにも設置することを明らかにした。
 会議では、消費者教育の一環として放射能に関する正しい知識の普及を図るとともに、県内でしっかりした検査が行われているため安全性に問題がないことを全国に発信する方針。
 有識者の委員は選定中だが、森氏は「地元の実情を分かっている本県関係者の他、教育関係者を入れるよう事務方に指示した」と説明した。
( 2012/12/30 08:42 カテゴリー:主要 )


2013021701.jpg
森 まさこ 参議院議員
選挙区 福島県
当選回数 1回(H19)
生年月日 昭和39年8月22日
経歴
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)(少子化対策)(男女共同参画)
女性活力・子育て支援担当
森雅子法律事務所所長

ハトムギ生産量 原発事故風評被害で激減 小山の生産者ら安全PR 栃木2013.2.17 02:08
 ■「健康&美容」で需要回復へ
 国内有数のハトムギ生産地、小山市が福島第1原発事故による風評被害に苦しんでいる。東日本大震災発生以降、取引先のキャンセルが相次ぎ、生産量が縮小した。同市や生産組合などの関係者は講演会を開催するなど風評被害払拭に奮闘する。需要回復のため強調するのは、健康と美容に関連する効果だ。(野々山暢)



柏市:「We Love Kashiwa」キャンペーン 「ホットスポット」の汚名返上、イベントなど4700万円計上 /千葉
毎日新聞 2013年02月16日 地方版
 通年キャンペーンでイメージアップ戦略を--。柏市は13年度一般会計当初予算案にイメージアップ推進事業費約4700万円を計上した。東京電力福島第1原発事故に伴い拡散した放射性物質が周辺より比較的多く「ホットスポット」と呼ばれることもある地域の汚名返上が狙いだ。
 同市は2年連続で手賀沼湖畔で行われている花火大会を中止して関連予算を見送るなど、放射能対策を優先的に実施する予算編成をしてきた。
 しかし、来年度予算を含め50億円を超す除染費用は、今年度の41億7400万円から、来年度の当初予算ベースでは7億2000万円余に激減。小中学校や大型の公園など公共施設の除染は今年度でほぼ終了、除染対策は一区切り付くが、震災以降の市の人口は伸び悩みは続いており、転入者を増やすためにも、通年キャンペーンでイメージアップを図ることにした。
 すでに経済界と実行委員会が組織され、「We Love Kashiwa」の共通のロゴーマークを使って、柏まつりや市民文化祭など既存の催し物を実施するほか、子どもの就業体験や音楽関係、季節に合った新規の大型イベントも開催予定だ。市協働推進課は「民間の協力も得ながら、元気な柏市をアピールしていきたい」と話している。【橋本利昭】



続きを読む

【諏訪都リポート】ベクレルフリーのレストラン 「お客さんを放射能から守りたい」

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2013/02/0006683
<転載開始>
2013年2月18日 19:11 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録livedoorクリップ Clip to Evernote
鹿児島産たまごを使ったオムライス。キャベツの甘みが広がるクリームソースととろける卵のコンビネーションが絶妙だ。セットのスープは野菜の持ち味を十分引き出している。=撮影:諏訪都=

鹿児島産たまごを使ったオムライス。キャベツの甘みが広がるクリームソースととろける卵のコンビネーションが絶妙だ。セットのスープは野菜の持ち味を十分引き出している。=撮影:諏訪都=

 ツタに覆われた外観はまさに森への入り口だった。扉を開けると、丸みを持った内装にほっと癒される。木の幹をイメージしたというインテリアは、オーナー松尾修さん(49歳)の手作り。東京都福生市、在日アメリカ空軍横田基地前の「木を植えるレストラン・オーロラ」は、ベクレルフリーだ。

 メニューは、以下の通り―
・石垣牛100%ハンバーグ
・骨付き鶏もも肉のレモンクリーム煮(オーガニックライス付き)
・有機野菜のベジカレー
・鹿児島産たまごのオムライス・キャベツクリームソース
・九州産キノコのクリームドリア ・・・他多数
 いずれも有機野菜を使って丹念に作った料理だ。

