福田元昭の「桜の木になろう」さんのサイトより
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-823.html
<転載開始>
(1)新しい免疫学を提唱していた安保徹氏が突然死された!

安保
↑画像 医療マフィア利権に挑戦した安保徹先生

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15440.html#more

 2016年12月6日、新しい免疫学を提唱していた安保徹先生がご逝去されました。通夜は本日12月10日(土)午後7:00、告別式は明日12月11日(日)午後1:00です。場所はJR小針駅または青山駅より約5分の新潟県新潟市西区青山8丁目4番15号にあるセレモニーホール青山会堂です。
 
(2)アメリカでは

 今年、アメリカのカリフォルニア州のスーパーマーケットに行って、日本のスーパーよりオーガニック食品が溢れている事を発見しました。マスコミのイメージ操作で、アメリカ人って多くの人々が不健康な食生活をしているように考えている日本人が多い。それは本当でしょうか? 

 私はアメリカ人より日本人の方が不健康な食生活をしている人々の比率が高いように思えます。もしかしたらその比率は世界一かもしれません。薬に依存する人の比率も世界一かもしれません。薬漬け大国日本。日本は何と全世界の約40%の薬を消費する薬漬け大国です! 医療に依存する人の比率も世界一かもしれません。医療大国日本。


Berryvale-1.jpg
↑画像 筆者が2016年9月に訪れたアメリカ合衆国カリフォルニア州シャスタシティ<Shasta city>のオーガニックスーパー・Berryvale Grocery

(3)欧米では癌がどんどん減っているのに 日本人の癌が増えているのはなぜか?

 日本では、がん患者数は増加の一途をたどり、今や日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡すると言われています。実はがんは欧米諸国では減少し続けているのです。

 アメリカと比較すると、人口10万人当たりの日本のがん患者の数は約1.6倍と言う。なぜ、めちゃくちゃな食生活を送っていて肥満の人が多いというイメージのアメリカ人よりも、平均寿命が長く、ヘルシーと言われる和食文化が根付いている日本でがんが増加しているのでしょうか? こうしたイメージを多くの日本人が抱くのも、マスコミのイメージ操作<洗脳>の影響です!

 実はアメリカでは、ガン患者の約4人に3人が抗がん剤や放射線といった従来からの治療ではなく、ヨガ、瞑想、食餌療法、睡眠療法、音楽療法などの代替治療を受けているのです! 

 日本人のがんの比率が高いのは、がんに罹患する危険因子が他国より多いからです!  がんで死ぬ人の多くは抗ガン剤の副作用で死んでいるのです!


 実はアメリカ政府は既に1990年に、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」と裁定を下したのです! しかし、日本の医学界はこの裁定を無視し続けているのです! 

 そうした中、この裁定を無視しなかったのが、逝去された安保徹先生だったのです! 実はこうした傾向はアメリカだけではありません! 1990年代から日本以外の先進国では代替医療が主流なのです!


http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/6c22cdcaea5bf13c8a3e0455d6bb4722

(4)名誉教授の安保徹先生は殺害されたのか?
 
 安保徹先生は命を狙われていた! 過去の講演会で安保徹先生は、「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、わだす狙われてるんですわ。研究室は何度も荒らされてるし もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいてらしたそうです。ご冥福をお祈りします。 

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/5d965b6302bc49963cb81a18365067f4?fm=rss

(5)闇の勢力を完膚なき迄に叩きのめす必要がある!

 殺害されたとしたら、医療マフィア<医療殺人鬼>どもに殺されたのかもしれない。高天原山事変<123便墜落事故>の真相究明に尽力している123氏もしばしば殺されそうになっている。

 以前、123氏は拙ブログにしばしば貴重なコメントを下さったが、最近は闇の勢力に自由を奪われメールもネットも使用できないと言う。その為、123氏からの拙ブログへのコメントはまったく届かなくなった。

 支配層にとって都合が悪い人物の自由を奪ったり殺したりする悪辣極まりない闇の勢力と、それを背後で操る1%の屑どもを完膚なき迄に叩きのめし、99%が平和で幸福に暮らせる社会を早急に実現しよう!


(6)抗がん剤漬け! 抗がん剤は効かない!

 抗がん剤は、現在、がん細胞を死滅させる薬剤として外科治療と併用し使用されています。医者はがんが転移してると想定して体内のがん細胞を攻撃するために抗がん剤を使用します。しかし、この抗がん剤は、がん細胞だけを区別できない為、がん細胞だけでなく正常細胞も殺してしまうのです。したがって正常な免疫組織をすべて殺してしまう為、体力や抵抗力を消失し、急激に状態悪化が生じます。

 つまり抗がん剤は効かないどころか、むしろがんを悪化させる可能性が高いのです!


 前回の記事は日本とイタリアを比較しました。前回の記事はこちら。今回の記事は日本とアメリカを比較しています。日本において平気で使用されている抗がん剤の半分くらいはアメリカでは非承認です! アメリカでは経口抗がん剤は、「極めて危険な薬物」として不認可です。

 拙ブログを毎回お読みの読者の皆様は、既に日本って本当にひどい国だと言う認識がおありだと拝察いたします。しかしテレビでは、「日本って素晴らしい、だから、外国人もこれだけ来ているよー。」みたいな洗脳番組が溢れていますので、日本って本当にひどい国だと言う認識がない人々が多数だと思われます。

 私は真の愛国者ですから、こうした状況を早急に改善したいので、睡眠時間を削りブログを書いています!


