大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

2013年10月

マイナートランキライザー(安定剤とか睡眠薬の類)♪。

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/533324196751338
<転載開始>
もともとマイナートランキライザーは殺菌剤の「毒性」を試されたマウスが、たまたま「麻痺」して、仰向けにされたまま元の体勢に戻れないのに、心拍数や自律神経に影響が及んでいる兆候が認められなかった・・・。だからコレで、人間の不安も緩和できる「かも」と。それが始まりですからやっぱり殺菌剤だそうです♪。グーミンは常に虫と同じ扱いなので、安定剤を飲ませるのは当たり前のことですよね♪。

メフェネシンという化合物が筋弛緩剤として使えるということを発見し商品化できる可能性があると考えたのはチェコ出身の化学者フランク・バーガーという人物。60年以上前の話です。で、この人が更なる研究の末、これよりも作用時間がずっと長い
メプロバメートという化合物の合成に成功、のち、ミルタウンという商品名で発売されるようになります。(日本名アトラキシン、1970年に発売中止)メプロバメートを動物に投与すると強力な「順化」作用が起きた。サルは凶暴さが消え、扱いやすくなったということです♪。

そしてここから、製薬会社が競争、「攻撃性の緩和と痛みを麻痺させる」化合物探しに明け暮れるようになりました♪。「強力で独特な鎮静効果を突き止めた」というある化学物質。お馴染みネズミさんに、ショック与えまくりの実験を繰り返したあと
これを投与すると、ショックに動じなくなる。何にも感じなくなってくれるなんて、「彼ら」にとっても奴隷でいたいグーミンにとっても、最高の需要と供給になりますね♪。

ある本はこのマイナートランキライザーについてこう評しています♪。『あなたをめがけて疾走してくる車を見て恐怖は感じるだろうが、走って逃げることはできない。』そうさせるドラッグ♪。

ちなみに日本はマイナートランキライザーの売り上げは断トツ世界トップで、二位を大きく引き離しています♪。やっぱり二位じゃダメなんですね♪。有名なマイナートランキライザーといえばデパスなどになりますが、これはもう整形外科や内科でも出されまくってますので始末に負えません。「筋弛緩作用」があるということは逆にいえば筋肉をボロボロにしてくれます♪。そのあたりは経験者に聞いた方がきっと早いかもしれません♪。

あ、そういえばわすれてましたが、マイナートランキライザーのベンゾジアゼピン系のは、がんや認知症の危険性を増加させることがわかっております♪。ではいつも通りグーミンの皆様はお飲みください♪。

<転載終了>

尾崎・ゾルゲらの一斉検挙とその後

しばやんの日々さんのサイトより
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/296/
<転載開始>
前回の記事で、北林トモの供述に基づき宮城与徳が逮捕されたのち、宮城は仲間のこと等について固く口を閉ざしていたことを書いた。では何がきっかけで、宮城が供述を始めることになったのか。
宮下氏の著書にはこう書かれている。

「で、宮城は取調べで、スパイであることは認めざるを得なかったのだが、しかし仲間については口を割らない。言わなければならないときは死のうと申し合わせをしていた、とあとになって言っていたが、宮城は築地警察署で取調べを受けているとき、二階から飛び降りて自殺しようとした。柘植警部補と酒井という巡査が二人で取調べていたのですが、どちらも屈強な体格というわけではないし、とっさのことで、あわてて組みついたが止めきれなかった。宮城は窓から飛び降りたが、樹にひっかかってほとんど怪我しなかったけれども、宮城を追って飛び降りた酒井巡査は大腿部骨折で大怪我をしました。

 この自殺未遂のあと、宮城はすっかり心境の変化をきたしたのでしょうね。自分は死のうと決心して飛び降りたのだが、警察官はそうではないだろう。それが、自分を追って飛び降りた。日本の警察官は生命がけで職務にあたっている、自分は考え直しました、と自白しはじめた

   尾崎秀実とわかる人物も、太ったドイツ人とか、大きなドイツ人とかも出てくる。外事課には外人のリストがありますから、そこで宮城の供述に出てくるそれらしい外人をあたって、写真で宮城に確認させる。ブーケリッチもクラウゼンもゾルゲも、そうして割り出していったわけです。宮城は、尾崎の家には尾崎の娘の絵の先生として行っていることもしゃべった。」(宮下弘『特高の回想』p.209-210)
続きを読む

悪霊の祭典 ハロウィン (Halloween)

ライブノートさんのサイトより
http://codenameo5.blog.fc2.com/blog-entry-1333.html
<転載開始>
バイブルフリークのキリストバカズ牧仕のブログさんより転載


悪霊の祭典 ハロウィン (Halloween)
   その起源 クリスチャンは関わるべきか?




