弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/choshu-keishicho-sex-slave
<転載開始>

150年の時を経て土人版の「みにくいアヒルの子」ストーリーが完結する。

さて今日は昨年末から考えていた土人版「みにくいあひるの子」の話をしましょう。


きっかけは「東電OL」の貶め方になにやらメッセージを感じたから。 

いいとこの子女を売春婦にして葬るのは明治維新から薩長がはじめたやり方だ。財産を没収して梅毒で子孫も断絶したという土人のダークサイドですなぁ。 そんなクーデター後の「政策」を中心となってやってたのが警視庁で150年前から何も変わってないと言える。


あ、これね。大久保利通w

約150年前大久保利通が警視庁を創設した当時は、不当逮捕や証拠のデッチ上げは当たり前。良家の子女を売春婦にして吉原や川崎でボロ儲けして、その売上金の分配で警視庁内部で殺し合いも起きてたそーですな。 要するにイスラム国™の原型は150年前の警視庁に見つけることができるわけ。

2010年10月警視庁外事3課からイスラム国™の計画がネットに流出したときは何が起きたのか全く理解できなかったのだけど、まぁこれは150年前からの警視庁の伝統なわけですよ。テレビでやってる刑事ドラマは真逆のフィクションなわけですな。

従軍慰安婦というのは公娼制度のスピンだった。 娼婦は結局日本人だったのだ。明治維新から長州藩がやってきたこと。長州藩の代議士と警察の特権だった。

警察は資産家を狙って赤紙を出して戦地で殺害。残された子女を公娼にして従軍慰安婦にして戦地に連れて行く。慰安婦に稼がせて最後は梅毒で殺害。子孫をできなくさせる。結果として警察は資産を巻き上げた。

なんかすげー話だ。

戦争、残された妻子。公娼制度。妻は売春婦として梅毒で始末。子供は母乳の出る別の売春婦に育てさせる。子供が幼いうちに警察は資産を巻き上げる。土人のビジネスモデル。

大正12年。日露戦争前の土人のビジネスモデルはヤジージ族に起きたイスラム国™の性奴隷の話を大きく超えている。
シリアではかっぱらった原油を安値で売って軍資金にしてた。こういうせこいビジネスモデルに旧日本軍を思い出させるわけですな。

近代日本公娼制の政治過程: 「新しい男」をめぐる攻防・佐々城豊寿・岸田俊子・山川菊栄 単行本 – 2016/9/23 関口 すみ子 (著)

公娼制度は配給女(ウェイトレス)とか名前を変えて昭和30年(1955年)まで実在した。これは戦後で62年前だw
「公娼制度」を廃止して「公娼制」に変えて存続したとか、一文字変えただけじゃん。まぁ人権団体のアゴが外れるよーな歴史があるわけですな。 衆議院なんて何でも可決してしまう場所なわけw

「維新」というキーワードを政党名に使った本当の理由は明治維新以後に起きたグロい史実を思いだせという意味だったのだ。

ここでグンマーのみっちゃん(←故人)の裁定を紹介。戦後進駐してきた米兵はそんなことをしなかったし約束は守るし礼儀正しかった。常に女をいやらしいセリフを吐いてたのは駐在所の警官だったらしい。

前借り金制度の話もグロいなぁ。

明治維新から満州事変まで、土人は朝鮮半島と台湾を含めて女郎ビジネスモデルを確立していた。ここに在日を差別する起源があって、その在日は朝鮮人でも台湾人でもなく日本から連れていかれた日本人である可能性が高い。

さて、ここでみんなに問いかけたいのは、従軍慰安婦で騒いでる人たちをケーサツは朝鮮だとか在日だとか切り捨てるだろう。しかしよく考えて欲しい彼女たちは150年前に明治維新で辱められた武士の末裔である可能性が高い。 なぜ土人は彼女たちを強姦したがるのか?それは明治維新でクーデターを起こしたが自分たちの血筋が卑しさにコンプレックスを感じていたからだ。 なぜ韓国国籍の芸能人が活躍するのか? それは彼ら彼女たちの遺伝子がそうさせているのだ。

ぐはは。明治維新で何やらGJを企むあべちんw
まぁケーサツが思い切り検閲するでしょーからな。つまらないNHKの大河ドラマみたいになってしまうこと必至w





もうすぐこんな事態がほんとうに起きるのかもw

<転載終了>