simatyan2のブログさんのサイトより
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12245843664.html
<転載開始>
「陰謀」という言葉を辞書で調べると

1 ひそかにたくらむ悪事。また、その たくらみ。「陰謀を企てる」

2 法律で、二人以上の者が一定の犯行 行為について計画・相談する
 こと。

の2つのことが書いてあります。

つまり2人以上の人が絡めば「陰謀」は発生するのです。

よく「陰謀」など無い、という人がいますが、それはイルミナティ
だとかフリーメーソンだとか、何かオカルト的で荒唐無稽なイメージ
を抱いてしまうからだと思います。

これは無理も無いことで、現実に起きている裏の情報が表に出回ると
都合の悪い勢力が、ネットで意識的に「陰謀論」という言葉を拡散
させてきたからですね。

つまり「陰謀」を「陰謀論」で見えなくしてしまったのです。

しかし先ほど書いたように、悪事を働くための計画を練ることが陰謀
であれば、世界に陰謀が無いことのほうが不思議なんですね。

今のようなネット社会であればなおさらです。

例えば下のように、ネット上の“やらせ書き込み”やステマ代行業者
などの情報も、今や表の世界に出回るようになって来ました。

増え続けるネット上の“やらせ書き込み” ステマ代行業者「着手金5000円で書き込み1件1500円から」
http://matomater.com/3009/

ここでは代行業者というより、個人、いわゆる一般市民がアルバイト
感覚で誘導の書き込みを請け負っている事情が書いてあります。

カキコミ1件1500円ですから、チリも積もればで、月の売り上げ
が200万とか、すごいじゃないですか。

ここまで来ると、もう罪の意識なんかないでしょうね。

また商品や飲食だけじゃなく、頼まれればネトウヨ的な書き込みなん
かもやっちゃうでしょうね。

何しろ「安倍ちゃん万歳!」
    「パヨク黙れ!」

と書けば儲かるんですから。

そうなると、誘導するのも市民、誘導されるのも市民で、マルチ商標
じゃありませんが、被害者が加害者って事にもなってしまいます。

記事中で、
「メールを送るのも海外にあるサーバーを経由して行なって
います。

以前はシンガポールや中国経由でしたが、今は違う国から行なって
います。

このところ、警察もサイバー犯罪に力を入れているようですが、私たち
の足跡を見つけるのは、かなり困難でしょう」

と書いてありますが、儲かってくると海外サーバーを使ったりサイバー
犯罪にも抵触してくる危険性もありますね。

このサイバー犯罪についてですが、サイバー攻撃と言うのが日夜世界
で行われていて、日本も例外じゃないのです。

下はサイバー攻撃可視化マップ「Norse Attack Map」というサイバー
攻撃を可視化できるサイトです。



https://www.fastpic.jp/images.php?file=7799507974.jpg
https://www.fastpic.jp/images.php?file=5612659526.jpg
http://map.norsecorp.com/#/

リアルタイムで見れるので、今見てる映像が現在行われている攻撃です。

ミサイルのような凄まじいサイバー戦争を目の当たりにできるのです。

ただし、これでも1%に抑えてあるので現実はこの100倍の攻撃が
交わされているということですね。

トランプ、プーチン、習近平、そしてヨーロッパが、少し格が下がって
日本の安倍自民が、宗教組織が、電通が、そして一般市民まで入り
乱れて、虚と実の駆け引きを目に見えない裏側でやっているのです。

小さな陰謀から大きな陰謀まで、私たちは過去無いほどの凄い時代に
生きています。

いつまでもテレビの、お花畑の世界だけでは通用しない時代に差し
掛かっているのです。

全てを政府や巨大組織に任せる危険性を肝に命じるべきですね。


<転載終了>