日本でも10月31日は「ハロウィン」として認知されるようになった。
クリスマス同様、日本では宗教的背景の上でハロウィンを開催している例は皆無といってよく、
お祭り産業として発展し、各地で町おこしのイベントにもなり、
かぼちゃをくり貫いた提灯作りや仮装大会等の盛り上がりを見せている。
ハロウィンのパレードとしてはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が知られる。
このパレードでは約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数える(2012年で16回目)。
長野県白馬村では、毎年10月の最終日曜日に村民ボランティアによって
ハロウィンのお祭り「白馬deハロウィン」が行われている。
トリック・オア・トリートやジャック・オー・ランタンコンテスト、仮装コンテストなどが行われ、
地元の人気店による屋台も出店される。
当日は歩行者天国になった村道に仮装した大勢の子供たちが家々を訪ね歩いて
お菓子をもらっている光景が見られる(2012年で8回目)。

アメリカではハロウィンはクリスマスに次ぐイベント産業となっている。


halloween1515151515151212.jpg


「Halloween」の「Hallow」は“Holy” (聖なる)、もしくは“saint”(聖人)を意味し、
「een」は “eve”(前夜)の短縮形である。
元来「All Hallows Eve」(諸聖徒の日前夜祭)と呼ばれた祝日の略語が「ハロウィン」である。

続きを読む

秘密保護法案Q&A・・ 何が秘密かも秘密 法案の仕組み><! 誰でも逮捕できるそう戦前の行け逝け政府になるぞーー!

みんなでスピリチュアルさんのサイトより
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-780.html
<転載開始>
何が秘密かも秘密 法案の仕組み  元記事ーー 
 安倍内閣が成立をねらう秘密保護法案とは、「国民の安全の確保」どころか、国民の目・耳・口をふさいで基本的人権をふみにじり、日本をアメリカとともに「海外で戦争する国」につくりかえるものです。

 秘密保護法案のおそろしさは、国民から見て「何が秘密かも秘密になり、自分が接した情報が「特定秘密」かどうかわからないまま処罰されることです。「国民の安全」を最も脅かす〝戦争計画〟がつくられても、それを知ることが困難になってしまいます。

 法案は「特定秘密」の範囲として①防衛②外交③「特定有害活動」の防止④「テロリズム」の防止に関する情報を掲げています。

 しかし、「秘密の範囲」があいまい。たとえば「防衛」は、自衛隊の運用、装備、施設などあらゆる事項が対象です。「特定有害活動」には、核兵器、化学兵器、ロケット(ミサイル)、無人航空機(戦闘機)などの輸出入活動までが、秘密の範囲にされます。ある弁護士も「『日本が核兵器を持ちますよ』と言っているに等しい」と警告しています。

 重大なのは、「秘密」を指定するのが「行政機関の長」だということです。首相や外相、防衛相、警察庁長官らの勝手な判断で秘密の範囲をいくらでも広げることができます。

 「秘密」にしておく「指定期間」がありますが、期間は5年で何回でも更新・延長が可能。30年を超えても内閣の承認があれば更新可能です。しかも、法案を担当する内閣情報調査室は、文書の廃棄や秘密指定の更新も秘密にすると説明しています。

 公務員や民間業者らが情報漏えいをした場合、最高懲役10年以下で処罰されます。省庁間のやりとりで「特定秘密」を知った人も5年以下の懲役です。漏えいしなくても(未遂)、うっかり漏らしても(過失)、処罰されます。懲役10年に執行猶予は付きません。