 松尾さんはベクレルフリー・レストランを始めた動機を語った。

 「事故が起きてすぐ家族と一緒に山梨に避難したけど、自分たちだけ助かってもしょうがないと思い、1泊して帰ってきた。事故が起きた時に飲食店をやっていたことも何か意味があるのかなと思って…。お客さんを放射能から徹底的に守りたかった」。

 「最初は、(西日本に)産地限定して放射能対策をしていた。でも、対策をしているということを公開するのには、心の準備が必要だった。迷っているときに、食品安全基準を500ベクレルなどとした政府の対応に腹が立ち、公開に踏み切った」。

 2011年の夏「ベクレルフリー・レストラン」として再オープンした際には、待ってましたとばかりに遠方からもお客さんが来たという。

 産地限定で行っていた放射能対策も、測ってみないと分からない。経営コンサルタントの反対を押し切って180万円の放射能測定器※を購入した。同時に、地域の人にも測定器を使ってもらおうと市民放射能測定所も併設した。

放射能測定する松尾さん。測定は1検体1980円。「なるべく地域に役立てたい」西多摩の土壌汚染マップ作成にも活用している。=オーロラ店内 撮影:諏訪都=

放射能測定する松尾さん。測定は1検体1980円。「なるべく地域に役立てたい」西多摩の土壌汚染マップ作成にも活用している。=オーロラ店内 撮影:諏訪都=

 埼玉飯能市に住む女性(52歳・主婦)が計測に来ていた。
 「車で30分くらいのところに手頃な値段の測定所があり助かっている。たまに食べにくるが、近所にも放射能を気にしている飲食店があったらいいと思う。しかし近所では、神経質になっているのは私一人のようだ」。

 昔からチェルノブイリの子どもたちを保養で自宅に受け入れるなどしていた彼女は、放射能の危険性を肌で感じてきたのだ。事故直後、近所に“とろろ昆布”を配り歩いたと言う。ヨウ素を含むとろろ昆布は、甲状腺ガン対策に良いと言われている。

 事故から約2年経ち、食品の放射能基準値は「100ベクレルで大丈夫」が定着しつつある。「放射能」という言葉さえ言い辛い環境の中、勉強して必死に対策をしている人々は「放射能を気にし過ぎ」と言われかねない。

 ベクレルフリー・レストランは、そんな人々が気軽に放射能について話せる場所でもあるのだ。「自分の店がそうした場所になっていることをお客さんからの感謝の言葉で気づかされた」と松尾さんは言う。

「木を植えるレストラン」は、売り上げの一部をヒマラヤ山脈の村々の植樹活動にあてている。現在までに約2000本の植樹を行った。=撮影:諏訪都=

「木を植えるレストラン」は、売り上げの一部をヒマラヤ山脈の村々の植樹活動にあてている。現在までに約2000本の植樹を行った。=撮影:諏訪都=

 現在、ベクレルフリー・レストラン下北沢2号店の準備中だ。最終的には、福島でもベクレルフリーのレストランを開くことを視野に入れていると、松尾さんは思いを打ち明けた。

 「汚染が高い土地に住む子どもたちこそ、食べ物による内部被ばくをコントロールしなければいけない。1ベクレルまで測れる精密な測定器を使えば、汚染されていない福島の作物も分かる。店を放射能について周りを気にせず話せる場所、避難や保養の情報交換場所としても提供したい」。

 日本のベクレルフリー・レストランの先駆けであるオーロラの松尾さん。放射能と真剣に向き合う姿勢からは、飲食店オーナーとしての使命感が伝わってきた。

 ◇
※ガンマ線放射能測定モニター(ヨウ素、セシウム134・137の計測)

<転載終了>

叡智ある人たちからの贈り物で、世界人類救済の宇宙の医療器具!

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/3d8ff4fb18ef4b00a977e99a23296f56
これは、初めて見たのでどうなんでしょうか??
気軽に出来ていいかも!?
<転載開始>

古代ピラミッドに壁画として残されていました、波動を利用した医療器具なのです!

