大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

2018年05月

6500万年前の地球の生命大絶滅事象の考え方が「自分と真逆」であることに思う今の世が成し得てきた絶望的な試み

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/we-are-all-living-in-material-world/
<転載開始>
投稿日:

今日はやや体調が今ひとつで、普通の更新はお休みさせていただこうと思います。

ただ、今日ふと見ましたニュースを読みまして、少し思ったことがありました。

そのニュースと、私の「思ったこと」を思わせたフレッド・ホイル博士の著作からの「ほんの一部分」の抜粋を並べさせていただきます。

続きを読む

財務省からの書留

財務省からの書留
https://www.youtube.com/watch?v=BEHLQEMaZPM

菅野完
2018/05/31 に公開

「黒塗り剥がした菅野に抗議しときましたよ!」というアリバイ作りw なんの法的根拠もない抗議。担当者の名前もない。アホか。舐めんな。



●「嘘のすすめ」 21世紀の日本を生き抜くための処方箋

世相を斬る あいば達也さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/511df1e26dea2e67622b3e01abe2676e
<転載開始>
●「嘘のすすめ」 21世紀の日本を生き抜くための処方箋

遂に、若者“諸君”に「嘘のすすめ」を語らなければならない時代が来てしまった。本来意図するところではないが、どうも、嘘つきの方が、日本社会では出世する時代が到来したようだ。いまさら、“正論”を語っても、唇が寒くなるばかり、ただ無力感が漂うばかりだ。

以下の雑誌は書店の店頭で目立つ雑誌だ。『Wedge』、『WiLL』、『新潮45』、『SPA!』、『正論』、『中央公論』、『Hanada』、『文藝春秋』、『Voice』……。保守乃至は右翼系雑誌と言っていいだろう。拙ブログ、2014.10.05付で、以下のように語っていたが、当時よりも、状況は悪化している。日本会議が正体を現し、安倍政権による、ファシズム体制の進捗に合わせ、保守系雑誌の健闘が目立つ。
―以下のcf.参照―

これら雑誌の場合、冠スポンサーが存在している場合も多く、スポンサーがない場合でも、企業の広告は豊富に見られる。つまり、保守右翼系雑誌の方が企業広告が得やすいので、営業上有利な展開が加担している。日本経済新聞による出版も、保守系書籍メディア部門で、大きな貢献をしているようだ。どうも、金儲けと云うものは、保守的である必要が必須にも思えてくる。

政教分離と世俗(現実)主義と云うものがあるが、最近の安倍政権の思想の通底には、世俗の逆さま“俗世”が主義になった様相を呈している。日本会議のような人々が思考する大日本帝国主義と俗世の経済状況が成らしめている世間の世相を背景に、勢いを増しているように思える部分が多い。安倍政権が、もっと悪政を為政することで、一般人も気づくはずという論は、どうも怪しい気がし始めている。

金子勝氏が日刊ゲンダイのコラムで、「これは深い病だ…文書やデータの改竄に社会が驚かない異常」と題して、東洋ゴム、旭化成建材、東芝、神戸製鋼、日産、スバル、三菱マテリアル、東レから理化学研究所、スルガ銀行などでも改竄がなされ、社会に表層的な「成果主義」が蔓延したことと無縁ではないだろう、と書いているが、このような事例は、現代社会の氷山の一角であり、民間企業では当然のように、霞が関でも時折、警察検察でも、隠ぺいが上手なだけで、起きているものと推量できる。
続きを読む

ノビチョク・BZガス 在日米軍及び自衛隊における化学・細菌作戦に関する国会質問主意書1969年 ―

velvetmorning blogさんのサイトより
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2018/05/29/8862074
<転載開始>
旧ソ連が開発した『ノビチョク』なる毒ガスによって殺されかけたとされるスクリパリ親子ですが、命に別状は全くなく、出てきたようですね。


・「Novichok A-230」として知られる化学物質は、VXガスよりも毒性が5~8倍も高い

CIAはVXガスの毒性について
「10mg肌に落とすだけで平均的な成人男性を殺す。約4リットルのVXガスは36万2000人分の致死量に相当する。定義として、VXがこの量で等しく適用されれば、50%(18万1000人)は死亡し、18万1000人が重態となるであろう。」
と表現している。
wiki

「VXガスよりも毒性が5~8倍も高い」のに死ななかった ということは、ノビチョクなる物質なら即死ですから、ノビチョクでは無い可能性が極めて高いということ。

そして(2~4日目でほぼ正常に回復し予後は良好だが、記憶喪失などは6週間も持続)などの症状から、検出された物質のBZガスの可能性が極めて高い。


このBZガスの症状を考えると、普段から日本においても使われてるよなと思います。


で、BZガスについてあれこれ調べていたら、こんなものが出てきました。

続きを読む

ハイジャンプ作戦

本山よろず屋本舗さんのサイトより
http://motoyama.world.coocan.jp/
<転載開始>
 『戦国自衛隊』と聞いて、知っていると思った方は多いかもしれません。
 SF作家の半村良氏の作品で、私の学生時代に流行ったものなので、もうだいぶ昔の話です。当時すぐに映画化されましたが、その後リメイクされたので、耳にした方も多いかもしれません。
 ストーリーは、海上自衛隊員30名が演習中に、装備まるごと戦国時代にタイムスリップしたというものです。演習中だったので、たっぷりの武器弾薬を備えていました。時は戦国の世なので、次第に大名間の戦闘に巻き込まれていきます。
 武器といえば槍と刀で、火縄銃がやっと出てきた時代ですから、当初は自衛隊は圧倒的な快進撃をみせます。しかし次第に武器弾薬が無くなり、最後は味方と思っていた大名の裏切りに遭い、全員討ち死にします。
 タイムスリップした戦国時代には、織田信長がいませんでした。
 自衛隊の隊長は、自分達がタイムスリップした理由は、織田信長の役割を背負わされたことを死ぬ間際に気づくというものです。

