ゴーストライポンさんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12234633095.html
<転載開始>
いわゆる「保守派」は、「現実派」ではなく「幼児派」である
2016/12/30  白井聡 京都精華大学人文学部専任講師(政治学・社会思想)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shiraisatoshi/20161230-00066045/

11月16日、一人の元閣僚が世を去った。文部大臣や法務大臣を歴任した奥野誠亮氏である(享年103歳)。これを機に、長寿を全うしたこの人物のキャリアにあらためて注目が集まった。氏は、1913年に生まれ、38年に東京帝国大学法学部を卒業、同年に内務省に入る。戦後は、自治庁(当時)官僚となり、63年には自治事務次官に就任。同年、官僚を辞して自民党から衆議院総選挙に立候補、当選。以後13回連続当選し、72年に文部大臣として初入閣(田中角栄内閣)したのを皮切りに、2003年に政界引退するまでに法務大臣・国土庁長官を務めた。

政治家奥野氏は、いわゆる保守派として鳴らした。憲法改正を積極的に唱え、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の初代会長を務めた。国土庁長官の任にあった88年には、日中戦争に関して「あの当時日本に侵略の意図はなかった」との発言により舌禍事件を起こし、辞任に追い込まれている。いわゆる従軍慰安婦問題についても、商行為だったと言い切り、選択的夫婦別姓制度にも反対していた。

氏の経歴は、ひとことで言えば、日本のトップエリートのそれである。また、大戦末期には東京大空襲の現場で避難誘導にあたるなど、大変な修羅場をくぐった人でもある。そうであるがゆえに、いま奥野氏の在りし日の言動を見直してみると、筆者は、そこから受ける一種の「幼さ」の印象に驚きを禁じ得ない。

15年11月19日に日本記者クラブで奥野氏が行なった講演の映像をネット上で閲覧できる。100歳を超えた氏が一時間以上にわたって意気軒高に語る姿を見ることができるのだが、そこで語られるのは、「満州国は五族協和の国だった」「靖国神社参拝が政治問題化されるのは理解できない」等々の不変の主張である。

奥野氏に代表される保守派の主張はしばしば、戦後希薄化しすぎた日本人の国家意識を適切なレベルまで再建せんとする「現実的」かつ「大人の」思考であると受け止められてきたし、今日その傾向は強まっている。

しかし、こうした考えほど馬鹿げた勘違いはない。どのような証拠を突きつけられても「我が国は決して悪くなかった」と言い募ることとは、幼児的全能感に固執することにほかならないからである。

奥野氏の態度が子供じみたものにすぎないことは、彼が終戦時に内務官僚として大量の公文書の焼却に関わり、そのことを恥じる気配もなかったという事実によって裏書されている。

その意図は、戦争犯罪の証拠を占領軍から隠すことにあった。この行為は、現在も歴史論争を混乱させる要因となっているという意味で禍根を残しているのだが、「奥野的」な保守派的主張ののっけからの破綻を運命づけている。「我が国に正義はあった」と確信するのならば、証拠を焼く必要はなかったはずである。「勝者が敗者の言い分を認めるわけがない」という言い訳は、到底成立し得ない。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう証拠を残すのが当然の行為だったはずである。

ところが、このトップエリートは、悪さを咎められた時の子供のような態度を、1世紀以上生きてなお、取り続けた。12月12日に行なわれた「お別れ会」の実行委員長は、安倍晋三首相である。けだし適任であるに違いない。安倍政権も「議事録改竄」に手を染めてきたからである。つまり歴史の審判にさらされる勇気の欠如において奥野氏はまさに大先輩であり、現政権は嫡流なのである。

※この原稿は、2016年12月26日「京都新聞」夕刊に掲載されたものです。


この人、誰?てな感じであった(笑)
個人に関心はないが、証拠隠滅した当事者が「我が国に正義はあった」と言う矛盾。
言行不一致。

言動ではなく、行動を観察し、戦前日本の亡霊、悪霊が浄化された社会を望みますね。


こちらにも、上の記事と似たような、ウソつきがおったらしい↓
東大の伝統芸か(笑)
素人放射線の専門家て、言われてますね。



【ひばく】素人放射線の専門家が蔓延る日本 「上昌宏氏やら、早野龍伍氏やら…」(驚)
2014/8/3 19:09
「東大の上先生はまったくわかっていなかった。3・11直後、電話して来たんで、ぼくが教えたくらいだが、いまはまったくダメだ」(西尾氏)

聞けば聞くほど、ヒドい状況だったんだな、あの3月



1419.広島や長崎の歴史を僕たちは克服していないと豪語する早野龍五
2017年01月09日 院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/article/178341784.html
・フクシマにはなんの問題もないと主張する早野龍伍氏が、新春のインタビューであろうことか「広島・長崎の歴史を克服していない」と発言した
・この発言は、加害者の米国が作り上げた神話に基づいており、馬脚を現したと言える
・非常に腹立たしい発言であり、ここで問題提起しておく