各臓器には、個々の波動がありますが、同種の波動を受信すると修復機能が活性化して、痛んだ臓器が修復されますので再び臓器としての役割を果たしますので、臓器の弱体化によって他の臓器の機能が妨げられていましたが、機能低下していた臓器が平常に機能するようになりますので、身体の臓器のバランスが復旧して、健康体に成ります。

治療器具は、振動させて患部に波動を送るだけですから、痛くも痒くも何ともありません!


各臓器によって、器具の大小があります

続きを読む

強烈寒波が長期滞在

日本気象協会より
http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5653.html
<転載開始>
日直予報士 戸田よしか戸田よしかカテゴリ:天気2013年2月18日 17時12分参考になった参考になった(14)
明日も全国的に真冬のような寒さで、北海道から東北の日本海側は広く雪となります。
さらに明後日には、正月寒波に匹敵するくらいの強烈な寒気が流れ込んできそうです。

★明日の天気
てんき19

明日は北海道から東北の日本海側は雪で、ふぶく所も。
そのほかも雲が多く、午前中を中心に所々で雨や雪が降りそうです。
近畿や東海、関東は平地も雪となりますが、
降る量は少なく、積雪となる所は少ない見込みです。

★明日の気温
19

全国的に真冬並みかそれ以下。
関東から西は、明日も1桁の所がほとんど。
厳しい寒さは続きます。

さらに、明後日水曜日には、
北海道や東北の上空に非常に強い寒気が流れ込んできます。
その強さは、この冬のクリスマス寒波や正月寒波と同等、
あるいはそれ以上となりそうです。

水曜日と木曜日は北陸から北の日本海側は雪と風が強まって、
荒れた天気となるおそれがあります。
晴れる太平洋側の各地も、北風が冷たいでしょう。

来週の初めにかけて強い寒気が居座るため、
北海道から東北の日本海側は雪の日が続きます。

これは青森の10日間予想
青森


来週の始めまで、最高気温が氷点下の日がほとんど。
そのほかも、東北北部と北海道は広い範囲で真冬日が続きそうです。

晴れる太平洋側の各地も、来週の初めまで寒さが厳しいでしょう。

<転載終了>

戦争は作られる、何気ない日常の裏で☆*愛国心という正義*の名の洗脳

星月夜☆さんのサイトより
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11472551171.html
<転載開始>
ポーランド侵攻はヒトラーの自作自演から始まりました。

勢力拡大を目論むヒトラーは、ポーランドに侵攻
する正当な理由を世界に示さなくてはならなく、まず
ポーランド人への憎しみを植え付けました。

また親衛隊は新兵にポーランドの兵士になりすますよう
に訓練。その新兵にドイツとポーランドの国境にある
ドイツの施設を襲撃させ、世界にポーランドが襲撃したと
思わせました・・・・

この偽旗作戦により、世界を巻き込む戦争が始まることに…。

2004年に作られた
この小冊子是非お読みください☆


誰もが願う平和を壊すものは何か、憎しみと*正義*を
植えつけ駆り立てるものは何か、考えたいです。

今と重なりますので。

下の動画はディスカバリーチャンネルで放送された

日本の戦争、勝利への信念
という番組です。


昭和の初期の日本の風景、東京の反映、ドラマでなく鮮やかに
見られることも驚きです。

戦争への道を歩む国家とは思えない和やかな華やかさです。
あっという間に国民が気がつかない間に戦局の不利も伝えず、
国民の言論の自由を奪い、崩壊していくことがよくわかります。

戦争の史実がカラーフイルムで見ることができます。

西欧の列強国と衝突するようになった大日本帝国―
1937年日中戦争開戦以降の日本軍の戦いの模様を
真珠湾攻撃(初めて攻撃のフィルムが放送)ミッドウェー海戦、
マリアナ沖海戦の実録映像を通して振り返る。

また、伝統的な日本の祭りや庶民の日常風景、日本初の
カラー広告、秩父宮雍仁親王とヒトラーの会談など、
当時の貴重なカラー映像も紹介する。

ー番組案内よりー

再現ドラマではありません、また庶民の手紙、日記、肉声で
綴られ戦争というものがどういうものか、映像でわかるという
優れた報道番組です。
続きを読む

完全な無法地帯:NATO空爆後のリビヤの「民主化」の実態

ROCKWAY EXPRESSさんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/887/
<転載開始>

