大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

2013年03月

欧米の支配者が企む水と食料の支配が始まりました!

 日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51875999.html
<転載開始>
以下の2つの記事を読んで頂くと、いかに欧米諸国が多国籍企業や銀行に支配されているかが分かります。米政府や欧州委員会は、カネと権力を得ることしか興味がありませんから、多国籍企業のためにのみ働きます。もちろんイルミナティのメンバーである多国籍企業や銀行の経営者らは世界支配NWOをもくろんでいますから、世界中の資源や個人資産や不動産を強奪しています。そして世界人類を完全に統制するためには、食糧と水を支配する必要があります。ということで悪魔の手先のオバマはアメリカでモンサント保護法に署名しました。これでアメリカ全域の畑がモンサントや他のバイオ企業の遺伝子組み換え穀物や種で埋め尽くされることになりました。アメリカの司法はこれを止めることもできなくなりました。
そしてヨーロッパでは、民間企業による水資源の強奪が始まっています。ヨーロッパでは長い間問題視されてきた水道事業の民営化ですが、EUは、財政難に苦しむ南欧の国々を標的に、水道事業を大企業に売り渡すように迫っているのです。最初は南欧の国々の水道事業の民営化を実現させ、最終的にはヨーロッパ全域の水道事業を大企業に支配させようとしています。アメリカでは食糧を大企業が支配し、ヨーロッパでは水を大企業が支配する時代が来てしまいました。
どうしてこのような事が簡単にできてしまうのでしょうか。これは欧米に限ったことではありません。日本もTPPにより水と食料が大企業に支配されてしまう時がくるでしょう。また、オバマが行ってきた様々な悪魔の政策が日本でも実行される日が来るかもしれません。TPPを推進する日本政府も、共産主義であり新自由主義のイルミナティの言いなりになっているということです。
比較的自由だった欧米諸国が企業独裁共産主義に変わっていっています。このままだと、イルミナティを支える下部組織の多国籍企業が欧米を支配するだけでなく世界中を支配することになります。一方、既に独裁共産主義政府の中国やたぶんロシアも。。。多国籍企業を使わずに自分達の権力で世界を支配しようとしているのです。
政府と軍がそれを行おうとしています。多国籍企業主導の新自由主義を併合した独裁共産主義と政府や軍主導の独裁共産主義の戦争が起きているのかもしれませんが、どちらが勝っても私達庶民は被害に遭うだけです。そうならないように、世界中の人々が問題を認識し、行動に出なければなりません。。。が、アメリカ人の多くが遺伝子組み換えについてさえ、よく理解していない人が多いのだそうです。嗚呼。。。こんなことを言ったら失礼になるのは十分、分っているのですが。。。一般的なアメリカ人って、本当に、どうしょうもないくらい脳タリンですね。
(オバマの新たな悪法について)
http://www.infowars.com/obama-betrays-america-yet-again-by-signing-the-monsanto-protection-act-into-law/
(一部)
3月28日付け:
オバマはついにモンサント保護法に署名しました。続きを読む

米国でモンサント保護法成立!TPP締結でモンサント保護法が日本にも上陸か!?裏には食品管理計画

正しい情報を探すブログさんのサイトより
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11501803397.html
<転載開始>

2334413101_760e811c9f


今月にアメリカで包括予算割当法案が成立しました。この包括予算割当法案の第735条には「健康を害する懸念がある遺伝子組み換え作物の種子でも、法的に差し止めることができない」と書かれており、事実上のモンサント保護法となっています。

つまり、アメリカでは遺伝子組み換えの危険性が明確に証明されない限り、遺伝子組み換えを防ぐことは出来なくなってしまったと言えるでしょう。

危険性が証明されるまでには多数の実験調査が必要になるため、危険性が証明された頃には皆の胃袋の中に入ってしまっている可能性が十分に考えられます。このような危険性がある法案に大統領も署名しており、既に成立を防ぐのは厳しい状況です。

