大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

2016年02月

皆が思っているよりもありそうなアンカラ政権転覆

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-3bbe.html
<転載開始>

Mike Whitney
CounterPunch
2016年2月24日

金曜日、アメリカ合州国はトルコのシリア侵略を防ぐことを狙ったロシア決議案を拒否した。モスクワは、トルコが支援している戦士を保護し、クルド民兵のYPGが、北シリアに、連続した国家を設立するのを阻止すべく、南部国境に集結させた数千人の地上部隊と装甲車のシリア国内への配備を計画しているトルコに対する懸念の増大に対処すべく、国連全保障理事会緊急会議を呼びかけた。モスクワによる一枚の決議案は、既に250,000人の命を奪い、シリアを荒廃させた紛争の大規模エスカレーションを防ぐことを狙った徹頭徹尾明確な文書だった。

ロシアのウラジーミル・サフローノフ次席国連大使によれば、“このロシア決議草案の主な要素は、全ての関係者に対する、シリア内政への干渉を慎み、シリアの主権と独立を全面的に尊重し、侵略を止め、地上作戦計画を放棄するという要求だ。”

決議は、モスクワの“外国のシリア・アラブ共和国の領土への地上介入開始を狙った軍事増強と準備活動の報告に対する重大な懸念”も表していた。

決議には何ら物議を醸すようなものはなく、小細工も、隠された意味もない。代表団は単に、シリアの主権を支持し、武力侵略に反対するよう求められただけだ。これらは国連かそれに依拠して作られた原則そのものだ。こうした原則が、シリアにおけるワシントンの地政学的野望と合致していないため、アメリカと、その同盟諸国は拒否したのだ。

続きを読む

4度目のスクラム ―

私設原子力情報室さんのサイトより
http://nucleus.asablo.jp/blog/2016/02/29/8034662
<転載開始>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000069-jij-soci
反対を押し切り再稼働した高浜原発4号機が緊急停止(スクラム)。
スクラムとは、原子炉の暴走を抑えるために、制御棒を一気に全挿入する緊急対応です。
これまでに、日本では
1991年2月9日 - 美浜発電所(伝熱管破断による。事故により緊急炉心冷却装置が日本では初めて作動した。)
2007年7月16日 - 柏崎刈羽原発(新潟中越沖地震による)
2011年3月11日 - 福島第一原子力発電所
しかないようです(wikiなので裏取り無し)。
そして、4回目のスクラムが、
2016年2月29日、高浜4号機で起きました。
これは重大です。
もし、スクラムが正常に行われていなければ、フクイチを超える大惨事になっていたでしょう(フクイチでは、スクラムは働きましたが、その後、冷却水が止まった。スクラムができなければ、冷却水があろうとなかろうと、原子炉の暴走は止められません)。
もう、いい加減、原発は止めませんか?

<転載終了>

2016-02-29 静岡茶の汚染は3・11浜岡原発事故が原因か?

 わんわんらっぱーさんのサイトより
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/20160229
日本全国に原発がありますので、汚染されていない方が奇跡かも。
<転載開始>

静岡茶放射能汚染について考える。

 自宅の斜め隣のお茶屋さんのご主人が亡くなられた。

311後、一度閉店して、また開店して、また閉店して、それから数カ月後に亡くなられた。買いに行ったのは一回きりで、311後はお茶放射能汚染が指摘されていたので、お茶そのものを飲まなくなった。

 代わりにダージリンティーを飲んでいたが、飲み過ぎるとカフェインで胃が荒れるので、今はノンカフェインルイボスティーを飲んでいる。

 お茶放射能汚染お茶屋さんが亡くなられたのは無関係かもしれないが、関係があるかもしれない。

 調べてみると、2011年6月20日フランス政府は、日本から空輸された静岡県産の茶葉から、一キログラム当たり1038ベクレル放射性セシウムを検出したと公表して、日本お茶を返品している。

 汚染源について推測してみる。

1.福島第一原発3号機2011年3月21日未明原子炉から放出された放射能雲が、降雨で沈着した。

運が悪いことに前線北上して降雨があり、柏・松戸・東葛地区南関東静岡県放射能が沈着した。

溶融した核燃料から放出された放射能雲にはα線核種も含まれており、重大な汚染を引き起こした。

チェルノブイリ事故でも遠隔地にホットスポット形成されており、静岡県での汚染度が高くても不思議でない。

続きを読む

安倍ポチ ロックフェラーからロスチャイルドへ乗り換えか?

