ひかたま(光の魂たち)さんのサイトより
http://shindenforest.blog.jp/archives/68873988.html
<転載開始>
日本人は
本来
動物に対しても
植物に対しても
物に対しても
人間と同じように大切に扱う気質があります。



ふだんから
ゾウさん、キリンさん、カバさん、アリさん・・など
動物に「さん」のような敬称をつけて呼ぶ民族は
あまりいません。




江戸時代後期、
1830年代(天保4~8年)に、
天保の大飢饉と呼ばれる未曾有の大飢饉がありました。
 
大雨や洪水、冷害が続き、作物は育たず、食べるものも枯渇し、
各地で多くの村人たちは
飢えに苦しみ死んでいきました。
大阪だけでも
毎日150~200人は餓死したそうです。
 
tennmeinodaikikinn-topedojidai.info


そんな飢饉の最もひどかった時、
1837年(天保8年)に
愛媛県西予市に
一頭の大きなクジラが浜に打ち上げられたのです。
 
このクジラのおかげで、
村の人々は餓死せずに生き延びることが出来ました。

 
 
このクジラは余すところなく利用され、
 
これに心から感謝した村人たちは、
鯨様として崇め奉りました。


そして、
この村人たちを救った一頭のクジラには、
「鱗王院殿法界全果大居士」
という当時では
殿様などの特権階級にしか与えられない特別待遇の戒名がおくられ、
手厚く祀られました。


私たちが食するために命を犠牲にしたすべての動物たちは、
本来このくらいの感謝をすべきであると思います。


このような感謝の気持ちを持つ人々が増えてくれば、
動物たちを
人の虚飾を満たす欲望のために殺戮する時代は
終わりを告げることでしょう。


<転載終了>