続きを読む

小泉進次郎グループ=「マイケル・グリーン友の会」

銀河系宇宙人のブログさんのサイトより
http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-33dd.html
<転載開始>

18:46

とうとう出現した小泉進次郎グループ=「マイケル・グリーン友の会」

アルルの男・ヒロシです。

 前のブログでも書きましたが、12月の衆院選挙後の今の政局では米留学組が今後はひとつの政治勢力になるのではないかという事が容易に予測出来ます。

 それを日本を管理する責任者であるマイケル・グリーンの名前を借りながら、「グリーン・グループ」と名づけました。

超党派の「グリーン・グループ」(みどり会)に注目せよ
http://amesei.exblog.jp/17477761/

 どうやらその「グリーン・グループ」が早くも実際のものになりつつあるようです。アメリカは数世代にわたって日本をコントロールする代理人となるべき人材を作ります。それがアメリカ留学生たちです。


 

 中国が、日本にとって今のところちっとも怖くないのは、中国留学組の国会議員など本当に数えるほどしかいないからです。外側から攻撃はしてくるかもしれないが、内側から中国への利敵行為をやるような話は殆ど全くない。アメリカに対しては保守派からもTPPなどの問題では批判もでる。

 ほんとうに怖いのは「外側から攻撃する勢力」ではなく「内側から鍵を開けてあげる」という意味でのエージェントである。米留学組の国会議員や松下政経塾あがりの議員たちは多かれ少なかれそのようにコントロールされていく。

 こんな単純な真実をなぜ誰も書かないのでしょうねえ。

 ともあれ、小泉進次郎の動きを報じた夕刊フジの記事。

 自民党内で若手エース、小泉進次郎青年局長(31)をめぐる動きが活発化している。通常国会の28日召集を受け、青年局は30日に役員会を開いた うえで、2月1日から毎週、定例役員懇談会を開くというのだ。役員数は衆院議員72人、参院議員10人の計82人で、党所属国会議員の5分の1以上にな る。永田町では「事実上、進次郎派の旗揚げでは。一致結束すれば、無視できない勢力になる」と見る向きもある。その全容とは-。

 「進次郎氏がやる気満々らしい」

 自民党の一部に先週初め、こんな噂が飛んだ。関係者によると、進次郎氏は先々週あたりから、若手の議員会館事務所に「これから頑張りましょう」などと、あいさつをして回っていた。

 念頭には青年局の人事があったようだ。22日の総務会で青年局役員人事が決定され、新体制が発足した。45歳以下の衆院1-3回生、参院1、2回生のうち、政府入りした議員などを除く82人が役員になった。

 同日、青年局事務局から会館事務所に、会議・会合の案内がファクスで届いた。それによると、1月30日正午に党本部で役員会を開き、2月1日以降の毎週金曜日、正午から定例役員懇談会を行うという。

 進次郎氏の脇を固める青年局メンバーの顔ぶれはどうなっているのか。目につくのは、父である小泉純一郎元首相と縁のある大物政治家らの子弟だ。

  橋本岳(がく)氏は、1996年と2001年の総裁選で小泉元首相と争った橋本龍太郎元首相の次男。武部新氏の父は、小泉元首相に「偉大なるイエスマン」として尽くした武部勤元幹事長。福田達夫氏の父は、同じく官房長官として仕えた福田康夫元首相。中川俊直氏の父は、やはり政調会長を務めた中川秀直元幹事 長、大野敬太郎氏の父は、大野功統(よしのり)元防衛庁長官…。

 彼らが国会議員になる前の経歴としては、地方首長や財務・農水・国交官僚、弁護士、医師、経営者、松下政経塾出身者、五輪メダリスト、ミスコン女王など、まさに多士済々といえる。

 こうした面々を統括する役員懇談会が、定例化されたのが特筆される。




http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130128/plt1301281826006-n1.htm