無法が支配する地になってしまったリビヤ

◆2月18日

 リビヤでNATOの空爆が開始されてから2年になる。アフリカ一の生活水準を誇っていたリビヤは、今や、「完全な無法地帯」になっている、という。哀しい事だ。欧米NATOが「民主主義」のための反乱だとして、リビヤのカダフィ政権に反対する勢力に肩入れしリビヤを空爆した結果、この国は中世時代に逆戻りしてしまった、と言われる状況になっている。

 これからリビヤは二つないしは三つの国家に分裂するかもしれない、と見られている。今は亡きカダフィの体制を忘れられないリビヤの愛国者たちは反撃を開始している。また部族で勝手に「国境」を設定してしまっている勢力も存在する。したがってこれから暫くはリビヤの内戦は継続する、ということになるだろう。

 欧米は罪深い罪業を重ねている。その報いはさまざまな形で跳ね返っていく事になるだろう。昨年9月にアメリカ領事がベンガジで殺害されたのも、その一例である。欧米に加担した者たちもこれから頭を高くしては眠れないであろう。自分達の蒔いた種を刈り取ることになるからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●完全な無法地帯:NATO空爆後のリビヤの「民主化」の実態
http://www.globalresearch.ca/absolute-lawlessness-libyan-democracy-two-years-after-nato-air-war/5323093
【2月15日 By Andrei Smirnov】

 カダフィを倒した内戦開始2周年を記念するリビヤ全土で大衆の抵抗運動が広がっている。カダフィ政権崩壊後、新憲法草案は起草されていない。

 新政権は法と秩序を維持する面では完全に失敗している。犯罪が頻繁に発生し民衆の怒りは高まるばかりだ。アリ・ゼイダン首相はエジプトとチュニジアとの国境を2月14日から18日まで治安上の理由で閉鎖した。

 2月17日に反カダフィ反乱が起きたのだが、中心的な催しは15日に行われる事になっている。空港警備は厳戒態勢に入っている。ルフトハンザ航空とオーストリア航空は「地上での緊張状態のため」として、リビヤへの全フライトを17日まで停止している。先には、ドイツ、フランス、カナダ、その他の国々は、テロ攻撃が迫っている可能性があるため自国民に対し早急にベンガジを離れるよう促している。首都トリポリでは警戒が厳重に成されており、昨年9月にアメリカ領事の身に降りかかった血の惨劇の舞台となったベンガジでも同様である。

 カダフィ政権時代には厳格な法と秩序があった国境地帯で無法と略奪が蔓延している中、殆どのリビヤ人、とりわけ東部の者たちは、当局の無能さに怒りが収まらない状態だ。地方の急進主義者と「冒険主義者」に加えて、マリからのジハーディスト(聖戦自爆主義者)も含むあらゆる種類のテロリストらが、その国境に殺到している。欧米がリビヤに押し付けることにいかにも熱心だった「民主主義」は、今やなにか中世時代の支配の仕方になっている、とカイロにあるジャバ政治研究所のリファアト・サイド・アハマド所長は語っている。

 「かつてはアフリカ一の生活水準を誇っていた国に対するNATOの空爆は、その国を中世時代かそれ以上の酷い状態に逆戻りさせ、国家を内戦に追いやってしまった。欧米側は軍事力を使用して従順ではあるが、国家を分裂させる宗教的、部族的争いに対しなにもできない無能な嫌悪される政権を押し付けたのだ。リビヤの石油とガスは、かつてフランスのテレビ局が報じたように、カダフィ大佐の独裁政治から通常のリビヤ人を解放する高貴な目的だと説明したNATOの軍事的介入の主要な目的であった」

 この不幸な結末は驚くことではない。またこれは軍事介入が始まる以前にアナリスト達が予想していことであった、とロシアの政治学のスタニスラブ・タラソフは語った。

 「ロシアのアナリストだけでなく欧米の人々も同様にそのような予想をしていたのだ。リビヤは分裂させられ、恐らく二つのないしは三つの国家に分裂するものと思われる。あるテロリスト達はある部族によって支配されており、自分達の国境を設定してしまっている。このような状況下では、中央政府と言われるものは、全リビヤ人が受け入れる事のできるような憲法は無理であろうと見られている。リビヤ内での『アラブの春』を演出した欧米は力を使う以外の何も提供する事はできない」