(7)医療マフィア利権に挑戦した安保徹先生!

 安保徹先生は、手術、抗がん剤治療、放射線治療はいずれも、基本的には免疫を抑制するような治療ですと主張しています! 

 つまり安保徹先生は、医療マフィア利権に挑戦したのです! 「抗がん剤治療を得てガンが完治したという人に、なかなかお目にかからない!」と言い切っている!

 拙ブログ開設から間もなく5年になります。この間、安保徹先生の例を含め実に数多くの不審死を取り上げてきました。不審死を取り上げるのはこれが最後になりますようにと祈り、取り上げています。残念な事になかなか最後にならない。


http://tokimeki-tei-ikiiki.jimdo.com/%E5%85%8D%E7%96%AB%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81-%E3%81%8C%E3%82%93%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%A8%E5%85%B1%E7%94%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB/

(8)医療の9割は直接、間接を問わず“殺人医療”である!

 「現代医療の神は、死に神である」「病院は死の教会である」「医療の9割が地上から消えれば、人類は健康に生きられる」 

 これは、アメリカで良心の医師といまだ称えられる故・ロバート・メンデルソン医師の言葉です。(『医者が患者をだますとき』PHP文庫)つまり、メンデルソン医師は、医療の9割は直接、間接を問わず“殺人医療”である、と断言しているのです。

 イスラエル全土で病院がストをしたら、同国の死亡率が半減した。そして、ストが解除されたら、死亡率は、元に戻りました。つまり、現代人の二人に一人は、病院で“殺されている”のです。(船瀬俊介著『病院で殺される』三五館)

http://howto.grnba.asia/?eid=738

(9)嘘ニュースを垂れ流す一方、支配層にとって都合が悪いニュースは流さないマスゴミ

 爬虫類人組織がクリエイトしクライシスアクターを起用した嘘ニュースを垂れ流す一方、支配層にとって都合が悪いニュースは流さないマスゴミ。安保徹先生の突然死を報道したマスコミはほとんどない!

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/12/blog-post_21.html

(10)騙される日本人!

 極悪医療マフィアどもは医療利権をKEEPしたいのです。取り分け、癌利権を維持したいのです。その為には日本人を騙し続ける必要があるのです。その為に、歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻でフリー アナウンサーの小林麻央や鳥越俊太郎を起用し、洗脳するのです! 小林麻央や鳥越俊太郎はクライシスアクターです!

(11)抗がん剤の原点は化学兵器のマスタードガス!

 抗がん剤は、元は化学兵器のマスタードガスです。第2次世界大戦後、それが抗がん剤に変貌しました。抗がん剤が効いたというデータは今まで一つもありません。抗がん剤は体全身を酸化させ、免疫細胞すべてを破壊する最強兵器です。医者は、患者には抗がん剤を処方しますが、自分や自分の家族には絶対に処方しません!

 似たような話としては、山崎製パンの社長は自分や自分の家族に山崎製パンのパンを絶対に食べさせないと言う噂があります。発がん性物質指定の添加物やEUでは使用禁止となっている添加物を含めて、添加物まみれのヤマザキパンを食べまくると、それだけで癌になるかもしれません。 (3)にも書きましたが、このように日本はがんに罹患する危険因子が他国より多いのです!

(12)私は気功師

 日本以外の先進国では騙される人々が減り、癌治療に関しては代替療法が主流となっています。それを伝えるマスコミや教科書は日本にはない。ドイツやイギリスでは、医療費の50~70%が代替医療に使われます。日本以外の先進国の多くは、代替医療が保険でカバーされています。
 
 日本は西洋医学と一部の漢方しか保険で認められず、代替医療を選ぶと10割負担になりますので、代替医療を選ぶ人々は少ない。

 私は外気功で肩こりや腰痛を改善できます。まず相手の体内の邪気<マイナスエネルギー>を抜き、私の気を使用せず、外部から良い気<プラスエネルギー>を取り入れて、私の体をホースとして、不調を訴えている方の調子が悪い部分に手を近づけ<相手が望めばタッチする事もあります。その方が効果は高いですから。>、外部から良い気を注入していきます。そうすると症状が改善します。

 高校生なら約3分でたいてい症状が改善されます。今までに何人かの高校生の症状を改善してきました。 

 広い意味で考えれば、気功も代替医療に入ります。ところが日本では、医師法により、医師以外は治療行為をしてはいけないとされていますので、私達気功師は「治療」ではなく「改善」と表現しています。

 医療マフィア利権大国日本は、法律や社会制度においても、それが維持されるようになっているのです。製薬会社は政治家の天下り先の一つです。製薬会社から多くの政治献金が流れています。。


 今回の記事に書いた内容の多くを、突然死された安保徹先生が語ってらっしゃいました。私の様な無名の一市民が語るのとは訳が違います。医療マフィア<医療殺人鬼>どもにとっては、とても目障りな存在だったのでしょう。安保徹先生の逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。


<転載終了>