紙幣の不思議2さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/d637ab5bc55db225c81a012f3f5b6ce3
<転載開始>
2016年02月29日 17時04分55秒 | 政治


>安倍首相は英国、フランス、イタリア、ベルギー、ドイツ、ロシアの順番で各国を訪れ、キャメロン英首相、オランド仏大統領、レンツィ伊首相、トゥスクEU大統領、メルケル独首相、プーチン露大統領と会談することが内定していた

風前の灯火のロックフェラー米国から、ロスチャイルドへ乗り換えでしょうか?

ロックフェラー米国に付いていっては、生命の危機が危惧されるので、AIIB連合と手を組んだロスチャイルドに乗り換えて、命乞いでもする積りでしょうか?

安倍ポチの行動から読み取れるのは、米国破綻が近いと云う事ですね。


続きを読む

企業スポーツの日本的特徴,その盛衰事情

 社会科学者の随想さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1053023261.html
<転載開始>
 【企業とスポーツとの本質的な関係】

 【宣伝・広告のための企業スポーツと営利問題】

 ------------------------------

 【※ 断わり】 本稿は,旧ブログ2010年12月4日を再録したものである。再公表に当たっては,最近(直近)にみかけた新聞紙上の解説記事もとりあげ,追補する構成内容になっている。また,旧稿部分については必要に応じて補正・加筆がなされている。

 ------------------------------

 ※ まえおき ※

 最初に,『朝日新聞』2016年2月24日朝刊に「広告費,4年連続増加」というベタ記事が出ていたことから紹介する。
    広告大手の電通は2月23日,2015年の国内の広告費は前年と比べ0.3%増の6兆1710億円で,4年連続で伸びたと発表した。インターネット広告費は10.2%増の1兆1594億円。スマートフォンの広告などが増えた。一方,テレビ広告費は2014年にサッカーW杯などがあった反動で1.2%減,新聞広告費は6.2%減だった。
 新聞社の経営にとって広告費収入の減少は痛手である。最近における新聞広告の様子は,だいぶ様変わりしてきている。旅行・グルメ・健康関係の全面あるいは2面見開きを充てた広告の紙面も増えている。アベノミクスの相変わらぬ不調ぶり,このアホノミクスが結局,確たる成果を上げえていない日本産業経済・企業経営の実相は,このところにおいて報道されていた,つぎのような新聞記事の見出しに端的に表現されている。
続きを読む

春二番?の後は強い冬型へ。日本海側大雪注意!(160229)

気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/46959726.html
<転載開始>
 今日は昨日お休みした北半球上空の寒気の様子から。
北半球上空の寒気160229
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 北半球で最も大きな-42℃以下の真冬の寒気のカタマリ・・・大きな寒気の谷(南側への流出域)を形成し、朝鮮半島方面から日本に向けて南下中続きを読む

ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話1

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/11729931/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

私は今日、ウィリアム・ミルトン・クーパー講演に匹敵する実に興味深い記事を知ったので、それを紹介しておこう。私が最初にこの存在を知ったのは、以下のものである。
ケムトレイル・気象操作掲示板」の「レオ・ザガミと2012年(補足) - N・G」

この投稿の最後にある、「ChemBlog−ケムログ」というブログに問題の「プラウダの投稿掲示板の記事」が日本語に翻訳されている。このchemblog氏には心から感謝したい。

では、以下にその記事を紹介しておこう。もちろん、いうまでもなく、真実の世界を探索する者の努めとして、その内容の真偽を司るものは読者自身である。自分の頭で内容の真偽を判断して欲しい。

続きを読む

ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話2

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/11729977/
<転載開始>
ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part3

2002年7月24日

質問:あなたが通常着ているのはどのような服ですか?これは普段あなたが着ている方法ではないと思いますが。

回答:その通り、この人間の普段着を私が着るのは、私が人間に混じっている時だけだ。正直なところ、このようなきつい物を着るのは私にとって快適とは言えず、常に独特な感覚を覚える。自宅(これは地下の家を意味する)や巨大な人工太陽エリアに居る場合、そして自身の名に近い者達といる場合は大抵は裸だ。あなた方はこれには衝撃を受けるのだろうか?公の場所に居る場合や、我が種族の他の者達と居る場合は、薄く軽い素材の非常にゆったりとした、柔らかい服を着ている。我々の体の部分、主に小さな背甲は接触に対して非常に敏感である事を前に話したが、それが我々に苦痛を与えるため窮屈な衣服では快適に感じられない。男と女は同じ種類の衣服を着るが、性別によって色が異なる。

質問:「自身の名に近い他の者達」とあなたは言いましたが、それはあなたの家族という意味ですか?