続きを読む

アメリカで信者が急増している黒魔術教団とハロウィーン

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51905179.html
<転載開始>
多くのアメリカ人の心が病んでいるのが分かる記事です。イギリスも黒魔術的な土地柄がありますので同様に魔術がブームだそうです。もちろん、日本にも怪しいカルト教団や新興宗教集団が星の数ほどあり、多くの信者が洗脳されて生きています。このような宗教団体に関わりを持っている限り、心身共に、人としての自由は一切得られません。洗脳されたゾンビのような信者さんが指示通りに布教活動(押し売り)を行って生きているのですから。
そして。。。アメリカでは、ウィッカのような魔術を行う怪しい宗教の信者となり、実際に魔術を行っている人が激増しているそうです。この動きは不気味としか言いようがありません。魔術をすると必ず悪魔とつながると思います。本当の安心できる神とつながるはずもありません。彼らの儀式はとても暗くて不気味ですし、一般人は絶対に足を踏み入れてはいけない領域だと思います。
アメリカでは、悪魔に関係しているのはイルミナティだけではなかったのです。この点から、アメリカは完全に悪魔崇拝のイルミナティの支配下にあるということが分かります。欧米のニューエイジ(スピ系)も同じ流れです。彼らの特徴は左翼的、ユートピア的な思想があります。
ところでイルミナティのトップに君臨する13人は全て魔術師だと言われます。しかも、彼らはユダヤ系ではないのです。ケルト系なのです。ケルト系は魔術と深い関わりがあるからでしょう。そしてハロウィーンもケルトに関係しています。
日本でも、特に英語教室などで、子供たちに無理やりハロウィーンパーティに参加させていますが。。。私は目と口の開いたかぼちゃを見るたびにゾッとしています。あれは悪魔でしかありません。ハロウィーンが収穫の祝いなら、なぜ悪魔を払う儀式までやるのでしょうか。収穫の祝いというのは嘘で、本当は悪魔を呼び込むための儀式を行っているのではないかと、ハロウィーンの不気味さを感じてしまいます。大体、黒を基調とした衣類をまとって。。。パーティをするのですから。。。そのような不気味な外国の行事、しかも魔術に関係する行事に、なせ日本の子供たちを無理やり参加させなければならないのでしょうか。子供のうちから魔術に関係することに関わらせてはいけないと思います。気が変としか言いようがありません。
ウィキ情報によれば・・・ハロウィーンHalloween, Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われているが、現代では特にアメリカ民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

http://beforeitsnews.com/alternative/2013/10/witchcraft-is-the-fastest-growing-religion-in-america-2808940.html
続きを読む

TPPが妥結され動きだしたら。。。アメリカで暴動が起きる可能性があります。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51905055.html
<転載開始>
レームダックのオバマ政権は意地でも独裁的にアメリカを統治しようとしていますが、どうしてもTPPを今年中に妥結させたいようです。グローバル企業体の独裁協定ですから、政治家が何を言おうと勝手に交渉が進められ、グローバル企業の都合の良いように合意されてしまうのです。
TPPがスタートしてしまっても、日本では暴動は起きずに、ただ、大人しい国民は我慢するだけなのでしょうが。。。アメリカでは暴動が起きる可能性があります。本当は日本でも大規模なデモを頻発させるべきなのですが。。。そのようなデモを先導する活動家は殆どいません。左翼の反原発デモはお盛んですが。
事なかれ主義の日本の国民性を変えないと日本を良い方向に持っていくことは難しいかもしれません。
遺伝子組み換え食品が大量に消費されているアメリカでさえ、TPPによりアメリカの食の安全が脅かされると懸念しています。日本はアメリカの遺伝子組み換え食品が大量に入ってくるのではないかと心配しています。
NWO独裁体制の一環として結ばれようとしているTPP協定の不安材料はそれだけではありませんが。。。
アメリカも日本も他の参加国も、TPPが終結した後に中身が明らかになれば、大規模なデモが頻発するのではないでしょうか。こんな秘密主義のやり方で交渉を進めたとしても、実際に物事が動いた時には、グローバル企業の独裁支配は続けられるわけがありません。世界中でモンサントを拒否する動きが活発化するでしょうし。。。邪悪なグローバル企業は消えてなくなる日が来ると信じています。全てがお金で動く時代は早く終焉してもらいたいものです。すでにグローバリズムは崩壊しています。それにより世界が混乱してしまいました。共産主義も社会主義も新自由主義もカビ臭くなってきました。NWO?。。。私は成功しないと思っています。
http://www.offthegridnews.com/2013/10/28/obama-pushing-asian-trade-deal-that-threatens-food-safety/
続きを読む

