世界の裏側ニュースさんのサイトより
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12235434230.html
日本に原子炉が54基もあると思っている人、本当は大学などの研究用まで入れるとなんと「76基の原子炉」が日本に存在する…(・_・;
埋め込み画像
5:15 - 2017年1月5日

<転載開始>

海底に発見された巨大な穴から大災害を引き起しかねない地震が連発すると科学者が警告
Scientists warn about wave of catastrophic earthquakes about to be unleashed from enormous hole discovered in ocean floor

12月28日【Natural News】

 

 

バンダ海からオーストラリア北部にかける地球の近くに「裂け目」があり、これにより地震や津波などの深刻な自然災害を引き起こす可能性があると、科学者らが警告を発している。

科学者らは今、この断層と予期していなかった問題について理解するところに近づいているのだ。

 

 

(画像 バンダ海の位置 http://blog.livedoor.jp/saikusa369/archives/18672204.html

 

  

しかし「裂け目(tear)」という言葉遣いは、誤解を招きかねない。これは地球上でも最大級の断層の一つで、その火山噴火や地震で悪名の高い環太平洋火山帯を横断するように走っているのだから。この裂け目は約6万平方kmの広さで深さは7kmあり、タンザニアとほぼ同じ面積を占めている。

 

この裂け目周辺ですでに発生している地震が断層をずらし、これによりエネルギーが波状で放出され、周辺の諸島に壊滅的な揺れをもたらす可能性があるという大きな問題になる。

 

もう一つの問題は、地球上でも最も火山活動が活発な地域であるということだ。環太平洋火山帯では、地球上の90%の地震が起きている。

 

ウィキ 環太平洋火山帯「Ring of fire」 )

 

環太平洋火山帯:ニュージーランドからオーストラリア北部、インドネシアを通過して日本へ。そしてアメリカ西海岸を南下して南アメリカの一番下まで続いている。

 

火山活動の温床

 

最近、この地域は火山活動が特に活発になっている。2016年12月の始めにはインドネシア西部でM6.5の地震が起こり100人が死亡し、84,000人が住居を失った。

11月にはすでに問題を抱えている福島に近い日本の沿岸でM6.9の地震が起こり、津波が発生。

8月、オーストラリア・クイーンズランドのボーウェン付近の海岸ではM5.8という過去20年で最大の地震が起きた。

2004年には海底で起きた巨大な地震が津波を起こし、インド洋の多くの国に影響を与え17万人が死亡している。

また60年代にはチリでM9.5という史上最大の強力な地震が起きたが、これも環太平洋火山帯の一部であった。

 

バンダ海の断層自体は新しい発見ではないが、なぜこの断層がそれほどまでに深いのか、具体的な理由は今になるまで誰にも断言はできなかった。

 

ようやくこの断層の観察が可能になり資料化されたことで、この断層はプレートの沈み込みというプロセスによってできたと科学者らは断定。沈み込みとは、構造プレートの一つが他のプレートの下へと移動し、沈むように力をかけて地殻からマントルへと押し込む動きのことをいう。(訳注:マントルとは地殻と外核の間の厚さ約3,000kmの層をさす)

 

 

(画像 マントル/Mantle 上図赤オレンジ色の部分 http://mpe2013.org/2013/11/25/paleo-structure-modeling-of-the-earths-mantle/

 

 


(画像 沈み込みのメカニズム https://www.usgs.gov/news/earthword-subduction

 

この発見により、将来の津波や地震の危険性を評価するのに役立つことが期待されている。

 

 

断層近くの原子力発電所は非常に危険

 

(日本の原発と断層を表した地図 http://tokyodisaster.blogspot.co.uk/2014_12_01_archive.html

 


先月日本で起きたような地震は、世界全体に対する大規模な問題の原因となりかねない。

2011年に福島第一原子力発電所は津波の影響を受け、核燃料棒のプールは依然として修復がされておらず、(火山活動などでさらに損害があった場合には)北半球を放射性物質で覆う膨大な雲が形成されるという一般市民にとって深刻なリスクを伴っている。

 