 この『戦国自衛隊』が人気となった理由は、最新兵器を備えた自衛隊が、戦国時代の軍勢と戦ったらどうなるかという興味をそそられることをテーマにしたからだと思います。
 映画でも、自衛隊と戦国の軍勢が戦うシーンが圧巻でした。

続きを読む

6月12日の米朝首脳会談、開催の可能性あり

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12380050300.html
<転載開始>
慌ただしく人が動いているので、6月12日の米朝首脳会談、開催の可能性ありますね。

ロシアのラブロフも動くようだし、表だって動いていないのは中国くらいかな。



韓国が、南北朝鮮とアメリカの3カ国首脳会談の開催の可能性を伝える
2018/5/28 Pars Today
http://parstoday.com/ja/news/world-i44472
韓国大統領府は、28日月曜、韓国のムンジェイン大統領、北朝鮮のキムジョンウン朝鮮労働党委員長、アメリカのトランプ大統領が来月12日にシンガポールで3カ国首脳会談を行う可能性があると発表しました。



北朝鮮の政府高官が訪米
2018/5/29 Pars Today
http://parstoday.com/ja/news/world-i44522
韓国のヨンハプ通信が29日火曜に報じたところによりますと、アメリカと北朝鮮の関係者が韓国の国境地帯で会談した2日間後の29日、キム・ヨンチョル副委員長はアメリカを訪問しました。

キム・ヨンチョル副委員長は今回の訪問で、6月12日に予定されている北朝鮮とアメリカの首脳会談について、アメリカの政府高官と協議を行うことになっています。



6月7日に日米首脳会談 正恩氏との会談に備え=ホワイトハウス
2018年05月30日 00:48 スプートニク日本
https://jp.sputniknews.com/politics/201805304932938/
ホワイトハウスのサンダース報道官は29日、米朝首脳会談を前に、トランプ米大統領と安倍首相は6月7日、ホワイトハウスで会談を開くと発表した。



続きを読む

米朝会談に対する見解をコロコロと替えて、忠犬ポチ公ぶりを改めて世界に強く認識させたあべぴょん

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=162784
<転載開始>

米朝会談に対する見解をコロコロと替えて、忠犬ポチ公ぶりを改めて世界に強く認識させたあべぴょん

続きを読む

英女王や欧州の王族について

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52027332.html
<転載開始>
今日も、とても興味深い内容がUPされていました。
多分、投稿者は水面下で何が起きているのかを全て把握しているのかもしれません。そして、霊視したり、異次元の存在と交信できるのかもしれませんね。それにしても、悪魔の力を借りて世界を支配している人間もどきはいつになったらこの地球からいなくなるのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/police-state/2018/05/guess-why-the-english-queen-just-ordered-150000-sacrificed-to-molech-4959.html 
続きを読む

安倍政権と財務省に改ざんの反省なし! 居直る麻生太郎財務相、安倍首相の後見人を黒塗り、昭恵夫人関与の記録を隠蔽 リテラ

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/67ac42999fe23f3d376b4a5742ab109e
佐川氏は不起訴になったようですね。
<転載開始>
安倍政権と財務省に改ざんの反省なし! 居直る麻生太郎財務相、安倍首相の後見人を黒塗り、昭恵夫人関与の記録を隠蔽 リテラ 2018.05.30
http://lite-ra.com/2018/05/post-4040.html

 昨日おこなわれた衆院財務金融委員会で飛び出した麻生太郎財務相の発言が波紋を広げている。立憲民主党の川内博史議員が、いまだに決裁文書の改ざんを「書き換え」と表現する財務省に対して「改ざん」と言うように求めたところ、麻生財務相はこう言い放ったのだ。

「(佐川宣寿前理財局長の)国会答弁に合わせて書き換えたというのが全体の流れではないか。従って書き換えという言葉を使っている
「書き換えられた文書の内容を見る限り、少なくともバツをマルにしたとか、白を黒にしたとかいうような、いわゆる改ざんといった悪質なものではないのではないか」

「悪質じゃない公文書改ざん」なんていうものが存在するのか。決裁文書の改ざんは佐川前理財局長の答弁ではなく、安倍首相の「私や妻が関係していたということになれば総理も国会議員も辞める」という答弁に合わせ、昭恵夫人の関与を示す部分や異常な取引の実態を隠すため意図的に“偽造”して「黒を白」にしたもので、「歴史的な国家犯罪」と呼ぶべき大事件だ。普通に考えれば、とっくの昔に内閣総辞職になっていなければおかしいくらいだ。
続きを読む

イセヒカリ

去年、開墾地で鹿に食べられ、辛うじて残っていたイセヒカリの穂を

先週、庭に撒いていまして、先ほど帰宅してみたら芽が出ているじゃあ~りませんか(^^♪

それほど実入りが良かったわけじゃないのに発芽してくれて嬉し~ぃ限りです。

これを元に陸稲として増やしていければいいな~!と考えています。

イセヒカリ-1
イセヒカリ-2
イセヒカリ-3

プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場