 早急な改善は望むべくもない。モスクワのアラブ研究所研究員のボリス・ドルゴフは、リビヤの安定化はずっと先の話だ、と指摘する。実際はリビヤは来たアフリカにおける不安定の温床になっている。

 「マリやアルジェリアのように、我々は急進的イスラム主義の拡大を目の当たりにしている。マリとリビヤでの出来事は緊密に関係し合っている。カダフィは急進的イスラム主義との戦いをして、治安を維持していた。600人以上のイスラム主義者が拘束されていた。カダフィが倒されてから、彼らは自由に歩き回り、マリで活動しているグループも含め、急進的グループに参加するようになった」

 今日のリビヤは、あるアラブのアナリストが描写するように、「完全な無法地帯」となっており、あるいはむしろ火薬樽であり、タイマツは既に持ち込まれている状態なのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<転載終了>

世界からひんしゅくの目で見られ始めた韓国

NEVADAブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4402524.html
<転載開始>
韓国は以前のワールドレポートでアメリカに引き上げてもらい、ここで必ず思い上がり、そして捨てられると指摘しましたが、今の韓国はまさに思い上がりの絶頂期にあり、アメリカ人から顰蹙の目で見られ始めているのをわかっていません。

以下の報道をご覧ください。

**********************************************

旭日旗撤去求め抗議 NY美術館、韓国系住民ら

 【ニューヨーク共同】ニューヨーク近代美術館(MoMA)で旭日旗をイメージした芸術作品が展示されているとして、在米の韓国系住民らが17日、MoMAや日本総領事館、国連の前で撤去を求め抗議行動を行った。

 「平和マラソン」と題した抗議行動の参加者約10人は、ニュージャージー州にある旧日本軍従軍慰安婦の碑の前を出発。「(旭日旗は)戦争犯罪の旗」と書かれたゼッケンを着けて、ニューヨークの中心部まで走った。

 総領事館前では「旭日旗ノー」などと気勢を上げた。

*********************************************

アメリカは、第2次世界大戦後、戦争・テロ対策で、何万人という戦死者を出しており、戦争とはどのようなものかわかっており、それをいまだ騒ぎ立てる韓国人に対して、アメリカ人は「何をいまさら言っているのか」となってきています。

戦争は人を殺しあう戦いであり、今その戦争は世界中で続いています。
第2次世界大戦をいまだに騒ぎ立てる韓国・中国に、世界中の政治家・軍人は眉を顰め始めており、これら2国は
我々(西側)とは相いれない民族であるとの認識が高まってきているのを、韓国・中国は知りません。

中国はその巨大さゆえに皆は無視はできませんが、韓国は違います。
アップルから技術を盗んだ「汚い小国」としてアメリカ人は心の底では韓国を軽蔑しており、そこで今第2次世界大戦のことを持ち出す韓国人に対して、『何を寝ぼけたことを言っているのか』となってきているのです。

今、朝鮮半島は北朝鮮が主導権を握っており、アメリカが北朝鮮を交渉相手国と認識し、重要視すればするほど、韓国の存在は薄れます。
朝鮮半島が北朝鮮が主導した形で成し遂げられるはずであり、その際には韓国は数十兆円もの復興資金を負担させられますから、サムソン等韓国の大企業は大崩壊をし、韓国には大不況が襲います。

韓国に「なびいている」企業は、早急に韓国から撤退する戦略を立てませんと、心中することになります。



<転載終了>

体罰は日本の伝統ではない!!

つむじ風さんのサイトより
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/02/post_79c1.html
<転載開始>

体罰=暴力=欲望
この図式は変わらない・・・
欲望が裡(うち=心の中)に蠢くと、
焦りが生まれる・・・
それが体罰=暴力だ!!

