つむじ風さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/41b5833c43b146630f3e3cd8bfe441db
<転載開始>

簡略に説明しよう・・・!
間違いなくドナルド・トランプは相当な魂である。
今、魔界の連中が総動員されている・・・
とりわけ、
‘Witches’(「魔女」)が連動して、
トランプ追い落としに躍起になっている・・・!


漫画みたいな話だが、

どうも本当の様である・・・。

ここまで魔界の連中を慌てふためく様は、

トランプ大統領が尋常ではない存在であるという事だからだ。

どういう存在かはさて置き、

‘Witches’(「魔女」)は実在する。

ヒラリーは‘Witches’(「魔女」)である?!


ところが、

ほとんどおとぎ話の世界に追いやられている。

実体は、

大の大人がまことしやかにその養成に勤しんでいる。

これが悪魔崇拝の淵源である。

幼児虐待、

小児性愛、

近親相姦などはそこに由来する。


本来、

無垢な魂で生まれ出でた子供の魂を、

次第に魔界の支配に委ね、

魔女に養育するために手段である。

極め付きは、

生贄儀式であって、

魔女は最終的に生贄として犠牲になる。


間違いなく、

マドンナもその一人だし、

レディー・ガガなどもその可能性がある。

アンジェリーナもその道に誘われたものと思われる。

‘Witches’(「魔女」)として、

いわば専任している者も数多い。

今回は、

そうした連中が世界的に連動して、

反トランプ魔女連合を構築するという情報である。


物語の「ハリーポッター」は大ヒットしているが、

言わずと知れた魔界物語である。

作家のジョアン・ローリングが、

魔女かどうかは確認出来ていないが、

その噂が絶えない・・・。

無名の作家が

一朝にしてビリオン作家に踊り出た秘訣は、

それなりの目的があった。


童話の多くは、

それなりの夢とメルヘンを含んで、

子供たちを楽しませるが、

時として、

洗脳のシグナルを含む場合がある。

それを読み解くことは難しい。

少なくとも、

‘Witches’(「魔女」)はそれらに込められた、

シグナルを読み解き、

与えられた職分を果たすことになる。


有名な‘Witches’(「魔女」)であり、

その洗脳から解き放たれた人物にアリゾナ・ワイルダーが居る。

別名マザーゴッデス(暗黒の母)呼ばれており、

世界に数人しかいない。

その告白文は想像を絶するが、

今回は割愛する。

只、

まさにマザーゴッデス(暗黒の母)の総指令が発せられた模様である。

世界中に散らばった‘Witches’(「魔女」)が、

儀式をもってトランプに挑む。

魔界総出動である。

翻せば、

それだけトランプ大統領の威光が高いということだ。


常に光が増すときに、

闇が騒ぐ・・・。

まさにそういう歴史的瞬間を迎えているのであろう。


ところで、

先にFake Newsが話題になった。

トランプ大統領が主流メディア5社を名指ししたのである。

いつの間にか、

それがどうでも良いSNSにすり替えられて、

日本の主流メディアが騒いでいる。

「お前たちのことだよ。」

と言ってやりたいが、

いつものすり替え工作だ。


しかし、

一旦放たれた真実は、

いずれにしても隈なく照らし出すだろう。

「不正選挙」

「偽ニュース」

が主流メディアを直撃している。


【転載開始】

One spell to bind him: ‘Witches’ unite worldwide to take on Trump in bizarre ritual

One spell to bind him: ‘Witches’ unite worldwide to take on Trump in bizarre ritual
Self-styled “witches” around the world are planning a mass ritual binding spell against Donald Trump and “all those who abet him” in possibly the most bizarre protest movement to date against the new US president.

According to the bewitching campaigners, the “spell” is scheduled to be performed at the stroke of midnight EST on Friday February 24, and again on waning crescent moon ritual days until Trump leaves office. (In case you don’t already have them marked in your diary going forward, for the next few months they include March 26, April 24, May 23 and June 21.)

The binding spell is supposed to prevent the person from doing damage to themselves or others.

READ MORE: US President Donald Trump speaks at Conservative Political Action Conference

So, in theory, the ritual covers Trump and those who “abet him,” presumably strategist Steve Bannon and advisor Kellyanne Conway – and possibly Vladimir Putin, depending on where you get your real or fake news.

Will it work? Well, it seems many non-witches who are unhappy with Trump are willing to take the chance:

Meanwhile, some Christians aren’t too pleased at the prospect and are planning their own counter-mission of prayer.

READ MORE: Spooky ‘witch marks’ carved into walls across England to be recorded

According to the “Bind TrumpFacebook page, to join in the ritual all budding witches will need is a few common household ingredients, including a tiny stub of orange candle, a pin or small nail, a bowl of water and an unflattering photo of Trump.【転載終了】

 

【Google仮訳開始】※そのママ
彼を拘束する呪文1つ:「魔女たち」が世界的に結びついて、奇妙な儀式でトランプを取る
公開時間:2017年2月24日17:46
短いURLを取得する
彼を拘束する呪文1つ:「魔女たち」が世界的に結びついて、奇妙な儀式でトランプを取る
ドナルド・トランプ米大統領©Jonathan Ernst / Reuters

世界中のセルフスタイルの「魔女」は、ドナルド・トランプと「彼を罵倒するすべての人たち」に対して、おそらく米国の新しい大統領に反対する最も奇妙な抗議行動で、大量の儀式の拘束力のある呪文を計画している。
トレンド
ウイルス性

魔法使いによると、「呪文」は、2月24日金曜日の真夜中ESTのストロークで実行される予定であり、また、トランプが去るまでの三日月の儀式の日が近づくにつれて再び実行される予定である。 (あなたがまだあなたの日記でマークされていない場合は、3月26日、4月24日、5月23日、6月21日を含める)

拘束力のある呪文は、自分や他の人にダメージを与えることを防ぐためのものです。

続きを読む:米国大統領ドナルドトランプは、保守的政治行動会議

だから理論的に、儀式にはトランプと、彼を罵倒する人、おそらく戦略家のスティーブ・バノンと顧問ケリー・リード・コンウェイ、おそらくウラジミール・プーチンが含まれます。

それは働くでしょうか?まあ、それはトランプに不満を持っている多くの非魔女がチャンスを取ることを喜んでいるようだ:

一方、一部のクリスチャンは、見通しにあまり満足しておらず、祈りの自分たちの反撃を計画しています。

詳細を読む:イングランドの壁に刻まれた「魔女の跡」が記録される

"バインドトランプ"のFacebookページによると、魔法使いに参加するには、オレンジキャンドルの小さなスタブ、ピンや小さな爪、水のボウル、トランプ。【仮訳終了】




<転載終了>