続きを読む

キング・コーン

本山よろずや本舗さんのサイトより
http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm
<転載開始>
 私が最初にネットでキング・コーンを検索したとき、「キングコングでは?」出てきて、思わず笑ってしまいました。
 キング・コーンとはその名の通り、トウモロコシのことです。ただし単なる食べ物ではなく、その恐ろしさは怪獣のキングコングの比ではないかもしれません。キングコングは想像上の怪物なので、映画や小説の世界にしか登場しませんが、キング・コーンは食物として私たちの身体に中に入ってきて暴れまわるからです。
 キング・コーンとは、世界で一番多く作られている遺伝子組み換えトウモロコシの品種です。
 人間が直接食べるスイートコーンではなく、主に加工食品の材料となったり家畜(牛など)の飼料となるものです。いまやアメリカ全土の農地は、キング・コーンで埋め尽くされているといいます。
 「You are what you eat.」
 という英語がありますが、人間の身体は食べた物でできているという意味だそうです。
 その意味から言えば、いまやアメリカ人の身体はキング・コーンでできていると言っても過言ではないかもしれません。そして私達日本人にとっても対岸の火事ではなく、キング・コーンを与えられて育ったアメリカ産牛肉を食べることで、間接的に日本人の身体にもキング・コーンが入り込んできています。
 もちろんキング・コーンが安全・安心な食べ物と証明されていれば問題ありません。しかし実態は、極めて危険なもののようです。
 今回は、『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』(船瀬俊介著、イースト・プレス)から、遺伝子組み換え食品の代表ともいえるキング・コーンについて紹介したいと思います。
 まず以下の写真をご覧下さい。





 この写真は、遺伝子組み換えトウモロコシを与えたマウスにできたがん腫瘍です。
 世界でもっとも多く販売されている遺伝子組み換え食品のトウモロコシ(キング・コーン)を200匹の2年間マウスに与えた結果、50~80%ものマウスにこうした腫瘍があらわれたといいます。

続きを読む

チベ雑㊴金本位制

明日香翔の怪食紀行さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/askashou/archives/7807125.html
<転載開始>
チベットの金鉱で 83人が生き埋めになった とニュースに有ったが、中華の発表だからそんな数では済まないだろう…

ご愁傷様な金鉱は ラサの東、モジュコンガ(墨竹工卡)の山中らしいが行ったことはない。 そんな事は当たりまえで、軍が持っている土地だらけのチベット本土には秘密の金鉱が無数に存在する。

あれは何を掘っているのかな? 金です… チベット人に何鉱山よ? と聞けば、必ず金鉱山だと答える。 それが証拠に中国は2-3年前から世界一の産金国なのである。

◯☓鉄鉱石採掘所… 鉄鉱石なら赤いだろうに、白い鉱石を積んだトラックが近場の鉄道貨物駅をピストン輸送している。 白い鉱石は石英なので、金は石英の間にサンドイッチにされて詰まっているのが普通だ。

精錬所を設ければバレるので本土に送って精錬するのだと思われる。

ラサの北、温泉の出る田舎の寺に行ったらダンプが山ほど停まっていた。 何を掘っているのかな? 金です… それも露天掘りでお寺の山の裏半分はもう掘り尽くした薄屏風のように成っているらしい。

もちろん軍車が守って入れないから、縦半分に裂かれた山肌は見えないしチベット人でも入れない… 牧童やらが見たことを村人たちから聞くしか無い。

山半分を切り崩しなおも鉱脈が拡がっているなら、チベット人の反感と中央政府の関与を避けるために狸掘りでもするのだろうが、いずれ寺ごと崩れるのだろう…

中華の美風とは、取りつくし奪い尽くし、食い尽くし焼き尽くす… まさに三光作戦(盗り・焼き・殺し)なのだが、自分がそうだから日本もそうだったのだろうと思うわけで目出度い。

目出度くないのは石油ガスの砂漠地帯と、金山銀山天水桶の高高度地帯の少数民だけなので、石油が出れば追い出され・地下資源があってもお零れにはありつけない。

全世界でも金鉱を掘り自国民には無制限に金を買わせるペーパーゴールドを許可したのも2005年の秋からで、上海株の暴落と金選好は同時に始まっている。 頭の良い中華人は株を売り逃げ金を買ったのである… いずれ数年後には金備蓄量がアメリカを超える日が来よう… 

