光軍の戦士たちさんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-12239314006.html
<転載開始>
【驚愕と壮大なロマン~超太古の世界】
未来を開く古代の扉~竹内文書の世界




古墳ミステリーツアー3 学校では絶対に教えない 世界最古の古墳 遺跡
と正統竹内文書 スメラ族 出雲族 モノノケ 33rappa

http://mimirappa.seesaa.net/article/316280340.html


管理人

私の住む広島県には、日本最古のピラミッドと云われているものが庄原にあります。
その頂上には、最重要遺跡があったそうですが、しかし、時の明治政府により、
徹底的に破壊されたそうです。
一体何故なんでしょうか・・・???
その遺跡は、何と、2万3千年も前の太古の遺跡だそうです。

そして、今回の主題の『竹内文書』に関しても、占領軍のGHQによって
数々の弾圧を受けたと記録されています。
一体何故なのでしょうか・・・???

昨日の私の記事の一部を引用します。

ザビエルは、1549年8月15日
(カトリックの聖母被昇天の祝日)に、現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。
日本を訪問したザビエルは、
「日本人は危険な存在である、最後の一人まで抹殺しなければならない」
とイエズス会の本部に報告した。



もしかすると・・・ですが、
今回の記事と深く関係があるかもしれないと私は考えています。




1月13日
内海 聡 氏のフェイスブックより
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014357893194&fref=ts

竹内文書の原文にしるされた神代文字は四百種類ほどあるらしいが、
竹内文書研究家の竹田日恵氏は、現代の世界各国の文字で、
漢字とひらがなを除く表音文字のすべてが、この日本の神代文字から
派生したものではないかとまでいう。
古代エジプトや、中東ヒッタイトの象形文字、ヘブライ文字からハングル文字、
果ては、ABCのアルファベットに至るまで、世界の表音文字のすべての文字の原点が、
じつは日本の神代文字にあるという。
たとえばユダヤのヘブライ語と日本語が似ているのは有名な話だが
(表参照。君が代のヘブライ語訳も有名である)、


ミカド (帝) - ミガドル (高貴なお方)
ミコト (尊) - マクト (王、王国)
ネギ (神職) - ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓) - ムトウサガ(死者を閉ざす)
アスカ (飛鳥) - ハスカ (ご住所)
ミソギ (禊ぎ) - ミソグ (分別・性別)
ヌシ (主) - ヌシ (長)
サムライ(サムライ) - シャムライ(守る者)
ヤリ (槍) - ヤリ (射る)
ホロブ (滅ぶ) - ホレブ (滅ぶ)
イム (忌む) - イム (ひどい)
ダメ (駄目) - タメ (ダメ・汚れている)
ハズカシメル(辱める) - ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む) - ニクム (憎む)
カバウ (庇う) - カバア (隠す)
ユルス (許す) - ユルス (取らせる)
コマル (困る) - コマル (困る)
スム (住む) - スム (住む)
ツモル (積もる) - ツモル (積もる)
コオル (凍る) - コ-ル (寒さ、冷たさ)
スワル (座る) - スワル (座る)
アルク (歩く) - ハラク (歩く)
ハカル (測る) - ハカル (測る)
トル (取る) - トル (取る)
カク (書く) - カク (書く)
ナマル (訛る) - ナマル (訛る)
アキナウ(商う) - アキナフ (買う)
アリガトウ(有難う) - アリ・ガド(私にとって幸福です)
ヤケド (火傷) - ヤケド (火傷)
ニオイ (匂い) - ニホヒ (匂い)
カタ (肩) - カタフ (肩)
ワラベ (子供) - ワラッベン(子供)
アタリ (辺り) - アタリ (辺り)
オワリ (終わり) - アハリ (終わり)

アメリカンインディアンやブラジルの先住民のツピーインディアンの数多くの言葉が
日本語と意味まで共通している事実はあまり知られていない。
たとえば、「あっち」「こっち」「ナンジ(汝)」「ワラジ(草鞋)」「カキ(柿)」
「イビツ(歪)」「イシベイ(石塀)」「あな(穴)」「じょこう(徐行)」・・・
これはほんの一例にしかすぎない。