カリフォルニアのサンオノフレ(San Onofre)とディアブロ・キャニオン(Diablo Canyon)の二つの原子力発電所は、断層線の近くに建設されている。サンフランシスコとロスの間にあるサンオノフレの原子炉は最高でわずかM7.0、ディアブロ・キャニオンのものはM7.5までのマグニチュードに耐えるように建設されているだけである。

 

2011年に日本で起きた地震はM9.0で、一方福島の発電所は最高でもM7.9に耐えるようにしか建設されていなかったことを思い出してほしい。

 

またワシントン州のコロンビア川上にあるハンフォード・サイトの原子炉もまた脆弱だ。同施設からはすでに放射性物質を含む冷却水の一部が付近の地下水に漏洩しているが、この地域で地震が起きた場合にはとてつもない規模の問題を起こす可能性がある。


環太平洋火山帯の近くにお住まいであれば、ヨウ素を常備しておくのはいいアイディアだ。ご自分の体に大量の放射性物質を吸収することを全力で避けるためには、何をしてもしすぎではない。

 

サバイバル用のオーガニック食品(の備蓄)もまた、火山活動だけでなくハリケーンやトルネードのような極度の災害が起こりそうな場所では便利になることもある。

 

 

この記事の情報源:

News.com.au

NaturalNews.com

NaturalNews.com

DailyMail.co.uk

 

 

【参考】http://www.naturalnews.com/2016-12-28-scientists-warn-about-wave-of-catastrophic-earthquakes-about-to-be-unleashed-from-enormous-hole-discovered-in-ocean-floor.html

 

 

(翻訳終了)

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*


 

 

【コメント】

本文中に「断層近くの原子力発電所は非常に危険」とありますが、これは科学者に警告されなくても、普通の市民でも理解できることですよね。テーブルの端に水の入ったガラスのコップを置いておくと危ない、というのと同じようなものだと思います。

 

それはさておき、2016年12月には世界中、そして特に環太平洋地域で大規模な地震が連発していました。

 

12月7日インドネシア M6.4

12月9日ソロモン諸島 M7.8

12月17日パプアニューギニア M7.9

12月21日ダーウィン(オーストラリア北部にある島、バンダ海) M6.9

12月25日チリ M7.6

 

他の地震も思い出したら、随時追加していきます。

 

世界の災害警報を随時ご確認されている方でしたらご存知かと思いますが、ここ一か月の間、世界中の火山活動が前例にないほど活発化しています。

 

2016年12月29日現在の火山の活動状況を表した地図がこちらです。

赤い三角形は噴火中、黄色の三角形は小規模な活動が起きている火山です。

 

(画像 http://strangesounds.org/2016/12/campi-flegrei-sakurajima-pavlof-popocatepetl-volcanic-activity-strengthening-around-world-videos.html

 

 

イタリアのスーパー火山もかなり危険な状態にあります。

http://themindunleashed.com/2017/01/one-worlds-largest-supervolcanoes-waking.html

 

1万2千年前から噴火していない世界最大級の火山が、活性化しているということで、この山に何かがあれば欧州全体に大きな影響が出るとのこと。

また2010年の一つの学説によれば、4万年前にこの火山が噴火したことが ネアンデルタール人の絶滅の原因だったのではないかとも考えられています。

イタリア政府による、ナポリ近郊のフレグレイ平野のこの火山の危険度は緑から黄色に上げられ、24時間体制で監視されています。(ちなみにこの平野の名前はギリシャ語で「燃え盛る平野」という意味だそうです)

 

TOCANA様の日本語記事↓

12月28日【緊急警告】イタリアのスーパー火山「地獄への入口」が活発化! 破局噴火→噴煙による気候変動→世界滅亡か!?

 

 

ちきゅう号の動向も気になりますが、世界的に火山活動が活発です。ご注意ください。

 

 

 

【関連記事】

核施設周辺で出生異常が全国レベルの4倍に アメリカ・ハンフォート・サイト

 

米国内の放射性放棄物 外国に爆弾として落として処理

 

放射能に打ち勝つ体を作る 食べ物編

 

放射能に打ち勝つ体を作る ビタミン・ミネラル・ハーブ編

 

戦争や経済崩壊で入手困難になるもの30

 

 
<転載終了>