アメリカを潰す最後の一手は刷りすぎた赤紙を金本位制の通貨にして米ドルを駆逐し、世界中が赤紙経済に成ったら第二次ニクソン・ショックでとどめを刺す。 その間に買えるものは全て買いつくそう・・ そんな気がする。


12 (2)何を掘っているのかな? 金です(以下エンドレス)。 
ヒャッハー嘘だろ。 あながちウソでも無さそうで可哀想…



<転載終了>

このオッサン、神保町のトロワバグにまだ出没するのかな?

二階堂ドットコムさんのサイトより
http://www.nikaidou.com/archives/35549
<転載開始>

いやー、みんな面白いもの作るね!それにしてもこのオッサン、オウムネタがコケたからこんな事やってんのか?まぁ、名前からして左な家系ではあるんだろうけど、ここまでパーだと思わなかったよ。俺も会ったことは何度かあるが、どうも残念な人だ。晩節を汚して(稼いで?)終わるのかいな。

以下うちのSNSより。

-----------------------------------------------------------

民団とも総連ともズブズブであることを自らTwitterで暴露した有田芳生スターリンwww献金受けてたら公民権停止ですな!さあ、みんなで政治資金収支報告書を洗濯して差し上げましょう!!

ちなみに31日の民団と花見のツイートは削除しやがりました!悪党はやることがセコいwww魚拓採られてるけど。

kouan1

kouan2



<転載終了>

【新大久保】「殺せ」と言えなくなったレイシスト カウンターの市民に抑え込まれ

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2013/03/0006905
<転載開始>
2013年3月31日 20:00
交差点や歩道への入り口はすべて機動隊が塞いだ。レイシストたちは警察に守られながらデモをした格好だ。=31日、新大久保 写真:田中撮影=

交差点や歩道への入り口はすべて機動隊が塞いだ。レイシストたちは警察に守られながらデモをした格好だ。=31日、新大久保 写真:田中撮影=

 「大久保から不逞鮮人を一掃するぞ」「韓国は竹島から即刻出ていけ」…レイシストたちが日曜日の新大久保を練り歩き、ヘイトスピーチを垂れ流した(主催:関東新日友会、共催:在特会)。

 市民や国会議員が東京都公安委員会にコースの変更を求めていたにもかかわらず、公安委員会が主催者の申請を認めたため、予定通りコリアタウンでの他民族排撃デモとなった。

 有田芳生参院議員らが国会内で民族差別に抗議する集会を開き、マスコミが報道するなどしたこともあり、新大久保や大阪鶴橋で吹き荒れるヘイトデモは、多くの国民の知るところとなった。

 JR新大久保駅前では新潟から来たという在日3世の女性が「仲良くしようぜ」と書かれた小さなビラを道行く人に配っていた。

 ヘイトデモが通る大久保通りには高知から訪れた男性(40代・家庭教師)もいた。「ツイッターで見て、これ(カウンター)のためだけに来た。何もしないでいるよりは良いと思って。日本中が在特会を包囲している。日本の恥さらしだ」。

 秋田県湯沢市から深夜バスに乗って来た僧侶(40代)の姿も。「YouTubeで知った。僕の中にも差別をする心は渦巻いていたと思うが、選択を迫られたような気がする。“こちら(カウンター)側に立つぞ”という決意表明のために来た」。

デモを心配そうに見守る鈴木邦男氏(右端)と有田芳生氏(隣)。=写真:田中撮影=

デモを心配そうに見守る鈴木邦男氏(右端)と有田芳生氏(隣)。=写真:田中撮影=

 きょうは民族派右翼・一水会顧問の鈴木邦男さんが初めて現場を見に訪れた。「悲しいですね。日の丸がかわいそうです。嘆かわしいですね。こんなことではオリンピック招致などできない。公開の場で、桜井(誠・在特会会長)が話すというなら出ます。デモ隊の中に知り合いがいた。警察にデモをやめさせろと言うつもりはないが、こちらも日の丸を立ててデモをやりたいですね」。