 その前に、『ドラマは、終わった!! 幕は、下ろされる!!』に関して、付記しておきたい。

 それは、

 拙ブログが終わりではないと言うことだ。『稲 恭宏(いな やすひろ)』(博士)を徹底糾弾!!記事が、2月18日23:59を持って削除されると言うことである。しかも、削除されるのは、NTTコミュニケーションズ株式会社のブログサイトから、削除されると言うことである。と言うことは・・・、書かなくても分かるだろう。お察し頂きたい。どこかで永遠に生き続けていると言う意味だ。その内、ご案内しよう

 どうぞ、ご安心頂きたい。

 仮に、当ポータルサイトに契約解除(今回は、回避する)されても、世の中にはいくらでもポータルはある。サーバーも多数存在する。言論は封殺される筈がない。

 とっくの昔に、避難所は設けてあるから、ご安心頂きたい。一部を掲載しておこう。

http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog サーバーブログである。

 入り口は

  1. http://tumuzikaze.net/
  2. http://blog.tumuzikaze.net/
  3. http://shop.tumuzikaze.net/index.php?FrontPage
  4. http://bhajan.tumuzikaze.net/index.php?FrontPage


の、どこからでも到達する。避難所である。常に平行更新されている。

又、

 その他のブログポータルはいくつも準備されている。勿論、アメブロも含めてだ。

 しかし、

 ポータルはポータルである。ポータル側の都合で、何時閉鎖されるか分からないし、契約条項もほとんど似ているが、その裁量範囲はそれぞれだ。いつ解約されるか、ポータル側に依存している。

 先頃は、アメブロではビジネスブログは多く解約、表示停止された。

 つまり、いずれも少しも安定的ではないのである。だから、上手く付き合っていくしか方法はない。ポータルも優良なブログを期待している。それはアクセスの獲得にその目的があるからだ。アクセスが増えると宣伝収入に直結する。

 要は、ビジネス展開であるから、当然と言えば当然だ。

 最後に、拙ブログがNTTコミュニケーションズ株式会社のブログサイト(ブログ人)に拘泥しているわけではない。が、比較的に上品であるからだ。

 かつて、7つ以上のブログを平行公開していたが、3つは、とある横やりで通告もなしに突然閉鎖された。詳細は割愛するが、その場合、抗いようがない。そして、HTML、リッチテキストの両方使い困難だったり、それぞれ癖もある。

 その点、NTTコミュニケーションズ株式会社のブログサイト(ブログ人)は私にとって、使い勝手良いというわけである。それだけの理由だ。細かく言えばきりがないが、動画投稿など重要なポイントであろう。

 以上で付記する事項を終わる。コメントに対する返事は、控えていて、自由にご投稿をお願いしている次第である。その方が自由闊達になるとの配慮からである。その分、この場で返事とさせて頂いた。

続きを読む

最後の法王と呼ばれ続けたベネディクト16世(2): 予言では存在しない 112代法王と蜘蛛の接点の国ブラジル(未来世紀)

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/323470920.html
<転載開始>
前記事:最後の法王と呼ばれ続けたベネディクト16世(1): 聖マラキの予言とコナン・ドイルの未来感の時間軸
--

marachy-top.jpg

▲ 米国ミシガン州スターリングハイツにある聖マラキ( 1094年頃 - 1148年 )の彫像。彼が書いたとされる予言では、ローマ教皇は 111人目(ベネディクト16世)で「終わり」と書かれてあります。
--




「存在しない存在」を賭けての根比べ


根比べ(こんくらべ)という日本語があります。

意味はコトバンクによりますと、

根気や忍耐力の強さをきそい合うこと。


だそうですが、一方、ローマ教皇の選挙会のことを、イタリア語で「 conclave (密室での会議の意味)」というそうで、日本語表記では、「コンクラーベ」となります。下は読売新聞の記事からです。


ローマ法王、退位を表明…3月中にコンクラーベ
読売新聞 2013.02.12

ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、枢機卿会議の席上、2月28日午後8時(日本時間3月1日午前4時)を期して退位すると表明した。法王は「高齢のため、私の(心と体の)力は職務に適さない」と理由を説明した。ここ数か月の間に自身の意思で決断したという。

