ひかたま(光の魂たち)さんのサイトより
http://shindenforest.blog.jp/archives/68937577.html
<転載開始>
2月は
空気が澄んで星がとても綺麗に見えます。
澄んだ冬の深空にキラめく星たちを眺めて、
ひと時宇宙と心を一つにしましょう。

 
今月の見どころは
冬の大三角、
冬の大六角形(ダイヤモンド)
本田・ムルコス・パジュサコバ彗星の接近
最大光輝の金星
木星の留

などがあります。


2月7日 木星が留。
留になった惑星は一旦動きが止まり、動く向きが逆になります。
いままでとは逆方向に動いて見えます。

宇宙からみるとこのような仕組みです。
真ん中が太陽
青色が地球
赤色が木星です。

それぞれ公転の速度が違うために
このような軌跡に見えます。
320px-RetrograWikipedia



2月10日~12日
本田・ムルコス・パジュサコバ彗星が
地球へ 0.08AUまで最接近します。


この彗星は
6~7等まで明るくなると予想されているので
条件が良い日であれば双眼鏡でも観測できます。
ヘルクレス座方向,
未明から明け方に
もやもやっとした光の雲のように見えます。


詳しい見方は
アストロアーツさんのウェブサイトが参考になります。
comet45phond phys.org



こちらは
冬の大三角(赤色)

冬のダイヤモンド(青色)


WinterskyWikipedia

冬の大三角は、
冬に南東の空を見上げる事で確認ができます。
 
おおいぬ座α星シリウス
こいぬ座α星プロキオン
オリオン座α星ベテルギウス
の三つの一等星を頂点とする三角形です。

これら三つの星を繋ぐと
正三角形に近い形となります。
三角形の中を天の川が通ります。

astro01 YahooJapanキッズ図鑑




冬のダイヤモンドは
冬の大六角形とも呼ばれ

 おおいぬ座α星シリウス
こいぬ座α星プロキオン
ふたご座β星ポルックス
ぎょしゃ座α星カペラ
おうし座α星アルデバラン
オリオン座β星リゲル
を繋いで作られます。

astro01 (1) YahooJapanキッズ図鑑

 2月15~16日 月と木星が接近

15日の深夜
南東の空で
月と木星が接近します。

月明かりに負けずに
木星の輝きもよく見えます。

木星の下には
おとめ座の1等星スピカも確認できます。
木星は、金色に光り
スピカは、青白く光ります。

この三つの天体は
来月15日にも近づいて見えます。

2017-feb-14-moon-jupiter-spica earthsky.org


 

 2月17日 金星が最も輝く日

宵の明星と言われる通り
日が暮れてひときわ明るく輝く一番星が
金星です。


その明るさは
マイナス4.6等星。
一等星よりも遥かに明るく輝きます。

そのため、目のとても良い人であれば
日中も見ることが出来る星です。




温かい格好で
星空を眺めましょう。


<転載終了>