 鈴木氏はかねてから在特会を「彼らは右翼でも愛国者でもない」と批判していた。

 大久保通りを見下ろす巨大スクリーンには、著名人がメッセージを寄せた。ジャーナリストの江川紹子さんは「あなたたち(在特会)のやっていることは、弱い者いじめ」と戒めた。竹田圭吾さんは「皆おなじアジア人」と説いた。

 レイシストはわずか120名(公安刑事によるカウント)。歩道は両側とも「仲良くしようぜ」などと書かれたプラカードを持ったカウンターの市民で溢れた。レイシストの2倍をはるかに上回る数だ。カウンターの市民たちが合唱する「ザイトク帰れ」がレイシストたちを抑え込んだ。筆者が聞く限り、さすがのレイシストたちもきょうは「殺せ」を口にしなかった。

 有田芳生議員は「“殺せ”と言えなくなったのは世論の勝利」とツイートした。

 ◇
相棒の諏訪都記者は、通訳で3か月余り海外に出かけるため7月半ばまでお休みします。

<転載終了>

TPPの正体4 TPPに参加すると、日本はどうなるのか?

日本を守るのに右も左もないさんのサイトより
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2013/03/002509.html#more
<転載開始>

前回記事 『TPPの正体3 アメリカが狙うのは日本の完全支配(金融支配と法制支配の完成)』
の続きです。

にほんブログ村 政治ブログへ

■TPPの内容

TPP%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%9B%BD.jpg

(画像はこちらからお借りしました)

以下「全面的な国売り飛ばしと対決」より引用です。


●食料自給率13%の危機 国土も崩壊へ

 TPPに反対する運動が全国に広がるなかで、それが農業だけの問題にとどまらず、生活の全分野で民族的な利益を根こそぎ売り飛ばすものであり、日本社会の土台を根底から崩すものであることが広く暴露されてきた。
 国内の農業生産を維持し食料自給を確保することは、独立国として最低限の条件である。ところが日本の場合、戦後アメリカによって農産物自由化が一貫して押し付けられ、現状の39%という食料自給率自体が先進国では最低レベルである。TPPに参加すれば、それは13%という壊滅状態になる。食料という国民の生殺与奪の権を外国に握られるとともに、農林業の衰退は山や田畑の荒廃につながり、水害を防止し豊かな水を提供する機能も失われ、国土崩壊の危機となる。 

 すでに米国政府は、TPP交渉参加の前提条件として、米国産牛肉の輸入規制緩和を日本に迫り、昨年11月、野田政府が受け入れることを表明した。2003年、アメリカで狂牛病が発生したさい、日本は米国産牛肉の輸入を停止したが、米国政府の圧力で05年、「月齢20カ月以下」に限って米国産牛肉の輸入を再開した。だがそれが、米国の出荷牛の1割にすぎなかったため、米国政府は出荷牛の9割をカバーする「月齢30カ月以下」に緩和せよと迫り、それを今回のませたのである。アメリカはTPPで、狂牛病感染の疑いが濃厚な牛肉を大量に日本市場に持ち込むとともに、日本の畜産農家がうち立ててきた「全頭検査」も「輸出拡大に不都合」といってやり玉に上げようとしている。



続きを読む

朝鮮戦争勃発!最福寺が落札した 朝鮮総連本部は大使館となる!

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/68b30e58cb016104b2d2d5817e8e398c
<転載開始>

西福寺が、銀行より45億円の融資を受けて落札し、北朝鮮は日本と国交を回復して70億円で買戻し北朝鮮日本大使館にする!

裏で蠢く安倍晋三と魑魅魍魎達!