 福島の被害を過小評価しようとする中心人物の一人である早野龍五が、Buzzfeedのインタビューに出ていたのでこちらで紹介したい。

「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」 いま科学者が伝えたいこと

原発事故直後からツイッターでの発信が注目されてきた科学者、早野龍五さんが今年、定年を迎える。いま福島の若い世代に何を伝えたいのか?
posted on 2017/01/09 06:01
物理学者、早野龍五さん(65歳)。東京大学教授にして、福島第一原発事故後、その言動がもっとも注目された第一線の科学者だ。

事故直後、あらゆる憶測、流言、デマがインターネット上を飛び交った中にあって、早野さんは「事実」を分析し、ツイッターで情報を発信し続けた。

発信はつながりを生み、「本業」と並行して福島の支援にもかかわっていく。学校給食の調査、子供用の内部被曝測定器の開発、地域の高校生たちとの活動……。そんな早野さんが今年、東大で定年を迎える。

原発事故、震災から6年目を迎えようとするいま、福島の若い世代に伝えたいことは何か?いつもの穏やかな口調で語りはじめた。

 史上最悪の原発事故となった原発を最初から擁護し、あろうことか放射能の含まれた雨が東京に降ったときに「春雨じゃ濡れて参ろう」と嘘八百をツイッターで発言したのが、彼である。地位を利用して、放射能被曝を避けるどころか、被曝を推進したのだから非常に罪が重い。

「広島や長崎の歴史を僕たちは克服していない」
一概にメディアが悪いというわけではないです。広島や長崎の歴史を僕たちは克服していないということです。あの辛い歴史から、何も学んでいない。あれだけの人が亡くなり、大量に被爆したという悲劇から、ですよ。

広島、長崎の「被爆者」を対象とした疫学調査が、放射線防護の知見にどれだけ生かされているのか。その重みを受け止めないといけないと僕は思う

将来にわたって、福島の子供たちが結婚、出産するときに被曝の影響はない。これが広島と長崎の経験からわかっていることです。

それなのに「自分の子供を産めますか」がまだ問われているんです。強い言い方になりますがね、一番の問題はここにあるって思えよって声を大にして言いたいんです。

みんなで考えるべきは、「自分の言葉で語る」ために何ができるかです。たどたどしくたって、いいんです。できれば、根拠を持って説明できたほうがいい。世間の風はもっと厳しいですからね。

福島を安全だと聞きたくない人はたくさんいます。彼らは決して自分の意見は変えません。でも「自分は子供を産めますか」とか「水道の水を飲んでもいいですか」といった問題を聞きたい人はいっぱいいるんです。
彼らは日々の生活に向き合っている。だから、僕は聞きたい人のために時間を割いて応えていきたい。

 たしかにABCCは膨大な数の胎児を調べ上げて、「科学的」には遺伝的影響はないと「証明」している。しかしながら、現実はそうではない。胎児に最も被爆の影響が出ることは証明する必要がないほど明らかなことである。米国が核兵器を利用するためにでっち上げたのがヒロシマ・ナガサキでの健康被害はないとする報告書であり、それをうのみにしている早野龍伍こそが、その占領の歴史を克服していないのである。私が最も腹の立った発言である。あろうことか、ヒロシマ・ナガサキをだしにして、「被曝被害はたいしたことはない」と主張しているのに等しい。あり得ない。いったい誰のための科学者なのか。

 さらに次のような発言まで

これまでのデータの積み重ねから、僕は、原発事故によって甲状腺がんが増えることはない、と考えています。増えたようにみえる検査結果については、多くの科学者と同じように過剰診療の結果だろうと判断しています。

あまりにも高い精度で検査しているため、本来なら見つからないはずのもの、見つからなくても問題ない甲状腺がんが見つかってしまった。発見された家族の気持ちを考えれば、非常にセンシティブな問題を含みますが、もちろん、命に別状はない

確かに科学は多数決で決まるものではありません。一部には、これは原発事故が原因ではないか、と批判する人もいます。批判に耳を傾けることは重要ですが、大事なのは、データで語ることでしょう。
甲状腺癌を発症した子ども達も「命に別状はない」の一言で片付ける。これに怒りを覚えずにはいられない。なぜ、このような発言を平気でできる-物理学者なら可能なのか?-人物が人を説得できると考えているのか。目の前の一人に全力を尽くす医療とは全く相容れない世界であると言わざるを得ない。

 これ以上書くとさらに読むに堪えない悪口を核と思われるので、ここで筆を置く

■関連ブログ
原爆と核実験場での放射能と奇形児(600万アクセス)2012年10月04日
フクシマが安全という知見は我々にはない-放影研が公式に認める(知られざる放射線研究機関 ABCC/放影研)
2012年07月29日
野村大成阪大名誉教授の警告-福島はチェルノブイリのミニコピーではない。おなじ被害が起きる2013年10月29日


「これまでのデータの積み重ねから、僕は、原発事故によって甲状腺がんが増えることはない、と考えています。増えたようにみえる検査結果については、多くの科学者と同じように過剰診療の結果だろうと判断しています。」