後継法王は3月中に80歳未満の枢機卿約120人で開く法王選出会議(コンクラーベ)で決まる見通しで、それまでの間、空席となる。

ローマ法王は、宗教上の使命感や法王と前法王の対立を避ける配慮から事実上の終身制が定着。自ら退位するのは1415年のグレゴリオ12世以来、ほぼ600年ぶりで、極めて異例だ。



この法王選出会議について、ロシア・プラウダのポルトガル語版に非常に早い段階で、詳しい情報が掲載されました。プラウダのポルトガル語版(同じ内容の英語版)はポルトガル向けというより、事実上ブラジル向けです。

「なんでブラジルでの報道が最初?」

と、思って調べてみますと、今や、「キリスト教」という宗教の分布というものは、私たちが考えているものと違うものとなっているようです。私などの一般ピープルは「キリスト教ってなーんか白人っぽいしぃ」と一昔前のギャルっぽい語調で口ずさんだりしますが、実際はそうではないようです。

続きを読む

ロシア隕石の捜索中止!何か隠している?ロシアの隕石落下事件 危うく第2のチェルノブイリ!

正しい情報を探すブログさんのサイトより
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11472749612.html
<転載開始>
15日にロシアに落下して負傷者を1000人以上発生させた隕石の続報です。本日、ロシアは落下した隕石の破片捜索を中止することにしたとのことです。
ムロク副知事は「何も発見されなかった。捜索は中止された」と表明していますが、たった数日の調査で大勢の負傷者を発生させた隕石の調査を打ち切ったことに私は違和感を感じます。


☆隕石の捜索中止=ロシア・チェリャビンスク
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000044-jij-int

引用:
【チェリャビンスク(ロシア)時事】1000人以上の負傷者を出したロシア・ウラル地方の隕石(いんせき)落下・爆発で、最大の被災地チェリャビンスク州のムロク副知事は16日、分裂して地表に到達したとみられる隕石の捜索を地元当局が中止したことを明らかにした。地元通信社が伝えた。
 凍結した水面に直径約8メートルの穴が開いたチェバルクリ湖で正体不明の「黒い破片」が発見されたものの、隕石とは確認されていない。捜索中止は科学的な全容解明に影響する可能性もある。
 チェバルクリ湖は深さ平均約2メートルの浅い湖。最深部でも約12メートルとされ、状況には不自然さも残る。16日にダイバーが湖底を捜索したが成果はなかった。一部地元メディアは黒い破片について「湖にある普通の石」と伝えている。

 米航空宇宙局(NASA)などによると、小惑星が15日、大気圏に突入して七つ程度に割れ、一部が燃え尽きずに地表に落下したもよう。ロシアの地元当局は州都チェリャビンスク市から近い順にズビャギノ村(南西約50キロ)、チェバルクリ湖(西約60キロ)、クバシ村(西約100キロ)の3カ所を落下地点に推定、捜索していた。
 しかし、ムロク副知事は落下2日目になって「何も発見されなかった。捜索は中止された」と表明。放射線量の異常もなかったという。今後、専門家が調査を行う際は、地元当局として協力する方針としている。
 チェバルクリ湖をめぐっては、警察当局が「落下地点」への立ち入りを規制。ロシア政府は非常事態省を中心に、割れた窓ガラスで負傷した住民らの支援を優先させており、「隕石騒動」の一定の沈静化を図る狙いもあるとみられる。
:引用終了


一部のネット上では「アメリカの宇宙兵器神の杖が使用された」というような情報もありますが、真偽は不明です・・・。


☆ロンギヌスの槍がついに?米国「神の杖」を含む宇宙兵器を開発中
URL http://karapaia.livedoor.biz/archives/52073022.html 

引用:
米国は、「神の杖」を含む多種の宇宙兵器の研究・開発を始めているそうだ。宇宙プラットホームに小型推進ロケットを装着した直径30センチ、長さ6.1メートル、重さ100キロのタングステン、チタン或いはウランの金属棒を搭載するという計画で、衛星の誘導で地球上のすべてのターゲットを攻撃することができる。

 「神の杖」と呼ばれる金属棒が地上から1000キロ離れた宇宙から急降下する際のスピードは時速1万1587キロに達し、ターゲットにぶつかる際の力は原子力兵器にも引けを取らないそうだ。

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
タグ絞り込み検索
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場