最福寺への売却許可を決定 東京地裁。

宗教法人が45億円以上で落札した、朝鮮総連中央本部=26日午前、千代田区富士見(野村成次撮影)

宗教法人が45億円以上で落札した、朝鮮総連中央本部=26日午前、千代田区富士見

 整理回収機構(RCC)が強制執行(競売)を申し立てた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物について、東京地裁は29日、45億1900万円で落札した宗教法人「最福寺」への売却を許可する決定をした。

 民事執行法は、債務者(朝鮮総連)への売却を禁止。朝鮮総連の資金提供を受けている場合も売却は不許可となるが、地裁はこうした規定への抵触はないと判断した。

 今後1週間、決定を不服とする関係者の執行抗告がなければ、最福寺の落札が確定する。同寺の池口恵観(えかん)法主(ほっす)(76)は「朝鮮総連側から借りたいとの意向があれば検討する」と明らかにしており、土地・建物の所有権移転後も総連の本部機能は維持される可能性が高い。

 RCCは経営破綻した在日朝鮮人系信用組合から不良債権を引き継ぎ、このうち約627億円については全額の債務返済を総連に命じた平成19年の東京地裁判決が確定していた。

 RCCの申し立てを受け昨年7月、地裁が競売手続きの開始を決定した。今月12~19日に行われた入札は、最福寺を含む4者が参加していた。

続きを読む

侵略の世界史

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1303-31.html
<転載開始>
侵略の世界史
この500年、白人は世界で何をしてきたか
清水馨八郎・著  祥伝社黄金文庫
アヘン戦争における中国の大敗と日本の震撼
  日本が「鎖国」を墨守している間に、世界情勢は大きく転換し、ヨーロッパは封建社会から資本主義社会へとめざましく進展した。18世紀末にはイギリス産業革命、続いてアメリカの独立とフランス革命が起こり、やがて米仏両国でも産業革命が開始された。これに並行して、欧米列強は植民地や市場を求めて、争ってアジア進出を始めた。
  近代化のおくれたロシアも、帝政下シベリア進出を続けて、早くも19世紀の初めに日本の北辺蝦夷地に出没するようになった。幕府は松前奉行をおき、北辺の探検や警備によってこれに対処した。ロシアの使節ラクスマンが根室に来航したのは1792年であった。続いてレザノフが長崎にきて幕府に通商を求めたが、日本はこれを無視した。
  イギリスは関ケ原合戦の1600年に、早くも東インド会社を設立、アジア進出を開始している。イギリスはナポレオン戦争を機にフランスに支配されたオランダの海外植民地を攻撃し、バタビアを占領、さらに世界中でただ一国、日本で国旗をはためかすオランダの長崎出島の占領を図った。1808年イギリス軍艦フェートン号はオランダ国旗を掲げて長崎に入港、オランダ商館員をおどし、これを人質にして乱暴を働いた。このため時の長崎奉行は引責自殺した。
  このフェートン号事件は、日本人にイギリスの強暴さを認識させ、さらに広く海外情勢に注意を向けさせることになった。以後日本では、フランス革命やナポレオンに関する研究が盛んになった。
  イギリスは、インド産の麻薬のアヘンを中国に売り込んで巨利を貪っていたが、中国に拒否されアヘン戦争を仕掛け、香港を奪取した(1840~42年)。アヘンはマリファナ、ヘロイン、コカインなどと同じ麻薬で、常用すれば心身を崩壊させる恐ろしい毒薬である。現在世界中がこの輸入を禁止している。
  イギリスは国家が公然と麻薬貿易を許し、力ずくで売り込んで中国人を堕落させようとした。これほど不正な恥さらしな戦争は、かつて歴史上になかった。これが仮面を脱いだ大英帝国の正体である。
  天保11年に起こったアヘン戦争で、アジアの強国を任じていた清が、イギリスに簡単に大敗したことは、幕府をいたく驚かせた。次は日本がやられると、幕末の志士たちは一斉に日本の危機を痛感した。特に長州の藩士・高杉晋作は上海に渡り、アヘン戦争の惨状を視察し、国防の必要性を強調した。