【直訴】山本太郎議員が天皇陛下に手紙手渡し!何故か、発狂している方が多数いる件!「極刑に値する」「敬意が感じられん 」など

真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1129.html
<転載開始>
yamagotoginn103100000222020.jpg
天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が10月31日に東京の赤坂御苑で開かれ、その時に山本太郎議員が陛下に直接、手紙のような物を渡しました。山本太郎議員の事務所によると、「個人的な思いを書いたものを渡すと聞いていた。中身は言えない」とのことで、現時点では詳細は不明です。

それにしても、ネット上の反応を見てみると、発狂している方が多数いて笑っちゃいますね。大手の掲示板には「天皇陛下直訴は極刑に値する」とか、「何政治利用してんの? 今すぐ辞めろ屑」というようなコメントが溢れかえっています。ここまで凄まじいバッシングはちょっと珍しいです。

中には「手紙くらいで何で怒っているの?」と言っている方もいますが、多勢に無勢という状態。そもそも、自民党の連中はオリンピック誘致時に嫌がる天皇家を無理やりIOC総会に参加させた事があるわけで、それを考えると、手紙如きで騒いでいるのは非常に滑稽な光景に見えます。

天皇陛下は瓦礫処理の時も放射能汚染の拡大を懸念するような言葉を発していましたし、手紙の内容次第では陛下も多少は動いてくれるかもしれません。

続きを読む

我々の見えざる革命

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-6ff2.html
<転載開始>

Chris Hedges

2013年10月28日
"Truthdig"

“世界中であらゆる悪や問題を引き起こしているにもかかわらず、一体なぜ政府と資本主義が存在し続けているのか、皆様は自問されたことがおありだろうか?”無政府主義者アレクサンダー・バークマンは、エッセイ“思想こそ大事”で書いている。“もしそうであれば、皆様の答えは、人々がこうした様々な機関を支持しているからであり、彼等が支持しているのは、そうしたものを信じているからだ、ということに違いない。”

バークマンは正しかった。大半の国民が、グローバル資本主義を正当化する思想を信じている限りは、大企業のご主人達に仕える民間と政府の諸機関は難攻不落だ。こうした思想が粉砕されれば、支配階級を支えてきた様々な機関は意気消沈し、崩壊する。思想の戦いは水面下で浸透しつつある。これは、大企業国家が絶えず敗北し続ける戦いだ。益々多くのアメリカ国民が、それを理解しつつある。多くの国民は、政治権力を奪われていることを知っている。彼等は、我々は最も基本的で大切な市民的自由を剥奪され、人類史上最も差し出がましい治安・監視装置の目に曝されて暮らしていることを理解している。国民の半数が貧困生活をしている。そうではない我々の様な人々の多くも、もし大企業国家が打倒されなければ、彼等の一員になるだろう。こうした真実はもはや隠されてはいない。

アメリカ合州国においては、政治的騒乱は休眠状態のように見える。これは正しくない。大企業国家を維持する思想は、あらゆる政治勢力に対して、効力を急速に失いつつある。しかしながら、それにとって代わるべく勃興しつつある思想は未完成だ。右派は、キリスト教ファシズムと銃砲文化の慶賀に引きこもっている。左派は、反共産主義の名による、何十年間もにわたる国家による猛烈な抑圧によって体勢を崩され、再建と再定義に苦闘している。とはいえ支配層エリートに対する大衆の嫌悪感は、ほとんど至る所に存在している。どの思想が大衆の想像力を把握するかの問題なのだ。