回答:違う、そうではない。あなた方はそれを「家族」と呼ぶが、この言葉は父や母そして子供のように遺伝的に同じである事を意味している。前に私が話したのは、我々は非常に複雑で独特な名を持っていると言うことだ。名の発音の一部は全く独特であり、同じ名の存在は無いが、この名のある部分(中間部分)はあなたが属する「家族」(あなた方の語彙に正しく該当する語がないため、私はこの言葉を使う必要がある)と言われる他者という意味合いで発音される。このグループは通常非常に巨大であり、我々の40〜70名を含んでいることから、そのグループにおける全てがあなたと遺伝的に関係があるわけではない事をこれは意味している。このグループは、一般にあなたの遺伝子的な親族を含んでいるが、このグループから抜ける事を決意した者は除く。また、あなたと父母とのつながりが一番強い。非常に複雑で主要な事だけを説明するのにも何時間も要する、我々の非常に古い社会システムをあなた方に説明するのは非常に難しい。また別な機会にこれら全ての物事の詳細を伝えられると思う。
続きを読む

ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話3

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/11729988/
<転載開始>
ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5

2002年7月24日

質問:いや今でなくて良いです。私はあなた方の歴史に関して書き留めていますが、今は幾つか質問があります。

回答:どうぞ。

質問:まず、あなたは非常に広い範囲の時間的尺度を扱っていますね。あなたは、あなた方の初期の祖先が恐竜と共に暮らしており、あなたが呼ぶ所の人為的な大変動を生き残り、4,000万年以上もの進化を経て、その進化が完成したのが1,000万年前だと主張しています。これは私にとっては非常に信じがたい内容なのです。これに関して何か説明が可能ですか?

回答:あなた方がまだ未成熟で、遺伝子操作による種族であるため、あなた方にとってこれが極めて信じがたいだろう事は私も理解している。あなた方の歴史的な視野は、たった数千年程の尺度であると言うのは正しい認識だとあなた方も認めるだろう。しかし、そうではない。これが重要なのだ。あなた方のプログラムされた精神では、このように広い範囲の時間的尺度を取り扱えないのは明らかだ。我々の辿った進化の時間は、あなた方にとっては途方もなく長いが、これが本来の自然のやり方なのだ。あなた方の初期の哺乳類の祖先が恐竜と共に発展し、また彼らは我々と同じく爆撃を生き残った事を思い出して欲しい。彼らは続く数百万年をゆっくりと進化し様々な種と姿へと別れ、その幾つかはより大型化し、別の幾つかはより小型化した。これは身体の進化だ。しかし、彼らの精神と知性についてはどうだったのか?彼らは単純な動物だった。我々に言わせると、哺乳類の進化は1億5,000万年来続いているが、彼らが知性的で思考を有するようになり始めたのは、たかだか200〜300万年のことだ。そしてこの短い期間にあなた方のような存在が創造されたのだ。それは自然な事だったのか?動物の様な哺乳類の進化に1億4,800万年の歳月を要し、(多かれ少なかれ)あなた方のような知的存在への発展に200万年を要した。自ら問うてみて欲しい。あなた方には、この急激な進化が自然だと思えるのだろうか?もしそうだとしたら、あなた方の種族は私が考えているより相当な認識不足だと言えよう。我々はあなた方と違い間違った進化をしていない。
続きを読む

ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話4

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/11729998/
<転載開始>
ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6

2002年7月24日

質問:それは、あなたのレプティリアンとしての存在に代わって、現在私が魅力的な茶色い髪をした女性と会話しているように私を信じ込ませているということですか?

回答:おそらくは、しかしあなたが特別なケースだとは思わない。私ではなく人間の女性に会いたいと誰かが望めば、私は問題なくそれをその人の精神に対して行える(団体のような大きな一団であっても)、何故ならトカゲの女を見たい人間なんていないからだ。しかし、私はあなたの精神にこの最初の会合において、私の本来の姿を見ることを許可し、またあなたの精神に対して一切の誘導等を加えていないので、既にあなたは私が人間でない事に気づいているはずだ。私が今これの変更を試みたなら、恐らく完全な混乱か無意識へと導くだろう。しかし私はあなたに危害を加えるつもりはない。前にも言ったように、これらの事に関しては私はあまり腕が良くない。

質問:それはとても恐ろしいですね。その能力を使うと殺人も可能なのですか?

回答:可能だがそれは禁じられている。これは、以前の時代にそれを行わなかったという意味ではない。

質問:どちらの性別でもこの能力はあるのですか?

回答:ある。
続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場