未曾有の国難にあたり、国論を統一させたものとは
  アヘン戦争から10年後、今度はアメリカのペリーが軍艦4隻を率いて浦賀に姿を現し、砲艦外交で開港を強く迫った。それは嘉永6年(1853年)6月3日のことであった。ペリーの来航は、幕府はもちろん、江戸市中を大混乱に陥れた。市民は初めてみる蒸気船を「黒船」と称して恐れ、避難のため右往左往し、太平に慣れた武士も、にわかに武具を備える有様であった。
  ペリーは、いったんは帰国したが、約束通り翌嘉永7年、軍艦7隻を率いて浦賀に入港、江戸湾を測量して武威を示した。幕府はその威嚇に屈伏し、同年3月3日、日米和親条約を、安政5年(1858年)には日米修好通商条約を締結させられた。
  これを見て、列強のオランダ、イギリス、フランス、ロシアからも、同様の条約を締結させられた。これらの条約はいずれも相手国の治外法権を認め、日本の関税自主権を認められぬという不平等条約であった。
  列強が一斉に日本になぐりこみをかけてきたのである。このままでは日本は欧米勢力に呑み込まれてしまう。この国難的危機をどう乗り超えるか。ペリー来航から明治維新を迎えるまでの15年間、国内は開港か攘夷か、佐幕か勤王か、いわゆる幕末の大動乱が続くのである。
  民族の内部が各派に分かれて闘争し、騒然たる無秩序の時こそ、西欧列強の侵略のチャンスである。フランスは幕府を支持し、イギリスは反幕派を応援したりして動乱を煽動することにつとめた。
  1858年、井伊直弼が大老に就任するや、尊皇攘夷論者への弾圧が始まり、吉田松陰、橋本左内、頼三樹三郎ら多数の志士が、「安政の大獄」で処刑された(1859年)。
  文久2年(1862年)8月、薩摩藩主の父・島津久光一行が江戸よりの帰途、相模の生麦で、行列を横切った英国人数人を藩士が斬りつけ負傷させるという生麦事件が起こった。翌年英艦は報復のため、鹿児島を砲撃した。薩英戦争である。
  その翌年英米仏蘭の4カ国16隻の連合艦隊が長州の下関を砲撃し、3日間で全砲台が破壊、占領された。薩摩と長州は、この戦いで列強の近代兵器の威力を存分に思い知らされた。
  幕末の薩英戦争と下関戦争は、日本の初めての西欧に対する防衛戦で、しかも敗北し、身をもって列強の力に脅威を感じた。国内で日本人同士が争っている場合ではない。早く国論を統一して外患に当たらねば、日本は滅亡するという危機感に襲われた。
  このため坂本龍馬の斡旋で薩長同盟がなり、幕府の大政奉還、王政復古を早め、江戸城無血開城となった。そして天皇中心の「錦の御旗」の下、新政府で国論を統一し、明治維新を迎えることができた。
  幕末は、日本があわや西洋勢力に呑み込まれようとする累卵の危うきにあった。これを救ったのは、各藩の下級武土たちが幕府や藩の利益を超えて、日本という国のために一致団結する必要を痛感したからである。江戸時代に培った武士道や大和魂の賜物であった。
  幕府の最後の将軍・徳川慶喜が尊王論の水戸学発祥の地、水戸藩から出たことが幸いしたのだ。慶喜は天朝にもっぱら恭順を示し、大政奉還をスムーズに移行させることができたからである。フランス革命なら、慶喜はギロチンで果てるはずであった。それが、幕府側にも、天朝側にも犠牲者がなく、無血革命ができた。慶喜は、その名の通り両勢力に喜びを与えることになった。最近NHKの人気の大河ドラマで幕末の最後の将軍・慶喜を扱って、その立場と正しい身の処し方に現代人が感動したのもこのためであった

ひとくちコメント ―― 幕末に関する歴史のおさらいの意味でピックアップしました。この本の他の部分では、白人が世界中で行なってきた大虐殺の歴史が克明に紹介されています。今日の世界支配層の正体を垣間見ることができる好著です。(なわ・ふみひと)
<転載終了>
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場