<引用終わり>
-------------------------------


竹内文献とは?
http://ikuno.lolipop.jp/piramido/takeuchi/takeuchi.html

<一部引用>

天之浮船

竹内文献によればー、
今から数十万年前の超古代の日本列島は世界の政治・文化の中心地であった。
そして、越の国、つまり、いまの富山県・神通川(じんつうがわ)の
御皇城山(おみじんやま)を中心に、飛弾・乗鞍にかけた一帯が神話で云う
ところの高天原であり、すべての人類の元宮として建立された
「天神人祖一神宮(てんじんじそ いちじんぐう」という壮大なパンテオンがあった。

世界の人々は、こぞって、この元宮にお参りに来たという。
ーと云っても、現在、みなさん方が神社にお参りするという感覚ではない。
つまりここに世界の統治本部があったといい、
それがある場所を
高天原 と呼んだというのである。

高天原とは首都、世界の首都の意味だと、竹内文書はいう。
竹内文献をたどると、その中に浮かぶ世界がいかに驚くべきものかが分かる。


― 中略 ―


要約すると、
三月十六日に吉備津根本国(きびつね もとつくにー備前・備後の国をさす)に、
大綱手彦天皇(おつなてひこ すめらみこと)の霊廟(れいびょう)を造った
と云うのだがー、
この文章の最後の一節に「日来神宮」という言葉が登場したのである。

なんと読むのかー?発音は、ヒラミット。
そうー、ピラミッド、なのである。
そしてこの大綱手彦命天皇の名前から文献をたどっていくと、
ウガヤ・フキアエズ朝12代天皇の叔父に当たることが分かった。
竹内文献ウガヤ・フキアエズ朝12代天皇、時代は約2万2000年前という。

ウガヤ・フキアエズ朝とは、古事記では、神倭朝(かんやまとちょうー現在の大和朝廷)
以前にあったとされる王朝で、記紀には一代だけあったと記されている。


<引用終わり>
--------------------------------------



管理人

高天原・・・
どこかで見覚えのある地名が出て来ました。


皆さん、暗号は解けましたか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html

墜落現場は、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根

(通称「御巣鷹の尾根」でした。

正式名称は、高天原山(たかまがはらやま)といいます。

これをカバラ変換すると面白い数字になります。


T A K A M A G A H A R A Y A M A
20+1+11+1+13+1+7+1+8+1+18+1+25+1+13+1=123





123便⇒ 6
ボーイング747⇒ 666
高天原山⇒123⇒ 6

出て来る数字は、全て 6 。

これを全て偶然だと思う人は、それでもいいですが、
もし、偶然というなら・・・
恐らく、確率的には数百万分の一の偶然でしょう。

何が言いたいかというと、悪魔信仰をしている連中は、
儀式と共に、実に緻密に計算した上で計画を立案し、
信仰をもとにした数字に絶対的にこだわるという事実を
知って欲しかったのです。

つまり、高天原山に日本航空123便を誘導して撃墜するのは、
絶対的な使命であり、命令であった訳であります。


<引用終わり>
--------------------------------------



実は・・・日本が人類誕生の地だって本当!?
https://matome.naver.jp/odai/2134176617192707201


日本の超古代文明が世界中に広がっていた!?
エジプトのツタンカーメンの遺品

※注意
日本ではなくエジプトで発掘されたものです





エジプト第21王朝のファラオ、プセンネス1世の墓から出土
※注意
日本ではなくエジプトで発掘されたものです




パキスタンのタッタ遺跡



スペインのアルハンブラ宮殿の窓




<引用終わり>
--------------------------------------


どれもこれも、日本の天皇家の菊のご紋ばかりです。
超古代の日本民族が、世界各地に散らばっていったのでしょうか?