素人放射線の専門家の一言で片付けても良いのだが、↑の教科書通りの隠ぺいのロジックを解説している記事があるので、載せておきましょう↓


真実を隠蔽・嘘をついている東電は、国会で証人喚問すべき
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11469752788.html

チェルノブイリ原発事故による小児甲状腺ガン
本稿は、「原子力資料情報室通信」No.261(1996年2月)に掲載された。 [部分引用]
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/JHT/JHT9602.html

小児甲状腺ガンの急増
 1992年9月、ベラルーシでの小児甲状腺ガンの急増を報告するカザコフらの論文がイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表された。カザコフ論文とならんで、甲状腺ガンが放射線影響であることを支持するWHOの学者の論文も掲載された。それまでベラルーシやウクライナの学者の主張を無視してきたIAEAなどの国際権威筋も、ネイチャーの論文が出るに及んで無視を決め込むことが出来なくなり反論を始めた。反論の要点は次のようなものである。

1.甲状腺ガンの診断は確かか。

2.甲状腺検診の普及と診断技術の進歩による見かけの増加ではないか。

3.甲状腺の被曝量とガン発生率の相関が示されていない。

4.発生数だけでは議論できない、母集団が固定された疫学的研究が必要である。

5.被曝影響と考えるには潜伏期が短すぎる。

 こうした反論はいずれも、汚染地域で小児甲状腺ガンの増加が観察されていること自体は認めた上で、その原因について放射線被曝以外の可能性を指摘するものである。つまりは、甲状腺ガンの増加そのものを否定する反論というより、データに対する疑問、イチャモンに過ぎない。

甲状腺ガンは被曝影響
 カザコフ論文は世界の原子力関係者にセンセーションを起こしたが、その後のデータとともに、甲状腺ガンを被曝影響とすることに対する反論は次第に弱くなって行った。上記1については、WHOや日本などの専門医によって確認されており、すでに疑問の余地はない。2については、検診普及と技術進歩の効果を定量的に評価するのは困難であるが、同じ汚染地域の子供でも、事故後に生まれた、放射性ヨウ素による甲状腺被曝を受けていない子供において甲状腺ガンがほとんど観察されてないことを指摘しておく。3については、ベラルーシでは汚染の大きいゴメリ州での甲状腺ガンが最も大きく、ウクライナのデータにおいても、同様の傾向が示されている。4については、旧ソ連諸国の医療体制はピラミッド型になっており、ベラルーシについて言えば、甲状腺ガンの子供はすべてミンスクの甲状腺ガンセンターで治療を受ける仕組みになっている。観察されたガンの数に対しては、州全体の子供、国全体の子供を母集団と考えてよい。5は、専門的には最も興味深い点である。広島・長崎での被爆者追跡データなどを基にこれまで、放射線被曝によるガン発生には、白血病は別として、10年余りの潜伏期間があると考えられてきた。チェルノブイリの小児甲状腺ガンは、事故後4年目から急増を示しており、これまでの知見よりかなり短い。この点については、被曝集団が数100万人と大きいため、ガン増加の立ち上がりが早く観察されやすいこと、風土的にヨウ素不足地帯であり、ガン誘発の感受性が大きい集団である可能性などが指摘されている。

 いずれにせよ、チェルノブイリ周辺での甲状腺ガン増加の第1の原因が、事故にともなう放射線被曝であることは疑いようのない段階に至っている。1995年11月にジュネーブで開かれたWHOの会議では図のようなデータが報告され、これまではっきりしなかったロシアの汚染地域(ブリャンスクとカルーガの2州)においても甲状腺ガンの増加が確認されている。

 これまでチェルノブイリ救援団体とともにベラルーシの子供たちの甲状腺ガン治療を行ってきた信州大学医学部の菅谷先生が、治療に専念するため、この2月からミンスクに移られた。私などとは係わり方は違うものの、けれんみのない人柄の氏の活躍を期待するとともに、私なりの立場で精一杯のことを志すことでもって、氏へのエールとして行きたい。
$Ghost Riponの屋形(やかた)

チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日発生で、早野氏の発言は「偽ニュース」の「偏っている「専門家」ソースの使用により、内容を捻じ曲げる。」に、該当。



専門家は、トリックを明らかにする「主流メディアは洗脳を使用し、大衆をコントロールしている」
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12235452623.html
他のテクニックには、「偽ニュース」が含まれます-はい、主流メディアによって-省略(まるでそれが本当ではなかったか、または重要ではないかのように問題をスルーする);偏っている「専門家」ソースの使用により、内容を捻じ曲げる。正当なものであるかのように、改ざんされたデータや科学を公開しています。


化けの皮が剥がれるとは、こういうことなのでしょう。
「悪いこと通して善くなる仕組み」であった。



藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2017年1月11日 個の花を見つけるために
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/2017111-d22f.html

個の花を見つけるために

こちらからダウンロード



<転載終了>