普通、革命というものは、通常の状態なら、国家による、意味が無いやら、ささいな不法行為と見なされるものを巡って突発するものだ。しかし、アメリカ合州国でのように、革命の火口が積み重なりさえすれば、僅かな火花で、大衆暴動に容易に火をつけることが可能だ。個人や運動では、この火口に火をつけることはできない。どこで、いつ突発するのか、誰も知らない。それが一体どのような形なのか、誰も知らない。しかし民衆暴動が起きるのは確実だ。大企業国家が、庶民のささやかな不満にさえも対処することを拒み、更には、国家による弾圧の高まりや、慢性的失業や不完全就業、アメリカ国民の半数以上を不自由にしている、借金を払い終えるまで、債権者のために働かせる慣習や、希望の喪失や、まん延する絶望を改善することに惨めにも失敗したことからして、報復は不可避だ。

続きを読む

どの業界かって?石油業界だ(DISCLOSURE PROJECT)

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11657957485.html
<転載開始>
o0600085712723117659


Disclosure Project Briefing Document
tentative Japanese version

公開プロジェクトの摘要書
http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/

エネルギーについて載せておこう。
アンダーラインと画像(表)は追加。(原文にはない)


Disclosure Project Briefing Document(仮訳最終版) [pdfファイル2.5MB]
http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/BriefingDoc_JPNhiro_ver1.1.pdf

米国空軍中佐(退役) チャールズ・ブラウンの証言
Testimony of Lieutenant Colonel Charles Brown (retired), US Air Force
2000年10月(153ページからエネルギー部分を引用)

空軍の英雄ブラウン中佐は第二次大戦から帰還した後,空軍特別捜査局に勤務した.彼はグラッジ計画に配属され,そこでUFOの調査を命じられた.そして,従来の方法では説明がつかない幾つかの事例があることに気付いた.後に彼は,ブルーブック計画は国民に対する周到なごまかしであると信じるようになった.他にもいろいろあるが,彼は4基の独立したレーダーが時速5,000マイルで飛行する物体を追跡していた事件の報告作成に関与した.

続きを読む

アメリカがトルコに警告

ROCKWAY EXPRESS さんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%81%AB%E8%AD%A6%E5%91%8A
<転載開始>
 
アメリカとトルコの2X2

◆10月31日

 アメリカはシリアの攻撃が頓挫して以来、ロシアと共にシリア問題の現実的解決に向けて、共同歩調をとりながら歩み始めているが、そのアメリカの意思に反して、トルコとサウジアラビアはシリア内の過激派への支援をやめようとせず、これがアメリカの怒りを買っているようだ。

 10月22日号「シリア:自由シリア軍のトップの司令官が殺害される」で、「アサド政権が崩壊しないことは、この2年半の戦争で分かったことなのだから、『謀略は失敗』と判断し、シリアから欧米、湾岸アラブ諸国、トルコ、イスラエルが手を引くことが大切なことである」と指摘したが、アメリカはそれを理解し、シリアから撤退し始めているが、トルコとサウジアラビアはそのアメリカの動きについていけず、却ってアメリカと決別するような動きを強めている。

 その動きが10月25日号「イスラム教のスンニー派対シーア派で世界が分裂」では、「サウジアラビアの情報機関長官のバンダル・ビン・スルタン王子は、ワシントンに22年間大使としていた期間はジョージ・W・ブッシュ大統領の真の相棒であったが、その彼は、アメリカがシリア攻撃をしなかったと言う理由だけでなく、公平なイスラエル・パレスチナ和平に向けた対応をすることができないことに対して、今やアメリカとの関係で『大胆な変更』を行うかもしれない、というアメリカに対する脅しを掛けている」という内容で示されたものがある。

 今回は、同じく中東のもう一つの雄であるトルコもサウジと同じく、アメリカの意向に背き、聖戦主義者=過激派に対する支援をやめようとせず、そのため、ウォール・ストリート・ジャーナル紙を通してアメリカから警告が発せられた、という内容である。トルコとサウジアラビアという欧米にとって中東の優等生であった諸国が欧米に反旗を掲げだした、といえる。

 だとすれば、化学兵器問題で国際社会の要請に率直に応え、国内の過激派に対する戦争を遂行しているシリアのアサド政権は、10月29日号もしもアメリカがテロと戦うというのならアサド政権を支持すべき」で示されたように、アメリカは支持すべきであろう。実際、国際政治の流れはそのような傾向になっていく可能性が出てきている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場