2万5千年前とかの話らしいですが・・・


日本からアジアを渡りアトランティスへ、
その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11480924253.html




2008年1月帰国の日にシアトル空港近くのデニーズ前で。
向かって左がシスコさん,右が元侍女のシェリーさん。
暗く悲しい過去にもかかわらず死ぬ覚悟が出来ているので
底抜けに陽気なのが救いでもあった。
「暗黒の母」の侍女だった多くの女性は、口封じの為に、例外なく
今日まで暗殺されて来ました。
イルミナティを脱会したシスコさんと元侍女のシェリーさん
は、今でも命を狙われ続けています。
掛け値なしの文字通り、本物のイルミナティだった人達です。


$wantonのブログ

シスコさんのポートランドの家。今は矯正施設になっている。
窓にはライフルで威嚇された弾丸の跡があった。
シスコさんは現在ワシントン州に住んでいますが
命を狙われているのは変わらない。



$wantonのブログ

シスコさんによると
ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った
と言っていましたがこの写真を見る限りそうとしか言いようがない。



$wantonのブログ

$wantonのブログ










管理人

真性ユダヤ人は、もしかしたら、アトランティス人の
末裔かもしれませんね。
経緯を眺めるとそうとしか思えません。
ピラミッドを建造したのは、ユダヤの石工と云われています。

イルミナティというのは、そのユダヤ人の歴史の中に入り込んで
ユダヤ人になりすました白人の人達で偽ユダヤ人とも云われ、
いわゆるアシュケナ-ジと呼称されている集団です。

日本の歴史の中心に君臨して来たのは、ユダヤの末裔という説が
根強くあり、その信憑性はかなり高いようです。
日本に渡来して来たのは、他にも、漢民族、朝鮮族、マレ-系とか
様々な民族の血が混合した人種には違いありませんが、しかし、
常に、社会の最上部に君臨して、日本の歴史を創って来たのは、
ユダヤの末裔であると云う事らしいです。

http://cosmo-world.seesaa.net/article/114709064.html
~より一部引用

数年前、ロスチャイルドは淡路島や八坂神社・貴船神社・
伊勢神宮を回り感嘆したと伝えられる。
そこにあったものは、古代ユダヤ儀礼の再現であった。
今では日本こそ失われた末裔の地だというのがラビたちの
共通認識となっているといわれる。

いったい、ここ日本ははどのような地なのか?

日本には古代ユダヤの血が息づいている。
それは間違いなく、だからこそロスチャイルドも日本に
なみなみならぬ関心を寄せ、自分で淡路島に立ち、その土地を買った。

-引用終わり-


ところで皆さん、私は広島に住んでいますが、私の家から
車で2時間のところに庄原という土地があります。
実は、その庄原にピラミッドが存在しているのです。
ところが、このピラミッドが建造された年月日が問題です。
なんと、
2万3千年前に造られたと科学分析されています。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=adQaAR8hdR4J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=www.earthkeeperh3.com%2Ftruth%2Fashitakesan.html

アトランティス大陸が沈没したのが、およそ1万5千年前
そうなりますと、怖ろしい仮説が成り立ちます。

古代ユダヤの最古の源流は、我が国、日本の地であった事になるのです。
ロスチャイルドやイルミナティが、日本に対してなみなみならぬ
関心を寄せるのは、これが本当の真相かもしれないのです。


日本⇒アジア大陸⇒アトランティス⇒古代ユダヤ人

そして、その祖先が、歴史を遡ってアジア大陸を逆流して
いつからか、日本の地に舞い戻って来た。
尚且つ、日本の土地とその全てを手に入れようとしている
可能性が大きく浮上して来ました。

この事を真に理解しなければ、今、日本と世界で起こっている
様々な出来事を本当の意味において知ることは出来ないでしょう。

日本からアジアを渡りアトランティスへ、
その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!




$wantonのブログ

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=nE2KArecXW0J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=oshienai.com%2Fkikaku%2Fgakkari%2Fgakkari02.htm

ピラミッドとして神秘視されるのは、ただ三角であることだけが理由ではない。
最初に述べたように、頂上付近に謎の巨石群が存在するのである。

古代の人が儀式に使用していたとされる巨石群。
それらがあることが、この山を神秘視し、
神のように奉っていたことの証拠となるそうだ。



$wantonのブログ




$wantonのブログ





$wantonのブログ

<転載終了>