シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=121806
<転載開始>

[Walk in the sprit 他]人口減少・高齢化、これで日本の将来はあるのか? 答え:ある

2017/01/06 1:52 PM 
 経団連の意向からか安倍首相は、去年の9月に「日本の開放性を推進する」として、「一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」と世界に向けて発信しています。2本目の記事では、国内向けに分かりやすく翻訳してくれています。
 欧米を見れば、移民政策推進の結果として、"文化の破壊、社会不安の増大と国民の貧困化"が問題になっていることが分かります。3本目のSputnikの記事では、欧米の多くの国民が移民問題がさらに悪化していると感じていることが分かります。
 "続きはここから"以降の記事では、今後、日本は移民政策に頼らなければ、人口減少と高齢化によって、凋落に向かうか?という問いかけに「No」と答えています。そもそも"人口減少とGDPは関係ない"事例が示されています。そして、人口の減少がなぜ国家の凋落にならないのかの最大の理由として、「技術革新、自動化、AI導入でレス労働者の傾向」が今後益々強まるからと答えています。
 また"世界4大文明は、いずれも、ユダヤ人の移動・寄生によって滅びた"とありますが、フルフォード氏の情報でも日本と韓国と北朝鮮を1つの国にする動きがあることが指摘されていました。こうした動きには注意深くありたいものです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相「世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。」
配信元)
 

「日本の開放性を推進する」として、「一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」とアピールした。

————————————————————————
安倍首相が日本を世界最速で永住権を取得できる国にすると宣言?わかりやすく解説!
引用元)
 
(前略)… 

なぜ移民政策を推進するのか?ですよね。

表向きや建前では色々と上手いことを言ってますが、簡単にわかりやすく言うと、海外の人の方が人件費が安いからです。

裏を返せば、『お前たち(日本人)が最低賃金がどうとか、景気がどうとかうるせーし、文句ばっかり言って働かないんだったら、海外から移民を招いて競争力をつけてやるからがんばれよ。世界はグローバル化してんだからうかうかしてると知らねーぞ、この穀潰しどもが』ってことなんですよ。

————————————————————————
欧州市民の大半がこの1年で移民問題は悪化したと感じている
転載元)
 
3168665 

欧州諸国と米国の住民はこの1年で自国における移民問題は悪化したと感じている。スプートニク・オピニオンの調査で判明した。  

国別では、イタリア(79%)、フランス(67%)、英国(53%)で否定的な受け止めが強い。ドイツやスペインでは45%、ポーランドは35%と割合が最も低かった。 

逆に移住問題が好転したと見る人はドイツでわずか16%、フランス、スペイン、英国で7%、ポーランドで6%、イタリアに至ってはわずか2%だった。

不満を持つ人は右翼政党支持者と35歳以上に多かった。例外はポーランドで支持政党に目立った差はなく、ドイツでは年齢層で立場の相違があまりなかった。 米国では移住問題の悪化を認めるのは回答者の38%で、33%が何も変わっていないとし、改善したとする回答者は19%だった。

(続きはここから)

————————————————————————
人口減少・高齢化、これで日本の将来はあるのか? 答え:ある
転載元)
 
Makow氏の日本の紹介ビデオだけど、
これは、ナルホド、

タイトルは、
Why Japan Refuses Immigration and Multiculturalism
なぜ日本は移民政策や異文化導入を拒むのか、)


昨今の、欧米の、いわゆるGDPを基にした経済成長の要の政策としての移民政策を振り返り、それが如何に、国をダメにし、国民を貧困に導くかを解説、(現在のフランス、英国、ドイツなどは悲惨である、)

GDPベースの政策は、国とエリート達の会社が繁栄する仕組みに他ならないことを指摘、彼らは、経済の拡大・成長のために、働き手としての移民が必須と、声高に主張する

と、その上で、日本の現状を紹介、

日本は、主要産業で勝り、国内はクリーンで、犯罪率も低く、公的保障(年金、医療など)も整っている、が、欧米のような大規模な移民政策はない、

しかし、現在、抱えている問題は、人口減少と高齢化であり、これは、産業の凋落を招きかねないと指摘されている、
では、今後の日本は凋落に向かうか?
答えはNo


そもそも、人口減少と、GDPは関係ない、
移民を経済発展の要に持って来るのは、口実に過ぎない、 
その真の効果は、
文化の破壊、社会不安の増大と国民の貧困化に他ならない、
(これぞNWOの政策である、)


こちらに相関図がある、

2017y01m05d_233440109 

人口減少しているエストニアやハンガリーは、GDPが高い!? 
日本の過去を見てみると、

2017y01m06d_020321343 

人口は横ばいにも関わらず、GDPはうなぎのぼり!?
参考)世界GDPランキング・ベスト (20位) 2016年最新版

なぜ、人口減が、産業、そして国家の凋落にならないのか、
ひとえに、技術革新による


特に、昨今は(これは個人的にいいのか悪いのか悩むところだが)、自動化、AI導入でレス労働者の傾向が強まりつつある

そして、日本は過去に(江戸時代)、災害で、かなり大勢の犠牲者が出ている、にも関わらず、すぐに息を吹き返した、これは、国民性によるところも大きい、少なくとも、私が見る限りにおいて、日本は、異文化と移民を今後も受け入れないと思われる、

(ここまで)

日本に住んでいると、
悪いところばかり報道されて、将来が暗くなるが、
外国から見ると、日本の将来は、まんざらでもないようだ、
そのキーが、他国の文化及び移民の制限にある
と、 

(この考え方は、大事だと思う、マリンズが過去、世界4大文明は、いずれも、ユダヤ人の移動・寄生によって滅びたことを紹介していたのを思い出す、)

動画のコメント欄から2つ程紹介、

Thomas Drowry 
高い生産性と技術革新”は高いIQの国家・国民によってもたらされるのであり、西洋のどこかの国家が信じているように第3世界の移民を大量に入れることによるのではない、そのロジックは昔からある最大のポンジースキム(ペテン)に過ぎない、

PianoDreams
私は今横浜在住です、この前はロンドンでした、正直なところロンドンはこちらと比べるとまるで第3世界です、ここでもっとも驚嘆すべき事は犯罪率の異常な低さです、そのことは私に日々の生活で安心感を与えてくれます、私は日本が死神グローバリズムの仕組みに陥らないことを切に願うものです

ウウーン、
たまには、かような情報に触れるのも励ましになる、
欠点をあげつらう政権批判もいいけど、
(確かに、問題は山積みだかもしれないが、それ以上に、)
世界は日本をうらやましく見ている事実も覚えておこう



<転載終了>